« Perfume・HEY!×3で「ポリリズム」披露 | トップページ | 働きマン・第3話 »

2007.10.22

ガリレオ・第2話

初回話の視聴率は関東でも関西でも楽々20%超えを達成し、いきなり好調なスタートを切ったようです。そして、何と早くも映画化決定のニュースが! 作家・東野圭吾さんによる「探偵ガリレオ」シリーズ初の長編作で直木賞受賞作の「容疑者Xの献身」が元になるそうです。気になったキャストについても、ドラマレギュラー陣が担当するようで一安心。湯川こと福山雅治さんや薫こと柴咲コウさん他が、スクリーンでも活躍してくれるということですね。放送後の様子をしばらく伺う前に大決定か、これは相当気合いが入ってるなあ!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「ガリレオ」
第2話「離脱る」

殺人事件が発生し、薫(柴咲コウ)は容疑者・栗田(石井正則)の事情聴取を行った。だが、栗田は事件当時、川沿いに止めた車の中にいたと容疑を否定。アリバイを裏付ける証拠がない中、その車を幽体離脱した際に見たという小学生・忠広(今井悠貴)が現れる。話を聞いた湯川(福山雅治)は、幽体離脱に興味を持つ。
○公式サイトのあらすじより

帝都大学の物理学科准教授・湯川(福山雅治)の研究室を訪れた貝塚北署の刑事・薫(柴咲コウ)は、10歳の少年が描いたという絵を彼に見せる。その絵は、ある殺人事件の容疑者のアリバイを裏付ける証拠になるかもしれないものだという。しかし、薫たちは、簡単にその絵を信じるわけにはいかなかった。何故ならその絵は、少年が幽体離脱して見たという風景を描いたものなのだ。

事件は、管内のワンルームマンションで起きた。その部屋に住む28歳のOLが腐乱死体で発見されたのだ。監察医の桜子(真矢みき)によれば、死因は扼殺による窒息死で、死後4週間が経過しているという。薫や弓削(品川祐)たちは、死亡推定時刻から、事件があった日に被害者を訪ねたと思われる保険外交員・栗田(石井正則)から事情を聴く。被害者の部屋に、彼の名刺があったからだった。 しかし栗田は、訪ねたのは前日で、被害者が殺害されたと思われる時間、川沿いに車を停めて寝ていたと主張する。そんな折、事件のことを知った上村(小市慢太郎)という男が、息子の忠広(今井悠貴)が描いたという、赤い車が停まっている川の絵を郵送してきたのだ。

薫は、上村の元を訪れた。上村のマンションからは工場が見えるだけで、その先にある川はまったく見えなかった。忠広は、熱を出して寝込んでいたときに幽体離脱し、そのまま窓から外に出て工場よりも高い場所から川向こうに止まっている赤い車を見たらしい。上村も、最初は忠広の話を信じなかったが、警察が川沿いに停まっていた赤い車を調べていると聞きつけ、絵を送ったのだという。

薫から事件の概要を聞かされた湯川は、子どもが幽体離脱したことに興味を示し、忠広に会いに行く。上村は、忠広には予知能力のようなものがある、と証言した。近所で焼肉店を営む幸恵(虻川美穂子)という女性が訪ねて来たときも、忠広は直前にそれを予言したというのだ。幸恵は、男手ひとつで忠広を育てている上村の家に、食べ物などを差し入れしているらしい。

湯川は、身体から魂が抜け出すなんて信じられない、と薫に告げると、物理学科第十三研究室の学生たちとともにこの一件の検証を始める。

そんなある日、薫は、弓削とラーメン店に行く。弓削は、忠広の証言をまったく信じていなかった。そのとき、店内のテレビに上村が映った。何と上村は、警察が息子の証言を無視した、と訴えていた。幽体離脱したという忠広の話に各局のワイドショーは飛びつき、貝塚北署にはリポーターが押し寄せた。

湯川は、薫とともに再び上村親子に会いに行く。ふたりは、幸恵の店で食事をしていた。上村は、テレビ出演でギャラをもらい、上機嫌だった。テレビ局からの電話で上村が席を外した際、湯川は、忠広に話しかけた。子どものころ、テレビに出た超能力少年の真似をしてスプーン曲げに熱中したこと、しかしその少年がインチキであることを告白し失望したこと――続けて湯川は、不思議なことを語るのはいいが、そこに嘘が混じると罪になる、と忠広に告げた。本当に空を飛んだのか、と忠広に尋ねる湯川。忠広はずっとうつむいたままだったが、車を見たのは本当だと言うと、湯川を見つめた。ほどなく、上村が戻ってきた。忠広は、何事もなかったかのように上村に笑顔を見せた。

