« のだめカンタービレ・第6話 | トップページ | 14才の母・第7話 »

2006.11.23

僕の歩く道・第7話

主人公の輝明は、基本的に自分の信じることを貫き通す男。言い換えれば、「実直」、「真っ直ぐ」、「ストレート」。ただ見方を変えれば、「頑固」、「我が道を行く」、「ゴーイング・マイ・ウェイ」。両者は紙一重のようにも思えます。私はというと、「天秤」、「優柔不断」、「フリースタイル」かも?(苦笑)

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「僕の歩く道」
第7話「はじめての反抗」

輝明(てるあき・草なぎ剛)は都古(みやこ・香里奈)との約束を守り、飼育係の仕事に精を出す。そんな中、塾でカンニングをした幸太郎(須賀健太)が、真樹(森口瑤子)にひどくしかられる。以来、幸太郎は塾をさぼり、動物園で絵を描く仕事を手伝うように。ある日、塾の終了時間に合わせ帰っていた幸太郎が帰宅しない事態が起こる。

輝明は都古からの手紙に書かれていた「動物たちが元気でいられるように、一生懸命お世話をしてください。約束です。」の約束を守り、仕事に専念しました。そして、道路で良く会う亀田(浅野和之)とようやく自己紹介し合って仲良くなれたのに、二人で亀田の店に行く途中で輝明だけある地点で立ち止まってしまいました。また、幸太郎に遊ぼうと誘われた時も同じくある地点で立ち止まりました。彼は自分が決めた道しか進めず、知らない道を進めないという・・・。

そんな中、幸太郎は塾の試験でカンニングをしてしまい、プレッシャーを与えた真樹からこっぴどく叱られることに。その後、幸太郎は塾へ行くフリをして動物園へ行く毎日が続き、ある日夜遅くになっても帰らないことで真樹は心配になり、輝明から日頃動物園に来ていたことを聞いてさらに落ち着かなくなりました。すると秀治(佐々木蔵之介)たちと入れ替わりで幸太郎が帰宅し、眼鏡が壊れていたことで真樹が問いただしたけど、幸太郎は黙ったまま。すると今度は輝明がいなくなり、捜しに出掛けた幸太郎は以前彼が立ち止まった地点で発見しました。実は幸太郎を捜しに出掛けていた輝明。幸太郎は輝明に声を掛けようとすると、彼はそっと前へ進みだしたのでした。一方幸太郎の自宅では、秀治が真樹に幸太郎が絵画教室に通っていた頃の絵を見せ、真樹の笑顔の絵を見て涙を流しました。そして輝明と幸太郎は、ツール・ド・フランスのビデオを見ながら歴代優勝者の名前を言い合って楽しんでいたのでした・・・。

幸太郎は、カンニングしたのはまずかったけど、ツール・ド・フランスの方は良く覚えた! 輝明に負けたくなくて、密かに覚えていたんでしょうね。「ライバルを作って勉学に励む」が最適だと理解できたかな? その輝明は、ついに勇気を出して知らない道を進むことを達成! 彼としては大きな勇気と決断に値するんでしょうね。「石橋を叩いて渡る」のような選択を理解できたかな? そして、「我が道を行く」の真樹もようやく幸太郎の気持ちを重んじる方向へ! 今回の“はじめての反抗”には痛感させられたんでしょうね。「我が道を曲げる」の心を少しでも理解できたかな? 今回は、主にこの3人の“気の持ち様”が変わった形になりました。真樹が輝明と幸太郎から「笑った顔」のことを言われて戸惑ったシーンもあったけど、いつかこの3人が心から笑い合える日が来るかな?

○関連記事「僕の歩く道・第1話」
○関連記事「僕の歩く道・第2話」
○関連記事「僕の歩く道・第3話」
○関連記事「僕の歩く道・第4話」
○関連記事「僕の歩く道・第5話」
○関連記事「僕の歩く道・第6話」
○関連記事「僕と彼女と彼女の生きる道・スペシャル」

「ありがとう」
主題歌「ありがとう」(SMAP)

「僕の歩く道」オリジナル・サウンドトラック」
「僕の歩く道」オリジナル・サウンドトラック」

「僕の生きる道」DVD-BOX 「僕と彼女と彼女の生きる道」DVD-BOX
「僕の生きる道」DVD-BOX/「僕と彼女と彼女の生きる道」DVD-BOX

|

« のだめカンタービレ・第6話 | トップページ | 14才の母・第7話 »

コメント

こんばんは.ads(あず)さん。

初回は、このままパスしようかと思ったのですが、気付くともう終盤です。
最近はテルに癒されています。

投稿: mari | 2006.11.24 01時33分

あずさん、(*^o^)/\(^-^*)朝は…
「ラプソ」の3分9秒の所でゾクゾクしてるマナです(笑)
あずさんのiPodではどうかしら(^_^;)

