« 花より男子2(リターンズ)・第8話 | トップページ | 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・第8話 »

2007.02.27

華麗なる一族・第7話

ストーリー内で長く引っ張っている高炉建設だけど、今回それを何もかも吹き飛ばすとんでもない事件が起こることは、放送以前から話題になっていました。いったい何が起こるというのか? いや、引っ張っている割には予告映像やサブタイトルで詳しく伝え過ぎなんだよ、おいっ! 「起こる」以前に「怒る」自分。つまり、「怒り“爆発”」。私も言い過ぎました(苦笑)。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「華麗なる一族」
第7話「悲劇の高炉爆発」

阪神特殊製鋼の突貫工事は順調に進んでいた。鉄平(木村拓哉)らは、帝国製鉄の作業員引き抜き工作にも屈せずに、高炉完成間近までにこぎ着ける。一方、大介(北大路欣也)は大同銀行の綿貫専務(笑福亭鶴瓶)に、阪神銀行が大同銀行をのみ込んだ後の副頭取のポジションを約束。大同を乗っ取る計画を実行に移し始める。そんな中、阪神特殊製鋼の建設途中の高炉が爆発。一夜にして阪神特殊製鋼は火の海と化し、死傷者多数、計り知れない損害の大惨事が発生する。鉄平は犠牲者やマスコミから事故の責任を問われることに。

阪神特殊製鋼の高炉建設は順調に進み、鉄平は完成を待ち望む中、大介は息子の会社を潰そうと画策していました。しかしある夜、突貫工事の最中に何と高炉が大爆発。遠方でそれを見た鉄平は慌てて現場へ急ぐと、辺りは火の海でものすごい状況。また、負傷者を助けに行った沖仲仕の玄(六平直政)も、続く爆発に巻き込まれて死亡。この事件はマスコミ等を通じて問題にもなり、鉄平は窮地に陥ってしまいました。

この一件で、大介は大同銀行の綿貫とさらなる画策を進めて副頭取に任命し、銀平(山本耕史)は鉄平の夢が打ち砕かれたことを酷く残念がり、二子(相武紗季)は四々彦(成宮寛貴)に別れを告げて総理大臣・佐橋の甥と婚約する決意を固めました。時同じくして、料亭「つる乃屋」の女将・志乃(多岐川裕美)が亡くなり、芙佐子(稲森いずみ)はその死の直前に自分が養女でなく彼女の実の娘であることを聞かされ、父親が鉄平の祖父・敬介であることを知って驚きました。また、芙佐子は鉄平宛ての手紙を預かり、彼女の出生の真実が書かれたその内容を読んで鉄平も驚きました。しかしその直後、鉄平は自分の「本当の父親」らしき人物を知り・・・。

今回の主要シーンの一つは、何と言っても高炉の爆発。外で鉄平と妻・早苗(長谷川京子)が語り合い、遠方の高炉に背を向けて歩み始めた瞬間、音より先に爆発の映像が届いたのは妙にリアルでした(“光速>音速”の話)。その直後にすごい音が鳴り響き、驚いて振り向いた鉄平が爆発する高炉を見て、さらに驚いてしまったわけで。それで鉄平が慌てて現場へ駆け付けた際、火の海の中で玄が「若、こんなもんで高炉建設を諦めたらあかんで。分かったな!/若、大丈夫や、ここはワイに任せとけ!」と、心配する鉄平を安心させるかのように大声かつ笑顔で彼に語り掛けたシーンは妙に感動しました。ただそのセリフが出た時点で、第3話にて阪神銀行の池田支店の支店長(田山涼成)が亡くなる前みたいに、死亡フラグが立ったかのように思ってしまったわけで。何とも悲痛なシーンで、大金が掛かっていそうなシーンでした。それなのに、大介は自宅からその状況を見て「天は我に味方したか」と呟き、薄ら笑いを浮かべるだけ。貴様ってヤツは! ただ、あの爆発は大介が画策したものではなかったみたいですね。そうでなかったら、オレ様は絶対に許せなかっただろうよ。

その前後で重要だったのは、芙佐子の出生の秘密とプラスα。芙佐子は志乃から真実を伝えられたけど、実の娘であることは本人は何となく分かっていたとしても、父親が敬介であったことには驚きを隠せない様子でしたね。また、鉄平も同じく意外な事実を知って驚いていましたね。一方で大介が36年前のことを思い出していたシーンがありました。風呂場で意識を失って倒れた妻・寧子(原田美枝子)が敬介によって部屋に運ばれ、帰宅した大介がその部屋にやって来ると寧子が裸のまま布団の中で眠っていて、敬介が「大介、公家の女の肌は、マシュマロのように白くて柔らかいな、フッフッ・・・」と一言。ひょっとして、この部屋で一戦ありました? その後生まれたのが鉄平だけど、大介も寧子も彼が本当に自分たちの子であるのかどうか分からず、それ以前に部屋で何も無かったと信じている状態? 大介は敬介の肖像画を眺めながら、「私は、またじいさんに負けてしまったようだ・・・」と一言。ひょっとして、まだ分かっていませんでした? まだ「天は我に味方している」と信じている状態? 甘いよ、甘過ぎるよ、じいさんはすごいんだよ。まあ、アンタもすごいんだけどな。

