« ミスチル・シングル「しるし」全曲感想 | トップページ | 嫌われ松子の一生・第6話 »

2006.11.16

14才の母・第6話

Mr.Childrenによる主題歌「しるし」が、この第6話の放送日にリリースされました。待った、待ったよ、放送日というかリリース日を。根強く注目してきたよ、その詞と曲の素晴らしさを。これが私の、ミスチルファンである「しるし」です(ニヤリ)。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「14才の母」
第6話「私にも母子手帳くれますか」

波多野(北村一輝)が書いた記事によって未希(志田未来)の妊娠が様々な所に広まった。静香(室井滋)は波多野と対決する覚悟を決め、智志(三浦春馬)にも学校を休むように言うが、智志は未希との約束を果たす為、それでも学校へ行く。

未希の妊娠が匿名で週刊誌に掲載され、いろんな場所でいろんな形で広く話題になりました。未希自身は出産の決意を曲げなかったけど、そのせいで弟・健太(小清水一揮)が学校でいじめられてしまい、加奈子(田中美佐子)や忠彦(生瀬勝久)にも迷惑が掛かっていると察して家出も決意。さらに、彼女は静香(室井滋)にも週刊誌の件で問い詰められて辛い思いをしていたけど、その後あれだけ反対していた忠彦さえも支持するようになり、トラブルは一時的に解決しました。一方、智志も同じく考えを曲げず、未希には一旦別れを告げられたけど支援はしていく意向を静香に伝えました。また、未希の相談に乗っていた香子(山口紗弥加)は、以前は他の生徒たちのことを優先すると明言しながらも、やはり彼女のこともしっかり受け止めていく意向を学校側に伝えました。未希は一段と心構えが強くなり、一人で役所へ行って母子手帳をもらいに・・・。

出産の決意を固めた未希を支援する人がまた増えました。これは、良いことなのか、悪いことなのか? ドラマだと思って流して見ていると、現実で起こった際に誤った判断をしそう・・・。この件は重要なことです。見過ごせないことです。妊娠した未希の思いを優先する皆の気持ちは分からないわけでもないけど、私はこのドラマのストーリー展開に異論を抱きながらも、良いようには受け止められないのです。実は、最近視聴の方も結構苦痛。「見ていられないほどの辛さ」よりは、「理想と現実のギャップによる辛さ」の方がやはり大きいわけで。今回折り返し点に到達したけど、当初密かに思ったように2時間ドラマとして描いた方が良かったんじゃないかと・・・。

それで、ミスチルの主題歌「しるし」の使い方、恒例の文句も折り返し点に到達だ(笑)。なんと今回、序盤での主題歌付きのタイトルバックは無かったものの、エンディング&予告の部分で初めてサビの最後まで流れました! その背景として、放送日・11/15にその「しるし」がようやくリリースされたことも関係するのかも? やっぱりリリース日までもったいぶっていたということか・・・。最終話まで納得できない使い方が続くと思われたけど、ここにきてやっと少し納得できる使い方が実現されたので、恒例の文句は今回で「折り返し点」ではなく「完結」としましょう。実のところ、ミスチルファンとして「しるし」のリリース日までネタを無理矢理引っ張っていたわけですよ(笑)。そしてどうしても言いたくて実現もさせたのは、リリース日前日・11/14にシングル「しるし」の収録曲3曲を聴いて「14日の早聴き」をしたことだったのでした!

○関連記事「14才の母・第1話」
○関連記事「14才の母・第2話」
○関連記事「14才の母・第3話」
○関連記事「14才の母・第4話」
○関連記事「14才の母・第5話」
○関連記事『ミスチル・ドラマ「14才の母」の主題歌が新曲「しるし」に決定』
○関連記事『ミスチル・シングル「しるし」の発売決定』
○関連記事『ミスチル・Mステで「しるし」披露』
○関連記事『ミスチル・HEY!×3で「しるし」披露』
○関連記事『ミスチル・シングル「しるし」全曲感想』

「しるし」
主題歌「しるし」(Mr.Children)

「14才の母」オリジナル・サウンドトラック
「14才の母」オリジナル・サウンドトラック

|

« ミスチル・シングル「しるし」全曲感想 | トップページ | 嫌われ松子の一生・第6話 »

