2006.12.13

鉄板少女アカネ!!・第9話(最終話)

3ヶ月の期間を経て、ついに最後の勝負へ! これまでいろんなことがあったけど、アカネは着実に成長を遂げてきました。私といえば、鉄板料理を見る目が変わりましたね。特に焼き方について、「龍の形の炎を出さないものか?」等とあれこれ考えてしまったり(笑)。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「鉄板少女アカネ!!」
第9話(最終話)「今夜すべての謎が明かされる!」

アカネ(堀北真希)は嵐山(竜雷太)に、黒金(陣内孝則)との料理対決を命じられた。だが、心太(塚本高史)との対決に勝ったアカネは、父・鉄馬に会って真意を確かめるとともに、自分は料理人として生き抜くことを伝えたいと嵐山に訴える。すると、嵐山は、「強い覚悟が必要だ」とアカネに言い渡し、翌日、鉄馬に会わせると約束を。

今回も同じく神奈川・横浜で、心太たちとの勝負に勝ったアカネが目にしたのは、腕に鉄馬と同じ龍の火傷の跡がある黒金! 彼は「一鐵」でアカネよりも美味いハンバーグを作ったけど、アカネはいまだに理解できず嵐山に詰め寄ると、彼は「強い覚悟が必要だ」と言って翌日鉄馬に会わせることにしました。そして当日、アカネは嵐山に導かれて裏山へ行くと、そこには「神楽鉄馬ここに眠る」と刻まれた鉄馬の墓が。アカネは「ウソだ!」と叫び、同じく居合わせたエレナ(片瀬那奈)も「お父さ~ん!」と叫んで狂い出す始末(笑)。嵐山はアカネへ彼女の母親が鉄馬のために作ったボロボロの御守りを渡し、彼が食材を求めて海へ出た際に事故死したことを伝えました。また、彼の本当の名前が「嵐山鉄馬」で、嵐山のたった一人の息子だということも。さらに、鉄馬の名を語ってアカネへ食材や手紙を送り続けていたことも。そして、鉄馬を超えようとしていた黒金が、死んだ彼の意志を引き継いで生きていたのでした。何という意外な事実・・・。

アカネは自分の店に戻り、仲間には笑ってウソの報告をしたけど、事情を知っていた心太は彼女の悲しみを受け止め外で慰めてあげました。以前言えなかった「好きだ」という言葉も口にして、アカネもどれほどか立ち直れたはず。その翌日、アカネはエレナに連れられてある建設予定地へ向かい、高級鉄板料理レストランの総料理長に任命されました。アカネは一旦引き下がったけど、グループの経営に悩むエレナは土下座をしてまでアカネに頼み込み、嵐山や黒金との最後の勝負で勝つように願いました。それと同時に、なんと生前の鉄馬から送られた小包が今頃届き、その中には特注の二つのコテと彼直筆の手紙が入っていて、ショックでしばらくコテさえ握れなかったアカネは過去を振り返りながら豚玉を焼き、ようやく克服へ向かいました。ある日、アカネは黒金へ改めて勝負を挑み、黒金は「お前が負ける時は、神楽鉄馬が負けるということだ」と言い、祖父である嵐山も勝負の重要さを伝えました。勝負のプロデュースはエレナで、彼女から「ジャパン中の注目を集め、ビッグなイベントにする」ということも伝えられました(笑)。

そして最後の勝負当日。対決する料理は、かつての約束通りで豚玉。黒金は見事なキャベツの千切りを見せると、アカネは鉄馬から送られたコテを握って対抗しました。両者の鉄板からは赤と青の龍が飛び出し、もはや現実とは掛け離れた状態に・・・、と思ったらその直後に「一年後」という字幕が(笑)。嵐山や黒金やエレナの会話から、どうやらアカネが勝利を収めたようです。そのアカネは結局すぐには鉄板料理長に就任せず、野外で鉄板料理を売って過ごしていました。彼女によると、鉄馬や黒金の腕にあった龍の火傷の跡は、嵐山の門下生が必ず押される焼き印だったそうです。心太との仲も相変わらずのようで何より。熱くて熱くて見ていられない。公式サイトで見られる「アツくて悪いか!」は、そんな意味も込められていたんだね・・・。

というわけで、一話短縮の打ち切りになりながらも、ストーリーはアカネ優勢のまま継続形のハッピーエンドとなりました。序盤の“勝負のパターン化”には途中から飽きてしまったけど、中盤から“ストーリー性重視”になってより注目し始め、終盤に至っては“展開の工夫”も随所に見られて良い印象でした。もっと早くから美味く、いや上手く展開させていたら、最高の形で焼き上がった、いやできあがったと思いましたけどね。演出で魅せるか、ストーリーで見せるか。それがこのドラマにおける真の勝負だったのかもしれません。とはいえ、一度はレビューを辞めようとも思ったけど、最後まで信じて応援してこられて良かったなあ。「応援して悪いか!」と呟きつつも、“私風・最終話レビュー、完成”です!