今回は、真樹の涙に貰い泣きでした。
「大好きなお母さん」にはヤラれちゃいますって~(・_・、
「二度とお母さんに恥をかかせないで!」や「誰のために(勉強)やってるの!」はきっと多くの方が「オマエのためだろ」とテレビに向かって叫んだことでしょう(笑)
でも真樹のあの涙を見た時、自分が笑ってたときがあった事や高太郎に「大好き」だと思われてた頃を思い出して、我に返ったようでしたよね。
真樹自身も自分がしてる事は「高太郎のため」だと信じ続けて来たんでしょう。
あの真樹をどう改心させるのかが見所だと期待してた私にはとっても自然な流れで良かった。蔵之介さんも上手かったなぁ。
本当に、今では立派に”癒し”になってる輝明ですね。
高太郎も輝明の存在に救われたし。
草彅君の表情の作り方なんてもう”輝明”だし!上手い!ウマすぎるよ~(笑)

投稿: マナ | 2006.11.24 11時37分

あずさん、こんばんは♪
「フリースタイル」いいですね!
私も今度からそう言おう(笑

今回は輝明の踏み出した一歩に感動しました。
決まった道のみしか通れなかった輝明が踏み出した一歩は、これからの輝明の人生にとって大きな一歩だったと思います。^^
真樹と幸太郎母子にとっても大きな転換期となった回。
これから真樹には、少しでも笑った顔で接して欲しいなぁ~と思います。^^

投稿: | 2006.11.24 22時59分

>mariさん

このドラマは今クール最初のスタートを切ったんですよね。回を重ねる毎に、輝明と周辺人物の関係が良くなってきています。確かに彼は癒し系キャラかも?

>マナさん

あの真樹が涙を流すなんて、そんな日も来たんだなあと思いましたね、やっと!(笑) 昔は息子のことをただ愛していた。今でもそれは変わらないだろうけど、物事を自覚した後の息子には自分の思い通りにさせようとするだけ。しかし、今回で昔の接し方を思い出したようで、思わず涙が出てしまったんでしょうね。そんな彼女を暗にサポートした秀治も良かったなあ・・・。そして輝明も、今回で“僕の歩く道”が増えましたね。草なぎくんの演技もなかなかのものです。“白い顔に赤い唇”というメイクもなかなかのもの!(次回要チェック)

>翠さん

輝明の踏み出した一歩、これは大きかったですね。勇気を出して新たな道を自ら切り拓いたわけですからね。彼にとっては大きな勇気でした。真樹も幸太郎への接し方が今後変わっていくことでしょう。そして、笑顔で! 「フリースタイル」は使える言葉。「フリースタイル具合にマジ泣けたっす」。これは今回の感想ですが、「今夜はブギーバック」のラップの一部だったりします(笑)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.11.26 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/12799402

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の歩く道・第7話:

» 僕の歩く道 第7話 [医療特撮部LOG]
結婚のことを教えるりなですが、 テルは「わかってる」と言って、都古に教わったとおりの約束を話します。 そして都古との約束を守るために、テルは今日も動物園に。 古賀さんに教わって、新しいことを覚え始めるテル。 都古も新居を綺麗にしています。 確実に... [続きを読む]

受信: 2006.11.24 01時20分

» 《僕の歩く道》 #07 [まぁ、お茶でも]
テルにとって、新しい事を始めるのは、なかなか大変です。朝もせっかく亀田さんとあった時も、店が近いからと誘ってくれたが”ここから先”はダメと決めていた道の先だったため、そこで踏み出せなかった... [続きを読む]

受信: 2006.11.24 01時36分

» 僕の歩く道 第7話 「はじめての反抗」 [オタク戦隊3バるカん]
都古ちゃんへ そろそろ河原がどんな奴か分かったと思います。 考え直す時期が来ています。 もう、別れてもいいでしょ?考え直してよ!ねぇ!! なんかストーカーみたいだな、オレw えーと、3行感想はいつも通り都古ちゃんプッシュなんですが、今回は泣き所が多か... [続きを読む]

受信: 2006.11.24 01時49分

» 僕の歩く道 第7話 はじめての反抗  o(〃^▽^〃)o 笑った顔 o(〃^▽^〃)o [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ]
僕の歩く道って、派手さは全然ありませんが、感動が「ジワ~」ってくるタイプのドラマだと思いますо(ж>▽<)y ☆  じっくりと味わいがあって、始めから見続けていい感じです(=⌒▽⌒=) 今回は、はじめての反抗・・・これは輝明の反抗ではなく、幸太郎の反抗のことだっ... [続きを読む]

受信: 2006.11.24 05時36分

» 僕の歩く道 第7話  [くつろぎ日記]
僕もおばあちゃんみたいに笑ってるお母さんがよかったな。 [続きを読む]

受信: 2006.11.24 08時55分

» 「僕の歩く道」の話7 [のらさんのうだうだ日和]
「僕の歩く道」 《オフィシャルサイト》 第七話・「はじめての反抗」(視聴率15.9%、平均視聴率17.34%)本日は情緒不安定につきセリフ間の突っ込みが多いことを予めお断りしておきます。大竹リな(本仮屋ユイカ)「都古さんは河原さんと結婚しました。結婚ていうのは、一緒に暮らす事です。結婚ていうのは…」大竹輝明(草磲剛)「分かってる。」りな「えっ?」血痕だ!ルミノール反応が出た!…その血痕じゃないですね、はい... [続きを読む]

