« 僕の歩く道・第1話 | トップページ | 嫌われ松子の一生・第1話 »

2006.10.12

14才の母・第1話

タイトルが強烈! 「14才の母」って・・・。その重要な「14才の母」を演じるのは、同じ日本テレビ系ドラマ「女王の教室」から活躍の場が急激に増えた“現在13才”の志田未来ちゃん。想像もできない難役にあたって、実の母親等の出産経験者に妊娠中の歩き方を教わったりして、役作りに励んでいるそうです。これが成功したら、女優としてまた一段と成長するでしょうね(既にそう?)。脚本担当は、数々の名作を生み出している井上由美子さんなので、安心・安定の路線になることでしょう(テーマは重いけど?)。また主題歌は、私の大好きなMr.Childrenの「しるし」なので、ミスチルファンも飛び付いて人気が出ることでしょう(ひらがな表記が泣かす?)。注目の話題作に、性別上「出産」を経験できず「母」にもなれない私も、期待し応援します!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「14才の母」
第1話「中学生の妊娠…ごめんね、お母さん」

14歳にして妊娠した少女の姿を通じ、命の重さや愛とは何かを問い掛けるヒューマンドラマ。東京の私立女子中学に通う未希(志田)は、どこにでもいる活発な女の子。放送部に所属しているがある日、お昼の放送をほかの部員にバトンタッチし、休み時間に学校を抜け出した。大好きな恋人・智志(三浦)とデートをするためだ。その日、思い切って智志と一線を越えてしまった未希。2カ月後、未希は自分の体が今までと違うことに気付く。しかし、母親の加奈子(田中)には、智志と付き合っていることを内証にしているため自分の体に起きた変化を告げられない。

私立で名門の女子中高一貫校に通う中2の少女・未希は、年上で中3の恋人・智志とデートを重ね、楽しい日々を過ごしていました。しかしある日の夕方、街の不良たちに絡まれて夜の公園へ逃げ込み、二人で語り合ううちにより惹かれ合っていき、ついには一線を越えてしまった・・・。そして2ヶ月後、未希は体調が優れず、生理も来ないことで不安が募るばかり。さらには「妊娠」の可能性を抱き、本やネットや検査薬で調べたところ、それが現実のものへとなってしまい・・・。

生意気にも「生」だったのか・・・。いやっ、いやいや待てっ、笑えんぞこれは・・・。思春期の子にありがちな思いを共有し合ったことで、“なりゆきくん”と“はずみちゃん”の二人はそのまま結ばれてしまったんだね・・・。冒頭で未希こと志田未来ちゃんが校内放送をDJ気取りで頑張っていたけど、その姿はドラマ「女王の教室」での和美がちょっと大きくなったイメージで元気一杯でした。それで彼氏の智志こと三浦春馬くんが出てきた時は、ドラマ「アンフェア」で某女刑事に射殺されたユタカがそのまんま現れたようで、こっちがびっくりしました。そんな若手二人が、こんなことになってしまうなんて・・・。

未希の両親役は、父親・忠彦が生瀬勝久さんで、母親・加奈子が田中美佐子さん。実はこの二人、他局・TBSのドラマ「ブラザー☆ビート」で“良い感じの関係”になりながらも結婚までには至らなかったコンビなんですよね。つまり、今回日テレで“良い感じの関係”が実ったというわけでした。でも、“悲しい現実を背負うことになる娘あり”という条件付きでね。智志の母親・静香こと室井滋さんや、99デシベルの音量で叱るかもしれない(ドラマ「下北サンデーズ」ネタ)担任の遠藤こと山口紗弥加さんや、未希たちを狙ってあれこれ嗅ぎ回る写真週刊誌の編集長・波多野こと北村一輝さんが、今後さらに絡んできそうです。未希の唯一の理解者となるマコトこと河本準一さん(次長課長)にも注目したいですね。呑気にタンメン食ってる場合じゃなさそう。事態が急変するのは、未希が妊娠の事実を他人に告白する次回から!