○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第1話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第2話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第3話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第4話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第5話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第6話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第7話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第8話」

「鉄板少女アカネ!! (1)」 「鉄板少女アカネ!! (2)」 「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」
原作コミックス「鉄板少女アカネ!! (1)~(2)」/「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」

「SAYONARA」
主題歌「SAYONARA」(ORANGE RANGE)

| | コメント (4) | トラックバック (11)

2006.12.06

鉄板少女アカネ!!・第8話

先に書いてしまいますが、何とこのドラマは1話短縮の打ち切りが決定したそうですね。低視聴率だと言われても、blog人気が弱くても、一応毎週応援してきたのになあ。ちなみに、このドラマの主人公・アカネこと堀北真希さんと、同じく低視聴率と騒がれる同局系「嫌われ松子の一生」の主人公・松子こと内山理名さんは、同じ事務所の女優二人。せっかくの主役抜擢もこんな事態になってしまい、何だか事務所レベルで叩かれているようですが・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「鉄板少女アカネ!!」
第8話「ハンバーグ対決!裏切りの理由」

アカネ(堀北真希)は、父と会える権利を懸けたエレナ(片瀬那奈)との対決に挑む。が、エレナは、心太(塚本高史)を味方につけていた。動揺したアカネは、別人のようになった心太に理由を問うが、冷たくあしらわれ、料理への情熱もしぼんでしまう。だが、自分の料理を食べる客の笑顔で復活。アカネは、心太との対決を決める。

今回も同じく神奈川・横浜で、アカネが鉄馬に会う権利を懸けて戦う相手に、なんと心太がサポート役として現れました。心太から裏切りの言葉を浴びせられ、しかも以前二人で考えた対決用の料理を出され、動揺するアカネ。そこで今度は、アカネが愛用する鉄板「一鐵」を懸けて、一週間後に牛肉料理で再戦することになりました。酷く愕然としたアカネは戦意を失っていたけど、「一鐵」を捨て鉄板料理を辞めて遊びに行くと言い出した彼女に、黒金(陣内孝則)が付き合ってあげました。そして自分の店に来たある子供の頼みで鉄板料理を作ってやると、アカネは自分の生き方に目覚め再び戦意を高めたのでした。

そして鉄馬に会う権利を巡る再勝負当日、嵐山(竜雷太)が急遽立ち会う中で再戦。しかし、両者の料理を見た嵐山は「食べなくとも勝負は着いている」と口にし、悦子(とよた真帆)も一口食べてそれを納得。そして心太も一口食べると、アカネの料理には心があることを悟り敗北を宣言しました。しかも、心太はアカネの心を強くするために一芝居打っていたことも告白しました。これには心太を信じきっていたエレナも激しく動揺。勝負はアカネが勝利し、嵐山は鉄馬が失踪した理由を話すと言い出しました。その時そこへ現れたのは、腕に鉄馬と同じ龍の火傷の跡がある黒金! 彼はいったいどんな秘密を握っているのか・・・。

一度はアカネを裏切ったかに見えたけど、実は彼女のために芝居をしていただけの心太。実は私も途中から「そうじゃないかなあ?」と悟りました。だって、あれだけアカネと仲良く接していた彼が、あんなに急変するのが妙で仕方が無かったから。アカネを裏切り反発する様が不自然に見えたんですね。まあ良いように言えば、「心太が悪いヤツだとは思わなかった!」ということですか。そしてもう一点。一度は鉄馬の秘密の鍵を握っているかに見えた黒金が、今回ラストで派手な演出と共に怪しく登場しました。鉄馬と同じ火傷がある黒金。全てを悟る嵐山。いつも通りのエレナ(笑)。いよいよアカネが捜し続けた父親に会う時が近付いているけど、いったい、もしや、どうなの?

