« セーラー服と機関銃・第1話 | トップページ | 鉄板少女アカネ!!・第1話 »

2006.10.16

たったひとつの恋・第1話

北川悦吏子さんによる正統派ラブストーリーが、日本テレビ系ドラマでスタート! 初回話の放送当日は、同局の複数番組で出演者が番宣目的で出演していました。また放送前番組も放送され、その中でこのドラマの公式の略称を決め付けていました。いろいろと案はあったけど「ひと恋」らしいですよ。『「ひと恋」とお呼びっ!』らしいですよ。誰が、嫌だね・・・、とは言えない無難な呼び方。活用させていただきます!(笑)

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「たったひとつの恋」
第1話「上流と下流の恋」

貧しい町工場の息子と宝飾店の令嬢が恋に落ちる。船の修理工・弘人(亀梨和也)は、釣った魚を友人の甲(田中聖)らと料亭へ売りに行く。途中、女子大生の菜緒(綾瀬はるか)と衝突。魚をぶちまけ、菜緒の服を台無しにしてしまう。その晩、身分を偽り大学生のパーティーに紛れ込んだ弘人らは、菜緒と再会する。

貧乏な青年と裕福な令嬢の、偶然の出会い・・・。それは意外でもあり醜くもありました。弘人[ヒロト]と甲[コウ]と亜裕太[アユタ](平岡祐太)は、身分を偽って有名大学生としてパーティーへ潜入し、そこで菜緒[ナオ]と再会。弘人と菜緒はトントン拍子で心を通わせるようになりました。そして後日、菜緒はハロウィンを一緒に楽しむ約束をしていた裕子[ユウコ](戸田恵梨香)から「バイトで行けない」と連絡が入り、一応彼女を待ち続けていると以前一応会う約束をしていた弘人がその場に現れ、またもや良い感じ。しかし、後に菜緒は彼が大学生と偽っていたことを知って苛立ち、二人が再会したのは弘人の工場だった・・・。

なるほど・・・。北川さん脚本作のTBS系「オレンジデイズ」と、北川さん脚本作でないTBS系「太陽の季節」を混ぜて、5分の1だけ切り出した感じ?(何それ?) 「ロミオとジュリエット」や「タイタニック」に通ずる部分もありますね。劇中では「シンデレラ」という言葉も出ていたかな。明るい青春ドラマかと思いきや、初回話は貧富の差をまじまじと見せ付けられた展開で、やや重かったなあ。まず、菜緒が裕福過ぎるんですよ。宝飾店社長のお父様・雅彦(財津和夫)に、優しいお母様・みつこ(田中好子)に、カッコ良いお兄様・達也(要潤)ってね。また、弘人が貧乏過ぎるんですよ。夫を亡くして水商売で稼ぐ母ちゃん・亜紀子(余貴美子)に、病弱で養護学校に通う弟くん・廉[レン](斎藤隆成)ってね。この両家が、子供たちの恋愛で関係していくわけか・・・。

亀梨くんと綾瀬さん。微妙に合わない気がするんだけど、他のドラマの影響のせいかな? 平岡くんと戸田さん。顔が何か似ているんだけど、気のせいかな? そして田中くん。「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」のカズorミッキーそのまんまじゃないかよ!(笑) いや、それでいい・・・。このメイン5人が、恋愛で迷い悩んで過ごしていくんでしょうね。初回話を見た時点では、良く言えば「面白みは未知数」、悪く言えば「不安材料が多々あり」。でもとりあえず見ていこうと思っています。主題歌を歌うのはKAT-TUNで(赤西くん不参加に泣く)、作詞・作曲が小田和正さんという豪華なコンビ。ここは素直に期待した所でした。そういえば、KAT-TUNのメンバーが2人が出演している件は「貧しさの中にも贅沢あり」ですね。その2人と戸田さんが、近年の日テレ系「土9」ドラマで活躍した関係であることにも注目しました。さあさあどうなる「ひと恋デイズ」?

