« 14才の母・第4話 | トップページ | 「Internet Explorer 7」の日本語正式版がリリース »

2006.11.04

嫌われ松子の一生・第4話

前回第3話終了の時点で「レビュー継続」を決意した私。主人公の松子に比べたら大した決意ではないけど、結果的にはレビューを継続して良かったと思っています。「注目できるようになった」という意味でね・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「嫌われ松子の一生」
第4話「私が殺人犯になった理由」

松子(内山理名)は赤木(北村一輝)がマネジャーを務める風俗店で働き始めた。松子はスミ子(鈴木蘭々)の指導の下、3カ月でナンバーワンに。そんな中、赤木がオーナーと対立して解雇され、続いてスミ子も店を辞めてしまう。店での居場所を失った松子は、ヤクザ者の小野寺(吹越満)に「オレと組まねぇか」と誘われる。

松子は岡野(谷原章介)と別れて自殺を図ったけど死にきれず、ソープランド「白夜」でソープ嬢になることを決意しました。マネージャー・赤木から“特訓”を受け、先輩ソープ嬢“綾乃”ことスミ子(鈴木蘭々)から“雪乃”という源氏名を受け、ひたすら仕事に励んだ結果3ヶ月後にはNo.1の座に。赤木から特別手当ももらって、松子は喜びの毎日を過ごしていました。しかしその後、店の経営方針が変わり、オーナーと対立した赤木が解雇され、スミ子も交際中だった従業員の浅野(坂本爽)と店を辞め故郷の諏訪へ帰ったことで、事態が急変しました。松子は赤木を追わず悩んでいたけど、客の小野寺から仕事を持ち掛けられて「白夜」を辞めることに。そして彼女は、仕事場として中州でない他の土地を希望し、滋賀県の雄琴へ向かいました。松子を誘えた小野寺は、薄っすらと笑みを浮かべていて・・・。

雄琴では松子と小野寺が仕事で大金を稼ぎ、疲労のピークに達していた松子は小野寺から覚せい剤を打たれながらも頑張っていました。そんな中、松子は赤木から電話を受け、スミ子が諏訪でシャブ中の浅野に刺殺されたことを知りました。驚きのあまり涙を流して愕然とした松子は、やがて小野寺に「小料理屋を開こう」と持ち掛け通帳を見せてもらうと、今度は稼いだ大金がほとんど無いことで驚きました。そして、小野寺がギャンブル等に使い込んでいたことを知ると、松子は包丁を持って彼を脅し、取っ組み合いで倒れた小野寺の背中を一刺し。返り血を浴びた松子は、全国に指名手配されることに・・・。

これが、今回のサブタイトルになった「私(松子)が殺人犯になった理由」でした。情状酌量の余地はあれど、「殺人」は重い罪であり・・・。ただ、一度別れた赤木とまだつながっていて、しばらく逃亡生活を共にするようですね。一方現代では、明日香(鈴木えみ)と笙(小柳友)がめぐみ(小池栄子)から「松子とは殺害日前日に偶然会った」と聞かされ、さらに「塀の中(刑務所)で知り合った」とも聞かされました。つまり、逃亡した松子はいずれ捕まったということか・・・。また、松子殺害の容疑者として連行された洋一(要潤)だけど、取り調べの際に当時の松子を見掛けていた事実が発覚しました。その彼は、今でこそ浮浪者のような格好をしているけど当時はヤクザで、かつて自分の担任だった松子の人生を密かに心配していました。その後また何かで関わったようですが・・・。

○関連記事「嫌われ松子の一生・第1話」
○関連記事「嫌われ松子の一生・第2話」
○関連記事「嫌われ松子の一生・第3話」

「嫌われ松子の一生(上)」 「嫌われ松子の一生(下)」
原作小説「嫌われ松子の一生(上)」/「嫌われ松子の一生(下)」(山田宗樹)

「嫌われ松子の一生(愛蔵版)」 「嫌われ松子の一生(通常版)」
映画「嫌われ松子の一生(愛蔵版)/(通常版)」

「嫌われ松子の一生」オフィシャル・ブック 「嫌われ松子の一年」
書籍「嫌われ松子の一生」オフィシャル・ブック/「嫌われ松子の一年」

|

« 14才の母・第4話 | トップページ | 「Internet Explorer 7」の日本語正式版がリリース »

コメント

ads(あず)さんこんばんは。

なんだかどんどんおもしろくなってきちゃったんですけど、私…。この人なんなんだろう、って。明日香視線というのか、どうしてこう選択の余地があるときにダメなほうダメなほう選んでしまうの?みたいな感じがします。

それから我々視聴者から見てかなり信頼できると思われる赤木の誘いには乗らず小野寺の誘いに乗ったのはなぜか、というのも不思議!本人に誘われてあとで「あんたのせいよ!」って言えなかったからでしょうか…。

投稿: ruko | 2006.11.05 01時39分

とうとう、落ちるとこまで落ちてしまった松子。
「薬に溺れた水商売女が情夫を殺害!」
もし、新聞に載るとしたらこのような見出しが紙面を飾るのかな。
事件の真相を知らない人から見ると、
とんでもない極悪女ですよね~( ̄∇ ̄;)
ほんとは色んな事情が重なっての不幸な出来事なのに・・・
でも、人生の歯車ってこんなもんなのかな???