○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第1話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第2話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第3話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第4話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第5話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第6話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第7話」

「鉄板少女アカネ!! (1)」 「鉄板少女アカネ!! (2)」 「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」
原作コミックス「鉄板少女アカネ!! (1)~(2)」/「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」

「SAYONARA」
主題歌「SAYONARA」(ORANGE RANGE)

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2006.11.27

鉄板少女アカネ!!・第7話

新幹線の新横浜駅周辺はぶらりと歩いたことがある私。でも、一度好きなだけ食べ歩いてみたい中華街には、いまだに行ったことがありません(苦笑)。中華料理は好きな方だから、朝から晩まで楽しみながら食べ歩いてみたい! とりあえず、今回の中華街編を見て我慢するとしようか・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「鉄板少女アカネ!!」
第7話「横浜中華街エビ対決衝撃の敵!」

横浜を訪ねたアカネ(堀北真希)は、中華街の老舗「大海老飯店」の社長・悦子(とよた真帆)が鉄馬と同居中だと聞く。父に会わせてほしいと詰め寄ったアカネは、鉄馬の納得のいく伊勢エビ料理を作ることができれば会わせてもいいと挑発される。そこに鉄馬を捜すエレナ(片瀬那奈)も現れ、鉄馬と会う権利を懸けた対決に。

今回は神奈川・横浜。アカネと心太(塚本高史)は中華街で父・鉄馬のことを良く知る悦子と出会い、アカネが伊勢エビ料理の味で鉄馬を納得させれば彼と会わせてもらうことに。そこにまたもエレナが現れて、結局いつものように対決することになりました。その間、アカネは心太と協力して料理を研究し、恋の告白までしてしまったり。また、悦子から鉄馬が書いた手紙を受け、それを読んで愕然としてしまったり。さらに、黒金(陣内孝則)がエレナと裏で何やら契約を交わしていたり・・・。

そして鉄馬に会う権利を巡る勝負当日、アカネはいろいろと心が動きながらも勝負に参戦。しかし、エレナが連れてきた料理人のサポート役が、なんと心太! 彼はアカネに裏切りの言葉を吐き捨て、黒金は激怒して彼を責めました。アカネは好きな心太が勝負の相手だと知り、しかも裏切られたことで動揺を隠せず、微妙な気持ちでいたのでした・・・。

エレナが料理人選びで必死になっていたけど、「もしや黒金が?」と思っていたらまさか心太がサポート役として現れるとは・・・。これは本当に意外でした。また、1話完結モノとして続いてきたストーリーが、ここに来て次回持ち越しというパターンに・・・。これもまた意外でした。良いよ良いよ、期待させられる作りになってきたよ、そう来なくっちゃ! それでアカネは、共に料理を研究し告白までした心太を相手に、冷静になって料理を作り勝負に挑むことができるんでしょうか? 次回は後編になるのかな、楽しみです!

○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第1話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第2話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第3話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第4話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第5話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第6話」

「鉄板少女アカネ!! (1)」 「鉄板少女アカネ!! (2)」 「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」
原作コミックス「鉄板少女アカネ!! (1)~(2)」/「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」

「SAYONARA」
主題歌「SAYONARA」(ORANGE RANGE)

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2006.11.21

鉄板少女アカネ!!・第6話

このドラマは大変だ。料理対決でも頑張らなきゃならないし、話題性や人気度の向上にも頑張らなきゃならない。燃えろ、激しく燃えるんだ! 「火に油を注ぐ」なんて諺があるけど、さらに勢い付かなきゃならない所で燃え尽きてしまったら、どうしようもないか・・・(でも応援してます)。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「鉄板少女アカネ!!」
第6話「松茸ババアの逆襲」

信州で、アカネ(堀北真希)はマツタケを育てて生計を立てる泰子(浅香光代)と会う。泰子は息子の謙二(宮下直紀)と秀喜(佐藤二朗)に山菜などを使った料理で対決させ、勝った方に山を譲ると言いだす。そんな中、山を狙うエレナ(片瀬那奈)は、秀喜への協力を約束。それを知ったアカネは、謙二の味方に付く。