余談だけど、高炉が爆発する前に玄や他の労働者が食堂で食事をし、鉄平と銀平も同じくいて会話していたシーンがありましたよね。ここで鉄平が高炉に関する「熱い話」を続けたんだけど、そこで銀平がニヤリと笑って「兄さんは鉄の話をしている時はほんと楽しそうですね」と茶化す一面も。その直後のおごりを賭けた“玄 VS 鉄平”の「熱いジャンケン勝負」は置いといて、それでいて勝った鉄平がやっぱりおごってあげた所は参考にするとして(笑)。鉄平はその名の通り「鉄に生きる男」なんだよ。だから鉄のように熱くもなるんだよ。銀平だってその名の通り「銀行に生きる男」なんだよ。でも“金”になれず“銀”となり劣等感を味わうこともあるんだよ。そんなことを思ってしまったんだよ。悪かったんだよ。

○関連記事「華麗なる一族・第1話」
○関連記事「華麗なる一族・第2話」
○関連記事「華麗なる一族・第3話」
○関連記事「華麗なる一族・第4話」
○関連記事「華麗なる一族・第5話」
○関連記事「華麗なる一族・第6話」

「華麗なる一族(上)」 「華麗なる一族(中)」 「華麗なる一族(下)」
原作「華麗なる一族(上)・(中)・(下)」(山崎豊子)

「華麗なる一族」オリジナル・サウンドトラック
「華麗なる一族」オリジナル・サウンドトラック

|

« 花より男子2(リターンズ)・第8話 | トップページ | 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・第8話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/14074060

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なる一族・第7話:

» 華麗なる一族:第7話 [日常の穴]
うわぁぁぁああああああああ!!! 鉄平は○○の子供なのかよ!!(伏せ字の意味なし) 大介の回想シーンで寧子が寝取られたので、そうなのかと思ったが。 これまで芙佐子と鉄平の話は余談くさくて、どうでもいいだろ、と思っていたが、こういうオチだったとは。 芙佐子が爺さんの娘だったという告白だけでも衝撃だったのだが、そうなると鉄平とは異母兄妹ですか・・・。 大介が、息子は銀平だけだと言ったのも、鉄平への憎しみゆえの言葉ではなく、事実だったというわけだ。 鉄平が爺さんの子だとすれば、... [続きを読む]

受信: 2007.03.05 22時53分

» 《華麗なる一族》◆第七話 [まぁ、お茶でも]
高炉建設は、順調だった。後1ヶ月 に控えた頃、銀ペイは、皆がこれで自由に羽ばたけると心待ちにしていた。 帝国製鉄は、このまま順調に完成すると、自分たちの身に [続きを読む]

受信: 2007.03.05 23時00分

» 『華麗なる一族』 第7回 「悲劇の高炉爆発」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
裏でSWING GIRLSが。そっちの方が見たいんですけどねぇ・・・。 色々、あるあるな事情があったとは言え、えらく露骨に、こっちを潰しにかかったなぁ。>フジ。 [続きを読む]

受信: 2007.03.05 23時16分

» ・TBSドラマ「華麗なる一族」第7話 [たまちゃんのドラマページ]
2007年2月25日(日)21時から、TBSテレビで、ドラマ「華麗なる一族」第7話(「悲劇の高炉爆発」)が、放送されました。 玄さん!! 無念!! ◇高炉建設工事も順調な鉄平(木村拓哉)の阪神特殊製鋼に、弟の銀平(山本耕史)がやって来た。夢を熱く語り、仲間を...... [続きを読む]

受信: 2007.03.05 23時25分

» ごめん・・・・・・・・僕は父のようには生きられない・・・・・・・・・。(木村拓哉) [キッドのブログinココログ]
・・・えーと、父が愛人同居してるって鉄平(木村)は芙佐子(稲森いずみ)に告白して [続きを読む]

受信: 2007.03.05 23時47分

» 「華麗なる一族」第7話 [みょうがの芯]
銀平が高炉建設の現場を訪ねた件は、兄弟仲良くて良かったですね♪ [続きを読む]

受信: 2007.03.05 23時47分

» 華麗なる一族(2月25日) [今日感]
大介(北大路欣也)がついに本音を吐露。 舞台での芝居のような演技でしたね、鉄平(木村拓哉)に気づいたときも。 [続きを読む]

受信: 2007.03.05 23時48分

» 華麗なる一族 第7話〜悲劇の高炉爆発〜 [アンナdiary]
芙佐子は敬介と女将の子供だった。そして鉄平の父親は。。。完成間近の高炉が爆発し、玄さんが死んだ。エーン、玄さん好きだったのに(涙)重くて悲しいドラマだ。。。どんよりした気持ちの中、最後に流れたGATSBYのCMを見てHappy♪(笑) [続きを読む]