さてと・・・。ストーリーは別として、私が義務的に絶対触れたかったのが、大ファンのMr.Childrenによる主題歌「しるし」ですよ! 放送開始10分後辺りから、タイトルバックと共に初聴き。おぉ~、ピアノがメインの曲だ! AメロもBメロもミスチルらしいなあ! そしてサビは、“♪ダーリン、ダーリン~”って、やってくれるぜミスチル~! なんて純粋に楽しんでいたら、サビの途中から提供読みがかぶさってきたよ、おい!(苦笑) せめてサビのラストまでちゃんと聴かせてほしかったなあ。そのミスチルがドラマの主題歌を担当するのは、2004年春に放送されたTBS系「オレンジデイズ」での「Sign」以来。日テレ系のドラマに限定すると、2003年夏に放送された「幸福の王子」での「Drawing」以来になります。過去には同じ日テレ系のドラマ「同窓会」で「CROSS ROAD」が主題歌になったんだっけ。「同窓会」、「幸福の王子」、そしてこの「14才の母」の共通点は、「テーマが奇抜で重い」なのだ・・・。ただ、明石家さんまさんが主演のラブコメディドラマ「恋のバカンス」で「Everything(It's you)」が主題歌になったこともあったっけ。ドラマを印象的にさせることもあったわけだなあ。今回の主題歌「しるし」には、良くも悪くもあらゆる意味で印象的にさせる役割を果たしてほしいと思っています。ちなみに、このドラマの初回話放送前後は、「しるし」の関連記事へのアクセスが殺到しています。ありがとう!

○関連記事『ミスチル・ドラマ「14才の母」の主題歌が新曲「しるし」に決定』
○関連記事『ミスチル・シングル「しるし」の発売決定』

「しるし」
主題歌「しるし」(Mr.Children)

「14才の母」オリジナル・サウンドトラック
「14才の母」オリジナル・サウンドトラック

|

« 僕の歩く道・第1話 | トップページ | 嫌われ松子の一生・第1話 »

コメント

仮題だった「14歳の母」がまんまになりましたね(^^;
志田未来ちゃんが、サプリや女王と比べ
ずいぶん大人っぽいのにビックリ
実際には13歳(でしたよね?)の彼女
イヤイヤ ホント お子様らしいお子様っていう子は
最近は居ないのかなぁ(^^;

でも、なんとなく見ていて
この子、綺麗で大物女優になりそうね・・と思いながら
その表情みてました・・・。

ちなみに、私田中美佐子は大好きです
あの 超サッパリしたとこが好きです^^

投稿: Lady-e | 2006.10.12 12時34分

あずさん、こんにちは。
“なりゆきくん”と“はずみちゃん”ですかぁ(笑)
ちょっと笑えちゃいますが、ドラマですまされないような内容になりそうで
今から怖いです(苦笑)
ミスチルの「しるし」いい感じで流れてましたね~。
あずさんの記事の最後の言葉 「ありがとう」のほうも気になる私です(笑)

投稿: ミマム | 2006.10.12 12時58分

あずさん、こんにちは~!
ドラマがスタートしましたねー。

>サビの途中から提供読みがかぶさってきたよ、おい!(苦笑) せめてサビのラストまでちゃんと

ワタシもです!!(笑)
"しるし"を心待ちにしていたので、えっ~、もっと聴かせて欲しい~と
テレビの前でブーイングをしておりました(苦笑)
"ダーリン"は、桜井さんの好きなフレーズでしょうか?(^・^)
名も無き詩を思い出しましたよ~。
トラマの方は、重たいテーマですね。
進行が早いと感じましたが
とにかく(笑)ミスチルの曲がちょっぴりでも聴けて嬉しかったです♪

のんびり更新ですが、今期もよろしくお願いします<(_ _)>

投稿: ルル | 2006.10.12 15時48分

“なりゆきくん”と“はずみちゃん”←上手い!(笑)
田中美佐子さんを見るのは久し振りだな~と思ってたんですが
そう言えば【ブラザービート】で出てらしたんですよね~!^^;
生瀬さんともそうだった、そうだった!
主題歌として聞いた「CROSS ROAD」は凄くお気に入りだったのに、
どんなドラマだったのかはさっぱり覚えて無いし・・・

たくさんドラマ見てる割には、見たら見っぱなし!
で、ほんとに何も覚えて無い自分にトホホ(笑)。

投稿: まこ | 2006.10.13 00時57分

あずさんこんばんは。

DIGAで観てましたw 「女王の教室」観てなかったので志田未来さんはまったくノーマークだったのですが、これから話がどう展開し、どう「成長する」のか、というのは非常に興味があります。

