« 僕の歩く道・第4話 | トップページ | 嫌われ松子の一生・第4話 »

2006.11.03

14才の母・第4話

「14歳の少女の妊娠」と「やや強いフィクション色」が重なり合うように見えるせいで、「現実味を帯びているかどうか?」と思ってしまう部分が正直あります。妙な所で思い悩むドラマだなあ・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「14才の母」
第4話「旅立ち私はもう泣かないよ」

周囲に出産を反対されながらも、中絶を拒否する未希。しかし、そんな娘の姿は、母・加奈子(田中美佐子)に、本気で出産に反対する決意をさせる。一方、父・忠彦(生瀬勝久)は娘を妊娠させた智志(三浦春馬)と対面。智志は、未希に堕胎手術をさせると告げる忠彦の涙にショックを受け、ためらいながらも未希と二度と会わないと決意。未希の叔父・マコト(河本準一)に未希への伝言を託し、海外へたとうとする。そんな中、未希の通う聖鈴女学院では親友・恵(北乃きい)が妊娠の事実を暴露し大問題に発展。さらに、この妊娠騒動は、雑誌編集者・波多野(北村一輝)にまで知られてしまう。

未希の妊娠が多方面に知れ渡りました。加奈子は、未希へ「今産むのは無責任」と言って強く反対。忠彦は、智志に会って涙を見せながら説得。その智志の母親・静香(室井滋)は、息子を思って旅行に出掛け留学をも検討。また学校では、「中学生の妊娠」に教師は批判し、クラスメイトは驚くばかり。そして妊娠騒動を知った波多野は、過激な表現を交えたスクープ記事を書いて追従。多種多様でした・・・。

前回も加奈子と静香の「母親の心」が対照的だったけど、今回は接し方が逆になりつつもまた対照的になりました。でも加奈子の言ったことは現実的な話で、14歳の少女が子を産み育てるなんていうのは簡単なことではない、と。学校での反応もまあ考えられる範囲で、そりゃあ驚いて大騒ぎになるわな。智志が旅行前に、マコトへ未希を気遣う伝言を残していったことだけが救いだったかも。あと、スクープを執拗に追うだけに見えた波多野も、一応は未希を気遣う一面もあったんだなあ、と。しかしながら、書くものは書く。それも「現実」ってもんだ。

それで、ミスチルの主題歌「しるし」の使い方、もう毎回文句を言うのが恒例になっているけど、少しだけ我慢してみるか(笑)。前回は序盤のタイトルバックさえ無くなって、ストーリーとは別でショックを受けたけど、今回また復活しちゃったよ、水曜どうでしょう? 中盤でインスト版が流れたり、ラストでまた流れたりしたけど、当然フェードアウトになったわけで。でも今回少しだけ我慢できたのは、途中で入った「Mr.Children・しるし」の主題歌CDのCMを見られたからです!(単純→「simple」っていう曲もあるんだぞ!) ボーカルの桜井さんが椅子に座ったり直立しながらラストサビに合わせて熱唱し、「11/15にリリース」という告知も付きました。それを見ただけで、「14回の喜」になるほど感動できた! そうなんですよ、ラストサビでは移調して、より感動的で素晴らしい世界になるんですよ。そこはいずれストーリー内で上手い具合に使ってほしい!

○関連記事「14才の母・第1話」
○関連記事「14才の母・第2話」
○関連記事「14才の母・第3話」
○関連記事『ミスチル・ドラマ「14才の母」の主題歌が新曲「しるし」に決定』
○関連記事『ミスチル・シングル「しるし」の発売決定』
○関連記事『ミスチル・Mステで「しるし」披露』

「しるし」
主題歌「しるし」(Mr.Children)

「14才の母」オリジナル・サウンドトラック
「14才の母」オリジナル・サウンドトラック

|

« 僕の歩く道・第4話 | トップページ | 嫌われ松子の一生・第4話 »

コメント

今回の加奈子にはスッとしたわぁ。あれが”母親”の像だと共感しましたよ。
あれこそ田中美佐子さんなのよ!演技が光ったシーンだわぁ(^_^;)\('_') ォィォィ...
前回のベッドでのシーン…は私には滑稽と言うかピンと来なかったんだもん。
でも今回未希の「(お腹の子に)会いたいの」の言葉は、未希らしい(14歳の子の)思いが感じられて怒れなかったよσ(^_^;ワタシ
勿論友達の意見の方が当たり前な訳で、現実!産めない前提論なんだからね。
北村ファンな私は、とってもイイ流れで関わってくれると信じてますから(笑)
赤木もイイ人だし♪ヾ(゚∇゚*) オイオイ

