« 刈谷ハイウェイオアシスへ行ってきました(後編) | トップページ | 山田太郎ものがたり・第9話 »

2007.09.06

iPodシリーズの新製品「iPod touch」と従来製品の新モデルが発表

アップルがiPodシリーズの新製品を発表しました。一番の注目は、携帯電話「iPhone」に形状が似た「iPod touch」。また、HDD容量が格段に増えた従来型iPodの「iPod classic」、液晶ディスプレイが大型化し動画にも対応した「iPod nano」、カラーバリエーションが変更された「iPod shuffle」と、どれも見逃せません。

○関連サイト・アップル「iPod + iTunes」
http://www.apple.com/jp/itunes/
○関連サイト・アップル「iPod touch」
http://www.apple.com/jp/ipodtouch/
○関連サイト・アップル「iPod classic」
http://www.apple.com/jp/ipodclassic/
○関連サイト・アップル「iPod nano」
http://www.apple.com/jp/ipodnano/
○関連サイト・アップル「iPod Shuffle」
http://www.apple.com/jp/ipodshuffle/
○関連記事・ITmedia +D LifeStyle『電話抜きiPhoneの「touch」、動画「nano」、大容量HDD「classic」――iPodが全ラインアップを改訂』
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0709/06/news014.html
○関連記事・ITmedia +D LifeStyle『全面液晶の「iPod touch」、登場』
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0709/06/news015.html
○関連記事・ITmedia +D LifeStyle『シリーズ最大容量160GバイトHDD搭載の「iPod classic」』
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0709/06/news018.html
○関連記事・ITmedia +D LifeStyle『動画対応のnano、カラバリ変更のshuffle』
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0709/06/news017.html

○「ITmedia +D LifeStyle」の記事を一部抜粋

米Appleは米国で開催されたスペシャルイベントで、iPodの新ラインアップを発表した。新しいiPod nanoは動画対応と同時に液晶ディスプレイが大型化し、デザインは縦方向に縮まった。従来のビデオiPod(第5世代iPod)は「iPod classic」としてさらにHDD容量を大容量化し、最大160Gバイトに。そしてiPhone同様のマルチタッチインタフェースを備えた全面液晶モデルの「iPod touch」も投入された。

この新展開によってiPodファミリーは、iPod shuffleの液晶なしボタンのみ、iPod nanoとiPod classicのクリックホイール、iPod touchおよびiPhoneのマルチタッチという3種類のユーザーインタフェースを備えることになった。

噂はあったけど、驚きましたね! 以下は簡単な感想です。

○iPod touch
「Apple iPod touch 8GB」 「Apple iPod touch 16GB」
「Apple iPod touch 8GB」
「Apple iPod touch 16GB」

形状は携帯電話「iPhone」にそっくりだけど、単に電話機能を省いただけの製品ではないようです。指でなぞって操作できる「マルチタッチインタフェース」は面白そう。ただ、HDDでなくフラッシュメモリで、容量は最上位機種で16GB。音楽だけなら十分だけど、動画も考えると物足りないように思えます。それより何より、iPhoneの方が気になるんですよね。早く日本での発売が展開されないかな?

○iPod classic
「Apple iPod classic 80GB シルバー」 「Apple iPod classic 80GB ブラック」
「Apple iPod classic 160GB シルバー」 「Apple iPod classic 160GB ブラック」
「Apple iPod classic 80GB シルバー」
「Apple iPod classic 80GB ブラック」
「Apple iPod classic 160GB シルバー」
「Apple iPod classic 160GB ブラック」

私も持っている第5世代iPodの後継機だけど、実は今回私が最も注目したのはこれでした。容量が少なくとも80GBで約3万円からなんて安い! 好きな動画を気にせずたくさん転送して楽しめそうです。とはいえ、やっぱりいっぱいになりそうだけど。残念だったのは、iPodの象徴的なカラーだったホワイトが姿を消したこと。「アップルといえばホワイト」とも言えるほどだったのに?

○iPod nano
「Apple iPod nano 4GB シルバー」 「Apple iPod nano 8GB シルバー」

「Apple iPod nano 8GB ブルー」 「Apple iPod nano 8GB グリーン」 「Apple iPod nano 8GB ブラック」
「Apple iPod nano 4GB シルバー」
「Apple iPod nano 8GB シルバー」
「Apple iPod nano 8GB ブルー」
「Apple iPod nano 8GB グリーン」
「Apple iPod nano 8GB ブラック」

動画対応ということで、従来の細長いボディでは液晶ディスプレイを大きくできないため、正方形に近い形状に変更されました。でも、やはりディスプレイが小さく容量も少なくて、おそらく音楽メインになってしまうでしょうね。私はあまり魅力を感じなかったけど、手頃な価格で機能が詰まっているし、プレゼント目的には良いかな?

○iPod Shuffle
「Apple iPod shuffle 1GB シルバー」 「Apple iPod shuffle 1GB ブルー」

「Apple iPod shuffle 1GB グリーン」 「Apple iPod shuffle 1GB パープル」
「Apple iPod shuffle 1GB シルバー」
「Apple iPod shuffle 1GB ブルー」
「Apple iPod shuffle 1GB グリーン」
「Apple iPod shuffle 1GB パープル」

カラーバリエーションの変更のみで、機能面は変わり無し。オレンジがラインナップから外れ、アフリカの疾病を救済するチャリティーモデルのProduct(レッド)が追加されたようです。これは液晶ディスプレイも無くただ音楽を楽しむための製品で、iPodシリーズの中でも価格が安いので購入者は多そう。実際、外出先で身に着けているユーザも良く見掛けるようになったかな?

というわけで、iPhone待ってますiPhone(笑)。いやいや、まずは「iPod touch」を始めとするシリーズ製品の、発売後の口コミ情報に注目!

○関連記事『私の「iPod Life」~iPodと共に過ごす生活~』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/04/post_9768.html
○関連記事『iPodシリーズの新モデルとiTunesの新バージョンが発表』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/09/post_7d8b.html


|

« 刈谷ハイウェイオアシスへ行ってきました(後編) | トップページ | 山田太郎ものがたり・第9話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/16368409

この記事へのトラックバック一覧です: iPodシリーズの新製品「iPod touch」と従来製品の新モデルが発表:

« 刈谷ハイウェイオアシスへ行ってきました(後編) | トップページ | 山田太郎ものがたり・第9話 »