キャストも十分すぎるメンバーがそろい、脚本も井上由美子さんなので決してありきたり、あるいは日テレ的センセーショナリズムには走らない、と思いたいのですが、1話を観た限りは抑制しすぎなのかな、という気もしていて……。続けられるかどうかはちょっと経過観察な感じです。

投稿: ruko | 2006.10.13 01時02分

>Lady-eさん

へえ~、仮題がそのまま、か~。でもインパクト大ですよね。志田未来ちゃんについては、ドラマ「女王の教室」でランドセルを背負っていた和美の姿がチラついて、複雑な思いでいます。その頃は過剰な演技でやはり複雑な思いだったけど(笑)、あれから演技に磨きが掛かりましたね。現在13歳だけど、後に彼女の代表作として挙げられるドラマになりそう!

>ミマムさん

“なりゆきくん”と“はずみちゃん”とは言えども、なかなか笑えないぞ~。妊娠の事実が知れ渡る次回から、事態が急変しそうですね。ミスチルの主題歌「しるし」も良かったなあ。もう一つの楽しみとしてずっと放送日を待っていました。レビューの最後の「ありがとう」が気になっちゃった?(笑) ほんと、「ありがとう~~~」の勢いでしたよ。

>ルルさん

ああ、主題歌途中切れの悲痛の叫びを受け止めてくれると信じていました(笑)。「ラストでまた流れるのかなあ」と思っていたら、結局無かったし・・・。「ダーリン」で「名もなき詩」を思い出しましたか。なるほど、私はサビの曲調で「【es】~Theme of es~」を思い出しました。生まれ来るであろう二人の子供の名前が「es」になったり?(違うか) さて、本日放送の「Mステ」で、ミスチルの「しるし」披露をじっくり見ましょうか!

>まこさん

ドラマスタート前から、「ブラザー☆ビート」な二人のキャスティングに注目していました。局を変えて結ばれるなんて、やるなあ~(笑)。「CROSS ROAD」が主題歌だった「同窓会」は、私も当時はチラッとしか見たことがないけど、後にドラマ紹介サイトでストーリーを読んだ時は驚いてしまいました。「幸福の王子」はリアルタイムで見たけど、それも毎回すごい展開だったかな。このように、皆ミスチルが絡んでいるという・・・。

>rukoさん

なるほど、だから“1.3倍”で同じだったんだ!(すごい裏ネタ話) 「女王の教室」は見られていなかったんですね。じゃあ過去の姿を考えずに志田未来ちゃんの演技を見ていけそうですね。キャストも主題歌も良い感じだけど、そもそも脚本が井上由美子さんと知ってからどこか安心感がありました。今後どのように描いていくんでしょうか?

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.10.13 02時42分

あずさん、こんにちは。
始まりましたね。ふたりが若すぎて、そのような流れになった細かい場面が足りない気が
しました。
愛し合ってというより、母性!?よしよしなんて母親の典型だし、彼も母の愛情を
充分に受けていない寂しさがありましたね。
まぁ問題は妊娠な訳で、そこまでの過程が少しあまい感じがしました。
これは物議をかもし出しそうですね、何だか…。
母親である田中さんには味方でいて欲しいですね、今は敵のような谷村美月ちゃんも
味方になりそうな予感。
一番うるさくてしつこくなりそうなのが、顔も濃い北村さん!?(笑)

投稿: めいまま | 2006.10.13 03時00分

ミスチル、すいません、シーソーゲーム以来買っていません(涙)  当時はいろんなCD買っていましたが、最近は全然買っていないのです(涙) いろんな意味でまたテーマが大きいドラマがきましたが、人事ではない所が・・・。 この後の展開がどうなっていくのかが気になる所です。

投稿: タイガーです(o`・ω・)ゞ 敬礼♪ | 2006.10.13 06時26分

ads(あず)さん、こんにちは!
遂に秋ドラマも始まりましたね~。でもって、TBがどうも
飛びません。ので、また後日に送らせていただきますね。

そんでドラマの方ですが、
>“なりゆきくん”と“はずみちゃん”の二人はそのまま結ばれてしまったんだね・・・
あははは!(笑)うまいね~~~、座布団3枚やね~~~!(笑)

>なんて純粋に楽しんでいたら、サビの途中から提供読みがかぶさってきたよ、おい!(苦笑)
いや、私は別にファンじゃないけど(嫌いでもないけども)これは思ったわ。
これはむごいよね~、失礼だわミスチル様に。てか、主題歌聴きたさに
見る人もいっぱいいるのに、あまりにも失礼すぎる。
なんかこういうところまでも、全体的にほんとに無神経だったな~ なんて
思いましたけど、これから挽回してくれるんでしょうかね?

