« 僕の歩く道・第8話 | トップページ | DELLの新パソコン「Dimension 9200」が到着 »

2006.11.30

14才の母・第8話

このドラマはストーリーであれこれ考えるよりも、視聴者へ問題提起をしているかのようなサブタイトルであれこれ考えた方が、現実としっかり向き合って語れるから良いとも思っています。たまにはそんな議論も長い時間を掛けてしてみたい・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「14才の母」
第8話「二つの命…どちらを選ぶ?」

腹痛で倒れた未希(志田未来)が入院する。加奈子(田中美佐子)は、医師の的場(高畑淳子)から14歳での出産の過酷さを改めて聞き、未希に出産させるべきか悩む。一方、忠彦(生瀬勝久)は、未希の状態を報告するため、静香(室井滋)とともに姿を消した智志(三浦春馬)の行方を捜す。忠彦は妊娠を記事にした記者・波多野(北村一輝)を訪ねる。

未希は腹痛で倒れて病院に運ばれ、そこで妊婦・あゆみ(戸田菜穂)に出会いました。彼女からいろいろな話を聞き、未希はいろいろと痛感していた模様。そんな中、忠彦と加奈子(田中美佐子)は静香の会社が倒産することを新聞で知って驚き、その静香も突然の事態に泣きすがるだけ。そして智志は、メモを残して彼女から離れてしまいました。そうしたこともあり、出産がさらに近付いたある日。未希は再び外出先で倒れてしまい、彼女を密かに追っていた波多野が慌てて駆け寄り声を掛けました。未希にとって恩人の彼が、実は以前自分のことをネタにした記者だと知ったら・・・。また、波多野にとってネタの張本人である彼女が、この先も苦しむ姿を目の前で見たとしたら・・・。

序盤で未希が腹痛で倒れて始まり、中盤であゆみが腹痛に襲われ、終盤で未希が再び腹痛で倒れて終わるという、腹痛ばかりの回でした。特にあゆみこと戸田菜穂さんの演技は、見ていて何とも痛々しく・・・。未希は家族にも学校の人たちにも理解されたようで、皆で記念撮影もして笑い合っていたけど、私は笑えませんね。智志のように、メモを残してそう訴えたいけど・・・。このドラマは、あらぬ方向へ向かっているようです。ハッピーエンドを迎えても、本当にハッピーなのは一時期だけかもしれないよ?

ところで、ミスチルの主題歌「しるし」の使い方だけど、こちらは段々と良くなってきているではないですか!(笑) 今回はラストシーンでサビの最後まで流れ、一旦途切れたそのすぐ後、次回予告へ突入すると同時に感動のラストサビが! 良いぞ~、見事だぞ~、文句は確かに無いぞ~。ストーリーについてはいまだに文句が絶えないけど~(苦笑)。

○関連記事「14才の母・第1話」
○関連記事「14才の母・第2話」
○関連記事「14才の母・第3話」
○関連記事「14才の母・第4話」
○関連記事「14才の母・第5話」
○関連記事「14才の母・第6話」
○関連記事「14才の母・第7話」
○関連記事『ミスチル・ドラマ「14才の母」の主題歌が新曲「しるし」に決定』
○関連記事『ミスチル・シングル「しるし」の発売決定』
○関連記事『ミスチル・Mステで「しるし」披露』
○関連記事『ミスチル・HEY!×3で「しるし」披露』
○関連記事『ミスチル・シングル「しるし」全曲感想』
○関連記事『ミスチル・Mステで「しるし」披露・2』

「しるし」
主題歌「しるし」(Mr.Children)

「14才の母」オリジナル・サウンドトラック
「14才の母」オリジナル・サウンドトラック

|

« 僕の歩く道・第8話 | トップページ | DELLの新パソコン「Dimension 9200」が到着 »

コメント

・・・・・・・♪ダ~リン、ダ~リンにしびれましたね。
キッドはもはや敵なしの状態に剣をおさめた気分です。
ところで、のだめ7記事音楽部門一位獲得おめでとうございます。
なるほど、そういうシステムなのですね。
キッドも自分の記事が映画テレビ部門でランクインしていてびっくりしました。
ちなみに今夜はNHK総合で夜10時からキャンディーズ特集。
タイムリーさに爆笑です。
キッドは今後の展開のためにチェックしておきます~。

投稿: キッド | 2006.12.04 08時21分

ads(あず)さん、こんばんは!
そういえば、バックの画像が変わってたんですよねえ。
これって何の画像なんですか?

