« さよなら絶望先生・第2話 | トップページ | 「ニコニコ動画(RC)」の「ニコニコ市場(仮)」で見られた興味ある効果 »

2007.07.18

ホタルノヒカリ・第2話

初回話は期待通りで満足してしまったこのドラマ。私的にあまり盛り上がれない今クールで、大注目できるドラマが見つかって一安心といったところでしょうか。それでは今ここに、改めて「熱烈応援宣言」をしたいと思います!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「ホタルノヒカリ」
第2話「恋をするのも命がけ干物女とラブメール」

マコト(加藤和樹)は、客足が遠のいた小売店の再開発を任された。マコトを後押ししたホタル(綾瀬はるか)は、感謝のメールを受け取り舞い上がる。だが、マコトのデザイン案はうまくいかず、期限が迫る。そこでホタルは、参考資料を徹夜で作成。翌日渡そうとするが、タイミングが分からずそのまま持って帰ってしまう。

高野(藤木直人)から「君は『干物女』だ」等と散々言われてしまった蛍は、イライラしつつも仕事に専念していました。そんなある日、マコトが近所の小さなパン屋「朝倉屋」のリノベーションを提案するも、高野や要(武田真治)は短期間・低予算の条件が気に入らず渋るばかり。そこに店の現状を知る蛍が現れ、「インテリア事業部としてやる価値があります。手島さんなら大丈夫だと思います」と言って説得し、山田姐さん(板谷由夏)の支援も手伝って実現に至りました。後に蛍のケータイにマコトからの「ありがとう…。」というケータイメールが入ったけど、仕事中だった彼女はつい癖で「了解!」と瞬時に返信。一時はメールが来たことに大喜びしていた蛍だけど、直後に女子社員同士の会話で「速攻で返信するのは問題外」という話が出て、今度は大後悔。自宅に戻った蛍は、干物女スタイルになった後でジタバタして悔やんだのでした。こういうメールが来た場合は、疑問形で返すのがポイントだそうで?

マコトはリノベーションのデザイン案をいくつか作って皆に見せたけど、高野はありふれていてリフォームのようなデザインに落胆し「根本的に見直せ」と指示。マコトは会社に残って徹夜で作業に没頭し、蛍は自宅で彼のために参考資料を作ることに没頭しました。その参考資料は失敗例を集めたもので、彼女なりのコンセプトは「人は失敗から何かを学ぶ」というもの。それを高野に伝えた蛍は、同時にマコトが好きなことも暗に伝えてしまいました。そして高野から励まされた蛍は、「ラッシャー、板前!」と言って敬礼し再び作業へ。誰か蛍の言葉を10文字程度で要約してください(笑)。

そうして完成した参考資料「失敗は成功のもと」だけど、翌日蛍はそれをマコトに渡そうとせず机に放置したままで、その様子を黙って見ていた高野はもどかしさが募るばかり。そのうちに高野は、マコトの恋愛相談を受け応援していた優華(国仲涼子)から、疲労を理由に帰らせるように言われ承諾してしまいました。自宅では高野が蛍に説教を始め、「渡し方が分からなかったんです。これからは私のこと『アホ宮』って呼んでください」と言う彼女に、彼は容赦無く「アホ宮」と一喝。アホ宮、じゃなくて雨宮さんの蛍さんは、マコトに「参考資料を用意しています」というメールを送ると、すぐに「今から取りに伺います」という返信メールが。一緒に住んでいることがバレるといろいろまずい二人は、強さを増している台風のようにドタバタ騒ぎ。そんな状態で、民族衣装のようなドレスに着替えた蛍を見て呆れた高野は、彼女に代わって雨具を着込みマコトへ参考資料を手渡しに出掛けました。それを受け取り会社に戻ったマコトは、事細かに書かれた内容を見て笑顔を浮かべながら作業に没頭。まだそこに残っていた優華によれば、「良い仕上がり」とのことでした。一方蛍は高野に感謝した後、マコトに再びメールを送ったんだけど、翌朝またもや後悔して自分の情けなさを高野にぶつけました。その内容とは・・・?