受信: 2007.03.05 23時50分

» 華麗なる一族 第7話 [日々緩々。]
高炉建設も順調、見る見る出来上がっていくなぁと思った矢先の大爆発!! これもまた大介の仕業かと思いきや、さすがに事故だったらしい…{/face_acha/} せっかく仲間として信頼関係を築いてきたというのに…げんさん{/face_z/} こんなことになろうとは。。。 遺影の笑顔が辛かった〜。 鉄平は「あきらめない」とは言ってましたが こんなに被害が出てしまったら、高炉建設の再開なんてできるんでしょうか? 会社自体... [続きを読む]

受信: 2007.03.05 23時53分

» 華麗なる一族〜第7話・私これから、外で風に当たって参りますわ! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
華麗なる一族ですが、今回もまたいろいろなことが起こりますが、主に鉄平の会社の高炉が爆発炎上してしまったことと、鉄平の出生の秘密が分かるなどです。 木村拓哉の鉄平は、労働者のリーダーである玄さん(六平直政)と必要以上に仲良くなっており、むしろマブダチといった感じです。しかし、キムタクと六平さんは、ほとんど共通点がないといってもよく、年齢から何から何まで違っており、この二人の友情というのも無理がある気もしますし、ましてや大会社の専務と労働者の棟梁とあってはもっと共通点がなく、敢ていえば人間で男とい... [続きを読む]

受信: 2007.03.06 00時17分

» 華麗なる一族 第7話 [華流→韓流・・・次は何処?]
高炉の爆発とともに、鉄平や銀平の夢まで吹き飛んで、万俵家の崩壊はもう止められないのかな? [続きを読む]

受信: 2007.03.06 00時26分

» 華麗なる一族#07 ◎感想◎ [切なさはモノローグ]
う〜ん、今日のは観ていて辛いシーンが沢山あった。 でも、もともとこういう重苦しいドロドロを期待していたドラマなので、ようやく期待通りの作りになってきた、愛憎うごめくドラマとして絵になってきたということかな? ... [続きを読む]

受信: 2007.03.06 01時07分

» 華麗なる一族 第8話 [るりりんのお散歩雑記]
もう・・・家族崩壊だわ・・。 全ての元凶はおじいさまよね~・・。 [続きを読む]

受信: 2007.03.06 08時15分

» 華麗なる一族 第7回 短め感想 [ぐ〜たらにっき]
『悲劇の高炉爆発』 [続きを読む]

受信: 2007.03.06 10時10分

» 華麗なる一族 第7話 [塩ひとつまみ]
順調に見えた高炉建設に爆発事故があって 事実上、倒産に追い込まれる形になってしまう阪神特殊製鋼。 父と兄の関係、万俵家の状態に心を痛めていた銀平は 高炉建設の成功を願っていたはず。 炎を上げる現場を前に、崩れ落... [続きを読む]

受信: 2007.03.06 10時30分

» 華麗なる一族 第7回 [ALBEDO0.39]
華麗なる一族 第7回 玄さん かむば〜〜〜くっっ!! 以上(笑) しかし、ちょっとだけ書いておくか? ↑この画像は 君津方面だったはずですので  阪神特殊製鋼方面か?(笑)  書きに力が入らないのでちょっと画像入れてみました 万俵の後を継ぐ銀平の子が欲しかった 私にとっては息子はオマエ1人だ 鉄平は私の邪魔をする 鉄平といると じいさんを見ているようで おぞましい いっそ私の前から消えて欲しいと思うことさえある 大介、言っちゃいましたね(^^; ... [続きを読む]

受信: 2007.03.06 18時48分

» 「華麗なる一族」第7話 [fool's aspirin]
阪神特殊製鋼の食堂で銀平と食事する鉄平。 ゲンさんとじゃんけん勝負で戯れてる。 前回からのゲンさんのフィーチャー具合が危険!と思っていたら、 案の定死亡フラグ。六平さん、いい味出してたのになぁ…。 ついに鉄平と大介パパとの確執があからさまになり、 フッコの出生のヒミツも判明だ。 万俵家はますます泥沼状態に…!... [続きを読む]

受信: 2007.03.06 20時26分

» 「華麗なる一族」第7話(高炉建設事故で鉄平ピンチの中自らの出生の秘密を知る) [オールマイティにコメンテート]
25日ドラマ「華麗なる一族」第7話を視聴した。今回は高炉建設が進んでいたが事故で大爆発を起こして建設が中断を余儀なくされる。一方で大介の思惑通りになった阪神銀行は大同銀行の吸収合併を進めていた。そんな折に鉄平は自らの出生の秘密を知る事になる回だった。... [続きを読む]

受信: 2007.03.06 23時26分

« 花より男子2(リターンズ)・第8話 | トップページ | 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・第8話 »