○関連カテゴリ「オレンジデイズ」

「たったひとつの恋」オリジナル・サウンドトラック
「たったひとつの恋」オリジナル・サウンドトラック

|

« セーラー服と機関銃・第1話 | トップページ | 鉄板少女アカネ!!・第1話 »

コメント

こんばんは。TBどうも♪
ドラマの開始時期は寝るヒマなくて大変です(^_^;)
「ひと恋」って、いまいちピンと来ませんが、
嫌だね、とも言えませんね。確かに。
上流と下流の差は極端ですが、これまた
嫌だね、とは言いません♪
良く言えば「面白みは未知数」、悪く言えば
「不安材料が多々あり」って、あんまし良くは言ってませんネ(^^)
全般的にイマイチかイマニの世評のようです。
ベタなのは分かってたし別にいいんですが、あまりに緩くて
静かなので、ブログが無ければ5分でチャンネル変えてたかも。
ただ、記事で独自性を出しやすいかな、とは思ってます。
とりあえず、もう1回じっくりorまったり見てみたいですネ☆

投稿: テンメイ | 2006.10.17 03時31分

あず様。おはようございます。
TBしてから、自分の記事が気になってちょこちょこ直していたら
アドレス残ったままで恥ずかしいことに。
お手数かけてすみません。
キッドは「たっ恋」と略しているのですが「ひと恋」はなんか嫌。
ひと夏の恋の略のような気がするし、ひと冬の恋の・・・×3。
「人来い」だとすると土下座外交かよっとからみたくなります。
ドラマは個人的には名作になる予感がします。
問題は数字ですよね。踊る殴る蹴る爆破するの攻撃にどこまで
耐えられるかです。
亀梨くん、二作続けて現場空気重いのはかわいそうすぎるし。
綾瀬さんは一才上ですかね。
十才近く上だった伊東さんとくらべると
逆に亀梨くんの幼さが際立っちゃうということがあるかもしれません。
弟の身体的障害とか、あえて直接的表現をさけた描写が
見逃されてしまうと、展開のないドラマと見られてしまう可能性は大ですね。
ま、それは分かっているけどやるというのなら
それはそれで素敵なチャレンジだと思いますが。
「目玉焼きでいいかい」
が歴史に残る名セリフになるようなドラマになるかどうか。
思わせぶりがすぎると見捨てられちゃう時代だから。
ハードなトライだなぁと感じています。

投稿: キッド | 2006.10.17 09時33分

>テンメイさん

こんにちは! 公式の略称は「ひと恋」ということだけど、まあ一番無難な略称ですよね。「たっ恋」や別の妙な案もあったけど、人それぞれで好きなように呼べば良いさ。じゃあ私は「ひと恋」で(結局それかよ!) ああ、一応「未知数」は「希望あり」という意味で書いたんだけど、後に辞書で調べたらあまり良い意味では使われない方が多いようですね(苦笑)。でも、確かに他の人の感想も「微妙」が多かったような。初回話に限っては地味過ぎたかもしれないけど、今後どう変わっていくかを期待して見ていくことにします。土夜ドラマだし、楽しく見たい!

>キッドさん

おお、「たっ恋」派ですか! ああ、確かに「ひと恋」は別のことを予感させるかも。しかも悪い予感を(苦笑)。このところドラマで活躍しまくっている亀梨くんは、演技が段々と上達しているとは思うけど、共演者との関係を考えると「活躍しきれていない」とも言えるかな。恋愛モノではない「野ブタ。にプロデュース」の時はバッチリ活躍できていた分、特にそう思ってしまうんだろうか・・・。まあいろいろと疑問を投げ掛けているけど、今後の展開にはまだまだ期待しています。“私の中で超えられない壁”の「オレンジデイズ」を乗り越える勢いがベスト!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.10.18 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/12314210

