« 瑠璃の島スペシャル2007 | トップページ | センバツ・開会式入場行進曲が「TOKIO」の「宙船」に内定 »

2007.01.09

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・第1話

リリー・フランキーさんのベストセラー小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が、このたびフジテレビ系でドラマ化されました。とはいえ、2006年に同局系で一度2時間SPとして放送されているんだけど、いろんなこと(制作上のトラブル・出演者の不祥事等)があって放送が秋にまで持ち越され、肝心なその放送を見事に見逃した過去がありまして(苦笑)。つまり、正しくは「このたび連続ドラマ化」で、私はこのドラマが出発点となります。今春には映画化されるようだし、今後は原作小説も読んでおきたいところ。また、タイトルは「東京タワー」と略しても良いらしいですが、別の作品とかぶる理由で、記事タイトルは正式名称通りにすることにしました。ただ、「『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』と『東京タワー』」と、時々、『月9』」にはなりそう(笑)。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
第1話「オカンとボクと時々オトン~親子の別れ」

リリー・フランキーの同名小説をドラマ化。’89年、福岡・筑豊で暮らす高校生の雅也(速水もこみち)は、進路も決まらずだらけた日々を送っていた。ある日、内証にしていた進路相談に母・栄子(倍賞美津子)が現れる。何かと世話を焼く栄子に、雅也はいら立つ。後日、雅也は別居中の父・兆治(泉谷しげる)に上京の意思を明かす。

「平成」の時代が始まった頃の1989年。雅也は“オカン(母親)”の栄子と福岡県筑豊の廃病院で暮らしていました。1979年、二人は福岡県小倉で“オトン(父親)”の兆治とその母・富美子(佐々木すみ江)と共に住んでいたけど、ある日栄子は雅也を連れ家を出て筑豊にある栄子の母親・ハル(赤木春恵)の家に移り住み、雅也は知らない町で戸惑いながらも耕平と前野という友達ができ、そのまま長年暮らし続けました。高校卒業後の進路に悩んでいた雅也は、栄子に買い与えられたバイクで筑豊へ行き、そこで会った兆治へ「目的は分からないが東京に出たい」と相談。その後、雅也は東京の美大の試験を受けることにし、世話を焼き過ぎるせいで距離を置いていた栄子から東京行きの切符を用意され、雅也は東京のバスで同じく受験で上京したまなみ(香椎由宇)と乗り合わせ、夜景の中に光る東京タワーを眺めていました。

雅也は無事美大に合格して自宅へ帰ると、別居中の兆治が門前まで来ていて、「自分の居場所を見つけろ」と呟くように伝えました。また家の中では、栄子の妹・香苗(浅田美代子)、耕平(柄本佑)、前野(山崎裕太)たちが開いてくれた合格パーティーで皆から祝福されました。雅也は改めて栄子へ東京行きの決意を伝えて同意に至り、そして旅立ちの日。上京の電車に乗った雅也は、駅のホームで泣きながら応援してくれる栄子の姿を見て、また渡された包みの中にあった一通の便箋に目を通して、思わず静かに泣き出しました。1989年3月。東京に着いた雅也は、東京タワーが見える電話ボックスから栄子に電話をし、現在の不安気な思いを告白。すると栄子は励ますように「どうね、東京はどうね?」と尋ね、雅也は夜景の中に光る東京タワーを眺めながら「うん、キラキラしとう」と元気に伝えました。

この話は、
東京にやってきて、帰る場所を無くしてしまった僕と、
かつて、同じように上京し、はじき飛ばされ、
故郷に戻っていった僕の父親と、
東京に連れて来られて、戻ることも、帰ることもできず、
東京タワーの麓で眠りに就いた、僕の母親の、
小さな家族の話です。

ヤバイ! これは思ったよりも良いドラマになるかもしれん! 何でって、そう、キラキラしとう・・・。このストーリーを際立たせるのは、ライトアップされた素敵な東京タワー。雅也と、彼を大切に育ててきたオカンと、時々ひっそり現れるオトン。なるほど、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が意味するところは分かった。ばってん、これは予想以上に感動するとよ・・・。

