« 2006年秋ドラマ批評ランキング | トップページ | 2006年ドラマ年間批評ランキング »

2006.12.30

2006年秋ドラマ視聴率ランキング

2006年秋ドラマの、平均視聴率ランキングを発表します!

※計算対象:21:00~24:00の時間枠で放映される民放の連続ドラマ。
  ただし、2クールにまたがるドラマ、シリーズものの常連ドラマは、一部対象外。
  平均視聴率は、加重平均ではなく単純平均(全視聴率の和÷放送回数)。

○関連記事「2006年秋ドラマ・レビュー方針」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/10/post_8a25.html

順位 タイトル 平均視聴率/放送回数 最終話 前回比
1位 Dr.コトー診療所2006 22.12 /11 25.9 2.8
2位 のだめカンタービレ 18.79 /11 21.7 3
3位 14才の母 18.55 /11 22.4 1.2
4位 僕の歩く道 18.24 /11 20.5 0.3
5位 セーラー服と機関銃 13.27 /7 13.0 1
6位 家族~妻の不在・夫の存在~ 11.85 /8 12.2 1.6
7位 たったひとつの恋 11.61 /10 12.6 -0.5
8位 役者魂! 9.63 /11 8.0 -0.7
9位 鉄板少女アカネ!! 8.72 /9 9.5 1.4
10位 嫌われ松子の一生 8.19 /11 8.2 2.2
11位 だめんず・うぉ~か~ 8.07 /8 7.0 -0.1
12位 アンナさんのおまめ 7.19 /10 7.9 0.7

○参考:ドラマ視聴率表(本館「adsTV-web」該当コーナーより)
http://homepage1.nifty.com/sodey/adstv/orange/drama/rating.htm
(全ドラマ全放送回の経緯が見られます)
○関連記事:「2006年秋ドラマ批評ランキング」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/12/post_9424.html

ここでも関連記事が探せるかもしれません

○2006年秋ドラマを視聴率で語ります
・「Dr.コトー診療所2006」がダントツの首位! このシリーズは相変わらず強いですね。今回タイトルに「2006」が添えられたということは、今後も「200x」と添えられた続編は必ずありそう。私はそれに注目しているのかどうか?
・2位以降の「のだめカンタービレ」と「14才の母」と「僕の歩く道」がほぼ同じ。「のだめ」は最終話での初20%超えとその上昇率が功を奏したようです。「14才の母」は釣られ数字でしょう。「僕の歩く道」はもっと行けたと思ったけど?
・「セーラー服と機関銃」と「家族~妻の不在・夫の存在~」は、話数が少なくも中位で逃げ切りました。「たったひとつの恋」も追従したけど、“たった一歩及ばず”で逆に最終話で下がって7位に。今クールの10%台完結ドラマはここまで。
・「役者魂!」と「鉄板少女アカネ!!」は、“!”マークがありつつも勢いは無し。それらと共に、「嫌われ松子の一生」と「だめんず・うぉ~か~」は僅差で明暗が分かれ、「アンナさんのおまめ」が最下位に。良く見たら、原作ありの作品が下位を占めていますね。もはや頼れる所は無いんでしょうか? っていうか、オリジナル作品をもっと多く見たい!

※皆さんはこのランキングに納得? 不満? 安定?

|

« 2006年秋ドラマ批評ランキング | トップページ | 2006年ドラマ年間批評ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/13257487

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年秋ドラマ視聴率ランキング:

« 2006年秋ドラマ批評ランキング | トップページ | 2006年ドラマ年間批評ランキング »