« 帰ってきた時効警察・第2話 | トップページ | 冗談じゃない!・第2話 »

2007.04.22

喰いタン2・第2話

このドラマを見るたびに、登場した料理を食べたくなってしまうんですよね。その影響は結構強く、料理が食べられる店の前を通り掛かると思わず立ち止まってしまいます。それで店に入ったとしても、マイ箸を持って「シャキーン!」なんてことはやりませんから(笑)。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「喰いタン2」
第2話「人質なのにスパゲティを食いまくる」

イタリアンレストランのシェフが殺された。容疑者の長瀬(近藤公園)は包丁を持ってホームズ・エージェンシーに立てこもる。無実を主張する長瀬は、店で食べたパスタの味が普段と違ったと聖也(東山紀之)に告白。不審に思った聖也は、外にいる一(須賀健太)にレシピと材料を調達させ、シェフの味を再現しようと試みる。

ホームズ・エージェンシーに血染めの包丁を持った男が侵入し、応対に出た京子(市川実日子)にそれを突き付けながら聖也や涼介(森田剛)を脅迫。すぐに桃(京野ことみ)と五十嵐(佐野史郎)が玄関先に現れ、後にその男がイタリア料理店「ヴィーノ」のシェフを殺害した犯人であることが判明しました。しかし男は容疑を否認し、聖也たちに真相を語り始めました。刑務所を出所してきたばかりのその男は、かつて毎日のように通っていた「ヴィーノ」でボロネーゼを食べたところ味が変わったのを感じ、シェフが包丁で殺されていた現場を偶然発見。それを配達業者に目撃されたため、焦ったまま包丁を持って逃げたということでした。聖也はその話に興味を持ち、謎を突き止め始めたのでした。名前を明かさないその男を、便宜上「パスタさん」と名付けながら(笑)。

聖也は「ヴィーノ」のボロネーゼを再現して事実関係を確かめようとしたけど、外では警察が完全に包囲していて身動きが取れない状態。そこで外にいた一に電話で連絡を取り、店に行かせてボロネーゼの材料を調べさせることに成功。また、涼介が覆面を被って京子を脅す真似をし、京子は犯人が材料を要求しているのを桃たちへ伝えることにも成功。さらに、一がそれを預かって中へ入り調達することにも成功。そして中でボロネーゼを作ってみたところ、聖也は軟水の水道水で作ったものは不味く、硬水のミネラルウォーターで作ったものは店の味に近く美味いことを悟り、真犯人がそれを知らず水道水でボロネーゼを作りそれをパスタさんが食べて不味く感じたことを突き止めました。その間、パスタさんが妻に会う約束でソワソワしていたため、彼に涼介そっくりの覆面を被らせて京子と共に外へ逃がし、やがて警察に偽装工作がバレた聖也たちも駆け付けて、皆でパスタさんの自宅へ。すると待ち合わせの印である「幸せの黄色いハンカチ」の代わりに「青いハンカチ」があり、「長瀬」と書かれたその家にいた妻は、パスタさん、いや長瀬の帰りをあっさり受け入れ、良い再会となりました。その後、真犯人が逮捕されて一件落着し、皆でボロネーゼを食べようとしたところ、聖也は拒否してナポリタンを希望。そのまま、トリオ・ザ・シャキーンの主題歌「愛しのナポリタン」が流れるエンディングへ・・・。

こんな非常事態の中、聖也の冷静さが妙に面白かった! 先日イタリア料理店が舞台のドラマ「バンビ~ノ!」が同局系でスタートしたばかりだけど、“優雅なホールと戦場のような厨房”のギャップはすごいものがありました。しかし、今回このストーリーとは「イタリア料理店」のつながりがありつつ、“優雅な室内と戦場のような室外”のギャップが笑えました。いやいや、実際は桃が危険な作戦まで立てていたほど緊迫していたし、笑っちゃいけないんだけど(苦笑)。そして極め付けは、登場した二つの覆面。一つは涼介が被った黒い覆面で、犯人らしさを強調していた物。そしてもう一つは、パスタさんこと長瀬が被った覆面で、涼介が探偵学校で作った自分そっくりの覆面。これはキモかった!(笑)

