« ハケンの品格・第5話 | トップページ | 花より男子2(リターンズ)・第6話 »

2007.02.10

のだめカンタービレ(アニメ)・第4話

アニメ「のだめカンタービレ」の第4話を見ました。
[東海地区:東海テレビにて2/08深夜(2/09)に放送]

○アニメ「のだめカンタービレ」公式サイト
Lesson4(原作「第2巻」・Lesson10~Lesson11途中相当)

のだめは街で道に迷った観光客、ミルヒ・ホルスタインさんの世話をする。しかし千秋は、いかにもスケベで怪しそうなミルヒからのだめを引き離してしまう。指揮者を目指す千秋は、ピアノ科から指揮科へと転科することを決意する。時を同じくして大学にビックニュースが舞い込む。新しい指揮科の先生としてドイツの巨匠、シュトレーゼマンが来日することに。意気揚々とする千秋の目の前に現れたその人物とは…?!

つまりは、ミルヒ・ホルスタインがシュトレーゼマンだったわけです。彼は千秋に対して“のだめを取られたこと”よりも“憎きヴィエラの弟子”という点で敵対心を燃やし、大学では千秋の転科願を権力で潰しました。そして彼は「特別編成オーケストラ」を作り、集めた学生たちを連れて合コンへ。のだめは千秋のために改めてシュトレーゼマンへ転科を願ったけど、彼はキスをしてくれたら承諾すると言いました。さて、のだめの決断は・・・。

○今回の初登場キャラの感想(クレジット順)

○フランツ・フォン・シュトレーゼマン(声:小川真司)
出たよ、これが本来のミルヒなんだよ。やっと外人らしい彼を見られたよ(笑)。
声は低めで落ち着いた感じ。でもエロジジイ、時々、名指揮者。

○鈴木萌(声:柚木涼香)&鈴木薫(声:小野涼子)[鈴木姉妹(双子)]
特別編成オーケストラの結成のタイミングで登場。
気品さあり。髪型で見分け可能。双子でも声優は各々別人なんですね。

○玉木圭司(声:古島清孝)&橋本洋平 (声:鈴木達央)[ダーティーペア]
同じく、特別編成オーケストラの結成のタイミングで登場。
今は“普通の学生”だけど、後に“ダーティーな学生”となる(笑)。

○今回の使用曲(公式サイトより)

■ショパン/幻想即興曲
ミルヒ-が初めて聴いた、のだめの練習ピアノ演奏
■マーラー/交響曲第8番
シュトレーゼマン指揮のCDをひとり聴く千秋
■ベ-ト-ヴェン/交響曲第9番
Sオケに登場するなり「合コン」の号令をするミルヒ-

○今回注目したこと(原作との比較あり)

○ミルヒ・シュトレーゼマン
ドラマ版では設定上“半分日本人”だったシュトレーゼマンだけど、
アニメ版では原作と同じく“外人らしい外人”になりました(何か変)。
ドラマ版先行派の人は少しだけ戸惑ったんじゃないかな?
でも性格は同じだから気にし過ぎなくても大丈夫(笑)。
ちなみに、原作やアニメ版では「フランツ・フォン・シュトレーゼマン」で、
ドラマ版では「フランツ・シュトレーゼマン」でした。

○のだめ、ミルヒの真実を知る
今回はまだ「Sオケ(特別編成オーケストラ)」の名前が出なかったはず?
そのオケのマスコットガールにのだめが選ばれたわけだけど、
彼女が「(『シュトレーゼマン』は)ミルヒの芸名だったんですか!?」と発言!
原作では「なんでのだめ『ピアノ』じゃないんですか!?」なんですよね。
セリフが変えられたせいで、彼女のミルヒについての理解度が、
ちょっと違ったように思えたのでした。
まあ、その後は変わらず「ミルヒー」と呼んでいたんですけどね。
今回は、シュトレーゼマンがのだめにキスの選択をさせるところで終了。
これはドラマ版の第2話と同じでしたね。
ただ、彼のエロい唇のアップで終わるもんだから、正直キモかったぞ(笑)。

○アニメ版DVDのリリースが決定
公式サイトにて、早くもDVDのリリース決定告知がありました。
4/13(金)より順にリリースされ、全8巻となるようです。
これで放送されない地域の人も楽しめることに。
映像特典がどれも見ものですね。
「プリごろ太 宇宙の友情大冒険【完全版】」は特に・・・。