ところで、冒頭での高校生のマー君(雅也)とオカンが演じる日常の朝のシーン。「マー君、マー君朝だよ/オカン寝させ~」。そんなやりとりを見て、「ごっつええ感じ」の「松ちゃんとオカンのコント」を思い出した方。はい、私と気が合いますね。どうね、一緒に東京タワーにでも行くとね?(笑) こうして和気藹々な雰囲気で進むと思いきや、雅也は高校卒業後の進路に悩み、時々オトンと会っては話し辛い相談を持ち掛け、反発を繰り返しながらもやがてオカンを別れた際には、そのオカンの暖かい心を改めて実感してしまったという・・・。その感動のシーンに、コブクロの主題歌「蕾(つぼみ)」を効果的かつ感動的に重ねてくるなんて、もうずるいよ! そんな相乗効果で思わず泣けてしまいました。近年の“コブクロ効果”もすごいわ~。ただ、このドラマでは“オフクロ(オカン)”の方を重視しなきゃね。息子のためにいろいろと動いてくれる最高のオカン。倍賞美津子さんの思い遣りの演技が光ってた! また、時々現れるオトン。泉谷しげるさんの哀愁漂う演技が光ってた! そして、東京タワーのように背が高い雅也。君たち家族で「東京タワー」を形成しとう! 方言合ってるかな?(汗)

イケメンの速水もこみちさんが“ダサ男”を演じると聞いて、サントリー「ビタミンウォーター」のCMで彼がCGで演じる“速水いまいち”さを少しだけ期待していました。ばってん(だけども)、どんなにダサく振舞ってもやっぱりヤツはカッコ良いじゃないか!(笑) 「泣けるストーリー」と言われていることもあって、今後の展開に期待しながら見ていくことにします。「ドラマ視聴 DVDレコーダーとビデオと、時々、リアルタイム」で(笑)。

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
原作小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(リリー・フランキー)

|

« 瑠璃の島スペシャル2007 | トップページ | センバツ・開会式入場行進曲が「TOKIO」の「宙船」に内定 »

コメント

あずさん、おはようございます!

キラキラしていましたね、東京タワー☆
凄くキレイでした!

とっても生活観に溢れたドラマで、いろいろと共感できそうです。
今クールもよろしくお願いします♪

投稿: みょうがの芯 | 2007.01.10 10時21分

こんにちは!

やった~あずさんは期待します派ですね♪
お気楽さんとキッドさんの反応がいまひとつ。
ikasama4さんは泣き過ぎ(笑)
期待せず肩の力を抜いて見れたし
夜景の東京タワーと田舎の夕日が綺麗だった。
オカンが僕をギューとするだけで泣けちゃう私なのです(笑)

投稿: アンナ | 2007.01.10 12時34分

>みょうがの芯さん

東京タワーがキレイでしたね。いずれ私が好きな見物スポットをレビュー内で紹介したいと思います。共感できる点はあったなあ。「ごっつええ感じ」のコントみたいなところもあったっけ(笑)。

>アンナさん

そう、“期待します”派でよろしくお願いします!(笑) 中盤までは普通に終わるかなあと思ったけど、ラストスパートにやられました。コブクロの主題歌「蕾」、泣かすぜ! オカンは大切にしなきゃね。時々、オトンも。何だか可哀想な表現だけど(苦笑)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2007.01.11 02時30分

そうね(^^;
やっぱり もこみち君はカッコよすぎるかもね
あのキャラ使ってよかったという
出来にして欲しいわね

個人的には もうちょっと素朴な感じの人の方が
イメージじゃなかったかと思うんだけど・・・
人気という部分で選ぶなら
森山未來あたりだったら どうだったろうか?
なんて思うだけど・・・

投稿: Lady-e | 2007.01.11 16時04分

コブクロ効果にまんまとヤラれちゃいましたわ~(笑)。
原作は読んで無いわ、SPもビデオに録画したままだわと
内容を知らずに見たのが、逆に新鮮だったかもです。
もこみちくんのダサ男っぷりも意外にマッチしてたとですばい!