2007/7/19 22:33
From 雨宮蛍
Sub デザインは…

進んでますか
大丈夫ですか
私は…
私は…
あなたに逢いたいです
(*^o^*)

ホタル

その直後、蛍のケータイにメールの着信が。「部長~~~!」。

ちょ~、初回話よりも面白かった~~~! デザインの仕事に精を出すマコトと、そんなマコトを陰で支える蛍と、そんな蛍を陰で支える高野。その図が見ていてとても微笑ましかったのであります。蛍は干物女っぷりを変わらず炸裂するばかりで、高野は干物女扱いを変わらずぶつけるばかり。蛍のジャージのポケットから裏地がポヨ~ンと出ていたのが一番笑えたけどね(笑)。でも高野は、時には“会社の上司”として、時には“恋愛の先輩”として、そんな蛍を何かと支援するのであります。やっぱり気になる存在なんですね。「干物女」だとしても、あんな子ならそりゃあ気になるさ。その蛍は、意外にも大胆というか天然ボケが冴えていて、愛らしいキャラだなあ。

ちなみに、今回出た「リノベーション(renovation)」とは、簡単にいえば「改修して価値を高めること」を指す言葉。似た言葉で高野も口にしていた「リフォーム(reform)」は、「初期の性能に戻すこと」を指しリノベーションとは微妙に異なります。それは、蛍が作った参考資料「失敗は成功のもと」の中でも分かりやすく書いてありましたね。

失敗から学ぶべし!!

リフォームは“100”だった物件を
“100”に戻す作業。
リノベーションは“100”だった物件を
“150”にも“200”にもする作業を指す。

リフォームも、事実上は“100”以上になる作業を指すとは思いますけどね。そういえば、マコトもこれくらいは知っていたんじゃないか? まあ、良いか(笑)。

ところで、今回妙に気になったのが部長・高野のセリフ。いくつか挙げてみるよ。

・蛍からメールの返信テクを聞かされた高野
「今何時。8時だヨ。で? 深まるのか?(棒読み)」

・台風が来たため蛍と共に雨戸を閉める高野
「傘を閉じろ。雨ガッパを着ろ。(蛍に断られると)何だと~?」

・蛍が雨戸の下敷きになったのを見た高野
「雨ガッパを笑った者には、カッパの報いがある!(妙に強気)」

・蛍が参考資料を作っていたところに帰宅した高野
「ただいま戻った(棒読み)」

・大事な高級チーズをつまみ食いした蛍を怒る高野
「貴様~、やっぱり食ったんだな! どの口が言う? この口か、この口か!」


“高野≒シンノスケ”なる近似公式の件 (*^o^*)


○関連カテゴリ「ギャルサー」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/cat5907077/

高野が時折発する独特の口調やセリフの抑揚が、日本テレビ系ドラマ「ギャルサー」のシンノスケとそっくり過ぎるんですが(笑)。初回話の時も気になったけど、今回さらに気になったんですが。中の人つながりの藤木さん、絶対意識してるよね? 同時に、思ったよりお茶目なキャラということまで分かりました。だから蛍と相性が良いのかもしれないなあ。この先も彼のセリフに期待! 「ありがとう大地、ありがとう太陽・・・」なんて言い出したら、蛍と共に高野も応援し始めることにするわ(笑)。

というわけで、blogのデザインに適用するほど「熱烈応援宣言」を誓った私は、最終話まで問題無く勢いをキープできそうな予感。次回第3話も見て満足できたら、こりゃあもう超確定だ!

○関連記事「ホタルノヒカリ・第1話」

「ホタルノヒカリ (1)」 「ホタルノヒカリ (2)」 「ホタルノヒカリ (3)」 「ホタルノヒカリ (4)」
原作コミックス「ホタルノヒカリ (1)~」(ひうらさとる)

「星のない世界/横顔」
主題歌「横顔」(aiko)

「ホタルノヒカリ」オリジナル・サウンドトラック
「ホタルノヒカリ」オリジナル・サウンドトラック

|

« さよなら絶望先生・第2話 | トップページ | 「ニコニコ動画(RC)」の「ニコニコ市場(仮)」で見られた興味ある効果 »

コメント

うわー!あのモザイク気になるわぁ(笑)
敢えて答えは書かんとこ。忙しいもんでねぇ(-。-)y-

面白かったですね~。前回よりパワーアップしてたのは嬉しかった♪
私が一番ハマッたのは「絶対無理」とムリムリ連呼のシーン。声出して笑っちゃいましたよ(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
そして、し~んの~すけ~も、あずさんと同じく。きっと誰もが感じてるでしょうね。

私も気になって調べちゃったんだけど、”リフォーム”だって150にする作業だと思うけどなぁ。それ以上の仕事してくれたらお客さんはめちゃ喜ぶよん♪
でも「朝倉屋」はあのままじゃぁいかんの?(^▽^;)