では、またよろしくです~!

投稿: まりりん | 2006.10.13 12時10分

私も、妊娠するまでの過程が物足りなかった。
「妊娠」に重点を置いてるかもしれないけど、成人男女はいいわさぁ。14歳だからこそよ!もっと深い理由が欲しかったわぁ。あの流れはね~、月がロマンチックでなんて思われず(^_^;)そう、愛と言うより母性なの?それにしてはキャスティングに無理が…
「女王の教室」からそのまま進級した感じの未来ちゃんだったし。
確かに後半では雰囲気が大人に変身してましたけどね。
この先「妊娠」ですったもんだを見るのはちょっと辛いとこ(>_<)

私は、裸で丸まってグルグルと…あれが気に入らない!目が回るっちゅ~ねん!怒ってたとこで次課長河本さんがグルグル回ってて笑っちゃったじゃないの(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
生瀬&美佐子はイイ(*^o^*)もしかして生瀬さんのギャグは今回限り?
寂しいけど、良いお父さんを演じてくれ事間違いなし!と期待。

投稿: マナ | 2006.10.14 11時54分

>めいままさん

「細かい場面が足りない」というのは私も思ったけど、これはあえて外した部分もあったのかなあとね。初回話は全ての始まりだから、時間をギリギリまで使って描き、妊娠発覚を次回に持ち越すような展開でも良かったかも。まあとりあえず今回のような流れで始まった以上、今後に期待(というのも気が引けるけど)したいところです。周りの人は未希をどれだけ理解してあげられるか。これは自問でもあるんですが・・・。

>タイガーです(o`・ω・)ゞ 敬礼♪さん

このドラマでは14歳の少女と若過ぎる設定ではあるけど、未成年としてはこういった話は意外にあったり。今後の展開が気になりますね。テーマがテーマだけに、話題性は大きくなると思います。ところで、私も近年はCD売上減少に貢献していて(苦笑)、ミスチル以外はほとんど買っていませんね。CD自体が高いんだよ~!(ドラマとは関係無いけど)

>まりりんさん

多くのミスチルファンが初聴きを楽しみにしていたというのに、「それはないよ~」という展開でした。いや、ドラマの方もちゃんと注目しましたとも(笑)。でも、あの映像にあの曲という組み合わせは、なかなか良かったと思いましたよ。脚本家の力に頼りきっているところもあるけど、制作面で今後改善されていくと良いですね!

>マナさん

一応ながら「抱きしめずにはいられない」という流れにはなっていたけど、人によっては「その流れが弱かった」と感じる人も少なくなかったようですね。私は「まあそこまでで良いだろう」と流すようにしていましたけどね。それにしても、「女王の教室」でのあの子があんなことになろうとは。どうしても両作品を照らし合わせて見てしまいます。また、これはマナさん的に「おいっ!」と思われるかもだけど(先に謝ります)、「実際に話して一緒に写真まで撮った“あの子たち”の年代で?」という点でも照らし合わせて見てしまいます。それだけに、何か身近な話題に感じるような・・・。ところで、タイトルバックは見て怒っちゃった? でも河本さんは真面目な顔が決まっていましたよね(笑)。今回は良き理解者の役ということで注目しています!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.10.15 08時50分

あずさんが謝る必要はないですわぁ。私的には、そこまで言わせたあずさんに熱い思いを感じたなぁ。重いテーマだからね~。
あずさんの日常に”14歳”との絡みはないでしょ。(絡んでどうする:笑)
学校にも行かず遊んでる子が、おませさんが、とかじゃなく普通の女の子ってとこがショックかな。やっぱり親の立場で見ちゃいます。
「竜ちゃんじゃないよ、リュウさんだよ」じゃない河本さんにも期待して見ますか(^_^;)

投稿: マナ | 2006.10.15 22時51分

マナさん、分かってくれてありがとう。そう、私の日常に14歳の「子」との絡みは、無いです。ついでに、14歳の「子」たちに挟まれることも、無いです。以前は夢のような体験ができた日があったものだ・・・。あっ、別に変な意味じゃなくてね(笑)。

「おませさんじゃなくて普通の女の子」という点は、かなり思いました。実は休日中に大型スーパーへ行ったら、派手で怪しい女子中学生軍団がいましてね。「彼女たちなら有り得るかな・・・(悪いけども)」と思いつつ、「彼女たちなら主人公になっても同情は難しいかな・・・(悪いけども)」と思いました。「普通の女の子」だから注目がより集まるのかも?