それにしても、軟水と硬水の違いで味が全くの別物になってしまうものなんですね。「料理は水が命」とも言うけど、以前「水が不味い」と言われる“あの国”で食べた料理は確かに不味かった・・・。イタリアじゃないけどね。ちなみに、長瀬の妻が黄色ではなく青色のハンカチで出迎えたのは、彼が色を指定せず「ハンカチ」としか伝えていなかったことと、昨年「ハンカチ王子(高校野球・元早実の斎藤佑樹投手)」の影響で買い過ぎてあり余っていたことが理由でした。長瀬夫婦の後ろで「ああ、甲子園!」等と会話していた聖也たちも面白かったなあ(笑)。

ちなみにこの放送の当日昼、名古屋の某パスタ屋でカルボナーラとペペロンチーノのハーフセットを食べました。好きなパスタに目がくらみ、ボロネーゼでもナポリタンでもないものを注文したことを、今になって心から悔やむ(苦笑)。

○関連記事「喰いタン2・第1話」
○関連カテゴリ「喰いタン」
○関連記事「曇りのちクラシックブーム」
○関連記事『「いただきます」に込められる意味』

●ドラマ
「喰いタン」DVD-BOX 「喰いタン スペシャル」
「喰いタン」DVD-BOX/「喰いタン スペシャル」

「愛しのナポリタン」
主題歌「愛しのナポリタン」(トリオ・ザ・シャキーン)

「喰いタン2」オリジナル・サウンドトラック
「喰いタン2」オリジナル・サウンドトラック

「衝動」
主題歌「結晶」(B’z・「衝動」のc/wとして収録)

「喰いタン」オリジナル・サウンドトラック
「喰いタン」オリジナル・サウンドトラック

●原作コミックス&同作品集
「喰いタン (1)」 「喰いタン (2)」 「喰いタン (3)」 「喰いタン (4)」
原作コミックス「喰いタン」1~4巻(寺沢大介・講談社)

「ミスター味っ子 (1)」 「ミスター味っ子II (1)」 「将太の寿司 (1)」
「ミスター味っ子 (1)」/「ミスター味っ子II (1)」/「将太の寿司 (1)」(寺沢大介)

|

« 帰ってきた時効警察・第2話 | トップページ | 冗談じゃない!・第2話 »

コメント

こんにちは、まあまあ楽しめたかな。

>カルボナーラとペペロンチーノ
え! なにが悪いの? 今度は悔いのないように、全部頼むとか~、そりゃあ、喰いタンか。
今回は、オリゴ糖のような不可解なこともなく、良かったです。

I appreciate in your usual cooperation. Best Regards,Chablis

投稿: シャブリ | 2007.04.24 13時23分

シャブリさん、こんにちは! いや、どうせならボロネーゼやナポリタンを注文しておけば良かったと思ってね(笑)。ああ、今回も面白かった!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2007.04.26 02時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/14817686

この記事へのトラックバック一覧です: 喰いタン2・第2話:

» 喰いタン2(4月21日) [今日感]
まったく緊迫がない立てこもり事件でしたね(当然) もちろんこのドラマの場合、それでOKです。 [続きを読む]

受信: 2007.04.24 07時31分

» 喰いタン2 第2話「人質になのにスパゲティを食いまくる」 [Happy☆Lucky]
第2話「人質になのにスパゲティを食いまくる」 [続きを読む]

受信: 2007.04.24 08時41分

» 喰いタン2 第2回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『人質なのにスパゲティを食いまくる』 [続きを読む]

受信: 2007.04.24 09時15分

» 喰いタン2  第2話 [シャブリの気になったもの]
喰いタン2? 第2話 日本テレビ 2007/04/21 21:00~ 「人質なのに スパゲッティを食べまくる!」 原作:寺沢大介 「喰いタン」 講談社・イブニング ★はじめに いつも、役者情報に協力していただいている方が、どこかで出演されるという。 今回じゃなかったみたい。ま... [続きを読む]

受信: 2007.04.24 13時38分

» 「喰いタン2」第2話 [fool's aspirin]
探偵学校ってあんのか?! 1作目よりダメ感がアップしてる涼介だが、 怒ってる京子ちゃんはカワイイなぁ。 確かに高野の食費はバカにならないだろう…。 でもホームズエージェンシーの方々、 いきなり立てこもりの人質になっちゃってますよっ! 喰いタン remix:soundtrack 小西康陽,TVサントラ,新井俊也... [続きを読む]

受信: 2007.04.24 22時06分

« 帰ってきた時効警察・第2話 | トップページ | 冗談じゃない!・第2話 »