…つーか、あの人誰?(笑)

投稿: マナ | 2007.07.19 21時03分

おはようございます。久々の徹夜で、もうすぐお仕事です^^;
「ラッシャー、板前」の10文字程度の要約。
「了解。更に頑張ります」で10文字ですけど、
もっと斬新な解釈を要求してるんですかね♪
オー、絵文字メールの再現。流石にワザを持ってらっしゃる!
面白かったですよね。僕も今回の方が面白くて、
演出家がギャルサーと同じ人に変わったからかなと思ったりして。
蛍はホント、大人気。リノベーションは僕も調べました。
問題の答えは「高野シンノスケ」かな。そりゃ登場人物か。
ともかく、今後も応援していきますよ!
ちょっと記事がしんどいけど。。☆彡
(P.S.爽やかな日焼け青年なんですネ♪)

投稿: テンメイ | 2007.07.20 07時53分

>マナさん

うれしいパワーアップでしたね! 今回は蛍よりも高野の方が面白かったなあ。モロにシンノスケ(笑) 俗に言う「リフォーム」って、やっぱり“100”以上にする作業を指しますよね。少なくとも、良くある増改築番組は「リノベーション」に該当すると思うんだけど、どうなんでしょう? あと、微妙なモザイク加工で失礼した。一応ながら高野風に(笑)。

>テンメイさん

「ラッシャー、板前!」については、「とにかく元気に承諾」という認識で良いですか?(笑) あの絵文字はすぐに再現したくなりました。でも、環境を考えると画像を使った方が確実ですよね。ああ、演出家が代わっていたんだ、だからシンノスケ色が濃くなった? 応援ありがとう。そちらも頑張り過ぎない程度で頑張って!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2007.07.22 02時13分

あずさん、こんばんは!
お忙しいですか?体調大丈夫ですか?(蛍風です。笑)

私としては、蛍を応援しています~。

高野部長との掛け合いも面白く抱腹絶倒!!

近頃私も海外ロケ&野暮用が忙しくブログの更新もままなりません・・・・。
でも、これだけは頑張ってレビューしてます(笑)

投稿: みょうがの芯 | 2007.07.23 23時40分

こんばんは。
超面白かったですね♪
今季、イチオシですね。
蛍の落差は、私達にとってもあのくらいはわが身と同じ!
なんて感じていますよ(笑)
これから、マコトと高野の間を揺れ動くんでしょうね。

投稿: mari | 2007.07.24 20時10分

>みょうがの芯さん

まあちょっといろいろあるにはあるけど、励ましの言葉には感謝!(しかも蛍風) 蛍と高野の掛け合いがまた面白くなってきましたね。高野も結構乗ってきたような?(笑) うんうん、このドラマだけはお互いに頑張ってレビューを書いていきましょう!

>mariさん

私も今クールの一押しドラマと決め付けています。実は他のドラマにあまり魅力を感じないだけなんだけど(苦笑)。蛍の揺れる心が今後見られるんでしょうか。それにしても、高野といる時の蛍は楽しそう!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2007.07.25 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/15796053

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルノヒカリ・第2話:

» ドラマ 『ホタルノヒカリ』#2 [Cold in Summer]
水曜22:00-  7月日〜 日テレ系「ホタルノヒカリ」 綾瀬はるかさん出演デス!!同性ですが、「好きな」顔です。かわい〜。色も白いくて。 1話ではかわいいし説得力ないと思ってましたが、段々見慣れてきた。 ←よろしくです♪...... [続きを読む]

受信: 2007.07.19 12時00分

» 『ホタルノヒカリ』 第2話 [美容師は見た…]
恋愛からずっと遠ざかっていた蛍に、何気なく引きずり込まれて行く高野。違う方向に向いてるはずの二人なのにハマッて行く面白さはたまりません(笑)マコトが、昔ながらの古い造りのパン屋『朝倉屋』のリノベーションを提案。【リノベーション】既存の建物に大規模な改修工事... [続きを読む]

受信: 2007.07.19 21時07分

» ホタルノヒカリ/第2話 [のたまふ]
1話目よりも、単純に面白く観れました。ちゃんと干物女という設定を生かしてたし。 にしても・・・どれだけ恋愛に免疫力ないんですか、蛍。 悪戦苦闘ぶりに不覚にも笑った。さすが干物、これぞ干物。 メール一つ返すのに、なぜにそんなに力むのか。手嶋マコトのために作った資料を渡すのになぜそんなに時間がかかるのか。 それは干物女だから・・・なのだがw 「恋を忘れてる」設定を見事に発揮する蛍。よい!!とてもよい干物女だったよ。 その干物女にブーブー言いながら、何だかんだでサポートする高野部長。・・・いい... [続きを読む]

