« セーラー服と機関銃・第4話 | トップページ | 鉄板少女アカネ!!・第4話 »

2006.11.06

たったひとつの恋・第4話

今回のサブタイトルは「僕の怒り、君の涙」。脚本の北川悦吏子さんが手掛けたTBS系ドラマ「オレンジデイズ」でも、序盤の回では「君の涙」や「僕の失恋」なんていうのがあって、中盤の回では「彼女の恋」や「君が好き」や「結ばれる二人」なんていうのもあったけど、終盤の回では「悲しい運命」や「君がいない」なんていうのもありました。このように、過去の大好きなドラマのサブタイトルをいろいろと思い出してしまったわけで・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「たったひとつの恋」
第4話「僕の怒り、君の涙」

弘人(亀梨和也)にデートの約束をキャンセルされた菜緒(綾瀬はるか)は、弘人の弟・廉(齋藤隆成)と一緒に草野球を見に行く。廉は野球をやりたいと言いだし、菜緒は体調を心配しながらも見守ることに。すると、廉は発作を起こし、病院に運ばれる。その夜、病院に駆け付けた弘人は、涙をにじませながら菜緒を責める。

菜緒は廉を連れ出して外へ出掛けたけど、その際に廉が発作を起こしたことで、弘人は菜緒を強烈な言葉で責めました。しかしその後、弘人は廉から菜緒が「自分を良く理解してくれる人」だと聞き、彼女も昔養護学校へ通っていたことを知りました。また裕子(戸田恵梨香)からは、菜緒が中学生くらいの頃からリンパ節の問題で苦しんでいたことを聞き、気を改め始めました。“ただ裕福な環境で育ったお嬢様”ではないんだと・・・。

一方、弘人の前に元カノ・ユキ(高橋真唯)が現れ、戸惑う菜緒。また、弘人の母親・亜紀子(余貴美子)が菜緒へ息子を惑わさぬよう伝えたり、弘人と菜緒が街中で抱き合っていたのを菜緒の父親・雅彦(財津和夫)や達也(要潤)に知られたりで、二人の周りでも妙な動きが見られました。前回ラストで弘人による「悲劇の始まり」というナレーションがあったけど、確かにその方向へ進んでいるようで・・・。

「僕の怒り、君の涙」。そういうことでしたか。これは見ていて辛かった! 菜緒を強烈な言葉で責めた弘人が怖かった! もう身分とか関係無くて、両家を中心とした人物たちがただ悲しい運命に巻き込まれているみたいで、何だか苦痛になってきました。せっかく良い感じになってきたと思いきや、ここにきてまた一つ事態が急変。つまりは、「ひと変(ひとへん→ひと恋)」ってやつですか・・・(字が似てるだけ?)。

○関連記事「たったひとつの恋・第1話」
○関連記事「たったひとつの恋・第2話」
○関連記事「たったひとつの恋・第3話」
○関連カテゴリ「オレンジデイズ」

「たったひとつの恋」オリジナル・サウンドトラック
「たったひとつの恋」オリジナル・サウンドトラック

|

« セーラー服と機関銃・第4話 | トップページ | 鉄板少女アカネ!!・第4話 »

コメント

こんばんは。TBどうも♪
何か、暗い方、暗い方へと強引に向かってて、
うんざりしてるんですけどネ。
ヒロトが奇妙なくらい怒るシーンなんて、
チャンネル替えたくなりましたよ。不自然過ぎ!
ましてや、最後に父親がヒロトの写真を
見る時の映像。
何かまた、韓国ドラマみたいなドロドロ話を
持ち出しそうで、今から警戒してます。
ま、そんなドラマでも無理やり記事を書くって
体験は、結構刺激的で貴重ですけどネ(^^ゞ

投稿: テンメイ | 2006.11.07 03時53分

ads(あず)様。おはようございます。
穏やかな人がいて、短気な人がいる。
同じ人間でも穏やかな時と短気な時がある。
でもどんなに怒っても弘人のように表現できない人には
弘人はすごく恐ろしく感じるかもしれない。
あの一瞬で嫌いになる人もいるような気がします。
でも菜緒が傷ついたのは弘人の態度ではなくて
弘人がふたまたをかけていたという事実(母親のウソ)。
誤解が解ければいいけれど・・・ハラハラドキドキ(ウソ)。
弘人の態度の中には
まだまだ
好きになってはいけない人を好きになってしまったという
疑いや怯えそしてやりきれなさがうずまいているようです。
病院での激昂はそれが爆発したシーンだとキッドは考えました。

投稿: キッド | 2006.11.07 09時26分

>テンメイさん

「悲劇の始まり」から段々と暗い方向へ向かっていますね。弘人の怒り様には確かに奇妙さを感じたし、いろいろと辛くもなったなあ・・・。まあレビューの継続を決めたからには、頑張って追っていくつもりですけどね。そちらのレビューも人気があるようですね。「ギャルサー」に続いて、すごいよ!