この記事へのトラックバック一覧です: たったひとつの恋・第1話:

» 火花で始まる静寂な花火~『たったひとつの恋』第1話 [テンメイのRUN&BIKE]
  たとえば 夏の日の花火みたいに忘れられない   たった たったひとつの恋があ [続きを読む]

受信: 2006.10.17 03時13分

» たったひとつの恋 第1回 [ALBEDO0.39]
たったひとつの恋 第1回 出ました!ベタな展開(笑 ________ 魔法がとけたシンデレラには カボチャの馬車と みすぼらしい洋服が残ったように 僕達も現実に引き戻された 恋の始まりはいつだって 赤ちゃんの瞬きみたいに ささやかで美しいんだ。 それがその後どれほど 残酷で苦しい恋に育っていくとしても。 僕はその運命を逃れられない。 ________ 僕は、彼女と居ると 探し物ばかりしてるんだ。 ________ 未来を表現する弘人の語り↑が... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 03時42分

» 《たった一つの恋》 #01 [まぁ、お茶でも]
ヒロトはナオとは全く接点の無い世界で必死に生きていた。 禁漁区で、いつものようにアユタ、コウと魚釣りをし、パトロールに追いかけられながらも、逃げおうせた。いつもの料亭に売りに行く途中、女子大生の一団に出くわした。... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 04時03分

» うそつき・・・・・・・・・・・・・・・。(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
亀梨和也はガセビアの沼行きですか~。いえ、「赤ん坊のまばたきのようにささやかで美 [続きを読む]

受信: 2006.10.17 04時30分

» 日テレ たったひとつの恋(1話) [C-bose TV Laboratory]
 ここ最近のドラマとガラリと変わり、この時間帯に純愛ドラマを持ってきました。果たして吉と出るのか凶と出るのでしょうか。1話はストーリーを少々。  神崎弘人(亀梨和也)は船の修理工場で働く青年。母親と弟の3人で暮らしていました。いつも草野甲(田中聖)や大沢亜裕太(平岡祐太)と釣りをしたり、お酒を飲んだりしています。ある時、釣った魚を料亭に売りに行こうとすると、丁度弘人が持っていたバケツによそ見をしていた横濱女学館に通う、月岡菜緒(綾瀬はるか)がぶつかり、びしょぬれになってしまいました。  ... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 07時10分

» ・日本テレビ「たったひとつの恋」第1話 [たまちゃんのドラマページ]
2006年10月14日(土)のお話。21時から、日本テレビで「たったひとつの恋」が放送されました初回は拡大版(21:00〜22:14)※放送時間については、関東ローカルで書いてます。各地域で、異なる場合がありますので、ご注意下さいねぇ(笑) 出演は、亀梨....... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 07時41分

» 『たったひとつの恋』 第1回 「上流と下流の恋」 感想? [つれづれなる・・・日記?]
このドラマに関して、どこまでベタかと、綾瀬さんのボケっぶりが見れればそれでとりあえずOK。(爆) だって、過度に期待したらこけそうだし。 北川さんだし、男3女2の構成もあり、「オレンジデイズ」のラインでまとめてくれればよしとしまっか。 てなわけで初回の雑感。 思ったとおりというか、ある意味ベタ王道。 お互い反感しあって始まって、落ち着くところ落ち着くんだろうけど・・・といいたんだけど、�... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 08時10分

» たったひとつの恋 第1話 [ドラマの話をしてみよう]
んー・・・。 前半を観た限りでは、亀梨和也がまたドラマでこけそうだなぁ・・・、サプリに続いてだと厳しくなるのかなぁ・・・、などと勝手に思ってたんですが、何とか後半盛り返したかなという感じの始まりでした。 まず、階段でぶつかるシーンで、えぇ〜、そんなぶつかり方するかぁ?と思ってしまい、演出大丈夫か?と心配になり・・・。 プールに落ちるまでの展開もネズミ花火って・・・(-_-;) 同じ落ちるにしてももう少しないのかよっ!みたいな・・・。 プールに落ちるシーンだと恋に落ちたらを思... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 08時20分