今回は長野・信州。アカネは“新パートナー”の黒金(陣内孝則)とそこへ向かい、黒金の提案で入山禁止の山へ入ってマツタケ狩りをしようとすると、そこに山の持ち主である泰子が現れてさあ大変。アカネたちはひたすら謝ったけど、その際泰子が突然倒れてしまってまた大変。そこには泰子の次男・謙二がいたけど、長男・秀喜がエレナを連れて「山を売る」と言い出してさらに大変。いきなり大変続きだったけど、泰子の提案で両人に「最後の晩餐」の戦いを命じ、美味しかった方に山を譲ると言い出しました。アカネは謙二に付いて参戦することに。しかし、そんな矢先に下関で別れたはずの心太(塚本高史)が! 当初は、一緒になると誓った福美(遠山景織子)にフラれたと言っていたけど、実は心太がいつしかアカネのことを思うようになっていたことが発覚しました。その正式な告白を待ったアカネ。恥かしがりながら告白しようとする心太。そのちょうど良いタイミングで、黒金が現れやがって全てがパー(笑)。そこで一旦話が途切れたけど、「今回の勝負が終わったら改めて」ということで、後半へ続く・・・。

そして「最後の晩餐」の勝負当日、長男・秀喜側は泰子の山のマツタケを使った美味しそうなすき焼き料理を出し、泰子は大満足。次男・謙二側は代理のアカネが「秋を閉じ込めた三色餃子」を出しました。エレナは「赤・緑・黄色って信号か!」とノリツッコミしていたけど(笑)。アカネは「闇餃子」と言って赤・緑・黄色の順で食べるように伝えると、泰子はゆっくりと箸を動かし始めました。赤は、果物を使った「デザート餃子」。緑は、野菜を使った「風味餃子」。黄色は、泰子が作ったマツタケ醤油を使った「鶏肉の餃子」。つまり、アカネはマツタケ尽くしを避けて大胆にも勝負に挑んだのでした。そして泰子の判定により、工夫を凝らしたアカネの勝利! その直後、「山を守りたい」という泰子の言葉を聞いたアカネは、秀喜と謙二に三色餃子を食べさせ「美味い」と言わせました。また、二人で力を合わせて山を守るよう説得すると、二人は協力し合うことを決意して仲が良くなりました。しかし、そこで泰子が「何言ってるんだよ、まだまだ私の山だよ!」と一言。実は息子たちを仲直りさせるために、病気と偽って一芝居打っていたのでした。やるな、松茸ババア・・・。それで、ラストはアカネと心太の続き。積極的に「話して!」と言い責めるアカネ。車を止めてようやく本心を伝えようとする心太。そのちょうど良いタイミングで、東京のアカネの店から電話が入って全てがパー(笑)。次の行き先は神奈川・横浜らしく、「横浜に付いてからな」ということで、次回へ続く・・・。

ははは~、今回はなかなか面白かったと思うよ~。もう登場することがないと思われた心太が今回あっさり復活したし、料理対決にも深い意味があったし、松茸ババアの引っ掛けがあったし、アカネと心太のやりとりが上手く重ねられて見事に引っ張り通したし・・・。やっぱりこのドラマは、脚本の力次第で何とかどうとでも頑張れるんじゃないですかね? 応援してきた甲斐がありましたよ! ところで、ラストで黒金とエレナが電話連絡を取り合って、何だか怪しい取引の話をしていましたね。その辺りも、良いように上手いこと引っ張って盛り上げてほしいです!

○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第1話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第2話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第3話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第4話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第5話」

「鉄板少女アカネ!! (1)」 「鉄板少女アカネ!! (2)」 「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」
原作コミックス「鉄板少女アカネ!! (1)~(2)」/「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」

「SAYONARA」
主題歌「SAYONARA」(ORANGE RANGE)

| | コメント (2) | トラックバック (10)

2006.11.12

鉄板少女アカネ!!・第5話

今回は「世界バレー」の中継が延長されたせいで、10分繰り下げの放送になりました。私はいつ始まるかどうかを調べていなくて、いやいや、他事をしていて気に掛けていなくて、見逃しそうになってしまいました。でも、何とかフルで見たよ! その記念に、今回のレビューの締めでは必要以上に韻を踏んでみるのでよろしく!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「鉄板少女アカネ!!」
第5話「さよなら心太さん…涙のフグ鍋」

アカネ(堀北真希)らは下関へ。心太(塚本高史)は、実家の料亭の元料理人で恋仲だった福美(遠山景織子)と再会。フグ料亭の女将の福美は、新規開店した料亭に板前を奪われて悩んでいた。さらに、その店とテレビ番組で料理対決をするという。新しい料亭のオーナーがエレナ(片瀬那奈)と知り、アカネは福美に協力を。