投稿: まこ | 2007.01.11 16時07分

>Lady-eさん

もこみちはやっぱりもこみち。CGでも使わない限りはイケメンのままでしたね(笑)。おお、森山未來くんだったら演技力が抜群だから、マー君の心が強く伝わるかも。良い人選ですね~。でも、今回はもこみちさんで~。

>まこさん

「またもやコブクロ効果」って感じでしたね~。SPは録画してあるんだ? この連続ドラマが終わったら見るか、途中で見てしまうか、悩むところですね。ばってん、見てしまうんだと思うばい!(笑)

投稿: ads(あず)@管理人 | 2007.01.11 22時04分

adsさん、こんばんは。
原作読んでなくて、SPだけ見ました。だから、大泉洋と、もこみち、田中と倍賞がWります。それでも、続けて見ようかなと思えるドラマに仕上がってました。
少し時代考証が違うようですね。

投稿: mari | 2007.01.12 03時36分

mari さん、こんにちは! なるほど、私が見逃したSPを・・・(苦笑)。どちらが良いかを問うのは、まだ早いかな? へえ~、時代考証も違うんだ? ひとまず今後も見ていくことに決めました。またよろしくね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2007.01.13 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/13397636

この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・第1話:

» 「東京タワー」 [みょうがの芯]
  オトンと離れて暮らすことにしたオカンと、オカンの故郷「筑豊」で暮らし始めた主人公の雅也(ボク)でした。 [続きを読む]

受信: 2007.01.10 10時08分

» 東京タワー オカンと僕と、時々オトン 1話〜親子の別れ〜 [アンナdiary]
リリー・フランキー氏の同名小説のドラマ化。年末にスペシャルですでにドラマ化されているので、あまり期待していなかったのですが。。。初回から、オカンの手紙に号泣しておにぎり食べる僕と、コブクロの主題歌にやられた(涙)東京タワーって、こんなに綺麗だったっけ?バスの中で見る夜景の東京タワーに感激。僕と彼女の出会いも、これからが楽しみな感じです。 ... [続きを読む]

受信: 2007.01.10 12時31分

» 東京タワー オカンとボクと,時々,オトン [Akira's VOICE]
初回の感想 [続きを読む]

受信: 2007.01.10 18時01分

» 東京タワー 【第1話】 オカンとボクと時々オトン〜親子の別れ [THE有頂天ブログ]
リリー・フランキー著のベストセラー小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の連ドラ版。第1話を見てみました。(レビューは下の方に) 既に放送された大泉洋主演のスペシャルドラマ版(2006年11月18日放送)を思いっきり見逃してしまったうえに原作も読んでいないので、この作品は本作が初見です。 ■東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 主演は速水もこみち。 当初“ボク”役に起用という点に関して疑問視する声も多く、また昨年の夏に初主演した「レガッタ」で... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 00時41分

» 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 第1話 『オカンとボクと時々オトン〜親子の別れ』 [Kのドラマ依存症的ぶろぐ]
⇒期待薄で視聴 ⇒その結果……まあ良かったんじゃない? ⇒じゃぁ次からもとりあえず観よっかな そんな第1話の感想というか印象。 やはりこの前の単発スのペシャル版の良い印象が強い分、比較してしまった。 もこみちはどうにも田舎もののボクには....... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 00時45分

» 東京タワー第1話〜時代設定はリアル! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
東京タワー(オカンとボクと、時々、オトン)見ました。これはリリー・フランキー原作の母親と息子の感動物語なわけで、前にも大泉洋がドラマでやっていました。今回は、速水もこみち主演で、母親が倍賞美津子、父親が泉谷しげるで詳しくやるようです。(東京タワー、第1話感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 00時45分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第一話 [Yが来るまで待って・・・]
原作はリリー・フランキーのベストセラー。単発ドラマにもなり、映画も決まり、更に連ドラで今日からスタート。単発ドラマも見てないし、原作も未読。だから、ある意味何の先入観もなしに見ることはできるのかな? ストーリーは公式ホームページ でどうぞ。(最近、これが多... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 01時53分