湯川は、忠広が車を見たのは本当だと薫に告げる。そうでなければあの絵の存在を証明できない、というのだ。
あくる日、薫は、桜子の元を訪れ、遺体検案書などを再度チェックする。桜子によれば、犯人は被害者に馬乗りになって首を絞めたものと思われるという。被害者が女子柔道の優勝経験者であることを考えれば、小柄な栗田が犯人とは思えなかった。
一方、湯川は、上村のマンションの前に建っているガラス工場を訪れる。そこで廃材置き場などを入念に調べた湯川は、割れたような破断面の長靴を見つける。次の瞬間、湯川の頭の中に何かがひらめいた。

別の日、湯川は、上村親子と幸恵を研究室に呼び出す。そこで湯川は、砂糖水が入った水槽とレーザーポインタを使って、光が濃度の薄いところから濃いところに向かって屈折する現象を再現して見せた。同じ原理で起きる自然現象が蜃気楼だという。そのとき、薫の携帯電話に弓削から連絡が入った。弓削は、湯川の要請を受けた薫に頼まれて、例のガラス工場を調べていた。湯川の予想通り、事件があった日、その工場で液体窒素が流出するという事故が起きていた。液体窒素の流出で、工場内の床は急激に冷やされ、転がっていた長靴も凍りついた。

工場長(蛭子能収)たちは、慌ててマンション側と川側にある大きな扉を開けて換気をした。その結果、工場内に熱い外気が流れ込み、密度の違うガスの層ができた。そのとき忠広は、開け放たれたガラス工場の扉の先に浮かび上がった赤い車を見たのだ。

上村は、湯川の説を否定し、あくまでも幽体離脱だと主張した。が、幽体離脱を持ち出したのは上村であることを湯川に指摘されると、言葉を失った。そのとき、弱々しい声で、「本当に空を飛んだんです」と言い出したのは忠広だった。上村は、そんな忠広を制すると、研究室を後にする。忠広は、しばらく湯川を見つめ、小さく頭を下げて上村の後を追った。湯川は、ひとり残っていた幸恵に、忠広のために後を追いかけた方がいい、と声をかけた。決心した幸恵は、研究室を飛び出して、上村親子と一緒に帰り――。

あくる日、アリバイが証明された栗田は釈放される。その矢先、被害者と交際していた男がいたことが明らかになった。その男は、妻子があるにもかかわらず被害者と結婚の約束をしており、そのことで口論になった際、彼女の首を絞めて殺害したのだという。
薫は、湯川の元を訪れ、事件の報告をした。同時に、幸恵が、忠広が学校を休んだ日以外にも、上村家に食事を作りに入っていることも伝え…。


良かった、幽体離脱のウソだけで!


マンションと川べりは工場に遮られていて直接見られることは不可能。そこに幽体離脱のウソを並べてギャラを手にしていた上村親子。しかし、忠広が赤い車を見たのは真実だった・・・。それを湯川は、何らかの理由で蜃気楼が発生し光の屈折により見ることができたのを指摘。後に薫の元に入った電話で、発生理由が工場での事故によるものと判明。これにより彼の考察が全て実証でき、ウソを明確に見破ることができたというわけでした。

忠広の「言わされてる感」は私も気付きました。まあそれも「子役の演技が良かったため」と言うべきか。それを直感的に見抜き科学的にウソを見破った湯川と、小柄な栗田が馬乗りになって殺害できるわけがないと気付いた薫。見事でした。上村親子はウソをついたけど殺人事件自体には関与しておらず、その後幸恵が上村家に出入りする機会が多くなったようで朗らか気分。また事件の方は、真犯人が見つかって逮捕され栗田は釈放。その際弓削がポケットに手を突っ込みながら「俺はな、最初っからお前じゃないって思ってたんだよ」なんてカッコ良いセリフを言っていたけど、ちょっと待ってほしい。誤認逮捕しといて「お前」はないだろお前!(笑) ちなみに、そのシーンで警察署から出ていったパトカーが「品川ナンバー」だったのを見逃しませんでしたよ品川さん!

いや~、このドラマ、やっぱり面白いですね。映画化も問題無さそうだ!

○関連記事「ガリレオ・第1話」
○関連カテゴリ「白夜行」

「探偵ガリレオ」
原作小説「探偵ガリレオ」(東野圭吾)

「KISSして」
主題歌「KISSして」(KOH+)

|

« Perfume・HEY!×3で「ポリリズム」披露 | トップページ | 働きマン・第3話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/16851334

この記事へのトラックバック一覧です: ガリレオ・第2話:

« Perfume・HEY!×3で「ポリリズム」披露 | トップページ | 働きマン・第3話 »