VOL1のみ2話収録 2,940円(税込)
VOL2以降各3話収録 4,935円(税込)
全8巻 続々リリ-ス予定♪

★初回限定:「動く!各キャラ演奏♪ジャケット」仕様★
【VOL 1】
初回封入特典: キャラクターシール①&ブックレット
(おなら体操、プリごろ太マーチ楽譜付き!)
映像特典:「プリごろ太 宇宙の友情大冒険」予告篇映像、
ノンテロップOP&ED映像
【VOL 2】
初回封入特典: キャラクターシール②&ブックレット
(のだめラプソディ楽譜付き!)
映像特典:プロモーション映像集、メイキング映像(仮)
【VOL 3】
初回封入特典: キャラクターシール③&ブックレット
(千秋の呪文料理レシピ付き!)
映像特典:TV未放映「プリごろ太 宇宙の友情大冒険【完全版】」

○エンディングテーマでのスタッフロール
最近になってしっかり見ました。
「原画」や「動画」は基本だし見慣れているから良いとして、
「2Dエフェクト&コンポジット」や、
「2Dグラフィックス」や「3DCG制作」というのは、
見慣れていないだけに興味がありました。
アニメ視聴は本当に久々なのでね。
「デジタル作画」がやっぱり現在の主流なんですね。

○おいおい、こたつは?
前回「Lesson3」が原作「第2巻」のLesson7~Lesson8相当で、
今回「Lesson4」が原作「第2巻」のLesson10~Lesson11途中相当。
原作「第2巻」のLesson9が抜けたわけだけど、ちょっと待った!
そのLesson9にあたる「こたつストーリー」はバッサリとカット?
ぎゃぼー! むきゃー! ぴぎゃー! これには酷く落胆(苦笑)。
後でどこかに差し込む予定はあるんでしょうか?

いよいよアニメ版でもオケのシーンが始まろうとしています。ここからまた面白くなりそう!

○関連記事「のだめカンタービレ(アニメ)・第1話」
○関連記事「のだめカンタービレ(アニメ)・第2話」
○関連記事「のだめカンタービレ(アニメ)・第3話」
○関連記事『「のだめカンタービレ」のドラマ化とアニメ化が決定』
○関連記事『「のだめカンタービレ」感想特集・第1楽章「原作の率直な感想」』
○関連記事『「のだめカンタービレ」感想特集・第2楽章「原作の詳しい感想」』
○関連記事『「のだめカンタービレ」感想特集・第3楽章「ドラマ版への希望」』
○関連記事『のだめカンタービレ(番外編3)“アニメ版に向けての予習”』
○関連記事『アニメ版「のだめカンタービレ」の地域別放送時間の事前調査』
○関連カテゴリ「のだめカンタービレ」(ドラマ版レビュー含む)

「のだめカンタービレ VOL.1」 「のだめカンタービレ VOL.2」 「のだめカンタービレ VOL.3」 「のだめカンタービレ VOL.4」
「のだめカンタービレ VOL.1」(2007/04/13)
「のだめカンタービレ VOL.2」(2007/05/11)
「のだめカンタービレ VOL.3」(2007/06/15)
「のだめカンタービレ VOL.4」(2007/07/06)

「のだめカンタービレ VOL.5」 「のだめカンタービレ VOL.6」 「のだめカンタービレ VOL.7」 「のだめカンタービレ VOL.8」
「のだめカンタービレ VOL.5」(2007/08/10)
「のだめカンタービレ VOL.6」(2007/09/07)
「のだめカンタービレ VOL.7」(2007/10/05)
「のだめカンタービレ VOL.8」(2007/11/09)

「Allegro Cantabile」 「こんなに近くで...」
オープニングテーマ「Allegro Cantabile」(SUEMITSU & THE SUEMITH)
エンディングテーマ「こんなに近くで...」(Crystal Kay)

「『のだめオーケストラ』STORY!」
「『のだめオーケストラ』STORY!」

「『のだめオーケストラ』LIVE!」 「ブラームス 交響曲第1番 ~のだめカンタービレ」
「『のだめオーケストラ』LIVE!」/「ブラームス 交響曲第1番 ~のだめカンタービレ」

「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック
「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック

「のだめカンタービレ(1)」 「のだめカンタービレ(2)」 「のだめカンタービレ(3)」 「のだめカンタービレ(4)」
原作コミックス「のだめカンタービレ(1)~」(二ノ宮知子)

「のだめカンタービレSelection CD Book」 「のだめカンタービレ Selection CD Book(vol.2)」
「のだめカンタービレSelection CD Book」/「のだめカンタービレ Selection CD Book(vol.2)」

「のだめカンタービレ キャラクターBOOK」 「のだめカンタービレ 2007年カレンダー」
「のだめカンタービレ キャラクターBOOK」/「のだめカンタービレ 2007年カレンダー」


|

« ハケンの品格・第5話 | トップページ | 花より男子2(リターンズ)・第6話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/13852557

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ(アニメ)・第4話:

« ハケンの品格・第5話 | トップページ | 花より男子2(リターンズ)・第6話 »