« 14才の母・第10話 | トップページ | たったひとつの恋・第10話(最終話) »

2006.12.17

嫌われ松子の一生・第10話

松子の不幸は毎回のように描かれているけど、“嫌われ松子”と呼ばれる理由はまだ明かされていません。多くの男性を魅了してきた松子が何故嫌われれることになるのか? 実はそれが当初からずっと気になっています・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「嫌われ松子の一生」
第10話「すべて炎の中に…」

松子(内山理名)は洋一(要潤)の子供を身ごもっていた。一方、洋一は松子に内証で、松子の“転落人生”の発端となった教諭時代の元校長・田所(佐藤B作)を殺害し、刑務所へ送られる。後日、洋一の入所を知った松子は、子供と一緒に洋一の出所を待とうと決意。その直後、松子は不注意で歩道橋から転落してしまう。

洋一の子供を身ごもっていた松子は、ある日自宅へ訪ねてきためぐみ(小池栄子)から洋一が殺人容疑で逮捕されたことを聞いて驚きました。二人で拘置所へ行って洋一と面会すると、彼は松子と縁を切るために田所の殺害を考えたという・・・。また松子は妊娠の事実を伝えると、彼は父親にはなれないと言うだけ・・・。それ以来洋一は松子との面会を避けるようになったけど、ある日田所の遺族で孫の志津子(橘実里)が訪れ、親代わりとなって育ててくれた尊敬する祖父の殺害理由を問われると、彼はかつて田所が松子を襲った事実をそのまま伝え困惑させました。その洋一に懲役16年の判決が下される中、毎日のように思い悩みながら彼の出所を待ち続けた松子は、ある日階段から転落して流産してしまいました。もはや最後の望みも絶たれ・・・。

松子は故郷である福岡県の大野島へ訪れると、そこで弟の紀夫(尾上松也)の娘・明日香と偶然出会い、妹・久美(渡辺夏菜)の死と母・チヨ(根岸季衣)がまだ元気でいることを知りました。また北海道にも訪れて赤木(北村一輝)に会いに行くと、彼はもうそこにはいなく九州で神父になったことを知りました。松子はすぐに電話を掛けると、赤木は既に別人になっていて再会の意思も既に無く、彼女は彼へ最後のメッセージを伝えました。そしてある日、川原で子供たちと遊んでいた松子は、その中の寂しそうな子供の面倒を見ていた矢先に誘拐犯扱いされて警察へ連行されてしまったけど、いつも子供たちと遊んでくれていたのを見ていた日ノ出教会のシスター・楠木(リリィ)に助けられ、彼女の誘いで教会の家庭学校で働くように奨められました。自分の居場所を見つけられたことに喜び過ごしていた松子だったけど、ある日その家庭学校が火事で炎上してしまい、松子はまたも絶望感を味わうことに・・・。

松子の流産は辛かったですね。確かに階段から勢い良く転落していたけど、たったそれだけで望みが失われるなんて。また、せっかく新たな居場所を見つけたというのに、そこも火事で失われるなんて。松子はどこまで不幸なんでしょう? 一方現代では、明日香(鈴木えみ)が妊娠した事実を父親である笙(小柳友)になかなか伝えられずにいました。松子のように不慮の事故で、いや中絶なんて考えなければ良いけど? また、松子殺しの新たな容疑者も浮上し、警察がまた本格的に動き出しました。洋一でもない、めぐみでもない、その容疑者とは誰なのか? 期待と不安が膨らむ中、いよいよ次回は最終話。ついに全てが明らかに!

○関連記事「嫌われ松子の一生・第1話」
○関連記事「嫌われ松子の一生・第2話」
○関連記事「嫌われ松子の一生・第3話」
○関連記事「嫌われ松子の一生・第4話」
○関連記事「嫌われ松子の一生・第5話」
○関連記事「嫌われ松子の一生・第6話」
○関連記事「嫌われ松子の一生・第7話」
○関連記事「嫌われ松子の一生・第8話」
○関連記事「嫌われ松子の一生・第9話」

「嫌われ松子の一生(上)」 「嫌われ松子の一生(下)」
原作小説「嫌われ松子の一生(上)」/「嫌われ松子の一生(下)」(山田宗樹)

「嫌われ松子の一生(愛蔵版)」 「嫌われ松子の一生(通常版)」
映画「嫌われ松子の一生(愛蔵版)/(通常版)」

「嫌われ松子の一生」オフィシャル・ブック 「嫌われ松子の一年」
書籍「嫌われ松子の一生」オフィシャル・ブック/「嫌われ松子の一年」

|

« 14才の母・第10話 | トップページ | たったひとつの恋・第10話(最終話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/13083061

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生・第10話:

» 『嫌われ松子の一生』 第10話 「すべて炎の中に…」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
改めて思うが、松子の純愛話にしか見えてない。 あれで40歳って・・無理ない? [続きを読む]

受信: 2006.12.17 10時50分

» 嫌われ松子の一生第十話 [LOVELY TELLY*TVな毎日]
第十章「すべて炎の中に…」 先週書いたように、やはりテレビ版松子の最大の不幸は、龍という人間に出会った事だった。そしてその龍の戸惑いも今回ちょっと描かれていたね(笑)。校長の孫の話含めかなり雑な感じがしたけど、スルーでなくて良かった。 しかし龍にあれだけ言... [続きを読む]