「しるし」は有線でかかりまくりだよね~。
イイドラマにはミスチルだ♪(標語じゃないよ)
イイ歌作るよミスチルは♪(鎌倉じゃぁないよ)

投稿: マナ | 2006.11.03 10時37分

加奈子は母親の鏡だねぇ~。
私だったら学校呼び出されたら、ビビリまくりで(子供以下)忠彦みたいにオドオドだろうな…。
目線は親目線なのに、態度は子供以下だなんて、ぶ↓ですね。自分。
静香を責められないわ(汗)
同級生の態度が酷かったですね。名門私立とかだとあんな感じなのかな~?
一緒に思われるのは嫌!みたいな感情ってどうなんだろう!?
結局の所、この問題に正解はないのだと思います。

投稿: めいまま | 2006.11.03 13時34分

>マナさん

加奈子が「ブラザー☆ビート」のママっぽくなってきました!(どういう認識だ?) まああれこそが現実味のある対応なわけで、気持ちは分かるけどまだ無知な未希には良い薬になったみたい。でも、加奈子が望むようにはならないかも・・・。北村さん演じる波多野が「タダの悪いヤツ」でないことが少しだけ分かって良かったです。「嫌われ松子の人生」で演じている赤木にも同じことが言えますね。どちらでも良い感じで主人公に絡んでいます。あっちではマジ絡み。イヤン。よっしゃ、「しるし」最高! 最後の言葉は“マッキー@マイボス”絡みかい?(笑)

>めいままさん


おっしゃる通りで、加奈子は強い女性ですね。思い悩みながらも良く言った! 未希のクラスメイトの反応だけど、微妙な年頃だしやっぱり絶句して批判的になるのが普通じゃないでしょうか。ただ、「一緒に思われるのは嫌」みたいな思いには「そう思ってしまうのが嫌」という印象でしたけどね。この問題に正解は無いでしょう。始まりが既に間違っているので・・・。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.11.05 01時51分

ads(あず)様、こんばんは。
今、中島みゆきの『誕生』を聞いています。
がんばれー。美希。
バカな大人に負けるな。
そんなキッドの心の応援歌ですからぁ。
しるしでなくてごめんなさいですーっ。

投稿: キッド | 2006.11.05 02時43分

ads(あず)さん、こんばんは!

>妙な所で思い悩むドラマだなあ・・・。
ほんとほんと!そこはリアルでお願いします!ってところが
妙にメルヘン入ってて、首をかしげたくなることが増えてきた。

それでは恒例につき、早々とではありますが、参らせて
いただきたいと思います。

>でも今回少しだけ我慢できたのは、途中で入った「Mr.Children・しるし」の主題歌CDのCMを見られたからです!
いやいやいや~~~、あのCM見た時すぐにあずさんの
こと思ったわ~~~(笑)こりゃ、書くな と(超笑)
したらやっぱりでしたか~~~。なんかしかしタイアップの
仕方に微妙なあざとさを感じてしまったけど、でもまあ、
みんなちゃんと聴きたくて聴きたくて状態だから、おお~~!!
て感じでしたよね。しばらくはこのパターンなのかな。
で、終盤くらいから使い方を変えてくるとか じゃないかと
思ってみるのですが、いかがでしょうか。

では、またよろしくです~!

投稿: まりりん | 2006.11.06 00時27分

>キッドさん

おお~、中島みゆきを聴いていましたか! その曲が主題歌だったら、また違った雰囲気を出していたかもしれませんね。「しるし」の方も、どうぞよろしく~(笑)。

>まりりんさん

テーマが重いだけに、現実味に欠ける点が常に気になるけど、注目だけはしたいと思っています。ところで、「しるし」のCMが流れて本当に救われたけど、「こりゃ、書くな」と思ってくれたんだ? サンキュー!(笑) 一応使い方を変えてきてはいるけど、サビの終わりまで流さないのは全く変えない姿勢のようで、「こりゃ、CDセールスのためだな」と睨んでいます。っていうか、そう思うしかない! で、さらなる使い方の変化にも一応期待してみます!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.11.06 02時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/12532668

この記事へのトラックバック一覧です: 14才の母・第4話:

» 14才の母(第4話) [霞の気まぐれ日記]
今回は、子供ができたことが、学校にバレてしまいます。 それにしても、あのミキの友達、ちょっとひどすぎる気がします。。 この間まで、友達だったのに、あの言い方は・・・。 そりゃあ確かに、「ミキはバカだ」と考えるのも尤もかもしれませんが、 「相談にのってあげよう..... [続きを読む]

受信: 2006.11.03 08時43分

» 14才の母 第4回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『旅立ち私はもう泣かないよ』 [続きを読む]