コメント

「理想と現実のギャップによる辛さ」も然り、私はやっぱり未希役が別の誰かだったらまだ見られたのではと思ってしまう。「女王の教室」からそうだったけど、苦しい時こそおちゃらけて明るく振舞うあの態度が気に入らなかった。(決して未来ちゃんが嫌いなのではないのです。)敢えてこの子役を選んだんだとは思いますよ。けどね、敢えて選んでしまったせいで益々理想と現実のギャップを生んでしまったんじゃぁないかぃ?え?それが狙い?だって”普通の女の子”じゃないもん。あぁ、普通なら生まないか。
この先何を期待して見届けたらいいの?私はもう「生むな」なんて思ってないよ…
やっぱり田中母さんにはガッカリだよー。
生瀬父さんのがマトモだよー。
これでもテンション高かったらゴメンだよー。あずさん!(笑)

投稿: マナ | 2006.11.17 13時40分

むむっ、マナさんの言う通りかもしれない・・・。というのは、問題の未希役に志田未来ちゃんを選んだことによる「余波」です。制作側としてはそのキャラ性のギャップで驚かせようともしたんだろうけど、結果的に印象度は思惑通りになっていないのでは? いろんなblogを回ってみたけど、今回の展開を見てさらにガッカリした人が続出だったし?(私もです) 正直、もうどうなろうがあまり気にしていないんですよ、ミスチル以外は(おいおい)。いやいや、今回は良いテンションだったよ! いやいや、ちょっとハイテンション気味のマナさんの方が歓迎なのさ!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.11.18 02時15分

ads(あず)様、こんばんは。
『しるし』はキッドには『CROSS RORD』(1993)を思い出させるようです。
あやまちで別れを予感してたけど忘れないラブソングって感じですかね。
ま、なんとなくですけど。

どうしても中学生が妊娠出産するのが許せない人たち。
志田未来の輝く演技力に感動の連続のキッド。
いろいろな人がいて楽しいです。

ま、誰もが一ノ瀬家のような危機にたいして団結できる家族を
持っているとは限らないわけですからね。

投稿: キッド | 2006.11.18 03時11分

あずさん、こんにちは。
う~ん・・・ホント未希を応援する人が周りを固めてきましたね。
ドラマは肯定のまま進んでいくんでしょうか。
いいんですかねぇ~。

投稿: マカ | 2006.11.18 12時53分

アカネに続きまして、こちらもまいりたいと思いますぞ~い!(それはもういいって?(笑))

>実は、最近視聴の方も結構苦痛。「見ていられないほどの辛さ」よりは、
「理想と現実のギャップによる辛さ」の方がやはり大きいわけで
うっわ~~~、おんなじだわ~~。まあ、このドラマには
こういう展開を期待 みたいなのって、こっちの勝手では
あるんだけど、ここまでその期待する展開からはずれて
しまうと、この先一体、この私に何を見ろと? って感じに
なってきますよねえ。

>恒例の文句は今回で「折り返し点」ではなく「完結」としましょう。
ええ??!!これで終わり??!!だって、このドラマレビューは
このネタで締めくくってこそあずさんだし、くどいほどに一つのネタを
引っ張ってこそ関西人てもんでしょうが~(え?、関西人じゃないって?(笑))
ああ~~、楽しみにしてたんですけどね~、とはいえ、確かに
もうこの形になったら、もはや言うべきこともないですもんねえ。
なんかでも淋しい気もしますけどね~~。

では、またよろしくです~!

投稿: まりりん | 2006.11.19 01時26分

>キッドさん

ほうほう、「CROSS ROAD」ね。同局系ドラマ「同窓会」の主題歌でしたよね。未希やその周辺の人物の思いに納得できない部分もあるけど、志田未来ちゃんの演技には期待しているところです。

>マカさん

思いの外肯定のまま進んでいますね。大丈夫なのかなあ? どうなのかなあ? 私も見るのが辛くなり始めているんですけど、ミスチルの主題歌が聴けるしなあ(笑)。

>まりりんさん

同じくギャップに疑問を感じられていましたか。期待通りになることは多くを望んでいないけど、やっぱり現実を考えると思い悩んでしまうんですね。現状は、あまり良いようには見られないかも。それで、ミスチルの「しるし」ネタだけど、一応引っ張りまくって目的は達成できたので完結とさせてください。っていうか、もうネタが続かない~!(笑) でもずっと書き続けたせいで、私が大のミスチルファンであることは印象付けられたはず?