受信: 2007.07.19 22時00分

» 『ホタルノヒカリ』第2話「恋をするのも命がけ干物女とラブメール」メモ [つれづれなる・・・日記?]
藤木さん= シンノスケを見てるがしてきましたが、まぁのんびり見るにはいいでしょう。 [続きを読む]

受信: 2007.07.19 23時40分

» ホタルノヒカリ 第2話 [特撮警備隊3バるカんベース]
「アホミヤって呼んで下さい…」 「アホミヤ!!」 「うぁああ!ひ~ど~い~!!」 アホや…でもそんなアホが可愛いww 第2話を見て、理解しました。このドラマの方向性を。 要するにこれは「女性版電車男+のだめ」なんですね? 恋にオクテな干物女が恋のキュー... [続きを読む]

受信: 2007.07.20 00時16分

» 「ホタルノヒカリ」 第2夜 [華流→韓流・・・次は何処?]
初回は、安田顕さんにばかり関心が行ってしまいましたが、今回純粋にストーリーを楽しめました。高野部長と蛍の、会社外(帰宅後)でのやり取りが面白いです。 [続きを読む]

受信: 2007.07.20 03時52分

» ネガティブからポジティブへの反転~『ホタルノヒカリ』第2話 [テンメイのRUN&BIKE]
  弁当は持って行かなかった 一生懸命作ってたこと知ってたのに    あまりいい [続きを読む]

受信: 2007.07.20 07時37分

» ホタルノヒカリ 第2夜:恋をするのも命がけ干物女とラブメール [あるがまま・・・]
かっぱ男 {/v/} へび女 щ(゚Д゚щ)カモォォォン 二人のやり取りがオモロイわぁ〜{/face_nika/} 部長という立場といい、物言いといい、一見高野部長が優位な位置にいるのかと 思いきや・・・蛍に大工仕事やらせようとしたものの、すぐにカナヅチを 返されちゃってるし、お高いチーズもまんまと食われてるし、 マコトが訪ねて来ると知るや、言われた通りに玄関のお掃除をした挙句、 台風の中をかっぱからげて三度傘っすよっ!!!{/hiyo_shock1/} 高野部長、ダメじゃん・・・でもそこが可愛い(... [続きを読む]

受信: 2007.07.20 10時25分

» ホタルノヒカリ 第ニ夜  恋をするのも命がけ干物女とラブメール [美味−BIMI−]
−私は干物女。私はすでに枯れている。私は女として終わっている。− そう高野部長(藤木直人)に言われてしまった蛍(綾瀬はるか)。 その言葉を振り払うように、仕事に熱中してます。 マコト(加藤和樹)からのメールを見てる蛍。 山田姐さん(板谷由夏)から「それって恋愛系?仕事系?」と問いかけられます。 即興『恋愛系メールのノウハウ』講座が開かれました。。。   {/buta/}干物女じゃないんだから・・・・と始まった講座。      *相手によって着信音を使い分ける。      *絵文字たっぷりはバカっぽ... [続きを読む]

受信: 2007.07.20 13時50分

» ホタルノヒカリ 二話 [Simple*Life]
を見た。 蛍ちゃんが超笑えます。 久しぶりに恋愛に目覚めたもんだからどうやったら 相手とコミニュケーションとれるのかすら、忘れちゃったよう。 なのに、相手のマコトくんはその沈黙を、勝手に「大人の女性」 と勘違いしてるし・・・笑えます。 ってか、多田...... [続きを読む]

受信: 2007.07.20 20時09分

» 「ホタルノヒカリ2」 [みょうがの芯]
「私のことも再開発しておくんなまし~~{%heart3_a%}」 [続きを読む]

受信: 2007.07.23 23時24分

» ホタルノヒカリ 第2話「干物女とラブメール」 [Happy☆Lucky]
第2話「干物女とラブメール」 [続きを読む]

受信: 2007.07.23 23時36分

» 「干物女」ただいま増殖中!今年の流行語大賞をとるか!?綾瀬はるか主演ホタルノヒカリ第2話 [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ]
第2話 恋をするのも命がけ! 干物女とラブメール あ!なんかこのドラマ面白い!(〃^∇^)o_彡☆あははははっ 初回は思っていた感じと違っていたので、様子見かと思ったんですが、二話目はなんかクスクス笑えたり、アホ宮状態の蛍ちゃんが可愛くて面白かったですо(ж>▽... [続きを読む]