>キッドさん

菜緒は弘人の言動よりも聞いた“ウソの事実”の方が辛かったんでしょうね。その弘人も、最後には菜緒の過去を知ったことでまた近付いていったけど、今度は周りの人物が二人の仲を困難にさせているようで・・・。弘人も弘人なりに辛いことが続いたから、菜緒の前で一気に爆発してしまったかも。おっしゃることは良く分かりました!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.11.09 00時18分

今回は、今まで出てこなかった部分がでてきましたね。
例えば、弘人の前カノ。例えば、菜緒の過去、弟の夢・・・。
あまりにも、違いすぎる弘人と菜緒のふたりの仲を、周りの大人たちが眉をひそめはじめていることが分かりました。それに、踊らされてしまうふたりが、今後どうなるのか、次回も目が離せません。

あと、気になる点。
菜緒の病気=(綾瀬はるか)=ドラマ、セカチュウ
弘人と裕子=「野ブタ」の修二とまり子
野球=亀梨くん
などなど、敢えてそうしてるの?って思う設定が多々見受けられます。
決して、批判しているわけではなくて、素朴な疑問です。
このドラマが好きだけに、気になっているだけですので。

投稿: ふくぴー | 2006.11.09 01時25分

いやいや凄い!!サブタイトルまで覚えているなんて
凄いなぁ
そこまで覚えていてもらえると
製作者は嬉しいでしょうね^^

私?鶏さんなんで全然ダメなの(^^;

投稿: Lady-e | 2006.11.09 04時27分

ヒロトが怒ったシーンですが、自分の心臓をあげてもいいとまで思い可愛がっている弟が生死の境をさまよっていたら、相当取り乱すと思います。また、父親を亡くしているので、また大事な家族が・・・と思うと、あの怒りの演技は行き過ぎてるとは私は思いません。
あと、元カノにお金を渡したのは、ちょっと、ちょっとちょっとですが、父親が借金を苦に自殺したので、そういう行動にでてしまったのかなと私は解釈してます。
全体的に、ヒロトは大人っぽくてしっかりしてそうに見えても、まだ20歳。まだ大人になりきれていないがために、軽率な行動や発言をしてしまうところがよく描かれていると思います。

投稿: みく | 2006.11.09 14時43分

>ふくぴーさん

弘人の前カノがいきなり登場したのには驚きました。また、菜緒の意外な過去も。両家の間で事態が急変していますね。どうなることやら・・・。ああ、似通った設定って、あるある~。近年の人気ドラマに負けたくない心も込められているんでしょうか?(上手いこと言えないけど)

>Lady-eさん

なんてったって、「オレンジデイズ」のファンサイトを運営しているほどですからね! 少しだけカンニングしたというわけでして(笑)。でも、半分以上は確実に覚えていましたよ。ミスチルが絡んでいたし・・・。

>みくさん

どうもこんにちは! そうですね、弘人は「視聴者が理解しにくい心」を持っているのかも。私は見た光景をそのまま受け止めてしまったので、そこまで理解してあげられませんでしたが・・・。その弘人も、困難に直面しては若者らしく苦悩することが多いですね。言われてみると、確かにそういった描写も上手いこと盛り込まれているなあ。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.11.10 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/12573646

この記事へのトラックバック一覧です: たったひとつの恋・第4話:

» たったひとつの恋 第4話 「僕の怒り、君の涙」 [テレビお気楽日記]
菜緒(綾瀬はるか)は弘人(亀梨和也)の家にいりびたってる様子。最近の水族館に鯨はいると思うけど・・・。あれはシャチか?そんな時、元カノのユキ(高橋真唯)が現れる。観月さんかと思った。話があるって・・・。 菜緒と鉢合わせしてしまう。 ... [続きを読む]

受信: 2006.11.07 02時50分

» 北川悦吏子と悲劇~『たったひとつの恋』第4話 [テンメイのRUN&BIKE]
  できるなら人は死なせたくないものだ。だが、連続ドラマは最終回近く   なると [続きを読む]

