« サプリ・第11話(最終話) | トップページ | 「トップキャスター」のDVD化で第3話が丸ごと削除 »

2006.09.19

ダンドリ。~Dance☆Drill~・第11話(最終話)

レビューの辞退はしましたが、視聴だけは続けてこられました。今回で最終話を迎えたということで、最後に軽くまとめておこうと思います。ラストで感動したら、ボンボンを持って踊ることにしますよ。“♪ア~、チョイナチョイナ!(それは違うと思われ)”。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「ダンドリ。~Dance☆Drill~」
第11話(最終話)「感動のラストダンス!」

けがをした要(榮倉奈々)は、医師に大会出場を止められた。要は気持ちの整理ができず、本当のことを言いだせない。そんな中、要の診断結果を知った双葉(加藤ローサ)は、要を大会に出さないと宣言する。メンバーは動けない要のため振り付けを変えようと提案。だが、双葉は聞き入れず、冷たいと非難される。

同志が集って始めたチアダンス同好会「MAYFISH(メイフィッシュ)」は、各メンバーや同好会のトラブルもありながら、紆余曲折を経て全国高等学校チアダンス選手権に出場することに。しかし、大会直前に一番張り切っていたリーダーの要がケガをしてしまい、最後の最後までトラブルで悩まされることに。しかし双葉他仲間たちの支援もあって全員で出場することになり、大会では笑顔のまま思う存分にチアダンスを披露して、ラストダンスを決めました。同好会の皆は、良く頑張った!

感動度は微妙なところでした。いや、別に冒頭の公約を避けたわけではなくてね(笑)。毎回のように発生するトラブルを一つ一つ解決して成功を収める流れは、もはや同局系「ウォーターボーイズ」他でも御馴染みの定番スタイル。だけど無理矢理発生させて続けていた感が残って、あまり思い入れができませんでした。まあ、おちゃらけキャラぶりが空回りしていた“カルロス”三郎太(増田貴久)の隠れた頑張りや、実は踊ることに大きく関係していた顧問・渡(国分太一)の家元騒動解決は、素直に良かったと思ったけどね。ぶっちゃけて言うと、毎回無理に発せられた要の寒いギャグを聞くのが、苦痛で仕方が無かったわけでね(苦笑)。

途中、軽はずみなネット書き込みでMAYFISHに解散の危機が訪れた回は、あまりリアリティを感じなかったんだけど何故だろうか? 期待された大会でのダンス披露で思ったより感動しなかったのは、そこに重点を置かず短時間であっさりと終わってしまったからだろうか? UVERworldの主題歌「SHAMROCK」は軽快で結構良かったけど、BGMがどうもパッとしないと思ったのは私だけだろうか? MAYFISHの活動を追うことにちょっと辛さを感じ始めたのが、レビューを一旦辞めた大きな理由でした。中盤以降は追うのも面白くなってきたけど、やっぱりストーリーで起こった事実しか書けなかったかもしれないです。最終話を見て、こんなレベルの感想しか書けないことからもね。それを考えると、「ウォーターボーイズ(特に“1”)」は構成がなかなか良かったんだなあと。このドラマは“ダンドリ(段取り)”がイマイチだったんだなあと。話題性もあまり無かったし、チアダンスブームも特に起こらなかったし・・・。

それはともかくとして、MAYFISHのメンバーの笑顔だけは印象に残りました。あんな学園生活も楽しそうで憧れますよね。チアダンスはやってみたかった。それが最後の言葉です。

○関連記事「ダンドリ。~Dance☆Drill~・第1話」
○関連記事「ダンドリ。~Dance☆Drill~・第2話」
○関連記事「ダンドリ。~Dance☆Drill~・第3話」

「SHAMROCK(初回限定盤・DVD付)」 「SHAMROCK(通常盤)」
主題歌「SHAMROCK(初回限定盤・DVD付)/(通常盤)」(UVERworld)

「ダンドリ。~Dance☆Drill~」オリジナル・サウンドトラック
「ダンドリ。~Dance☆Drill~」オリジナル・サウンドトラック

|

« サプリ・第11話(最終話) | トップページ | 「トップキャスター」のDVD化で第3話が丸ごと削除 »

コメント

何故だかこのドラマでは毎回うるっと来てしまってました( ̄┰ ̄;)ゞ
イマドキ珍しいくらい、みな純で頑張り屋さんだなぁ~との保護者気分。
いや、イマドキの高校生でも一生懸命な子はいっぱいいるんでしょうけどね(笑)。
要のさぶぅ~いギャグ…かしこさんの突込みを楽しみに何とか耐えてました!