投稿: まこ | 2006.11.05 11時46分

あずさん、こんバウアー(笑)
rukoさん、「14才の母」ではご賛同いただき(ちと違う?)あずさんに引かれてしまった私にはとっても心強いお言葉でしたわ(/_;)アズサンナンテ(笑)
>なんだかどんどんおもしろくなってきちゃったんですけど…
逆に2話以降可哀想な方向へ進むのかと思いきや!ですからねぇ。
何が面白かったって、聖徳太子の「ニヤ~」また「ニヤ~」ヾ(≧▽≦)ノそこかよ!

通帳、いつでも見られるとこにあるじゃないのよ。何が3000万はあるはずだ?
これが元教師って、どうなっちゃってんの?おバカになっちゃってヾ(゚∇゚*)オイオイ
ヘロイン…ちゃうちゃう(笑)薬もやっちゃってたのね~W(゚O゚)Wマイガー!で、あ~ぁ刺しちゃった。足に刺さったのも痛そうだったけど、早く楽になれて良かったねヾ(゚∇゚*)オイオイ
そんでもって殺害後に牛乳かぃ?もうイカレてたね。
確か松子のあの包丁の持ち方での刺し方?あれは普通に刺すより罪が重いと聞いた憶えがあるんですけど。
だからまこさんの「とんでもない極悪女」にも繋がっちゃうのかなぁなんて(^_^;)
あぁ、こんな歯車イヤだー(ノ゚ο゚)ノ
しかし初っ端から赤木の「イッちゃった」は何だかなぁだったわよ~。
ドラマ的にも、北村的にも…(笑)

投稿: マナ | 2006.11.06 00時27分

>rukoさん

「なんだかどんどんおもしろくなってきちゃったんですけど」というのは同感です。それが「結果的にはレビューを継続して良かった」と書いたことにつながるんですけどね。松子が赤木より小野寺を信頼したのは、僅かな時間差攻撃があったのも関係するけど、やっぱり不思議さは感じますね。でもまだ赤木とつながっているようで、また関係を取り持つことでしょう!

>まこさん

新聞の見出しまでは考えていなかったです。そうか、そんな風に書かれるんだろうなあ・・・。そんな記事を実際に見たら、私も「この女(アマ)!」としか思えないだろうけどね。実際は「やむを得ず」という状況もあるけど、でも「殺し」は良くない! 指名手配になった松子を応援するか否かで悩ませるところです(苦笑)。そうだなあ、「人生の歯車」ってそんなもんかなあ~。

>マナさん

いきなりテンション高いなバウアー(ヤケクソ)。rukoさんのフォローに感激されたようで良かったですね。私は「コメントがすご過ぎて太刀打ちできず」だったけど。だってテンション高いしよー(ゴメン)。そのrukoさんも、ついにレビューを辞退されたようで残念ですが・・・。聖徳太子の「ニヤリ」には私もニヤリ。通帳は案外見つかりやすい場所にあってガックリ。そして最後は背後からグッサリ。あちゃー。逆持ちの刺し方は罪が重いんですか? まあ確かに残虐なやり口ですよね。以前は背後から“挿された”相手なのに。あの赤木を“特訓”で翻弄させたほどなのに。ああ、エロバウアー(もういっちょヤケクソ)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.11.06 03時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/12545602

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生・第4話:

» 覚せい剤そして…嫌われ松子の一生〈4〉 [new雑記帳2]
ついに「人としてやっちゃイケナイ領域」に足を踏み入れてしまった松子さん(内山理名)。はやっ。でも、ラスト近くの「赤木さん、やっちゃったよ…」とつぶやく松子の表情は今までに見た内山理名の演技の中ではいちばんよかっ... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 01時28分

» 嫌われ松子の一生 第4話「私が殺人犯になった理由」 [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ]
前回岡野との関係が破局になり、自殺まで図ったが「血・・・止まっちゃった・・・」ですべてを吹っ切ったのか? 新しく人生をやり直そうとした松子が選択したした職業は「ソープ嬢」になる事だった! ? 赤木の前で堂々となんのためらいもなく服を脱いでここで働かせてくださ... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 04時49分

