« SP・第1話 | トップページ | ガリレオ・第4話 »

2007.11.04

ハタチの恋人・第4話

主人公・圭祐の苗字が「井上」であることを、今回初めて知りました(笑)。「明石家」や「桑田」とばかり思っていたもんなあ、冗談ではなく、ただ何となく・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「ハタチの恋人」
第4話「パパの秘密を知る夜」

ユリ(長澤まさみ)は就職活動の1次試験に合格したことを圭祐(明石家さんま)に報告。さらに2次試験のアドバイスを求める。悩む圭祐は、風太(市村正親)とともにユリと会うことに。一方、圭祐とユリの関係を進展させたい風太は、ホテルの部屋で二人きりにさせようと画策。だが、そこに圭祐の妻・小百合(森下愛子)がやって来る。
○公式サイトのあらすじより

圭祐(明石家さんま)は、自分が森山リュウ(市村正親)と勘違いをしているユリ(長澤まさみ)に、本当の事を言えずに大阪に帰ってしまった。その帰り道、ユリに心トキメク圭祐は、もう少しこのまま森山リュウのふりをしようと心に決める。そんな圭祐の大阪での生活は、心ここにあらずの状態。妻の小百合(森下愛子)は、ユリのことなど露とも知らず、圭祐はどこか具合が悪くなったのではないかと心配するのだった。

またまたやってきた週末の東京出張。就職活動で受けていた会社の一次試験に合格したユリは、二次試験のアドバイスがほしくて、圭介を誘い出す。圭祐は、当然アドバイスなどできるはずもなく、風太に相談すると、風太は圭祐の担当編集者ということで、一緒に会おうと言い出すのだった。

翌日、ホテルのティーラウンジで待つユリのもとに、圭祐と風太がやってきた。圭祐は、風太のことを担当編集者と紹介をする。面接の注意点を一通り風太に説明してもらい、圭祐が席を立とうとした時、二次試験には実技もあるから、実技のアドバイスを部屋で行おうと風太が余計なことを言い出すのだった。早速、ユリに課題を出す風太だったが、ヤボ用を思い出したと部屋を出て、圭祐とユリの二人きりにしようとする。慌てる圭祐が、風太を止めようとしたその時、ドアのチャイムが鳴る。

「へ、へ、来ちゃった」
なんと、ドアの前に小百合が立っていた!
慌てふためく圭祐と風太の言うことを聞き、ユリは分けもかわらず隠れるのだが…。そして、スィートルームで圭祐と小百合が2人っきりになった時、圭祐の身にある出来事が起きてしまい…。


「実技指導」って・・・(苦笑)


ユリはコロコロと騙されてしまうんだけど、オッサン二人がアホで本当に良かったよ(笑)。でも小百合の意外な乱入で、圭祐は彼女と久々のデートをすることになり、風太の計らいでスィートルームも彼らのものに。それで二人がベッドでゴソゴソし出して、圭祐がその場を離れて部屋を歩き出した途端に倒れてしまい、救急車で急遽病院へ。やがてその原因が盲腸だと分かったんだけど、慌てて病院へお見舞いに掛け付けたユリは、院内で運び込まれた患者のことを聞いても「森山リュウ」ではなく「井上圭祐」という名前が返ってくるだけ。ユリは顔を「?」にしながら病室へ向かったのだが・・・。

大体、「森山リュウ」の名がペンネームであることに気付けユリ! でも待てよ、「井上圭祐」が本名だと勘違いし始めているのかユリ? まあ良く分からないけど、とりあえずピンチはピンチだ!

○関連記事「ハタチの恋人・第1話」
○関連記事「ハタチの恋人・第2話」
○関連記事「ハタチの恋人・第3話」

|

« SP・第1話 | トップページ | ガリレオ・第4話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/16979070

この記事へのトラックバック一覧です: ハタチの恋人・第4話:

» ・TBS「ハタチの恋人」第4話 [たまちゃんのドラマページ]
2007年11月4日(日)21時から、TBSで、「ハタチの恋人」第4話(「パパの秘密を知る夜」)が、放送されました。 記事書き、「白旗」です。。。「ハタチの恋人」。残念ながら、記事を書く気に、ならなくなっちゃった。従って、今日で、記事書き、最後です。ドラマ...... [続きを読む]

受信: 2007.11.06 01時54分

« SP・第1話 | トップページ | ガリレオ・第4話 »