今回は山口・下関。アカネは心太とふぐ料理屋「ふくふく亭」を訪ねると、後に心太の実家の料亭でかつて料理人として働いていた福美がやってきて、店員と口論になりました。彼女は数年前に老舗料亭「ふくよし」の跡取りと結婚し、現在そこの女将を務めていたけど、エレナがオープンさせた「ふくふく亭」に板前を引き抜かれ経営危機に陥っていました。そんな中、後日行われるテレビ番組でのふぐ料理対決で、アカネは福美と協力して勝負に挑むことに。その日までに、あの美食王・嵐山(竜雷太)が来店してあれこれきついお言葉を放っていたけど・・・。また、市場にて福美の旦那が若い女と駆け落ちした事実も明らかになったけど・・・。

そしてふぐ料理対決「ふくドリームマッチ」当日、アカネがスタジオになかなか現れず、福美はただ信じて待っていただけ。それでも何とか1勝1敗で次の最終勝負になった時、ようやくアカネが現れてエレナに参戦の許可を受け、アカネは心太が初めて作ってくれたふぐ雑炊を鉄板で作り上げました。頬に一筋の涙を垂らしながら完成させたのは、鉄板ふぐ雑炊。結果は、アカネの料理が判定勝ちして、2勝1敗で彼女たちが勝利を収めました。黒金(陣内孝則)はその様子をテレビで見ていたけど、彼の腕にはなんと龍のやけどが。そのことをエレナの部下・北村(デビット伊東)が調べ上げ、彼女はそっと笑みを浮かべたのでした。

かつて恋仲だった心太と福美が復縁したことで、アカネは振られてしまって可哀想だったなあ。それにしても、心太を思って作った鉄板ふぐ雑炊は、鉄板で焼き上げたご飯に雑炊を豪快にぶっかけるというすごい料理法でした。あれなら私でもできそう・・・、かな?(笑) そして何と言っても、黒金の龍のやけどですか。そういうことだったわけ? すぐ近くに捜索中の父親・鉄馬が存在していたわけ? アカネは父親の顔を知らなかったわけ? もうどうにでもなっていいわけ? いいわけもいいわけ?(いやいや良くない) 最後は何だか良く分からなくなってしまったけど、今後アカネは“新パートナー”の黒金と旅を続けるみたいです。何じゃこりゃ(苦笑)。今回の見ものは、冒頭でアカネこと堀北真希さんが見せた、素敵なウエディングドレスでした。これは、褒めたい! 他を褒めていない? いやいやそうではない。でも信じてくれない。信じられな~い!(日ハム・ヒルマン監督協力→もちろんウソでそれも信じられな~い!)

○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第1話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第2話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第3話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第4話」

「鉄板少女アカネ!! (1)」 「鉄板少女アカネ!! (2)」 「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」
原作コミックス「鉄板少女アカネ!! (1)~(2)」/「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」

「SAYONARA」
主題歌「SAYONARA」(ORANGE RANGE)

| | コメント (6) | トラックバック (9)

2006.11.07

鉄板少女アカネ!!・第4話

公式サイトのトップページでは、主人公のアカネによる「アツくて悪いか!」の文字が刻まれています。私もそれに対抗してこう叫んでみたいです。毎回書いているレビューについて。「冷めてて悪いか!」。負けで結構です(苦笑)。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「鉄板少女アカネ!!」
第4話「学園祭ダイエット料理バトル!!」

アカネ(堀北真希)の親友・みかん(亜希子)が、過度のダイエットをしていた。みかんを心配する双子のゆず(奈津子)は、アカネの店を学園祭に出して鉄板焼きを食べさせ、正気に戻してほしいとアカネに頼む。アカネは、学園中で減量が流行している異常な状態を見て張り切るが、みかんの怒りを買ってしまう。

今回は旅無しで地元。アカネには親友で双子のゆずとみかんがいたけど、ある日みかんが貧血で倒れることに。話によると、みかんは学校のセレブ集団「スリムビューティークラブ(SBC)」に入るため過度のダイエットに励んでいて、食事もきちんと摂らなかったため体調を崩してしまったとのこと。それは、好きになった男子生徒・光(大東俊介)を振り向かせるため・・・。そこでゆずはアカネに、来る学園祭でダイエットに励む生徒たちに鉄板焼きを食べさせ、無理なダイエットをする動きを止めさせようとしました。