» 東京タワー(1月8日) [今日感]
今の話と昔の話を交互にからめて、それで一時間がすぎました。 今日は、顔見世興行ですから、来週から本番というところなんですが、それにしてもダラリダラリと流れた感じがしました。 話が話ですから、スローテンポなのはわかるのですが、それにしてもダラリダラリという感じが。... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 08時02分

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』第1話 [演劇と本とTVと漫画とかにまつわるエトセトラ]
リリーフランキーの大ヒット作、連ドラに。 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』第1話 福岡でオカン(倍賞美津子)と暮らすボク(速水もこみち)。明るく面倒見がいいオカンが大好きだが、時にわずらわしくもある。高校卒業を控え、ボクは東京への進学を選ぶ…… ふー。こういう話苦手です。何故なら私もマザコンの気があるから。これは無償の愛を注ぎ続ける母親とそのマザコン息子の物語です。だから独身の女性には理解できないところがあるんじゃないでしょうか。 そして私のようなマザコンには、はっきり言って欲しくない、... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 08時05分

» 東京タワー オカンとボクと、時々オトン 第1話 [Happy☆Lucky]
第1話 [続きを読む]

受信: 2007.01.11 09時00分

» 月9ドラマ「東京タワー」 第一話 [多数に埋もれる日記]
単発ドラマで好評だった「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が、遂にフジテレビの月9に。 [続きを読む]

受信: 2007.01.11 09時09分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン第1話「オカンとボクと時々オトン~親子の別れ」 [TV雑記]
当ブログを御覧の方はご存知の通り、前クールの月9にどっぷりはまっておりまして。 だからこそ、次クールに過剰な期待は止めておこうと思いまして。 そして速水もこみちがボク役……かっこ良すぎだろう?と思ったもので。 その結果、あまり期待せずに見てましたが……。...... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 11時00分

» 東京タワー 第1話 [塩ひとつまみ]
幼少時代を回想シーンで見せて、高校生になった雅也― から 東京に出て行くところまでが今回の第1話でした。 12月に放送されたスペシャルドラマの中には出てこなかったエピソードを 使っているようですね。 たとえば... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 14時34分

» TVドラマ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第1話 オカンとボクと時々オトン〜親子の別れ [サプリで萌えな彼女の秘密ノート]
「東京タワー」。新ドラマの一角です。月9で恐らく本命。ww 原作は、あのリリー・フランキーって方の本ですね。 そちらは私はまだ読んでないので知りません。 今回はもこみち見とこうと思いまして。 でも、... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 15時04分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 第1回 [ALBEDO0.39]
テレビドラマ 第1回 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 音楽担当が、河野伸ということで またやられるかなぁと思ったんだけど 今日のところはそれほど ドカンとやれてしまう 状況ではなかったかなぁ でも、オカンの妹の香苗(浅田美代子)が 自分が貧乏だと思ったことある? と マー君に言って所が 印象的だったかなぁ... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 15時59分

» 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ #1 [たっくんママのひとりごと]
スペシャルは見てなかったんですが、めざましで宣伝に来てたので、1話試しに見てみようかな?って。 主役がもこみちくんで不安だったんですが、脇にベテランを配したせいで、結構いい仕上がりです! 実は原作も未読なのですが・・・最後のナレーションを聞くと、ラストでは泣いちゃいそうな予感・・・。 とりあえず、来週からも見てみます。... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 18時36分

» 東京タワー:第1話 [日常の穴]
今日は午前中から各番組でドラマPRが行われていましたね。 テレビでちゃんともこみちを見たのは、実は初めてかもしれない。 もっと今どきのチャラ男かと思ったら、存外、純朴な感じで好感がもてるじゃないか。ん?勘違いしてる?まあどっちでもいいか。 さて、ドラマ本編。 原作を知らないので、純粋にストーリー中心で観ます。 ええーと、予想外にも初回から大泣きしました[:悲しい:](笑) 母親っ子だった息子も、勝手なもので、思春期になると母親の愛情が疎ましくなるもの(経験者談)。 そんな雅... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 19時23分