受信: 2006.12.17 19時38分

» 「嫌われ松子の一生」の話10 [のらさんのうだうだ日和]
「嫌われ松子の一生」 ◆公式頁◆ 第十章・「すべて炎の中に…」(視聴率5.9%、平均視聴率8.19%)川尻松子(内山理名)「私、洋くんの子供妊娠してるの!」龍洋一(要潤)は、松子が中学校の教師だった頃の元教え子。松子の転落人生の元凶で、かつて松子を暴行した元中学校校長の田所(佐藤B作)を殺害し逮捕される。一人残された松子は洋一の子供を妊娠、産むことを決意する。洋一はヤクザで厚生省の犬でシャブ中で、松... [続きを読む]

受信: 2006.12.19 16時49分

» 嫌われ松子の一生 第10話 すべて炎の中に・・・ [●○海老太郎のアナーキー日記○●]
第10話 すべて炎の中に・・・ ■あらすじ 松子は洋一との子を妊娠したころ、 洋一は田所を銃撃し殺害、逮捕されてしまった。 めぐみとともに洋一のいる拘置所に面会に行った松子。 洋一は松子と縁を切るために田所を殺したと話す。 松子は妊娠を告白すると、彼は父親にはなれないと断言する。 それ以来、洋一は松子の面会には一切応じなかった。 そんなある日、洋一に田所志津子という女性が面会にやってくる。 その女性は洋一が殺し�... [続きを読む]

受信: 2006.12.20 06時18分

» ★「嫌われ松子の一生」・・第10回 [スナフキン・レポート♪]
「嫌われ松子の一生」第10回 秋ドラマも、いよいよ大詰め・・「嫌われ松子・・」も後一回。 あらすじは・・・公式で・・こちら ドラマの大筋から、逸れますが、スナ♪的に・・ここがどうしてもシーンは校長の孫が、洋一が黙秘を続けているからと面会に来て 「私には、どうして祖父があんな酷い目に  遭わなければいけないのか  どうしてもわからないのです」 って言う部分・・あれがダメ! 「松子の為に殺したんだ、  松... [続きを読む]

受信: 2006.12.20 07時43分

» ドラマ 嫌われ松子の一生 10話レビュー [ぽぽらすCafe*]
相変わらずの松子、またまた警察のお世話になっちゃうしトホホ・・・。そしてオマケに、先日このドラマについて夜中まで語り合っちゃった友達と私(笑)最終回に向けて、二人の視聴率だけは120%です(爆) [続きを読む]

受信: 2006.12.20 08時47分

» 『嫌われ松子の一生』 第10章 「すべて炎の中に…」 [老舗ワタクシ本舗]
松子(内山理名)が洋一(要潤)の子を身ごもったと知った頃、 洋一は田所(佐藤B作)を殺害し再び捕まってしまった。 めぐみ(小池栄子)と一緒に洋一のいる拘置所に面会に行った松子は、 洋一から松子と縁を切るために田所を殺したと告げられる。 松子が妊娠を報告すると、父親にはなれないときっぱり言われ、 それきり、洋一は二度と松子との面会に応じることはなかった。   ある日、洋一のもとへ田所志津子(橘実里)という女性が面会に来た。 洋一が殺し�... [続きを読む]

受信: 2006.12.20 10時05分

» 嫌われ松子の一生 第十章「すべて炎の中に…」 [TV雑記]
洋一が一人の男の命を消した頃、松子に新しい命が誕生していました。 [続きを読む]

受信: 2006.12.20 12時00分

» 嫌われ松子の一生〜第10話・龍洋一後編、そして神も仏もない! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
嫌われ松子の一生ですが、ラスト前ということで、佳境を迎えるわけですが、何か重いですね。私はこれはフィクションなんだと割り切り、川尻松子(内山理名)に感情移入しないように見ていますが、やっぱり最後の方は重いです。 もう松子をこれ以上不幸にせず、そっとしておいてあげられないものかと思いますが、今回もまた不幸のオンパレードなわけです。(嫌われ松子の一生、第10話、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2006.12.20 14時34分

» 嫌われ松子の一生 第10話:すべて炎の中に… [あるがまま・・・]
オーw( ̄Д ̄*)マイ(* ̄Д ̄)∂ガット!! 今週も、とことんツイてない松子… 洋くんの子供を妊娠したと大喜びの松子でしたが、洋くん逮捕の記事を見てショ〜ック! {/face_z/} てか、妊娠がわかった途端に大量のベビー用品を買い捲ってるだなんて。 いくら何でもベビーベッドは早過ぎっ!{/face_ase2/} 松子って、結構いい暮らししてるけど、あんま働いてなさそうなのが不思議〜(笑) え〜�... [続きを読む]

受信: 2006.12.20 15時59分

» 嫌われ松子の一生 第十章 ◎感想◎ [切なさはモノローグ]
松子(内山理名)の流産や幼児誘拐容疑での取調べなどがあったものの、全体的には淡々と穏やかに、松子が荒川近くのアパートに住むに至るまでが描かれた回でした。 [続きを読む]

受信: 2006.12.20 22時29分

» 「嫌われ松子の一生」第10回 [気ままにいきましょう!]
『すべて炎の中に…』 [続きを読む]

受信: 2006.12.20 23時38分

« 14才の母・第10話 | トップページ | たったひとつの恋・第10話(最終話) »