受信: 2006.11.24 08時57分

» 僕の歩く道 第6&7話 [華流→韓流・・・次は何処?]
輝明の周りの人たちが、輝明を通し少しずつ変わって来ていますが、輝明自身も変化(成長)している感じがします。 [続きを読む]

受信: 2006.11.24 09時21分

» 僕の歩く道 7話 [●○海老太郎のアナーキー日記○●]
今回のあらすじ 公式サイトをご覧下さい。 結婚とは約束すること・・・・「僕は都古ちゃんと約束した」しっかりとゆっくりとその言葉をかみしめるテル そしてテルは都古と飼育係を続けるよう約束をした。 今日のメインは幸太郎かぁ しょっぱなから真樹にプレッシャー与えられてキツいな。気の毒。。。でもってカンニングしちゃうんだよなぁ〜 すっかりテルとその仕事に関心を示す幸太郎。きっと息抜きしたかったんだろーなー・・・筆... [続きを読む]

受信: 2006.11.24 09時25分

» 僕の歩く道 第7話 [ドラマの話をしてみよう]
あぁ〜、ウルっときたぁ〜♪ 輝明(草 [続きを読む]

受信: 2006.11.24 09時44分

» 僕の歩く道 7話 [ドラマ diary☆]
輝明は都古ちゃんと約束をした事で 少し落ち着きを取り戻しましたね#63893; 以前よりも頑張って#63733;働いているように見えます。 古賀さんも輝明に新しいこと(爪きり)に 挑戦させ、失敗しても優しく見守ってます#63904; 一方で幸太郎は、お母さんにガミ..... [続きを読む]

受信: 2006.11.24 09時54分

» 僕の歩く道 第7話 [Happy☆Lucky]
僕の歩く道 第7話 [続きを読む]

受信: 2006.11.24 10時17分

» 僕の歩く道 第7話 [るりりんのお散歩雑記]
またまた初めの何分か見逃した(T_T) スポーツ番組の時間延長に振りまわされている私・・。 [続きを読む]

受信: 2006.11.24 13時43分

» 僕の歩く道 第7話:はじめての反抗 [あるがまま・・・]
笑った顔{/onpu/}o( ̄ ̄▽ ̄)oニコッ これで少しは真樹さんも変わるのかな?笑顔のお母さんになってくれるかな? 絵画教室に行く事を許してくれるかな? 勉強、勉強って言わなくな・・・これは無理か{/face_tehe/} でも今後は、あまり度が過ぎる場合には幸太郎自身もちゃんと自分の思いを伝えられると 思うし、秀治さんも味方になってくれるだろうしね{/good/} 幸太郎を探す為に、テルが今まで行け... [続きを読む]

受信: 2006.11.24 15時19分

» 僕の歩く道 第7話 [似合わないクツを脱ぎ捨てて]
冒頭の、里江の言葉。 [続きを読む]

受信: 2006.11.24 18時57分

» 僕の歩く道 7話〜はじめての反抗〜 [アンナdiary]
幸太郎の描いた「大すきなおかあさん」は笑ってる。 この絵を見た真樹さんの目から涙があふれた。 このシーン、数秒間無音で・・・それがかえって心にジワ〜ときましたね。 そしてテルは、自分から一線を越えましたね。すごい。 [続きを読む]

受信: 2006.11.24 19時58分

» 『僕の歩く道』 [ド素人日記]
輝明(草彅剛)は、知らない道には行けないらしい。 [続きを読む]

受信: 2006.11.24 21時07分

» 僕の歩く道 第七話 [ちょっと変な話]
●キャスト 大竹輝明/草なぎ剛 松田都古/香里奈 大竹秀治/佐々木蔵之介 大竹真樹/森口瑤子 大竹幸太郎/須賀健太 大竹里江/長山藍子 大竹りな/本仮屋ユイカ 三浦広之/田中圭  古賀年雄/小日向文世 堀田丈二/加藤浩次 河原雅也/葛山信吾 ●主題歌 SMAP/あり... [続きを読む]

受信: 2006.11.24 22時58分

» 『僕の歩く道』 第7回 「はじめての反抗」 感想? [つれづれなる・・・日記?]
相変わらずのまったりとした展開ですが、こういうものだし、これでいいんでしょ。 [続きを読む]

受信: 2006.11.25 00時46分

» 僕の歩く道(11月21日) [今日感]
輝明(草なぎ剛)というよりも、幸太郎君(須賀健太)中心の回。 あんなにガミガミガミガミ勉強、勉強だったら、そりゃ嫌になりますよね。 塾をサボって動物園、そして夜中のエスケープ、ラストは「うるさい!」と母(森口瑤子)にトドメの一喝!{%bomb_a%}... [続きを読む]

受信: 2006.11.25 10時28分

« のだめカンタービレ・第6話 | トップページ | 14才の母・第7話 »