» ・フジの月9「東京タワー」今日開始! [たまちゃんのドラマページ]
今日、2007年1月8日(月:祝(成人の日))21時から、フジテレビで、「東京タワー」が、放送開始です(初回21:00〜22:09)。 ◇リリー・フランキー氏の同名小説のドラマ化。家族とは、母親とは何かをテーマに息子と母親の関係を描く。大島里美脚本、久保...... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 20時31分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(第1話) [霞の気まぐれ日記]
まったく見る気がなかった、今回の月9ですが、 一応初回は、、、ということでチェックしました。 もこみちくん、やっぱり田舎くさい役は似合わない・・・。 単純に、先入観の問題かもしれませんが。。 22歳で学ランっていうのも、やっぱり無理がある気がします。。 ただ、..... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 21時37分

» 東京タワー(1月8日放送分) [まいにちおきらく!]
ずるいなー。泣くよなー。 [続きを読む]

受信: 2007.01.11 22時01分

» 「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」(第1話:「オカンとボクと時々オトン〜親子の別れ」) [鉄火丼のつれづれ日記]
1月8日から新しい月9ドラマ「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」が始まった。このドラマは、リリー・フランキーのベストセラー小説を連続ドラマ化したものだ。このドラマの第1話を見て鉄火丼は…。 [続きを読む]

受信: 2007.01.12 00時44分

» 東京タワー・・・ [プリンに抹茶と生クリーム]
ダメだわ。 [続きを読む]

受信: 2007.01.12 01時30分

» 《東京タワー オカンとボクと時々オトン》◇#01 [まぁ、お茶でも]
大人の勝手を押し付けてと、栄子は夫と別れて筑豊へ戻った言い訳のようにして、雅也を溺愛した。お陰で、母親の姿が見えないと転校先から家に逃げ帰ってしまうくらいだった。 [続きを読む]

受信: 2007.01.12 03時41分

» 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」第1話 [fool's aspirin]
タイトル長っ! もこみちとコブクロという悪夢のレガッタな組み合わせに、 たいして期待せずとりあえず見るが、 大学で故郷を出た経験があって、 現在息子を持つ私にはヒジョーに響き、 もこみちが変な髪型なのにもかかわらず、 最後のおにぎりシーンでは涙を誘われますた。 …てか、ハイビジョンのデジタルテレビを買ったのが 今日届いたので、 もこみちよりも倍賞さんよりも風景の美しさにやられた〜! ... [続きを読む]

受信: 2007.01.12 16時17分

» 東京タワー(1) [ドラ☆カフェ]
「オカンとボクと時々オトン〜親子の別れ」初回視聴率は 14.2%(関西12.8%) [続きを読む]

受信: 2007.01.13 12時46分

» 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(TV) [京の昼寝〜♪]
 リリー・フランキーのベストセラー(200万部を突破したみたいですね)、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のTV版のON AIRが始まりましたね。 昨年、2時間のスペシャル版が放送済で、4月にはいよいよ映画版が上映されるようです TV版は見ようかどうか迷っていましたが、第1話を見たかみさんの感想がイマイチだったので、HDに録画しておいたものを第2話を含め、夜中に続けて見ました 僕... [続きを読む]

受信: 2007.01.18 22時45分

» 東京タワー 第一話 [シャブリの気になったもの]
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~第一話 「親と子の別れ」 リリー・フランキーさんの話なのだそうで。本もトラブッったSPドラマも見ていない ので、天下の月9で「のだめカンタービレ」のあと、どんなものかと見ることにした。 Cast下調べを行うと... もこ... [続きを読む]

受信: 2007.02.02 00時26分

« 瑠璃の島スペシャル2007 | トップページ | センバツ・開会式入場行進曲が「TOKIO」の「宙船」に内定 »