そして学園祭当日、エレナ(片瀬那奈)がSBCを従えての「ミス・スレンダーセントフェアリーコンテスト」が開催されていて、出場したみかんが審査されているところにアカネと心太(塚本高史)が到着。アカネは以前練習した料理ではなく、みかんの大好物であるネギ焼きを作り、同時に今あるみかんの状況を責めて説得しました。しかし、SBCの連中や他の生徒たちはアカネをあざ笑う始末。そこで怒ったみかんが、会場にいたゆずに合図してバレーボールのパスを受け、必殺アタックでSBCを攻撃! そして「私の友達をバカにすんじゃねえ!」と言うと、吹っ切れてネギ焼きを頬張り、好きだった光にも気に入られました。また、SBCは逆に非難され、ダイエットに励む生徒を含めた皆がアカネにネギ焼きを注文したことで、コンテストは意外な形で成功を収めたのでした。

今回は学園祭がメインのストーリー。そうか、だから各人の演技や展開が「学芸会」のように見えたのか!(笑) 何か見たことがあるようなセリフ回し。胡散臭いコンテスト。妙なハプニング。確か堀北真希さんが出演したドラマ「野ブタ。にプロデュース」でもあったような・・・。そういえば、そのドラマに生徒役で出演していた人たちもいたし・・・。何はともあれ、アカネの手書き看板「一撃必焼」の通りになったと言えましょう。今回は旅無しだったから、恒例の“ベタなパターン”も無し。その代わりに、この学芸会っぽいストーリー。私はゆずとみかんが最後まで“一人二役”だと思っていました。“マジ双子”だったんですね、ああ冷めた冷めた。ええ、負けで結構ですから(苦笑)。

○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第1話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第2話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第3話」

「鉄板少女アカネ!! (1)」 「鉄板少女アカネ!! (2)」 「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」
原作コミックス「鉄板少女アカネ!! (1)~(2)」/「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」

「SAYONARA」
主題歌「SAYONARA」(ORANGE RANGE)

| | コメント (3) | トラックバック (7)

2006.10.31

鉄板少女アカネ!!・第3話

このドラマのレビューについては、どうも無意識のうちに「一歩引いた表現」になっていたらしいです(苦笑)。指摘されるまで気が付かなかったなあ。アカネも頑張っていることだし、今後は一歩リードして追ってみるか!(それじゃ追ってねえよ)

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「鉄板少女アカネ!!」
第3話「北海道美味No.1決戦カニvsイモ」

アカネ(堀北真希)は北海道へ。ジャガイモ農園の売却を考える文平(ぶんぺい・布施博)と出会う。文平はエレナ(片瀬那奈)の計画に乗り、娘・文乃(ふみの・水橋貴己)たちの反対を押し切ってカニの先物取引を始めるという。アカネは文乃らの気持ちを考え、勝ったら農園を売らないことを条件に、エレナの選んだ料理人と対決を行う。

今回は北海道。アカネや心太(塚本高史)はジャガイモ農園を営む白井家の子供たちと出会ったけど、その白井家では父親の文平(布施博)が農園を売り払ってカニの先物取引をすると言い出したことで、娘の文乃(水橋貴己)たち子供と揉めていました。それにはエレナも絡んでいて・・・。そこでアカネは、「カニカニフェスティバル」での料理バトルにて戦うことで、文平の気を変えようとしたのでした。材料はジャガイモだったけど、カニも一部交えることにして参戦。しかし当日、カニが無い! 銀造(陣内孝則 )が知らぬ間に食べていた! 困ったアカネは、ジャガイモとパンでポテトフォンデュを完成させました。エレナ曰く、「鉄板でパン、ってダジャレかい!」だそうだ(笑)。アカネはジャガイモの良さを十分に引き出せたけど、バトルの結果はなんと敗退。「イモはカニに勝てないのよ! オッホッホ!」とあざ笑うエレナに、アカネは「うるさいっ!」と反論。アカネ曰く、「ジャガイモには無限の可能性がある」だそうだ(驚)。その言葉に、文平もジャガイモ作りの苦労話で反論して改心し、白井家の家族は団結力を増したのでした。

これまでに見られたこのドラマのベタな点は、「アカネがあくまで鉄板料理にこだわること」、「心太が旅先で女性に惚れるも毎回フラれてしまうこと」、「銀造が大事な食材をすぐにつまみ食いすること」の3つか(笑)。面白いには面白い。でも、笑うに笑えん。何か不思議な感覚だ・・・。ということで、残念ながらまた「一歩引いた表現」になってしまった模様。やっぱり「一歩リードで追う」だね。つまりは「適当に逃げる」になるか(苦笑)。

