« センバツ・開会式入場行進曲が「TOKIO」の「宙船」に内定 | トップページ | ハケンの品格・第1話 »

2007.01.10

米Appleが「iPhone」を発表

米Appleが、前面タッチパネルを採用したスマートフォン「iPhone(アイフォン)」を発表しました。

○関連サイト・米Apple「iPhone」
http://www.apple.com/iphone/
○関連記事・ケータイ Watch『米Apple、GSM対応の“iPodケータイ”「iPhone」』
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/32650.html

○「ケータイ Watch」の記事を抜粋

米Appleは、前面にタッチパネルのみを採用しGSMに対応したスマートフォン「iPhone」を発表した。北米向けに6月より発売され、2007年後半には欧州で、アジア向けには2008年より発売される予定。内蔵のフラッシュメモリの容量で4GBモデル、8GBモデルの2つのモデルが用意されており、北米での価格は4GBモデルが499ドル、8GBモデルが599ドル。

「iPhone」は、携帯電話、iPod、インターネット接続機能の3つが一体となったスマートフォン。前面のキーを廃し、3.5インチ、240×480ドットのタッチパネルのみを前面に据えたデザインで、操作はすべてタッチパネルで行なう。OSは「OS X」を採用し、アドレス帳の管理やSMSの作成、ブラウザによるサイトの閲覧やメールの送受信などが可能。

無線機能ではこのほか、無線LAN機能として802.11b/gに対応するほか、EDGE、Bluetooth 2.0をサポート。携帯電話機能ではGSM(850/900/1800/1900)に対応し、2メガピクセルのカメラを搭載する。通信事業者は、北米ではシンギュラーに対応する。

大きさは115×61×11.6mmで、重さは135g。連続通話時間は約300分、iPod機能の連続再生時間は約16時間。

パッと見た感じでは、使うのがかなり楽しそう! キーを無くしてタッチパネルのみにしてしまったのがすごい! これはマジで欲しいぞ・・・。

それで望むのは「日本上陸」なんですが、この製品は「GSM対応機」で日本ではその方式は採用されていないので、まずはそれを国内に持ち込んでも携帯電話としては使えません。「アジア向けには2008年」とあるけど、日本以外で使えるようになるだけで、日本がGSMへの対応を考慮しなければなりません。本格導入は先の先か・・・。とはいえ、米Appleが日本での方式の対応機を出してくれれば問題は解決? 現在その実現化に最も近いキャリアは、私も所有する悪評続きのソフトバンク? 見事に実現させたら、一気に名誉挽回? 激しく期待してしまいます・・・。

ちなみに、この「iPhone」の発表のタイミング(現地時間の1/09)で、「Apple Computer」は社名を「Apple」に変更したそうです。日本ではいまだに「アップルコンピュータ」のままだけど、いずれ「アップル」に変更するのかな? 「Computer」を取り除いた理由としては、「コンピュータ」に限らず「デジタル家電」を幅広く扱っていく意思表現が挙げられるそうです。既にデジタル音楽プレイヤー「iPod」等でも大成功していますからね。どんどん大きくなっていくなあ、「Apple」社は・・・。

|

« センバツ・開会式入場行進曲が「TOKIO」の「宙船」に内定 | トップページ | ハケンの品格・第1話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/13428017

この記事へのトラックバック一覧です: 米Appleが「iPhone」を発表:

« センバツ・開会式入場行進曲が「TOKIO」の「宙船」に内定 | トップページ | ハケンの品格・第1話 »