» たったひとつの恋 [のほほん便り]
正直いって序盤は、あまりにも、わざとらしい偶然の連続が、あまりにもドラマ的というか、やや、コテコテ過剰というか… 内心「韓国ドラマなら、気にならない要素が、どうして、こうも日本の作品と抵抗感、なんだろう…」と思わず考え込んだのですが、 後半は、大いに惹きこまれました。 我家では、ローカルに「あのロケ地はどこだ?」 「遠方に、○○が見えてるのにぃ… うう、これだけ住んでて分からないとは、悔しいっ!」と、外野トークが盛り上がってしまったりしてね。 個人的には、貧富関係は、むしろ男... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 08時44分

» たったひとつの恋 第1回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『上流と下流の恋』 [続きを読む]

受信: 2006.10.17 08時50分

» 「たったひとつの恋」の話 [のらさんのうだうだ日和]
「たったひとつの恋」 【Official site】 第1話・「上流と下流の恋」(視聴率12.8%)工場で必死に働く貧乏な青年と、何不自由なく育ったお金持ちの令嬢の2人のたったひとつの恋の話。脚本は北川悦吏子。「オレンジデイズ」「空から降る一億の星」「Love Story」「Beautiful Life ふたりでいた日々」「Over Time オーバー・タイム」「最後の恋」「ロングバケーション」「愛していると言ってく... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 08時57分

» たったひとつの恋 第1話 〜亀梨和也・きらめく星のように〜 [くつろぎ日記]
恋の始まりはいつだって赤ちゃんのまばたきみたいにささやかで美しいんだ。 [続きを読む]

受信: 2006.10.17 09時43分

» たったひとつの恋 第1話 [Happy☆Lucky]
たったひとつの恋 第1話 [続きを読む]

受信: 2006.10.17 10時33分

» たったひとつの恋 第1話 [塩ひとつまみ]
何だか微妙な感じでしたね〜。 何年か前(十何年前?)だったら感じるかも知れないときめきが… ナイです(汗) お金持ちのお嬢様と日々の生活を何とか生きてきた男の子との恋愛に対して 「身分の違い」っていう言葉もど... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 11時12分

» たったひとつの恋 第1話 「上流と下流の恋」 [テレビお気楽日記]
父の残した船の修理工場で働く弘人(亀梨和也)。カフェで働く亜裕太(平岡祐太)と運送会社で働く甲(田中聖)の3人組。仕事が終ると釣りをして料亭に魚を売り、わずかなお金で貧しい生活。  菜緒(綾瀬はるか)はジュエリーショップの社長令嬢。ちょっとそそっかしいタイプなの....... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 11時36分

» たったひとつの恋 第1話:上流と下流の恋 [あるがまま・・・]
うわぁ、きっつぅ〜( ̄⊥ ̄lll あまりに境遇が違い過ぎる二人・・・{/ase/} つか、世間に対してあまりにも後向きなヒロトの態度が気になるわぁ・・・ まぁ、幼い頃に父親を亡くし、相当苦労をしてきたようなので仕方無いのかな? でも、早々にウソがバレてホッ{/onpu/}二人の仲が親密になってからじゃ、なかなか 言い出せなかったでしょうからね〜。 しかし、おっとりしたお嬢さまかと思いきや、ヒロト... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 14時07分

» たったひとつの恋〜第一話・うそつき [一言居士!スペードのAの放埓手記]
「たったひとつの恋」ですが、北川さんという昔から居る脚本家のドラマで、それを亀梨君と綾瀬はるかという若い二人がやるドラマなのですが、綾瀬はるかは、必ずしも山田孝之と共演するとは限らないようです。 ストーリーとしては、一流大学のお嬢様と、町工場で働いている青年の恋愛ということで、結構ベタな話のような気はします。青年の方ですが、違法に魚を釣って、料亭に売って小遣い稼ぎをしたり、ちょっとセコい気はします。(「たったひとつの恋」の感想は、以下に続きます) ... [続きを読む]