で、ドラマの方は、
>サブタイトルであれこれ考えた方が、現実としっかり向き合って
語れるから良いとも思っています
確かにね~~。そうかもですね。ストーリー展開そのものは、
もう、真面目に語るのはあほらしい気もします。もうそういうレベルじゃ
ないですもんね。でも確かにサブタイトルは、それなりにインパクト
ありますもんね。

>ところで、ミスチルの主題歌「しるし」の使い方だけど、こちらは段々と
良くなってきているではないですか!(笑)
出ましたね~。このドラマ感想のオチはやっぱりこれでこそよ!あずさん!(笑)
まあでも、今までいろいろなドラマ見てきたけど、主題歌の使い方を
これだけ毎回凝ったことしてるのは、このドラマが一番だと思いますね。
そんなふうに、いろんなバリエーション作れるのも、楽曲そのものが
いいから ってのが一番なんでしょうけど、ここまでやってもらえたら、
ミスチルもほんと、この番組に足を向けて寝れないと思いますよ(笑)

では、またよろしくです~!

投稿: まりりん | 2006.12.05 00時48分

寒い~夜だから~のだめでホッコリ~♪

のだめからスマスマに流れ・・・・のだめと千秋様を堪能しました♪
あっ。。。記事が違うってば(汗)

14才の母!ミスチルいいぞー!
この歌は、トゥモローネバーノウ←英語書けない(汗)
の次に好き♪ストーリーは、もうどうなっちゃうのでしょうか?
周りが殺気だっているので、コワイですぅ。。。
ドラマブロガーさん達を集めて会議したら面白そう♪
次週は出産?産む?産める?どうなる?オギャー?ひゃー。
では、おやすみなさいzzz

投稿: アンナ | 2006.12.05 01時26分

adsさん、こんにちは~。やっとトラバが入りました(^^ゞ
ココログさん、大メンテだったんですねー。
昨日の9話ではウラでミスチルさんが歌っていたとか?
またadsさんの感想などお聞きしたいものです♪
私のほうは何とか9話の記事は書きましたが
感想にもならない感想で、どんどん遠い目に…(^^;)

投稿: ミマム | 2006.12.07 21時31分

>キッドさん

もう「しるし」しか見えない、なんてね(笑)。「のだめ」記事トップの件、ありがとうございます! 全てはP様(キッドさん)のきっかけのおかげ。そして“皆さん”のおかげというわけでね。それから! 私もNHKのキャンディーズ特集を知って、「何てタイムリーなんだろう」と笑いながら録画してじっくり見ましたよ!(笑)

>まりりんさん

ほんとにね、blog仲間とサブタイトルで議論したいものです。その意味と、その使われ方と(笑)。ストーリーの展開とは裏腹に、使い方が向上している「しるし」。それもまた妙ではあるけど、こうして盛り上げる動きには最近になってようやく納得。でも、展開にはやっぱり納得できないでいます。あっちは何だかね~?

>アンナさん

「ホッコリ」という言葉をたまに目にするけど、一度自然に使ってみたいものですね。そのうちホッコリ使うかもしれません(意味違えよ~)。「トゥモネバ」は「Tomorrow never knows」が正しい表記だけど、私もかなり好きな曲です。それが主題歌となったドラマ「若者のすべて」が懐かしい~。ストーリーについてblog談義が行われたら、そりゃあもうすごいことになるでしょうね。「しるし」は良いとされ(勝手に)、内容は「ひはん」ばかりだろうに・・・。

>ミマムさん

ココログの大規模メンテのせいでご迷惑をお掛けしました。関連記事も書いたけど、歴史に残る大失敗だったようで・・・(苦笑)。さて、第9話のレビューも近日中に公開するけど、今回はミスチル要素がぶつかるという事件(大げさ?)がありました。それについてもしっかり触れるので(触れずにいられない!)、どうぞお楽しみに! ストーリーの感想の方は、正直しっかり触れたくありません(笑)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.12.08 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/12875172

この記事へのトラックバック一覧です: 14才の母・第8話:

» 「元気にしてるか・・・元気かぁ」と志田未来は言った。 [キッドのブログinココログ]
「俺、ちゃんとするから、すぐには無理だから、いつか、ちゃんとするから」と志田未来 [続きを読む]

受信: 2006.12.04 08時13分

» 14才の母:第8話 [日常の穴]
もしものとき、未希と赤ん坊のどちらの命を優先するのか。 加奈子はもちろん我が子・未希の命を守りたい。 未希は「選べない」という。 自分を犠牲にしてでも子を産みたい。 母性とはそういうものなのだろうか。 私にはわからない。 14才という若さで出産する、しかも赤ん坊の父親はいないという未希の状況で、赤ん坊の命を優先するという選択肢はあり得るのだろうかと疑問に思う。 さんざん産みたいと主張してここまできたのに、赤ん坊だけ残してサヨウナラというのは無責任この上ないのではないかと。 も... [続きを読む]

受信: 2006.12.04 22時28分

» 14才の母 第8回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『二つの命…どちらを選ぶ?』 [続きを読む]

受信: 2006.12.04 22時32分

» ・日テレ「14才の母」第8話感想 [たまちゃんのドラマページ]
2006年11月29日(水)、日本テレビで「14才の母」第8話「二つの命…どちらを選ぶ?」が放送されました。第8話も、簡単感想をアップします!うーん、私の場合は、ぶっちゃけ、感情移入も出来ないまま、ただ、「今後どうなるのかな?」で、見ているだけのドラ....... [続きを読む]