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.10.16 03時09分

 ご無沙汰しております。ドラマ主題歌に期待しながら見てしまい
ました。「オレンジデイズ」と動機が一緒だったりしますが...
 タイトル通り、これからいろいろ波乱な展開が予想されますし、
あの有名な「金八先生」でも取り上げられた"少女の妊娠”という
問題をどのように進めていくのか、大変興味があります。

 低年齢では女の子の方が成長が早いとも言われていますが、
智志よりも未希が状況を引っ張っていく様子はとても現実的な
雰囲気が出ていて良かったと思いました。実際の自分の小中学時代
もどちらかといえば女性が強い?ような感じがありましたし(^^ゞ
 思春期での親子のもどかしくも素直になれない絆のような場面を
見て<未希がベッドで寝ている所を部屋の外から話し掛ける母
(田中美佐子)のところ>など、とても懐かしくも思いながら
見ました。

 志田未来さんや三浦春馬くんといった若手の役者さんがとても
楽しみですね。未来さん出演の「女王の教室」も見てましたし、
春馬くんはちょい前のNHK朝ドラ「ファイト」で本仮屋ユイカ
さん(こちらは「僕の歩く道」に出演してますね)と共演していま
したね。どちらも気にしていた役者さんですので、なんだか嬉し
いです。

 主題歌はまだ「ドラマ」の -サビ提供カブリヴァージョン-
しか聞いていませんが、早くもいい感じですね!ドラマと共に
ハマってしまいそうです。

 ギター屋(なのかな?)の河本さん扮するお店でついつい
「タンバリン」を一生懸命探してしまったのは脱線話ということで!

投稿: LX | 2006.10.16 04時19分

LXさん、お久しぶりです! 最近は以前コメント欄でお話ししたことのある方々が再び参加してくれて、うれしい限りです。ちょっとした同窓会ですか?(笑) いや、変わらずチェックしていてくれただけでもうれしいんですよ・・・。

テーマは「無さそうでありそうな現実」という感じですが、まずは昭和時代の「金八先生」と現代のこのドラマ間での描写の違いに注目したいですね。そういった部分も進化しているわけだし? 子を宿した未希を中心に描かれているけど、確かにそれが現実的ですよね。「周りの人たちがどう支えていくか」という点でも注目したいところです。ただ、身近で実際にそんなことがあるものなら、やっぱり動揺して好ましくない対応をしてしまう可能性もあるなあ・・・。

キャストについては、ベテラン勢が支援する中での若手たちの活躍ぶりにも期待しています。主題歌「しるし」はMステで“ほぼフルコーラスバージョン”を聴けたけど、やっぱり2番終わりからラストまでが実に良くて、主題歌として全部流してほしいとも(笑)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.10.18 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/12249957

この記事へのトラックバック一覧です: 14才の母・第1話:

» 日テレ 14才の母(1話) [C-bose TV Laboratory]
 題名からしてインパクトのある14才の母。こちらのドラマもちょっとストーリーを書いて感想を。  一ノ瀬未希(志田未来)は一貫教育の学校に通う中学2年生。塾で知り合った桐野智志(三浦春馬)と付き合っていました。智志はある時、母親の桐野静香(室井滋)から5万円を小遣いとしてもらいましたが、反発気味の智志は未希と2人でゲームセンターでその5万円を使ってしまおうと遊んでいたところ、不良グループにカツアゲされそうになり2人は逃げ出します。しかし、公園で捕まってしまい智志はボコボコにされてしまいました。何... [続きを読む]

受信: 2006.10.12 03時09分

» 14才の母 第1回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『中学生の妊娠…ごめんね、お母さん』 [続きを読む]

受信: 2006.10.12 10時43分

» 14歳の母 第1回 [ALBEDO0.39]
14歳の母 第1回 普通の中学生? いや名門校に通う女の子 一ノ瀬未希(志田未来)が 桐野智志(三浦春馬)とが どこにでもあるような出会い? 母になる 小さな優しさが 小さな寂しさを感じ 小さな母性が生まれ 進む道 智志に対して 小さな愛情? 不思議な気持ちが生まれる 彼女にとって それは不思議な気持ちだったのでは 無いかな?... [続きを読む]

