« 「ちびまる子ちゃん」が実写版の連続ドラマになるよ | トップページ | 花より男子2(リターンズ)・第7話 »

2007.02.18

「とかちつくちて」の攻略解説書

現在ネットで話題になっている「とかちつくちて」を、私の調べた順に他力本願モードで解説ちてみまつ。

●「とかちつくちて」の概要
○関連記事・Internet Watch「やじうまWatch」内
『新歌謡「ロリ演歌」誕生か? 「とかちつくちて」が大人気』
http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/2007/02/16/

○「やじうまWatch」の記事を抜粋

大人気で相変わらず超品薄状態の「Wii」と、潤沢に在庫があるということだけでいろいろと詮索されてしまいがちの「PS3」。2つの国産ゲーム機ばかりが注目されているためか、日本では影の薄い存在の「Xbox 360」。このXbox 360用のゲーム「アイドルマスター」の1シーン、キャラクターの「双海亜美・真美」が「エージェント夜を往く」を歌う部分が、ネットでものすごい人気になっているのだ。この曲歌詞で「溶かし尽くして」の部分が、舌足らずで「とかちつくちて」と聞こえるのだ。これがあの「ニコニコ動画」で大人気となって、大勢の皆さんが一緒に「歌って」いる。「はてなプロダクション」グループのキーワードによれば、担当の声優、下田麻美さんがその後、きちんと歌えるようになるとがっかりする人が多かったとか。また、こぶしの回し方が演歌っぽく聞こえることから、ネットで「ロリ演歌」との呼び方も見かけた。新ジャンル歌謡の誕生か?

07021801

「とかちつくちて」の大人気ぶりを知ったきっかけの記事。今回はこれをベースに追い掛けました。とりあえず、「THE IDOLM@STER(アイドルマスター)」というゲームはゲームセンターで見たことがあるので知っていたけど、自分のプロデュースしたアイドルが大画面でアニメ風で60フレームのモーションで歌い踊るのを見て楽しむプレイヤーたちの光景を見て、「すごいな~!」と思いつつ「自分にはその勇気がねぇ~!」と思ったものです(笑)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●「THE IDOLM@STER(アイドルマスター)」
○関連サイト・バンダイナムコゲームス「THE IDOLM@STER」(Xbox 360版)
http://www.idolmaster.jp/
○関連サイト・「THE IDOLM@STER」内「双海亜美・真美」プロフィール
http://www.idolmaster.jp/character/09_ami-mami.html

若干12歳のロリアイドルらしく、ゲーム内の所属アイドルの中では最年少の双子だそうで、時折入れ替わって芸能活動をしているようです。「双海亜美・真美」の読みは「ふたみ あみ・まみ」で、微妙にPUFFY(パフィー)っぽいけどあちらは「あみ・ゆみ」でそもそも双子でもないわけで(笑)。それで、このキャラクターの担当声優は下田麻美さんで、「とかちつくちて」というキーワードの“生産者”になります。一説によると“十勝(とかち)産”らしいです(いつでも獲れたて新鮮)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●「エージェント夜を往く」が実なら「とかちつくちて」は黄金の種
○関連記事・はてなプロダクション「とかちつくちて」
http://imas.g.hatena.ne.jp/keyword/%e3%81%a8%e3%81%8b%e3%81%a1%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%81%a1%e3%81%a6

○「はてなプロダクション」の記事を抜粋

真の持ち歌である「エージェント夜を往く」を亜美に歌わせたときに、
『テークニックでー 溶かし尽くして』の所が舌っ足らずなためか
『テェークニーックでぇ とかちつくちて』になってしまっているために
とかちつくちて=亜美の「エージェント夜を往く」になっている

どうやら狙って歌っていた訳ではなく下田麻美さん*1がこれを収録した頃は、どうしてもこのような歌い方になっていたようです。

マスターバージョンの「エージェント」に亜美真美が参加していたのですが、下田麻美さんがきちんと歌えるようになっていてがっかりした人が多いとか…

2006-07-23の1st Aniversary Liveでは真役平田宏美さんと亜美真美役下田麻美さんのデュオで歌われ、この「溶かし尽くして」のパートが下田さんに割り振られていたために、確信犯的に『とかちちゅくちて♪』と歌ったと下田さん本人のブログ2006-07-25の記事に露顕されている。ディレクターのパート振りにGJ!!!