○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第1話」
○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第2話」

「鉄板少女アカネ!! (1)」 「鉄板少女アカネ!! (2)」 「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」
原作コミックス「鉄板少女アカネ!! (1)~(2)」/「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」

「SAYONARA」
主題歌「SAYONARA」(ORANGE RANGE)

| | コメント (2) | トラックバック (10)

2006.10.23

鉄板少女アカネ!!・第2話

主人公のアカネは「鉄板少女」だから、ストーリーのネタ材は「鉄板料理なら何でもOK」のはず。愛用の鉄板とヘラを武器に様々な経験をしながら、優れた料理人になるまで今後も成長していくことでしょう。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「鉄板少女アカネ!!」
第2話「勝負!!絶品焼そば」

父を捜すアカネ(堀北真希)は、兵庫・明石へ。毎年恒例のタイを使った料理対決で5連覇中の「浜田屋」が、エレナ(片瀬那奈)の出店計画で経営危機にあると知る。店のおかみ・豊子(宮崎ますみ)が亡母に似ていたこともあり、アカネは店を救おうと出場を決意。特訓しようとするが、エレナが町中のタイを買い占めていた。

今回は兵庫・明石。亡き母に似る女将・豊子の店「浜田屋」がエレナの出店計画のせいで経営危機にあり、手伝いのやよい(柳沢なな)に一目惚れした心太(塚本高史)が体調を崩した豊子の代わりとしてアカネを頼ったことで、アカネは営業妨害をしていた豊子の息子・慎吾(濱田岳)も見物する中で毎年恒例の鯛バトルに出場しました。以前にエレナが町中の鯛を買い占めて練習さえ妨害されたけど、豊子から何とか基礎を学べたアカネ。しかし当日、鯛が無い! 困ったアカネは土下座までして他の出場者に鯛の切り残しをもらい、それを使って鯛あんかけ焼きそばを完成させました。結果は、見事に勝利。その一部始終を見た慎吾も、アカネからの数度の説得で改心して、以前逃げ出したことのある料理修行を再び始めることを決意したのでした。

豊子に教わった「食材に感謝して残さずに調理すること」を実践してみせたアカネが、すごい手さばきで素晴らしい料理を完成させました。ああ、美味そうだったなあ。店に戻ったアカネたちは、失踪中の父親・鉄馬から新たにカニ等を送られたことで、次はその送り元の北海道へ向かいます。こうして自分の店を拠点にしつつ、全国を回って力を付けていくんでしょうね!

○関連記事「鉄板少女アカネ!!・第1話」

「鉄板少女アカネ!! (1)」 「鉄板少女アカネ!! (2)」 「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」
原作コミックス「鉄板少女アカネ!! (1)~(2)」/「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」

「SAYONARA」
主題歌「SAYONARA」(ORANGE RANGE)

| | コメント (8) | トラックバック (14)

2006.10.17

鉄板少女アカネ!!・第1話

少年画報社「ヤングキング」で連載中のマンガが、このたびTBS系でドラマ化されました。原作の方は、正確には一度終了してこの秋から再び連載が始まったそうです。ドラマの方は、連続ドラマ初主演の堀北真希さんに注目が集まっているようです。「日曜劇場」としては、久々にホームドラマから脱却して主に若者をターゲットにした作品を採用しました。さて、“!”マーク2つ分の勢いあるドラマとなるか?

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「鉄板少女アカネ!!」
第1話「料理は焼きが命だ!!父の味を取り戻せ!!」

失跡した父を捜す旅路で、娘が数々の料理対決を行う。アカネ(堀北真希)は行方不明の父・鉄馬に代わり、鉄板料理店を切り盛りしていた。ある日、食品会社の社長令嬢・エレナ(片瀬那奈)が「借金のカタになっている」とアカネに店の立ち退きを要求。店を存続させたければ、鉄馬を超えるお好み焼きを作るように言い渡す。