受信: 2006.10.12 12時35分

» 14才の母 第1話 [塩ひとつまみ]
このドラマの主人公・未希=志田未来ちゃんのキャラクターや家族の雰囲気が 彼女が出ていた「女王の教室」の時のような感じで明るく始まりましたが 1話目にして妊娠がわかるというところまで一気に話が進みましたね。 元々... [続きを読む]

受信: 2006.10.12 12時52分

» 14才の母 第1話 [まいにちおきらく!]
ふぬーぬ。まあ、助走でしたよね。加速はついた…そんな感じ。 [続きを読む]

受信: 2006.10.12 13時30分

» 「14才の母」第1話 [ぐうたら大学生の無責任blog]
 学校とか親が出てくるドラマは、未だに冷静に見れない。そんな自分が情けない。  そんなだから、普段はなるべく見ないようにしている。学校や親が出てくるドラマは。だけど、今回は見てしまった。それも、雑誌のグラビ... [続きを読む]

受信: 2006.10.12 13時44分

» 14歳の母 [Akira's VOICE]
初回の感想 [続きを読む]

受信: 2006.10.12 14時06分

» 14才の母(1) [ドラ☆カフェ]
「中学生の妊娠・・・ごめんね、お母さん」 [続きを読む]

受信: 2006.10.12 15時25分

» 14才の母 第1話:中学生の妊娠…ごめんね、お母さん [あるがまま・・・]
そりゃ絶望的にもなるわな…(/TДT)/あうぅ・・・・ お互いに好意は持ってたんだろうけど、いきなりの急展開! しかも桐ちゃんは、一生結婚しないなんて言うし・・・{/namida/} こんな事、誰にも打ち明けられないし、自分ひとりで抱え込むにはあまりにも 悩みが大き過ぎる{/kaeru_alone/} 予想はしてましたが、いきなりハードな展開ですな〜{/hiyo_shock2/} 明るくてまだ幼さの残る美希なの�... [続きを読む]

受信: 2006.10.12 17時47分

» 小学生から母親へ(14才の母#1) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『女王の教室』で旋風を巻き起こした志田未来が、またしても問題作に挑戦視聴率一桁続きの呪われた枠で19.7%を叩き出したよ(笑)『14才の母』兎にも角にも、田中美佐子と生瀬さんが念願のゴールインを果たしたのがうれしかった(なじょ次長課長つながりで次長とは・・・志....... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 00時10分

» 14才の母 第1話 [ Rainbow Rain]
う〜む、これまた突っ込みがいのあるドラマだなぁ〜{/ase/}(苦笑) タイトルと題材でてっきりかなり衝撃的な内容だと思ってたんですけど、 意外と最初はまったりとスタートしていきましたね。 しょっぱなから志田未来ちゃん演じる未希のハイテンションから始まりましたが。 なんか『女王の教室』の和美っぽかったね。ってかまんま? それにしてもさ、中学生の妊娠、は別にいらなかったんじゃなくって?{/arrow_l/}えっっ なんか�... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 00時35分

» 14才の母 【第1話】 [THE有頂天ブログ]
正直、作品のストーリーや内容を見た限りでは興味をそそられることは特になかったけど 主題歌がミスチルに決まった以上、見なけりゃならない。いわば義務(笑) タイトルバックがMr.ChildrenのPVやジャケットでおなじみの丹下紘希さんでした。 ■イントロダクション 14才にして子供を身ごもった女子中学生・未希 ・・・彼女は、普通の女の子、だった。 新しい 「生命」 をその体に宿すまでは・・・ 両親、兄妹、先生、友達、 周りの人々全員の猛烈な反対を受け 彼女は一人ぼ... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 00時46分

» うるさかった… 14歳の母〈1〉 [new雑記帳2]
基本的にここ数年の日テレのドラマはスルーする傾向が高かったのですが「脚本:井上由美子」に負けて観ることにしてしまいました。事態が深刻化する後半までは、主役の未希(志田未来)の幼稚すぎるハイテンション(桜子/要@ダ... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 00時59分