» ドラマ『嫌われ松子の一生』第3・4話 [D.D.のたわごと]
嫌われ松子の一生,ドラマ版。なかなかよかですね〜。 そういえば,私,6月にこの作品の「勝手に配役」していたんですけど,そのとき龍洋一役に要潤さんを指命してました。ズバリ賞! [続きを読む]

受信: 2006.11.05 06時55分

» 「嫌われ松子の一生」第4回 [気ままにいきましょう!]
『私が殺人犯になった理由』 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 09時57分

» 嫌われ松子の一生 第4話:私が殺人犯になった理由 [あるがまま・・・]
う〜ウォンテッド! 逮捕なのだぁ〜( `▽´)-○-----○ 騙す男が悪いのか?騙される松子がアホなのか?いよぉ〜ベベンベン{/onpu/} しかし小野寺めぇ〜〜〜!{/hiyo_ang1/}松子の貯金、小野寺が無駄使いしなきゃ かなりの金額貯まってたんでしょうにねぇ・・・ 結局、小野寺と組んでから、な〜んも良い事無かったじゃん! 馬車馬のように働かされ、薬漬けにされ、挙句裏切られ・・・確か原作では 小野寺の野郎ってば、�... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 10時21分

» 嫌われ松子の一生 第4話 [まいにちおきらく!]
今回の松子の壊れっぷりはさすがの演技でした。 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 10時31分

» 嫌われ松子の一生 第4話 [ライフ・イズ・ビューティフル]
『白夜』で働く松子は、 とても活き活きしていたように見えた。 たぶんそこに彼女の居場所が出来たのでしょうね。 またスミ子姉さんや赤木がいい人であったと言うのも大きいでしょうね。 こじんまりとしたアパートから一変して、 高級マンションに住居を移した松子のその時は..... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 11時06分

» 嫌われ松子の一生〜第4話・ソープ嬢編、そして殺人へ! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
嫌われ松子の一生ですが、面白くなっています。松子(内山理名)は、不倫が終わり、自殺未遂の末、自らソープ嬢の道を選ぶわけですが、自分から選んだので暗さも無く、むしろ明るく楽しく風俗の仕事をやっているわけです。 良い上司(北村一輝)や良い先輩(鈴木蘭々)にも恵まれ、むしろ女教師時代よりも幸せなんじゃないかと思うくらいです。(嫌われ松子の一生、第4話感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 15時42分

» 嫌われ松子の一生 第四章 ◎感想◎ [切なさはモノローグ]
中盤、小野寺(吹越満)登場のあたりから一気にエグくなりましたねえ・・・。 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 18時15分

» 『嫌われ松子の一生』 第4回「私が殺人犯になった理由」 感想? [つれづれなる・・・日記?]
まぁ、タイトルどおりの展開でした(爆) こういう表現はちょっと違うとおもいつつ、えらくあっさりやったなぁ。 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 20時06分

» 嫌われ松子の一生 第4話 [なるようになる!]
・松子っておバカだけど、爛漫で素直で、なんだかんだ言ってカワイイ女性だなーっと思います。だから何人もの男が松子に惹かれるのでしょうね ・そして不幸になるの(笑) ・姐さん(鈴木蘭々)、ホントに何歳ですか?! ・小池栄子、さすがに特殊メイクしなさ過ぎじゃないですか!?(^^;) ・赤木さんが北海道に行くときについてけばよかったのに! ・わー、なんか松子の顔が悪女っぽくなってきたよ…。赤木からの電話で真っ当な生き方に戻ろうとするが、殺人。 ・刑務所に入るまでにも色々ありそうな次回予告でしたね... [続きを読む]

受信: 2006.11.06 11時27分

» 嫌われ松子の一生第四話 [LOVELY TELLY*TVな毎日]
第四章「私が殺人犯になった理由」 先週のラストでもう仕事してるようだったので、どうなっちゃったかと思ったら、今回はその少し前まで戻ってのスタート。こういう仕事したことないのに、ビビる事もなく、あくまでも無邪気なのがかわいい。でも逆にコワイ(笑)。まぁ悲惨さが... [続きを読む]

受信: 2006.11.06 14時20分

» ドラマ『嫌われ松子の一生』 #4 [Cold in Summer]
見ると得する『CMサイト』 ◇ドラマ『嫌われ松子の一生』 #4  ◇木曜 22:00 『嫌われ松子の一生』 10.12〜 出演 内山理奈 要潤 ◇#4 あらすじ ソープ嬢として赤木(北村一樹)のもとで働く松子。 そのご赤木が店を辞める....... [続きを読む]

受信: 2006.11.07 15時02分

« 14才の母・第4話 | トップページ | 「Internet Explorer 7」の日本語正式版がリリース »