« 音声合成DTMソフト「初音ミク」 | トップページ | 刈谷ハイウェイオアシスへ行ってきました(前編) »

2007.09.01

「SoftBank 912SH」でいろいろ試してみました・2(ワンセグ編)

8月中旬に機種変更した携帯電話端末「SoftBank 912SH(シャープ製)」でいろいろ試してみました。レポートその2は「ワンセグ編」です!

○関連サイト・SoftBank「SoftBank 912SH」
http://mb.softbank.jp/mb/product/3G/912sh/
○関連サイト・シャープ「SoftBank 912SH」
http://www.sharp.co.jp/products/sb912sh/

07081701

○ワンセグ使用までの準備
そもそも私が機種変更の際に重要視したのは「ワンセグ端末であること」でした。実際、ソフトバンクはワンセグ端末が少なめなので選択肢もそんなに無かったんですが(苦笑)。そんなわけで、いきなりワンセグを試してみました。ここで一応言っておきますが、ケータイとして最も重要な「通話」と「メール」については真っ先に試用済みで、特に問題はありませんでした。

さて準備ですが、まずは受信エリアを決定すると、自動で有効チャンネルを拾ってくれて登録までしてくれます。後は、アンテナを目一杯伸ばして起動すればOK。伸ばさないと上手く受信できず、ブツ切りばかりで見苦しいだけでした。アンテナ伸ばしは必須、と・・・。また、通勤電車の中でも音声無しで試用してみたけど、走行中は電波の都合で映像が乱れることはあっても一応見られました。これで朝番組も電車内で楽しめる、と・・・。

次に、番組表「Gガイドモバイル」を使えるようにしました。初期登録としてちょっとした個人情報を入力して送信すればOK。後は必要に応じて番組表を受信してくれます。ただ、利用料は無料だけどパケット通信料は別途必要になるので要注意。私の場合は、「パケットし放題」を適用済みなので気にすることはありません。

○ワンセグ試聴の率直な感想
実は私、ワンセグを家電店以外で見るのはこれが初めてだったんだけど、思ったよりも映像がキレイで少しばかり感動してしまいました。液晶ディスプレイが縦向きの時は、映像とデータ情報。サイクロイド機構で横向きにすれば、映像が縦向きの時よりも大きく見られます。また、この端末はステレオ音声対応なので、音のボリュームを大きくすると臨場感が増します。テレビを視聴するだけなら、この端末のワンセグで見れば電気代がいくらか節約できるなんて思ったり?

ついでに、ワンセグ映像の録画も試してみました。2GBのmicroSDカードを購入したので、気兼ね無く長時間録画が可能。メニューから「録画」を選択するだけで、簡単に録画できました。なお録画した番組は、付属のCD-ROMに入っている「SD-MobileImpact」をパソコンにでインストールし、これまた付属のUSBケーブルで端末と接続すれば、パソコン上で管理することができます。番組をパソコンで見ることも可能。ワンセグライフが広がるというものです!

それでは、また次回!

○関連記事『携帯電話の機種変更&料金プラン変更(SoftBank 912SH・ホワイトプラン)』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2007/08/post_4751.html
○関連記事『「SoftBank 912SH」でいろいろ試してみました・1(準備編)』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2007/08/post_c549.html

|

« 音声合成DTMソフト「初音ミク」 | トップページ | 刈谷ハイウェイオアシスへ行ってきました(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/16316225

この記事へのトラックバック一覧です: 「SoftBank 912SH」でいろいろ試してみました・2(ワンセグ編):

« 音声合成DTMソフト「初音ミク」 | トップページ | 刈谷ハイウェイオアシスへ行ってきました(前編) »