受信: 2007.07.23 23時40分

» ホタルノヒカリ 【第2話】 干物女とラブメール [THE有頂天ブログ]
■ホタルノヒカリ (日本テレビ系・公式サイト) 「ホタルノヒカリ」第2話を見ました。(2007年7月18日放送分) レビューはしないつもりだったけど、やたら面白かったので書いておくことに。 「君はすでに枯れている。君は干物女だ。」 干物女・蛍(綾瀬はるか)× 高野部長(藤木直人)、最高! 以下、簡単に感想〜。 ラッシャー板前! ... [続きを読む]

受信: 2007.07.23 23時47分

» ホタルノヒカリ〜第2話・自衛隊のような返信! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
ホタルノヒカリですが、綾瀬はるかが段々干物女に見えてきた気がします。ジャージを着て髪を無造作に結んでいる姿を遠目に見れば、まさにそのものです。このドラマの職場は、職場というよりマンションの一室のように見えます。(ホタルノヒカリ、第2話感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007.07.23 23時49分

» 「ホタルノヒカリ」 第2話 [青白きインテリ]
昨日、家に帰って、たまたま何もやることがなくてTVをつけ、第2話を視聴。 しまった! これ、今クールで一番のドラマかも。凄く面白い。 日テレは最近「ハケンの品格」など、お仕事系ドラマの出来が非常にいい。ただ、このドラマのテーマは主人公・蛍(綾瀬はるか)の私生活(=干物女)が重要なテーマになっていて、ひょんなことから同居する羽目になった高野部長(藤木直人)との共同生活の様子がとても上手く、コミカルに描写されている。最近は男の方が家事にこだわりをもってマメにやる話が多いな。 なんといっ... [続きを読む]

受信: 2007.07.24 00時27分

» 「ホタルノヒカリ」第2回 [日々是雑感ブログ]
 干物女というよりも、仕事はできるが恋愛にうといOLの話になっちゃってる気もしますが、気楽に見られる脱力系コメディとして、いい感じです。 [続きを読む]

受信: 2007.07.24 01時32分

» ホタルノヒカリ 第2回  [ALBEDO0.39]
木曜日 9時 日テレ ホタルノヒカリ 第2回 私のことも再開発しておくんなまし(笑) ヘビ女になったのは wave-splashoooooooo からのメールで あまりにも驚いて 腰が抜けたのでした(爆) ホタルノヒカリ1〜9巻セット  特典シール付き(楽天ブックス) 仕事場ではあんなにキビキビと お仕事できる綺麗なおねぃさんなのにねぇー(笑 今回のポイントは メール 台風 朝倉屋 内容は悪くないのにどうもパッとしない 朝倉屋・・・ホタル(雨宮蛍:綾... [続きを読む]

受信: 2007.07.24 02時02分

» 私は変われますか?・・・ヘビ女とかカメ女じゃなくてーっ。(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
来週はカメ女か・・・。もう、そこが一番楽しみだーっ。 もう、なんていうか、もっと [続きを読む]

受信: 2007.07.24 04時12分

» 『ホタルノヒカリ』2話 [ド素人日記]
マコト(加藤和樹)のために、資料を徹夜で作る蛍(綾瀬はるか)。 [続きを読む]

受信: 2007.07.24 12時24分

» ホタルノヒカリ 第2話 [塩ひとつまみ]
ぷぷぷぷぷ。“アホ宮”に笑った〜 恋に落ちた干物女・蛍。 高野からの質問に、その相手がマコトだということが わかりやす過ぎです(笑) 仕事に行き詰っていたマコトのために 徹夜で作ったファイルを渡すに渡せない蛍... [続きを読む]

受信: 2007.07.24 16時01分

» 《ホタルノヒカリ》☆02 [まぁ、お茶でも]
マコトに気に入ってもらうために、必死に資料作りを始めたホタル。高野から言われた言葉、私は干物女、私はすでに枯れている、私は女として終わっている。通行人のカウントを取りながら、この言葉が頭を回っていた。そこへ... [続きを読む]

受信: 2007.07.24 20時14分

« さよなら絶望先生・第2話 | トップページ | 「ニコニコ動画(RC)」の「ニコニコ市場(仮)」で見られた興味ある効果 »