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.11.19 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/12715838

この記事へのトラックバック一覧です: 14才の母・第6話:

» 「他人と違うことをするものに世間は冷たい」と志田未来は言われた。 [キッドのブログinココログ]
「じゃ、どーすんだよ。生むのやめちゃうのかよ」と志田未来は言われた。とどちらにし [続きを読む]

受信: 2006.11.17 06時03分

» 14才の母 第6話 私にも母子手帳くれますか [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ]
普通ドラマって、話が進めば進むほど、主人公が苦悩すればするほどに、同情したくなるもんなんですが、この14才の母は話が進めば進むほどに、他人様のことに口出しするのが悪いような気持ちになってくるような感じがしますね(>▽<;; アセアセ 見ている側が未希ちゃんの事を心配... [続きを読む]

受信: 2006.11.17 06時40分

» 「14才の母」第六話 [みょうがの芯]
微妙に学校の対応が温和です。 特に校長先生と、担任教師は未希を最終的に受け入れそうな雰囲気です。 [続きを読む]

受信: 2006.11.17 14時23分

» 14才の母 第6話 「私にも母子手帳くれますか」 [テレビお気楽日記]
いやーん!!津波は大事だろうけど、ずーっと表示は何とかして欲しいなぁ!!千島列島の東沖で強い地震があり、北海道太平洋沿岸東部とオホーツク海沿岸に津波警報がでています。 意味深発言をする遠藤先生(山口紗弥加)。卒業出来る方法を考えてくれるそうだ。しかし無理し....... [続きを読む]

受信: 2006.11.17 22時42分

» 14才の母 第6話 [【日々の未来】徒然なるままに・・・]
離れていく人。協力してくれる人。 波多野の記事は波紋を呼びましたね。 健太のどうしようもない感情はわからなくもないですね。 ただ、一ノ瀬家は良く出来た家族です。自分の家だったら家庭崩壊ですよ。ほんとに。 かたや、桐野家は体裁ばかり気にしてますね。智志は... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 00時43分

» 14才の母 第6回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『私にも母子手帳くれますか』 [続きを読む]

受信: 2006.11.18 00時56分

» 《14才の母》 第6話 [まぁ、お茶でも]
だんだん書きたくないことの方へ話は進んでいきます。世間の常識とやらで、人の口に戸は立てられない。噂話に尾ひれが付きというところですが [続きを読む]

受信: 2006.11.18 02時01分

» 14才の母 家族っていいね…(ノ△T。) [zenの日記]
前回のラストで担任が立ち上がってくれた… 「まだ教えてないことがあると…」 果たして美希は学校に帰れるのか? そして… 週間誌の行方は!! 14才の母第6話!! 今までのお話はこんな感じ(^^) 一話14才の母 (;ΦДΦ)マ〜ジ〜デ〜 二話14才の母 妊娠×家族=エライコッチャヽ(´Д`;≡;´Д`)丿エライコッチャ 三話14才の母 やってしまいました(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻ 四話14才の母 もう迷わない(`・ω・´)シャキーン 五話14才の母 バイバ... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 05時15分

» 14才の母第六話 [LOVELY TELLY*TVな毎日]
「私にも母子手帳くれますか」 雑誌に載って騒ぎになる話やイジメがメインかと思いきや、そうでもなかった。それはやっぱり波多野が味方になるからじゃないのかとしつこく書き続けるワテクシ(笑)。今回「産みます」って聞いた時の驚いた顔(が良かった)にはそういう意味も... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 05時35分

» 『14才の母』 第6回 「私にも母子手帳くれますか」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
津波に談合とかなりいろいろとありますが。 思った以上に平穏な話でした。 最後はちょっと?ってところもありました。 [続きを読む]

受信: 2006.11.18 06時51分

» 「14才の母」第6回 [気ままにいきましょう!]
『私にも母子手帳くれますか』 [続きを読む]

受信: 2006.11.18 07時42分

» ・日テレ「14才の母」第6話感想 [たまちゃんのドラマページ]
2006年11月15日(水)、日本テレビで「14才の母」第6話「私にも母子手帳くれますか」が放送されました。第6話は、簡単感想をアップします! 手を怪我したので、長時間PCは、無理です! ◇未希(志田未来)は、妊娠中絶手術が受けられなくなる時期を迎えよ....... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 08時07分

» 14才の母:第6話 [日常の穴]
「世の中ってね、人と違うことする人間には信じられないくらい冷たいものなの!」と、智志の母に言われた未希。 未希は、家族にどれだけ迷惑がかかるかようやく認識し、そして家族の温かさに涙した。 中学生くらいだと何事も経験が乏しいので想像力が働かず、実際にその場面にたってみないとわからないことが多い。 そう考えると、これまでの未希の暴走は仕方ないかもしれない。 それだからこそ、本来は大人の意見に耳を傾けなければいけないわけだが^^; しかしまぁ、未希が未希なら、智志も智志で意地張ってるねぇ... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 08時22分

» 14才の母 第6話「私にも母子手帳くれますか」 [Happy☆Lucky]
14才の母 第6話「私にも母子手帳くれますか」 [続きを読む]