受信: 2006.11.07 03時39分

» たったひとつの恋 第4話 〜亀梨和也 走りに走って・・〜 [くつろぎ日記]
お姉ちゃんは世界で一番僕のことわかるんだ。 そうかぁ、菜緒は廉の大事な友達なんだな・・・ [続きを読む]

受信: 2006.11.07 05時50分

» たったひとつの恋 第4話 [イチオシ]
おおおおお、高橋真唯、そのメイク見た瞬間、観月ありさかと思ったよ。 透明感ある雰囲気が魅力的だと思ってたけど、ああいう役もできるんだー。 菜緒(綾瀬はるか)との対比が強烈すぎます。底辺の女と上流のレデ...... [続きを読む]

受信: 2006.11.07 06時32分

» ・日本テレビ「たったひとつの恋」第4話ツッコミ [たまちゃんのドラマページ]
2006年11月4日(土)のお話。21時から、日本テレビで「たったひとつの恋」。第4話「僕の怒り、君の涙」が放送されました。※放送時間については、関東ローカルで書いてます。各地域で、異なる場合がありますので、ご注意下さいねぇ(笑) 出演は、亀梨和也,...... [続きを読む]

受信: 2006.11.07 07時42分

» たったひとつの恋 第4話 [Happy☆Lucky]
たったひとつの恋 第4話 [続きを読む]

受信: 2006.11.07 08時37分

» 彼女が私じゃないんでびっくりしたよ。(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
みなとみらいの交差点で抱き合ってキスしたから恋人だと思ったら大違いなのだが、なに [続きを読む]

受信: 2006.11.07 09時07分

» たったひとつの恋 第4回 短め感想 [ぐ〜たらにっき]
『僕の怒り、君の涙』 [続きを読む]

受信: 2006.11.07 09時10分

» 『たったひとつの恋』 4話 [ド素人日記]
ああいう人と付き合ってたのね。弘人(亀梨和也)。ふ~ん。(¬_¬) [続きを読む]

受信: 2006.11.07 11時15分

» たったひとつの恋 第4回 [ALBEDO0.39]
たったひとつの恋 第4回 何故スタージュエリーなんだろう? 今更だけど、別に実在する会社の娘という 設定にナオをする必要は本来ないはず・・・ となると・・・やっぱり クリスマス商戦って やつで、これから 何かオリジナルを 作ってくるのだろうか? 最後に出てくる ピンクのペンダントトップの 物あたりが怪しげ。 ↑新宿のスタージュエリーのショーウィンドの画像です そう感じてしまうと、映像も やけにアクセサリーをクローズアップしてからの イン表現が多い・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006.11.07 12時48分

» たったひとつの恋第四話 [LOVELY TELLY*TVな毎日]
第四話「僕の怒り、君の涙」 色々誤解や行き違いが生じてまた距離が離れたりするのは構わないが、「お互いに何があっても好きは好き」という共通認識を持ったのかどうかが、わからなくて感情移入しづらい。毎週少しずつ距離は縮まってるように見えるけど、毎回次の週にはそれが... [続きを読む]

受信: 2006.11.07 12時58分

» たったひとつの恋・第4話 [山吹色きなこ庵~きままにコラム~]
「ねえ、でもいつかさ、鯨の鳴き声、聞きに行かない?」とナオ。 「誰と?」と尋ねる [続きを読む]

受信: 2006.11.07 14時45分

» たったひとつの恋 4話 [頑張る!独身女!!]
このシーンめっちゃ!!良かった。二人とも可愛いし!!ドキドキだよ。弘人(亀梨和也)もいけずで「だれと?」って、それは [続きを読む]

受信: 2006.11.07 21時37分

» たったひとつの恋 第4回 [ALBEDO0.39]
たったひとつの恋 第4回 何故スタージュエリーなんだろう? 今更だけど、別に実在する会社の娘という 設定にナオをする必要は本来ないはず・・・ となると・・・やっぱり クリスマス商戦って やつで、これから 何かオリジナルを 作ってくるのだろうか? 最後に出てくる ピンクのペンダントトップの 物あたりが怪しげ。 ↑新宿のスタージュエリーのショーウィンドの画像です そう感じてしまうと、映像も やけにアクセサリーをクローズアップしてからの イン表現が多い・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006.11.09 04時28分

« セーラー服と機関銃・第4話 | トップページ | 鉄板少女アカネ!!・第4話 »