*1:亜美真美の声優

菊地真というアイドルの持ち歌である「エージェント夜を往く」は、作詞・作曲がLindaAl-CUE氏でBPM(テンポの速さ)が178という、いわゆるノリノリ(死語)のダンスナンバー。この曲のサビに“♪貴方だけが使えるテクニックで 溶かしつくして”という詞があるんだけど、その「溶かしつくして」の部分を双海亜美・真美の担当声優である下田麻美さんが歌うと、「とかちつくちて」になってしまうようです。北海道の夕張市が財政破綻で問題になっている現在、ここに来て十勝がこんな形でクローズアップされることになろうとは・・・(違うか)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●「とかちつくちて」、実食!(いや食べるんじゃなくて)
○関連サイト・YouTube
「THE IDOLM@STER アイドルマスター とかちつくちて ソロ」
http://www.youtube.com/watch?v=xpN7s65auUU
○関連サイト・YouTube
「THE IDOLM@STER アイドルマスター とかちラーメン大盛り ~望みの限りに~」
http://www.youtube.com/watch?v=JS0CxKuocsE
○関連サイト・YouTube
「とかちつくちて」検索結果
http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%A1%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%81%A6
○関連サイト・ニコニコ動画
「THE IDOLM@STER アイドルマスター とかちラーメン大盛り ~望みの限りに~」
http://www.nicovideo.jp/watch/utJS0CxKuocsE
○関連サイト・ニコニコ動画
「とかちつくちて」検索結果
http://www.nicovideo.jp/search/%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%A1%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%81%A6

「ニコニコ動画」での視聴をあえてオススメしますが、エロコメントを含む可能性があるのでご注意を。っていうか、話題が広がったせいか“再生数40万超/コメント15万超”になっていてすごいんだけど。ちなみに、再生数が40万を超えた瞬間の「とかちつくちて」ファンの喜び様はしかと見届けました(笑)。

この「エージェント夜を往く」という曲は全く知らなかったけど、実は普通に良い曲だと思っています。イントロは、東山紀之&ジャニーズJr.のユニットによる曲「Secret Agent Man」を思わせるカッコ良い入り方。ここに「“エージェント”つながり」が成立(笑)。Aメロの最初は、“♪この頃はやりの女の子”で始まる詞で有名な「キューティーハニー」を思わせる曲調。12歳のロリアイドルとセクシーキャラ(如月ハニー&佐藤江梨子&倖田來未)に共通点があるかどうかの言及は省略(笑)。私的には、ビートインパクトと振付が冴えるAメロ後半からBメロ終わりまでの展開が好きです。しかし! そのBメロの終わりで“♪そうよ 乱れる悦びを”が“♪そうよ~ びだでどぅよろこびぅうおぉぉ~っ!”と詞の通りに乱れ、演歌で言うこぶしが激しく効いてくる辺りで、その後の展開に期待や期待や期待さえ抱き始めるわけです。正直、この部分だけでも半端ねぇ!(笑)

07021802

そして、時は来た! やっと目的地点へやって来た! 話題沸騰中のサビで、“♪貴方だけが使えるテクニックで とかちつくちて(溶かしつくして)”がここに炸裂! 「ニコニコ動画」では、皆さんノリノリ(しつこいけど死語)で一緒に“歌って”います。「とかちつくちて」の弾幕がすご過ぎます(笑)。それで、「とかちラーメン大盛り」はその部分が半永久ループ化しているから、しつこいほどに「とかちつくちて」が聞けて変な感じになってきます。確かに「とかちつくちて」って言ってるよなあ。それ以外の何にも聴こえないよなあ。ちなみに、コメントでたまに出る「それにしてもこの○○、ノリノリである」という独特のフォーマットによる表現、私は密かに好きです。死語の「ノリノリ」があってもそこは許されるという・・・(笑)。

●「とかちつくちて」の私的なまとめ
自分だけが使えるテクニックで、結論を“かたりつくちて”みました。

「新ジャンル歌謡の誕生」か。それにしても何さ。

こ の 盛 り 上 が り 様 は ?(笑)

または、こんな風にも考えられたり。

双海亜美・真美が時折見せる「光を放つシーン」を見て、
あれはRPGで言う「魔法・呪文」なんじゃないか、と。
いや待て、ドラクエで言う「作戦」なんじゃないか、と。
その名前が、実は「とかちつくちて」なんじゃないか、と。

効果は「洗脳」と「協調」

真相は、よう知らん(笑)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

というわけで、私は今回このように追い掛け、自分なりの結論まで出してみました。「とかちつくちて」を熟知しているようで、実際に知ったのは「やじうまWatch」の該当記事が公開された2/16で、それに基づいてたった1日で“しらべつくちて”みただけ(笑)。それにしてもこの記事、ノリノリである。

「アイドルマスター(通常版)」 「アイドルマスター プラチナアルバム」
「アイドルマスター(通常版)」/「アイドルマスター プラチナアルバム」

「アイドルマスター THE IDOLM@STER MASTERPIECE 04(初回限定生産盤)」 「アイドルマスター THE IDOLM@STER MASTERPIECE 04(通常盤)」
「アイドルマスター THE IDOLM@STER MASTERPIECE 04(初回限定生産盤)/(通常盤)」


|

« 「ちびまる子ちゃん」が実写版の連続ドラマになるよ | トップページ | 花より男子2(リターンズ)・第7話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/13948803

この記事へのトラックバック一覧です: 「とかちつくちて」の攻略解説書:

« 「ちびまる子ちゃん」が実写版の連続ドラマになるよ | トップページ | 花より男子2(リターンズ)・第7話 »