受信: 2006.11.18 09時05分

» 14才の母 第6話 [ドラマの話をしてみよう]
お父さんも容認しちゃったよっ( ̄□ ̄;)!! 未希(志田未来)の意思は固く、揺るぎそうにないしここまで来たらしょうがないという感じですかね。 未希もそうですが、弟(小清水一揮)もしっかりしてるというかなんと言うか・・・(^^ゞ 小学生に産めよって言われる中学生の姉・・・(;一_一) 一ノ瀬家は普通に考えればごく一般的?な幸せな家庭だし、子供の教育が間違っているとも思えないんですが、そういう家庭で育った子供でもこういうことが起こるという設定なので、なかなか難しいんですよねぇ。 ... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 10時57分

» 14歳の母 第6話 [まったり☆てぃ〜たいむ]
波多野〜〜〜{/ee_3/} ヽ(`□´)ノ ↑ 役名、やっと覚えた(笑) ウザイ。ムカつく。お前は一体何がしたいんだ? 世界の子供がそんなに気になるなら行けばいいじゃんか{/ee_3/} 何かってゆ〜と、「世界の子供は」「世界の子供は」って。 日本にいる意味ナシ。行け。行っちまえ。 未希母、波多野に「娘は産むんです」とか言っちゃっていいわけ? そいつは雑誌記者(編集長... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 12時54分

» 14才の母 【第6話】 私にも母子手帳くれますか [THE有頂天ブログ]
今回は未希の弟・健太(小清水一揮)のツッコミが冴えてたなぁ〜。 サブタイトルは「私にも母子手帳くれますか」 未希の方を一斉に振り向く役所の職員一同の顔が怖えーよ(笑) ■14才の母 「第6話」あらすじ  未希(志田未来)は中絶手術を受けられなくなる妊娠十二週目に入ろうとしていた。そんな中、未希と智志(三浦春馬)の関係を特集した週刊誌が発売され、それを見た加奈子(田中美佐子)はがくぜんとする。特集記事は学校中のうわさになり、弟の健太(小清水一揮)までいじめの対象となる。加奈子は、ファミ... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 20時26分

» 14才の母(第6話) [のぶひさの日記]
あちゃ〜、ついに生瀬パパまでもが産むことに賛成。 未希(志田未来)がかわいい、幸せになってもらいたいからって・・・。 いやいや、ギリギリまでパパには抵抗して欲しかったよ。 14歳でシングルマザーなんてできっこないでしょ。 桐ちゃんママ(室井滋)の「人と違うことをする人には、世間は信じられないくらい冷たい」という言葉がすごく凄みがあったよね。 会社を興し、さらに桐ちゃんを一人で育ててきたからこそ... [続きを読む]

受信: 2006.11.18 23時58分

» 14才の母 第6話 評価“・・で?・・ 星2.5” [ハマリもん]
どんどんと加速していく“きれいごと”度。ほんとにこれでいいのか?このドラマ [続きを読む]

受信: 2006.11.19 00時39分

» 14才の母 第六回  [The Glory Day]
ごめんなさいと泣きながらも後悔はしないんだ。出来る事・・・産まない事 では!?っとつっこみ入れたくなりました。やっぱり一番お父さんの気持ちが 分かる。定期入れに入っていた写真、あれを見ていたらこの子達のため なら何を言われようとも、どんな事でもしてやる守り通してやると思うよね。... [続きを読む]

受信: 2006.11.19 17時13分

» 14才の母 第6話 [イチオシ]
今日は、未希(志田未来)の周囲が大きく変わってきましたね。 【弟の変化】 弟が学校でいじめにあって早退。「姉のせいだ」と思いつつも真剣な姉の様子を知って、ただ怒るわけにもいかないと考えてしまう大人っぽ...... [続きを読む]

受信: 2006.11.19 22時38分

» 14才の母 第6話 [塩ひとつまみ]
津波情報の臨時ニュースで日曜日に放送が延期されたのを見ました。 これって北海道地方だけだったようですね(^_^;) 気持ちがついていかない内容のこのドラマ、先週で感想をリタイアしようかとも思ったんですが 乗... [続きを読む]

受信: 2006.11.20 10時27分

» 「十四歳の母」第六回 [トリ猫家族]
 やっと昨日「14歳の母」を見ることができました。   さてさて・・ところで「週刊トップ」ってどういう系列の雑誌なんだろう? あの表紙の感じから「週刊ポ○ト」みたいなん? って思ってたんだけど、そしたら、そんな中に載ってる特集記事なんて 読まないよな〜 ...... [続きを読む]

受信: 2006.11.20 15時42分

« ミスチル・シングル「しるし」全曲感想 | トップページ | 嫌われ松子の一生・第6話 »