« 「ひぐらしのなく頃に」の実写映画化が決定 | トップページ | 山田太郎ものがたり・第7話 »

2007.08.17

携帯電話の機種変更&料金プラン変更(SoftBank 912SH・ホワイトプラン)

8/17に携帯電話の機種変更をし、それに伴って料金プラン変更をしてきました。キャリアはJ-PHONE・ボーダフォン経由のソフトバンクだけど、変更後の端末は最新機種の「SoftBank 912SH(シャープ製)」で、変更後の料金プランは「ホワイトプラン」です。今回の変更の経過を、以下にメモしておきます。

○関連サイト・SoftBank「SoftBank 912SH」
http://mb.softbank.jp/mb/product/3G/912sh/
○関連サイト・シャープ「SoftBank 912SH」
http://www.sharp.co.jp/products/sb912sh/
○関連サイト・価格.com「SoftBank 912SH の価格比較」
http://kakaku.com/keitai/item/softbank_31102000948_912sh/
○関連記事・Wikipedia「SoftBank 912SH」
http://ja.wikipedia.org/wiki/SoftBank_912SH

07081701

○機種変更を決めた理由 ボーダフォン時代の2004年3月に、 「V601SH(シャープ製)」に機種変更。 当時の上位モデルで、使い勝手は私的には大満足でした。 一度電池が切れて挙動がおかしくなった時期もあったけど、 キャンペーンで電池の無料プレゼントがあり、交換後は再び安定。 そのまま継続利用しても良かったけど、 2年以上経ってサービスがより充実した現在、 それらを活用するには対応端末に変更する必要があったためです。

変更時期としては「2年を超えたらいつでも」と考えていて、
実は今年の春頃から情報をいろいろと探っていました。
それで、「今年の夏休みにでも」と何となく決めていました。

なお、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を適用して、
他のキャリアに変更する予定はありませんでした。
何故なら、家族や親戚のほとんどがソフトバンクユーザなのでね。
ちなみに、「ボーダフォンブランド」は正直好きではありませんでした(笑)。

○端末決定までの経緯
これはあっさりしています。
大前提は「ワンセグが見られる端末」
それで絞り込むと、2007年8月現在では6端末に限られます。
良いのか悪いのか(笑)。auはもっと多かったっけ?

次に、パンフのスペック表やネットでの口コミ情報等で判断しました。

・913SH:スライド式。カメラの有効画素数が劣る。
912T :折りたたみ式。コンパクトかつスリムで、要求を満たしている。
912SH:折りたたみ式。申し分無く、ユーザ評価もかなり高い。
・911T :スライド式。バッテリーの持ちが非常に悪いらしい。
・911SH:折りたたみ式。3Gハイスピードに未対応。
・805SC:スライド式。対応サービスが劣る。

最後は、ある家電店で実機を見せてもらって判断しました。

912SH:液晶画面がキレイでやはり申し分無い。
・912T :軽くて使い良かったけど、912SHが良過ぎたせいで見合わせ。

こうして、912SHに大決定!
V601SHを長く使ってきたから、“シャープ製ひいき”にはなっていたかも?
色は、光沢が素敵な「メタルグレー」にも惹かれたけど、
唯一のツートンカラーである「ホワイトシルバー」に決めました。

○機種変更&料金プラン変更
自宅の近所にショップがあるんです。うれしい限りです。
一週間前にも端末を見に訪れ、今回は二度目。
店員に端末の有無を尋ねたら、「在庫あります」との回答が。
すぐに手続きへ移りました。

料金プランは、加入数が激増しているという「ホワイトプラン」。
実は、これまでJ-PHONE時代のプランを根強く継続していました(笑)。
ボーダフォン時代の料金プランが複雑過ぎて却下していたためなんだけど、
今回の機種変更では「ソフトバンクの料金プランへの変更が必須」と言われ、
噂の「ホワイトプラン」にして様子を見ることにしました。
料金プランの再変更はいつでも可能らしく、
解約さえしなければ違約金は発生しないので、そこは安心。

支払いは、「新スーパーボーナス」加入の24ヶ月の分割払い。
この割賦販売制度における巧妙なカラクリは、しっかり把握済み。
その上で、一括払いを辞めて分割払いを適用しました。
8月末日までは、3つのサービスが数ヶ月無料になる特典付き。
私はその中の「パケットし放題」のみを継続する予定です。

こうして、912SHをついに入手!
数万円の現金を一応所持していたけど、
1円も出すこと無く手続きが完了して(カード払いを指定されたため)、
逆に怖くもなりましたが(笑)。

さて、早速自宅で912SHを試用しました。高精細液晶のAQUOSケータイ。画面はワイドVGA液晶で広く、特徴のサイクロイド・インターフェースも良い感じ。すぐにワンセグを試してみたけど、問題無く受信できて音声もステレオで良い感じ。またウェブ通信やPCサイトブラウザ通信も試してみたけど、3Gハイスピードによる快適通信で良い感じ。なかなかの好感触!

07081702

おまけですが、私がこれまで使ってきた端末たちをご紹介。左から、J-DN01、J-DN02、J-DN03(いずれもデンソー製)、V601SH、912SH(いずれもシャープ製)です。ほぼ全て、2~3年毎に機種変更してきました。

07081703

今後もまだまだ試すことがいっぱい。ネタが貯まってきたら、また記事を書こうと思います!

○関連記事「携帯電話のシェア争いと番号ポータビリティ」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/05/post_f7c2.html
○関連記事「携帯電話番号ポータビリティの開始日が2006/10/24に決定」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/08/post_1e45.html
○関連記事「携帯電話番号ポータビリティにおける主要キャリアの手数料が勢揃い」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/08/post_82fc.html
○関連記事「ボーダフォンから電池パックの無料プレゼント」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/09/post_afe1.html
○関連記事『「ボーダフォン」が「ソフトバンク」へ』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/10/post_8f36.html
○関連記事『「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」がスタート』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/10/post_ef3a.html

|

« 「ひぐらしのなく頃に」の実写映画化が決定 | トップページ | 山田太郎ものがたり・第7話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/16158501

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話の機種変更&料金プラン変更(SoftBank 912SH・ホワイトプラン):

« 「ひぐらしのなく頃に」の実写映画化が決定 | トップページ | 山田太郎ものがたり・第7話 »