» 14才の母 愛するために 生まれてきた 第1話  [Real Heart]
14才で妊娠。そのテーマを聞いたとき、真っ先に思い浮かんだのが某学園物コミックス。その中でも14才で妊娠したという女生徒の話があった。 彼女は迷わず堕ろそすとするが、主人公の女教師は「命の問題だから、もっとよく考えなさい」と言う。 女生徒は悩みながら、命の大切さをしっかり認識した上で、そして、堕胎した。... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 01時00分

» 「14才の母」第1回 [気ままにいきましょう!]
『中学生の妊娠…ごめんね、お母さん』 [続きを読む]

受信: 2006.10.13 01時05分

» 『14歳の母』 第1回 「中学生の妊娠…ごめんね、お母さん」感想? [つれづれなる・・・日記?]
今期、あえて、期待度一番にしました。 「あえて」を強調するのには、内容的な期待もありますが、どれだけ、今のご時世をぶったぎれるか。そこに期待しています。 本来、見て欲しい年齢層は、10代の女の子および、その両親だと思ってます。 ので、自分はみごとに外れるのですが、とりあえず、これは完走したいと思ってます。 てなわけで、初回なので、軽めで。 あら?なんか全然違うんですが? OP(でもつく�... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 01時29分

» 14歳の母 初回 [ドラマ!テレビ!言いたい放題]
期待度NO1作品が早速登場。 いやいやいきなり突っ込ませていただきましたよ!! あんなに浅い川にあの高さから飛び降りたら、しゃれじゃすまないでしょ~ もうひとつ。 いまどきゲーセンにあんな人たちいないでしょ~ 外ならまだしも、あんな施設の、しかも施設のど真ん中で..... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 02時01分

» 『14才の母』 第1話 「中学生の妊娠…ごめんね、お母さん」 [老舗ワタクシ本舗]
◇14歳で妊娠し出産を決意した少女の心の軌跡と両親や友人らの反応を通し、命の尊さを訴える社会派ヒューマンドラマ。井上由美子脚本、佐藤東弥演出。未希(志田未来)は、名門といわれる女子中高一貫校に通う中学生。住宅販売会社に勤める父の忠彦(生瀬勝久)とファミリーレストランでパートをしている母の加奈子(田中美佐子)、小学生の弟の健太(小清水一揮)と暮らしている。未希は加奈子の弟、マコト(河本準一)が経営するエレキギター店で、塾仲間で男子校に通う智志(三... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 02時40分

» 14才の母 第一話「中学生の妊娠…ごめんね、お母さん 」 [どらまにあ]
名門といわれる私立の女子中高一貫校に通う中学2年生の 一ノ瀬未希は、 住宅販売会社に勤務する父・忠彦(生瀬勝久)、ファミレス でパートをしている母・加奈子(田中美佐子)と小学生の弟・健太 (小清水一揮)の4人家族。 建売住宅ながら一国一城の主となった忠彦は、自..... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 03時20分

» 《14歳の母》 第1話 [まぁ、お茶でも]
ごく普通の家庭に育った未希が塾で知り合った智志は、母子家庭で、屈折した中で過ごしていた。そんな二人が、中学生らしく付き合っていた。 [続きを読む]

受信: 2006.10.13 04時08分

» 14才の母第一話 『中学生の妊娠…ごめんね、お母さん』 [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ]
14才の母、こちらも期待していたドラマでしたが、その期待とはまた違った展開にビックリでした。 冒頭から放送部でアナウンスしている志田未来ちゃんこと、ごくごく普通の中学生、一ノ瀬未希ちゃん。 演技は凄く上手いですね。 初っ端からのめりこんでしまいました。  さすが... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 04時51分

» 「14歳の母」第1話(運命の夜に結ばれた先に・・・) [オールマイティにコメンテート]
「14歳の母」はごく普通の家庭に育った14歳の中学生2年生が妊娠し、出産を決意して母親?になる過程を描くストーリーである。14歳で妊娠し、出産を決意して、母親になる決意をする女の子の気持ちと心、そしてその命の尊厳を問うドラマとして現実問題として考えていき...... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 06時20分

» 14才の母:第1話 [日常の穴]
テーマと、主役の未希役に13歳の志田未来が挑戦するというところに惹かれて見てみた。  →14才の母 オフィシャルサイト 13歳の少女にはなかなか重い役だが、どう演じていくのか楽しみだ。 志田未来はベースがやや泣き顔だが、なかなか表情豊かな印象を受けた。 泣く表情もよい。 父(生瀬勝久)、母(田中美佐子)は物腰柔らかな優しいキャラのようだ。 父はちょっと怒りっぽいところもあるようだが。 それだけに、この二人が娘にどう対していくのか見ものだ。 キャスティングでは、担任役の山口... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 07時28分