受信: 2006.10.17 14時37分

» たったひとつの恋 [Akira's VOICE]
初回の感想 [続きを読む]

受信: 2006.10.17 17時31分

» たったひとつの恋 [裏 TV RANKING SHOW]
北川悦吏子さん脚本の「たったひとつの恋」が始まりましたね。初回から恥ずかしいくら [続きを読む]

受信: 2006.10.17 17時45分

» 亀梨和也主演『たったひとつの恋』に星5つ [ サブまりん〜ジャニーズにまつわるエピソード]
これぞ純愛ドラマ! 『たったひとつの恋』第1回に星5つです。 貧しい青年と金持ちの娘が出会い、互いに惹かれてゆくというベタな設定でありながら、不思議と使い古された感じがしません。 観ているうちに、どんどん話に引き込まれていきます。 亀梨くんを主演にしたのは大正解。 弘人はハマり役ですね。 つなぎの作業衣に身を包む、溶接工のきゃしゃな青年。 油にまみれてたたずむ姿は、どんなに華やかな衣装よりも繊細な美しさを引き出しています。 彼の醸し出す空気が、ドラマの世界観を創っているよう。 ... [続きを読む]

受信: 2006.10.18 00時22分

» たったひとつの恋 第一話「上流と下流の恋」 [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ]
最近の土曜の9時のイメージとは全く違う純愛ドラマを持ってきましたが・・・・悪くはないですが、それほど良くないです(;^◇^;)ゝ イヤァ 90年代のトレンディードラマと呼ばれていた時代なら文句なしに話題になっていたかも知れない純愛ドラマ。 果たして今の時代にあっているの... [続きを読む]

受信: 2006.10.18 06時52分

» たったひとつの恋・第1話 [山吹色きなこ庵~きままにコラム~]
はじまりました~。。。たったひとつの恋。 録画もできてないので、かる~~い感想で [続きを読む]

受信: 2006.10.18 19時43分

» たったひとつの恋 1話 [頑張る!独身女!!]
寂しく、悲しい、ドラマの展開を予感させる音楽。そして、晴渡る空、穏やか海、そんな横浜の風景さえもが逆に悲しく感じる。 [続きを読む]

受信: 2006.10.18 23時45分

» 《たった一つの恋》 #01 [まぁ、お茶でも]
ヒロトはナオとは全く接点の無い世界で必死に生きていた。 禁漁区で、いつものようにアユタ、コウと魚釣りをし、パトロールに追いかけられながらも、逃げおうせた。いつもの料亭に売りに行く途中、女子大生の一団に出くわした。... [続きを読む]

受信: 2006.10.18 23時58分

» たったひとつの恋 [稲葉以外♪]
「たったひとつの恋」オリジナルサウンドトラック (11月29日発売) あれぇ?(笑) 亀梨和也、もっと上手ければなぁ。 セリフに「・・・」と「、」と「。」と「間」っていうのが見えます。 文字が浮かんでしまうのは、つぶやいているのと早口な上に、はっきり聞こえないので。 髪を切っても、共演者が変わっても、亀梨は亀梨なんですね。 映像だけ見ると雰囲気は出てるのに、彼が口を開くと私の首が傾いてしまいます。 うーん? そして、今期一番の「ツッコミどころ満載ドラマ」かも。 正直、... [続きを読む]

受信: 2006.10.19 20時08分

» たったひとつの恋(1) [ドラ☆カフェ]
〜上流と下流の恋〜 [続きを読む]

受信: 2006.10.21 23時06分

« セーラー服と機関銃・第1話 | トップページ | 鉄板少女アカネ!!・第1話 »