受信: 2006.12.04 22時41分

» 14才の母 【第8話】 二つの命…どちらを選ぶ? [THE有頂天ブログ]
「昔で言うところの夜逃げ」って…。 今は夜逃げって言わないのか?(笑) ■14才の母 「第8話」あらすじ  入院した未希(志田未来)の血圧が高く、母体と胎児の両方に悪影響が及ぶ可能性があると判明。加奈子(田中美佐子)は、万一の場合、未希の命を優先してほしいと春子(高畑淳子)に頼み込む。一方、会社が倒産の危機に陥った静香(室井滋)は、必死に金を工面していた。二カ月が経過し、妊娠八カ月の終盤に入った未希は、春子の許可を得て自宅に戻る。未希の元には、知らせを聞いた香子(山口紗弥加)や恵(北乃... [続きを読む]

受信: 2006.12.04 22時50分

» 14才の母 第8話「二つの命・・どちらを選ぶ?」 [Happy☆Lucky]
第8話「二つの命・・どちらを選ぶ?」 [続きを読む]

受信: 2006.12.04 22時59分

» 『14才の母』 第8回 「二つの命…どちらを選ぶ?」 メモ? [つれづれなる・・・日記?]
どうも、まったり感が強くなってきた気がしないでもないですが・・・。 次回は、ついにメインイベントみたい。 [続きを読む]

受信: 2006.12.04 23時00分

» 「14才の母」第8回 [気ままにいきましょう!]
『二つの命…どちらを選ぶ?』 [続きを読む]

受信: 2006.12.04 23時31分

» 14才の母 第8話  〜志田未来 もうすぐ14才の母〜 [くつろぎ日記]
これがあんたを産んであんたの名前つけて歯を食いしばってあんたを育ててきた人間よ。 [続きを読む]

受信: 2006.12.05 00時04分

» 14才の母 第8話 評価“彼方へ。星3つ” [ハマリもん]
だ~か~ら~、未希はそんな危険な身体なのに、そういう服装はやめなさいってば!! [続きを読む]

受信: 2006.12.05 00時40分

» 14才の母 第8話 『二つの命…どちらを選ぶ?』 [Kのドラマ依存症的ぶろぐ]
 いや〜早い段階でこの展開で次回へという今回でした。 予告で二つの命を強調してたからもっと切り崩す展開になると思いきや、結局は『その決断が出来るかな…』っていう未希の考えられないって気持ち。 お腹の中にはもう一つの命が確かに存在している。とは言っても、....... [続きを読む]

受信: 2006.12.05 00時50分

» 14才の母 8話〜二つの命…どちらを選ぶ?〜 [アンナdiary]
今回は桐ちゃん親子のシーンに泣いてしまったのでした〜〜〜〜(涙)うぇ〜ん!桐ちゃんの「ただ。。。幸せになりたいんだ」のひと言にぐっときちゃいました。そして波多野さん!私はかなり好きです(笑)ホストでも医者でも萌えなかったのに(笑) [続きを読む]

受信: 2006.12.05 01時19分

» 14才の母 〜秤〜 [zenの日記]
前回… 雪の中で倒れた未希… ミ(ノ;_ _)ノ =3 コテッ!! そして夜逃げするきりちゃんたち… エライコッチャの14才の母第8話!! 今までのお話はこんな感じ(^^) 一話14才の母 (;ΦДΦ)マ〜ジ〜デ〜 二話14才の母 妊娠×家族=エライコッチャヽ(´Д`;≡;´Д`)丿エライコッチャ 三話14才の母 やってしまいました(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻ 四話14才の母 もう迷わない(`・ω・´)シャキーン 五話14才の母 バイバイ…(;ω;) 六... [続きを読む]

受信: 2006.12.05 02時53分

» 「14才の母」の話8 [のらさんのうだうだ日和]
「14才の母 愛するために 生まれてきた」 [OFFICIAL SITE] 第八話・「二つの命…どちらを選ぶ?」(視聴率17.3%、平均視聴率17.99%)んっ?あれ?お腹が痛い。まさか、妊娠!?って、んな訳ねーだろ!オラ♂だ!(誰の子だよ!)今流行りのノロウイルスだろうか?(テレビで言っとった!)お腹に来ちゃって大変だったのさ!(今は全快!)的場春子(高畑淳子)「おはよ!」一ノ瀬未希(志田未来)「あっ。」的... [続きを読む]

受信: 2006.12.05 08時37分

» 14才の母 第8話 [塩ひとつまみ]
目線を変えて見ることにしたはずなのに、今回この第8話を見終わって 忘却の彼方に行ってしまったような喪失感に似たこの感情は何なんでしょうか(汗) 未希が14才ではなくて、さらに今までの経緯に共感していれば きっと違った... [続きを読む]

受信: 2006.12.07 21時23分

« 僕の歩く道・第8話 | トップページ | DELLの新パソコン「Dimension 9200」が到着 »