« ハケンの品格・第2話 | トップページ | のだめカンタービレ(アニメ)・第1話 »

2007.01.19

きらきら研修医・第2話

とにかく、期待だけはしていました。でも、初回話は笑わせるシーンで全く笑えず「大不評」という印象に。今回の序盤で、主人公のうさこが「これから約2ヶ月も産婦人科生活。私は無事に過ごすことができるのでしょうか?」と自問していたけど、私にとっては「これから約2ヶ月もドラマ継続。私は最終話までレビューを書くことができるのでしょうか?」と自問してしまいました。とにかく、またもや期待だけはしてみました!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「きらきら研修医」
第2話「誕生…涙の初手術」

うさこ(小西真奈美)の研修先が産婦人科に変更になった。だが、担当医・川合(生瀬勝久)の奇行の数々を聞き、不安に。そんな中、うさこは手術で川合を手伝う“前立ち”を命じられる。以来うさこは、前立ちの仕事で一番難しい縫合を練習。だが手術当日、手が震えて、散々練習をした縫合ができなくなってしまう。

産婦人科での研修が始まったうさこは、ガチャピンみたいな目をした担当医の川合から、執刀医のサポートをする“前立ち”を来週から行うように命じられました。その日からうさこはいつ何時でも縫合の練習に没頭し、立岡(ウエンツ瑛士)に励まされながらも手術当日に立ち会いました。手術は川合によって順調に進み、赤ちゃんの産声が室内に響いたけど、うさこは極度の緊張で手が震えてしまい縫合ができる状態ではありませんでした。しかしそこで、川合がこれまた室内に響くほどのオナラをしたことで、うさこはその川合を見ながら手だけしっかり動いて縫合が完了。うさこは川合に「それで良い」と褒められ、産婦にも感謝されたのでした。

初回話での“醜い悪ノリ”はいくらか軽減され、“研修医の努力”が前面に出された内容でした。これにより、当初私が望んでいた展開へ近付いたことになり、川合じゃないけど「それで良い」ということに。私としては、つまらないギャグなんてどうでも良いから、“ドタバタコメディ”じゃなくて“ドタバタ奮闘記”で良いから、“研修医の努力”を今後もずっと重要視してもらいたい・・・。こうして研修医のうさこがいろんな科を回って、そこでの現実を知ったり指導医や患者と会話もしながら、経験を積んで立派に育っていくんでしょうね。何だか同局系「ブラックジャックによろしく」のストーリーに似ているなあ。このドラマはあそこまでシリアスではないけど、コメディ要素はせめて院内では控えめにして、今後展開していってほしい・・・、というのは私の勝手な要望でしょうか?

というわけで、初回話での「大不評」という印象は、第2話で「なかなか良さそう」という印象に変わりました。やっぱり数話見ないと冷静な判断はできないなあ。次回第3話は引き続き産婦人科での研修だけど、院外での話がメインになるとはいえ、私としては今後レビューを続けるかどうかの最終決断ポイントに定めます。印象が「なかなか良さそう」から「結構良さそう/良い!」に変わったら、最終話まで書くことにします!

○関連記事「きらきら研修医・第1話」

「きらきら研修医」 「きらきら研修医-うさこvs奇行ドクター」
原作「きらきら研修医」/「きらきら研修医-うさこvs奇行ドクター」(織田うさこ)

「CHU-LIP(DVD付)」 「CHU-LIP(通常版)」
主題歌「CHU-LIP(DVD付)/(通常盤)」(大塚愛)

|

« ハケンの品格・第2話 | トップページ | のだめカンタービレ(アニメ)・第1話 »

コメント

ads(あず)様、こんばんは。
木曜日は一応三本見てますけど
レビューは雑感程度になっています。
理由は
「拝啓」→「前略」と違うと愚痴がとまらない。
「エラ嫁」→こんな仲間は望んでいないと不平不満が爆発。
「きらきら」→ハルハル不足で文句ばっかりになる。
からです。
ウサ子は悩める研修医・・・はもう無理じゃないかな。
それはそれでとんでもドラマだけど。

投稿: キッド | 2007.01.21 02時39分

2回目を見てみて、主人公よりも脇のキャラを見て楽しもう感を
強くしましたね~
でも、そういう感想ってドラマとしてはどうなんだろう~?とも
思ったりしますが・・
つまらないギャグは思い切って封印した方が見やすいのでは・・?
と思いました。