東京の下町にある鉄板焼き屋の娘として育ったアカネは、幼い頃に母親・ちゆきを病気で亡くし、父親・鉄馬は1年前に失踪。そんな彼女は一人で店を守っていたところ、老舗料亭の息子・心太(塚本高史)と数年ぶりに再会し、父親の友人・黒金(陣内孝則)とも出会いました。そしてある日、アカネは大手食品メーカーの令嬢・エレナ(片瀬那奈)に店の立ち退きを言い渡され、鉄馬に代わって店の存続を賭けて最高の豚玉を作ることに。そこでリンゴの隠し味を武器にしたアカネのパワーが炸裂!! 日本料理界の重鎮・嵐山蒼龍(竜雷太)もその味を評価し、「3ヶ月後に再び豚玉を作る」という約束で立ち退きを一旦回避することができたのでした。

はは~、過去の料理系名作番組のオンパレードみたいだった! 「美味しんぼ」とか「ミスター味っ子」とか、歌って料理をするシーンはNHK教育の料理番組とか、フジテレビ系ドラマ「熱烈的中華飯店」で見られた過剰な演出とか、おいおいやり過ぎだ!! 確かに“!”マーク2つ分の勢いはありました。ただ、何だかその料理シーンが学芸会みたいだったなあ・・・。おまけに「3ヶ月」って、脚本担当の秦建日子さんつながりで前クールの同局系ドラマ「花嫁は厄年ッ!」の時と同じだ・・・。もっとも、あちらは“!”マーク1つだけだったけどね(笑)。

これは、ストーリー内での複雑な事情は置いといて、笑って見られそうだなあ・・・、と思ったけど、「日曜劇場」としては「食育」をテーマに置いているそうです。「見て満腹するドラマ」を目指すのかな?

「鉄板少女アカネ!! (1)」 「鉄板少女アカネ!! (2)」 「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」
原作コミックス「鉄板少女アカネ!! (1)~(2)」/「鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編」

「SAYONARA」
主題歌「SAYONARA」(ORANGE RANGE)

| | コメント (5) | トラックバック (19)

その他のカテゴリー

■BankBand(ap bank) | ■ミスチル(Mr.Children) | □ドラマ全般・SP(drama) | ◇14才の母 | ◇あいくるしい | ◇あいのうた | ◇いま、会いにゆきます | ◇おとなの夏休み | ◇がんばっていきまっしょい | ◇ごくせん | ◇さよなら絶望先生 | ◇たったひとつの恋 | ◇てるてるあした | ◇のだめカンタービレ | ◇はるか17 | ◇みなみけ | ◇めだか | ◇わたしたちの教科書 | ◇アテンションプリーズ | ◇アンフェア | ◇ウォーターボーイズ2 | ◇オレンジデイズ(OrangeDays) | ◇ガリレオ | ◇ギャルサー | ◇クロサギ | ◇スローダンス | ◇セクシーボイスアンドロボ | ◇セーラー服と機関銃 | ◇タイガー&ドラゴン | ◇タイヨウのうた | ◇トップキャスター | ◇ドラゴン桜 | ◇ハケンの品格 | ◇ハタチの恋人 | ◇バンビ~ノ! | ◇ブスの瞳に恋してる | ◇ブラザー☆ビート | ◇プロポーズ大作戦 | ◇ホタルノヒカリ | ◇マイ☆ボス マイ☆ヒーロー | ◇下北サンデーズ | ◇世界の中心で、愛をさけぶ | ◇働きマン | ◇僕の歩く道 | ◇功名が辻 | ◇医龍 Team Medical Dragon | ◇危険なアネキ | ◇喰いタン | ◇女王の教室 | ◇嫌われ松子の一生 | ◇山田太郎ものがたり | ◇幸せになりたい! | ◇弁護士のくず | ◇恋におちたら | ◇救命病棟24時 | ◇時効警察 | ◇東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | ◇東京湾景 | ◇海猿 | ◇白夜行 | ◇神はサイコロを振らない | ◇花より男子 | ◇華麗なる一族 | ◇西遊記 | ◇逃亡者(RUNAWAY) | ◇野ブタ。をプロデュース | ◇鉄板少女アカネ!! | ◇電車男 | ◇1リットルの涙 | ◇3年B組金八先生 | ◇H2~君といた日々 | ◇NHK連続テレビ小説 | ◇Ns’あおい | ◇SP | ●アクセス達成 | ●ナナちゃん人形(Nanachan) | ●プライナス(Prinus) | ●愛・地球博(EXPO2005) | ●3曲選評 | アテネオリンピック | アニメ・コミック | アフィリエイト | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | スポーツ | トリノオリンピック | ニュース | パソコン・インターネット | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 芸能・アイドル | 音楽 | CM・広告