» 14才の母 第1話 [ドラマの話をしてみよう]
恐らく今期一番の問題作になるであろうドラマがスタートしました。 いきなり第1話で妊娠発覚かぁ・・・( ̄□ ̄;)!! タイトルが14才の母というくらいなんで、何故そうなってしまったのかというよりも、そうなってしまった後の事に主眼を置いた内容のようですねぇ♪ サプリでも存在感のあった志田未来の演技にも注目ですが、脇も結構粒揃いだし、ドラマに没頭出来そうな感じです。 北村一輝も出てるし(^^♪ どういう始まり方をするのか気になってたんですが、意外にもハイテンションな未希(志田未来... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 07時35分

» 14才の母(10月11日) [今日感]
杉田かおるの「15の母」を上回る14才の母。女王の教室の名演以来絶好調の志田未来が演じるとあって、ストーリー性、キャスティングともに話題先行ぎみでしたがさて。 [続きを読む]

受信: 2006.10.13 07時45分

» ・日本テレビ「14歳の母」第1話 [たまちゃんのドラマページ]
2006年10月11日(水)、日本テレビで「14才の母」が放送されました。初回放送は拡大版。(22:00〜23:09) ◇14歳で妊娠し出産を決意した少女の心の軌跡と両親や友人らの反応を通し、命の尊さを訴える社会派ヒューマンドラマ。井上由美子脚本、佐藤....... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 07時46分

» 「14才の母」第一話 [みょうがの芯]
「女王の教室」で鬼教師と闘う小学生を熱演した志田未来(しだ みらい)ちゃんが、中学2年生で出産を決意するという難役に挑戦.する「14才の母」がスタートしました。 [続きを読む]

受信: 2006.10.13 08時48分

» 14才の母 第1話「中学生の妊娠・・ごめんね、お母さん」 [Happy☆Lucky]
14才の母 第1話「中学生の妊娠・・ごめんね、お母さん」 [続きを読む]

受信: 2006.10.13 15時32分

» 14才の母 [稲葉以外♪]
「14才の母」オリジナルサウンドトラック (11月29日発売) たぶん、毎回が後味の悪いドラマになりそうです。 内容が重過ぎて決して楽しめない作品なので。 とにかく疲れそう。 演じている方も、皆上手いので、余計に現実味のある感じがします。 初回なので、ストーリーはわかっている通りなのに、ずしんとのしかかってきました。 序盤の方は明るい展開なので、後半余計に見ていても苦しいです。 登場人物たちの笑顔は、これから先、見ることが出来なくなるんでしょう。 外見と内面の成長の差が... [続きを読む]

受信: 2006.10.13 23時17分

» 14才の母 (;ΦДΦ)マ〜ジ〜デ〜 [zenの日記]
今日から始まるドラマ14才の母を見ました(≧∇≦) キャストはこんな感じです(^^) 一ノ瀬未希  … 志田未来 一ノ瀬加奈子 … 田中美佐子 ←ママ 一ノ瀬忠彦  … 生瀬勝久  ←パパ 一ノ瀬健太  … 小清水一揮 ←弟 桐野智志  … 三浦春馬 ←未希の彼氏 桐野静香  … 室井滋 ←智志ママ 三井マコト … 河本準一 (次長課長)未希の叔父で店長 三井ひな子 … 金子さやか 遠藤香子  … 山口紗弥加 ←未希の担任 柳沢真由那 … 谷村美月 ←転... [続きを読む]

受信: 2006.10.14 01時23分

» 「14才の母」 第一回 [The Glory Day]
正直、妊娠ネタ自体は私が一番嫌いなもの。都合よく使うのは脚本家として 逃げ道でしかないと思っているから。さて、それを正面から描くこのドラマは私 のこの思いを払拭してくれるのでしょうか?... [続きを読む]

受信: 2006.10.14 17時14分

» 14才の母 第1話 評価“前フリの回だけど、星2つ” [ハマリもん]
なんか、口を開けば文句ばかりが出そうな初回だった [続きを読む]

受信: 2006.10.15 23時35分

« 僕の歩く道・第1話 | トップページ | 嫌われ松子の一生・第1話 »