投稿: きこり | 2007.01.21 10時22分

>キッドさん

激戦区なのにどうもパッとしない木夜ドラマを、3本全て追っているのはすごいですね~。でも、レビューの方は雑感を一まとめにして書くスタイルで決定ですか。うんうん、分かる分かる。結局のところ不満は抱いているようで(苦笑)。うさこについては適正外との話も出ているようですね・・・。

>きこりさん

少しは見られるドラマになりました(苦笑)。確かに「主人公よりも脇のキャラを見て楽しむ」というのは、本来の楽しみ方ではないし何だか寂しい気もしますね。それから、“つまらないギャグ”はやっぱり封印しても良いかと。今回はいくらか軽減されていたけど、初回話での批判を考慮したんですかね? この先も心配で心配で・・・。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2007.01.22 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/13569283

この記事へのトラックバック一覧です: きらきら研修医・第2話:

» きらきら研修医(1月18日) [今日感]
ガチャピン先生(生瀬勝久)、腕はいいし、妊婦さんを安心させるけど、他がイマイチ。 そんなガチャピン先生のもとで研修につくことになったうさ子(小西真奈美)。 [続きを読む]

受信: 2007.01.20 23時57分

» えーっ、木南晴夏なしですかーっ。それはキツイわけで。 [キッドのブログinココログ]
などと書くとコニタンの立場がないのだが、松嶋初音だけではもたないわけで。それだっ [続きを読む]

受信: 2007.01.21 02時31分

» きらきら研修医 stage2,産婦人科「糸結びの罠」 [TV雑記]
前回のあらすじ。 手術室にガチャピン(本物)がいました。 以上。 [続きを読む]

受信: 2007.01.21 06時38分

» きらきら研修医 第2話「誕生-涙の初手術」 stage2、産婦人科 [【日々の未来】徒然なるままに・・・]
きらきら研修医公式HP あらすじ 小児科の研修が終わり、子どもたちにお別れのあいさつをしていたうさこ(小西真奈美) のところへ、産婦人科の看護師・立岡(ウエンツ瑛士) が駆け込んできた。緊急手術に立ち会うよう指導医の川合先生(生瀬勝久) が呼んでいると... [続きを読む]

受信: 2007.01.21 07時32分

» きらきら研修医 第2回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『誕生…涙の初手術』 [続きを読む]

受信: 2007.01.21 08時49分

» 『きらきら研修医』 第2回 「誕生…涙の初手術」メモ [つれづれなる・・・日記?]
どう言ったらいいだか。。。ってところです。 [続きを読む]

受信: 2007.01.21 08時55分

» きらきら研修医 stage2:産婦人科 [あるがまま・・・]
川合先生って・・・(=_=;) ガチャピン顔の割には、性格がきっつぅ〜!てか変わり者{/eq_1/} 研修医のうさこを医者と勘違いするわ、患者さんに名付けを頼まれれば 真顔で「ぼるぼ」という名をつけるわ、指を骨折してるのを難病だと勘違いするわ 検査の結果を問い詰められれば、検査結果の紙を食っちゃうわ・・・ オペの腕はいいけど、とんでもない暴走キャラのようです{/hiyo_shock2/} インナーやシューズが緑色�... [続きを読む]

受信: 2007.01.21 17時33分

» 「きらきら研修医」(Stage 2:「誕生…涙の初手術」) [鉄火丼のつれづれ日記]
今回の「きらきら研修医」は、うさこ(小西真奈美)の産婦人科での研修が始まる、というエピソードだ。今回のエピソードでうさこは前立ちデビューするが…。 [続きを読む]

受信: 2007.01.22 00時19分

» きらきら研修医 第2話 [あいりぶろぐ]
 「きらきら研修医」第2話を見ました。  うさこは産婦人科での研修に入りました。 産婦人科のドクターは川合先生(通称:ガチャピン先生)。彼がまた、クセの強いドクターのようで。。。... [続きを読む]

受信: 2007.01.22 00時55分

» きらきら研修医 第2話 「誕生…涙の初手術」 [Kのドラマ依存症的ぶろぐ]
stage 2.産婦人科 先週の続きで、早速怒られてるうさこ(笑) 原因はというと、ガチャピン先生こと川合先生の勘違い…。 退院していく赤ちゃんの父親にこの子の名前を付けて欲しいと頼まれた川合先生が命名した名とは…、 「命名 ぼるぼ」 ぼるぼ...... [続きを読む]

受信: 2007.01.23 13時18分

« ハケンの品格・第2話 | トップページ | のだめカンタービレ(アニメ)・第1話 »