受信: 2006.11.03 09時09分

» 14才の母 第4話:旅立ち私はもう泣かないよ [あるがまま・・・]
会いたいから…ってあーた!ヽ(´Д`;)ノ お母さんも何廊下で一人感動してんだか…{/ase/} お父さんが泣いてくれたって…泣かすような事をしたのは誰なのさ{/face_z/} 前回ラストで病院から逃げ出した未希を探す母。う〜んもぉ!何でドラマの中の 人って、逃げるとわかってる相手を前にして、遠くから声かけるかなぁ・・・ もっと至近距離になって、逃げても捕まえられる距離で名前を呼べっつーの! ほぉら、未�... [続きを読む]

受信: 2006.11.03 10時04分

» 『14才の母』 第4話 「旅立ち 私はもう泣かないよ」 [老舗ワタクシ本舗]
手術の直前産婦人科病院から逃げ出した未希(志田未来)を捜し出した 加奈子(田中美佐子)は出産に絶対反対だと告げる。 出産で直面する厳しい現実を突きつけられた未希は、何も反論できず、 ただ涙を浮かべるばかり。 一方、忠彦(生瀬勝久)に厳しく叱責された智志(三浦春馬)は 罪悪感を抱く中静香(室井滋)から海外への留学を迫られる。 ... [続きを読む]

受信: 2006.11.03 10時55分

» 14才の母 第4話 「約束…私は、もう泣かない」 [テレビお気楽日記]
忠彦(生瀬勝久)に説教される桐ちゃん(三浦春馬)。忠彦の説明で未希(志田未来)は中絶したと聞かされるのでした。その会話の一部始終を波多野(北村一輝)に聞かれてしまう。 [続きを読む]

受信: 2006.11.03 17時49分

» 14才の母 第4話 [まいにちおきらく!]
いやだなー、女子学生。こういうイメージってありますな。いざとなると薄情、みたいな。 [続きを読む]

受信: 2006.11.04 12時53分

» 14才の母 第4話 [【日々の未来】徒然なるままに・・・]
なんか影の主役は田中美佐子のような気も・・・ しかし、あれだけ反対や母体に影響があると言われながら、 「この子に会いたいから」 という理由で産むのはいったい?未希は現実が見えてない。 親友だと思った恵も、簡単に未希の妊娠をバラしちゃうし、現代の子はこう... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 02時14分

» 14才の母 4話〜旅立ち私はもう泣かないよ〜 [アンナdiary]
毎度のことながら1時間があっと言う間で「え!?もう終わり?」みたいな。 それだけ見入っているってことだよね。 冒頭の母・加奈子(田中美佐子)のセリフにしみじみ。 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 02時15分

» 「本気で反対する・・・絶対ダメよ」と志田未来は言われた。 [キッドのブログinココログ]
人と人との欲望がぶつかりあうストーリーに人々が大激論。欲望はエゴイズムに到達し、 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 02時27分

» 14才の母 第4話「旅立ち私もう泣かないよ」 [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ]
先週から展開が急変? いや予想通りに産む事を決意した未希ちゃん。 周りの反対を押し切ってまで産もうと決意した未希ちゃん。 私も人の親としての意見ならば、絶対に14才で産む事は大反対でございます。 未希ちゃんのお母さんの反対意見に賛同です。 14才で子供を産むという... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 04時40分

» 14才の母 第4話 [イチオシ]
お母さん、冷静でしたね。 自分が経験したことを落ち着いて娘に伝えようとする姿はさすがです。口で説明するだけではわからないであろう我が娘を病院の新生児室に連れて行って、生まれたばかりの赤ちゃんを目の前に...... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 07時39分

» 14才の母 【第4話】 旅立ち私はもう泣かないよ [THE有頂天ブログ]
忠彦(生瀬勝久)と智志(三浦春馬)の二人、 土砂降りの雨の中びしょ濡れになってたはずなのに、 喫茶店に入った二人は全然濡れてないんだね〜(笑) 重いドラマで感想が書き辛いので、とりあえず無理矢理ツッコミいれてみたり。 「14才で子供を産むことは、周りの全てを敵に回すこと」 ひたすら「産みたい」を繰り返す娘に、ついに母・加奈子(田中美佐子)が全力で堕ろすように説得にかかる。 それでも出産したがる未希(志田未来)。 桐ちゃんとの関係も深く描かれないまま妊娠という展開... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 08時29分

» 14才の母 第4話「旅立ち わたしはもう泣かないよ」 [Happy☆Lucky]
第4話「旅立ち わたしはもう泣かないよ」 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 09時00分

» 14才の母:第4話 [日常の穴]
さあ、前回から引き続き、手術に同意しない未希。 母・加奈子は、保育室の中の赤ん坊たちを未希に見せながら、育てることの大変さを説く。 しかし未希の心は変わらず、  「いい加減な気持ちじゃない、本気なの」 この発言に・・・お母さん本気モード来たぁぁぁあああああ!! だよなぁ。今までは未希に気を遣って優しく説いてきたのか。納得。 厳しく、きつく接することもまた愛情なり。 しかしそんな説得もむなしく、未希が下した決断は学校を退学して子供を産むこと。 まあドラマ的にはそうならざるを得な... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 09時34分

» ・日テレ「14才の母」第4話 [たまちゃんのドラマページ]
2006年11月1日(水)、日本テレビで「14才の母」第4話「旅立ち私はもう泣かないよ」が放送されました。第4話は、簡単あらすじ&簡単感想をアップします! 時間が無いので、ご了承を♪ ◇加奈子(田中美佐子)は、妊娠中絶手術の直前に逃げ出した未希(志田....... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 09時42分

» 「14才の母」第4回 [気ままにいきましょう!]
『旅立ち私はもう泣かないよ』 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 09時50分

» 14才の母 第4回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『旅立ち私はもう泣かないよ』 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 09時51分

» 14才の母 第4話 [ドラマの話をしてみよう]
ますます子供を産む方向に進んだかぁ・・・。 まぁそういうタイトルですからねぇ。分かっちゃいるんだけど、それだけこのドラマに入ってるということですねぇ(^^ゞ 智志(三浦春馬)と未希(志田未来)の父親(生瀬勝久)の対決がどうなるのかと思ってたんですが、話し合いで済みましたか・・・。 てっきり殴るのかと思ってたんですが、冷静さを取り戻したという感じでしょうか? でも2人の話をを雑誌記者(編集長)の波多野(北村一輝)に思いっきり聞かれてるし・・・( ̄□ ̄;)!! そしてあっさ... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 11時25分

» 14才の母 もう迷わない(`・ω・´)シャキーン [zenの日記]
前回見逃しちゃった管理人… σ(・´ω・`*)ヨワッタ…コマッタ… しかし今回はバッチリです(=ΦωΦ=)キリャーン☆ 前回のラストは やっぱり中絶は嫌と逃げ出した未希… 果たして赤ちゃんを生むのか?? 14才の母第四話!! 今までのお話はこんな感じ(^^) 一話14才の母 (;ΦДΦ)マ〜ジ〜デ〜 二話14才の母 妊娠×家族=エライコッチャヽ(´Д`;≡;´Д`)丿エライコッチャ 三話14才の母 やってしまいました(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻ ... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 13時16分

» 『14才の母』 第4回 「旅立ち私はもう泣かないよ」 感想? [つれづれなる・・・日記?]
まぁ、相変わらずまったりとしてるというか、重いというか。 このドラマだけは軽いノリってのはありえんからな。 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 20時03分

» 14才の母 第4話 [塩ひとつまみ]
今まで未希を傷つけまいとして言わなかったけど、と言いながら 加奈子は未希の出産を初めて全力で反対しましたね。 ようやく言ってくれましたかという感じでスッキリもしましたが 未希の心は産むほうに進んでいってしまいま... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 20時30分

» 『14才の母』4話。 [小さな幸せ 〜Little Happiness〜]
『14才の母』4話観ました〜。 [続きを読む]

受信: 2006.11.05 22時34分

» 14才の母 第4話 評価“スピード落ちて星3.5” [ハマリもん]
今回は、好みで評価は分かれるところでしょうけど、 私はどうも終始ちょっとグダグダした印象だったので、星は3.5 [続きを読む]

受信: 2006.11.06 00時19分

» 「14歳の母」第4話 [doramazuki18~テレビマニア~のブログ]
「14歳の母」第4話を終えて doramazuki18のコメント 第4話終了しました。 未希は結局手術はできないと病院を逃げ出した。 一方お父さんは未希のお腹の中のお父さんである智志と話をしていた そのなかで智志は「逃げてはいけない。でも、何をしたらいいの... [続きを読む]

受信: 2006.11.06 00時31分

» 「14歳の母」第4話(全てを敵に回しても変わらなかった決意) [オールマイティにコメンテート]
1日ドラマ「14歳の母」第4話を視聴した。第4話は手術直前に未希が逃げ出しその後母親に出産する事を反対され、学校では妊娠した事実が発覚して、生徒たちに未希が出産する決意を語るエピソードが描かれていた。... [続きを読む]

受信: 2006.11.06 01時11分

» 「14才の母」第四話 [みょうがの芯]
ついに学校に知られる事となりました。 [続きを読む]

受信: 2006.11.07 00時55分

« 僕の歩く道・第4話 | トップページ | 嫌われ松子の一生・第4話 »