投稿: まこ | 2006.09.20 11時50分

ラストのお約束、チアを目当てに見ていました。にもかかわらず、このドラマは、涙腺を刺激するのです。毎回泣かされていました。
今回も、あんなに頑張ったカルロスを飛ばしおって!と、怒りながら見ていました。
なんてみんながんばりやで、イイコ達なんでしょう♪

投稿: mari | 2006.09.21 00時17分

あずさん、こんにちは!
私も毎回ベタだと思いながら涙腺破壊攻撃に参っていました。
よく比較されるWBも見てなかったし、純粋にチアを見たいと思ってたので。
で、毎回下手くそなもんだから、エンディングのようになるのかと密かに
心配しておりました。
最後はばっちり決めてくれてほっとしましたね。
つまりこれが狙いだったということね(笑)
最後の「雨降って超かたまる」にはかしこさんも突っ込みを入れてなかったね。
最後だし大目に見たのか。確かに超固まったしね♪

投稿: かりん | 2006.09.21 18時03分

>まこさん

なんだかんだと記事で書いたけど、リタイアせず視聴を続けられたということは「それなりに楽しんでいた」というわけで、あくまで「レビューは自信を持って書けない」といった感じです。中盤以降の回で皆での練習風景を見た時、格段に上手くなっていたのは驚きました。スケジュールに追われつつも、頑張っていたんですね~!

>mariさん

思うに、女性の視聴者が特に感動したのかな? 女性ブロガーによる絶賛の声(レビュー)を良く目にしたものでね。だから私は男モノの「ウォーターボーイズ」シリーズを絶賛したのかもしれない?(笑) 同好会の皆も良かったけど、あのカルロスがあんなに良い子だったとはね。途中からものすごく好感度がアップしました!

>かりんさん

ベタなストーリーだからこそ展開具合が気になっていたけど、中盤から良いように動き出して最後は見事に決めてくれましたね。女性ならではの機敏で美しい動きは魅力がありました。あれだけ要の行動ぶりに批判的だったかしこさんも、ついには同調しちゃったし(笑)、まあそれも良かったのではないでしょうか。ラストはチアダンスのようにキレイに決まりました!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.09.22 02時45分

役者の技量が伴わないのに、下手に話ばかり複雑にして破綻するドラマよりも、
思いっきりベタなところに体当たりしていくようなこのドラマが私は大好きでした。
要の寒いギャグと、それに対するかしこさんの冷ややかな突っ込みも
同じく楽しみにしていました。
それはひょっとしたら、年齢にもよるのかもしれない…と思ったりしてw。
きっとadsさんは自分よりずっと若いんじゃないかな?
性別も関係あるかもしれない。
矢口監督のウォーターは新鮮でとても感動したけれど、
テレビ版は、いづれも今回のadsさんと同じような感想を持ったので。

毎度のことながら、参考までに私の感想もTBさせていただきました。

投稿: かるまんぼう | 2006.09.24 05時00分

かるまんぼうさんと概ね同じ視点で見ていました(笑)。視聴ポイントが本来似ているのかもしれませんね。ただ、そちらのように深く入ったレビューは書けませんけどね。青春モノは嫌いでは無いけど、一部入り込めなかったのは性別も関係あるかもしれません。女性は多くの方が絶賛していましたからね。今後は「団鳥。」か「男鳥。」として、熱い男たちによる応援団モノでも?(笑)

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.09.25 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/11966402

この記事へのトラックバック一覧です: ダンドリ。~Dance☆Drill~・第11話(最終話):

» ダンドリ。〜Dance☆Drill〜 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『感動のラストダンス!』 [続きを読む]

受信: 2006.09.20 08時18分

» ダンドリ。〜Dance☆Drill〜 最終話:感動のラストダンス! [あるがまま・・・]
泣いた、泣いた!q(T▽Tq)(pT▽T)p いやぁ〜、メイフィッシュのチアダンスのシーンは圧巻でした!{/good/} まさかここまでのダンスが見れるとは思ってもなかったわ〜。 メチャクチャ練習したんだろうな〜というのが、ダンス後のシーンで感じられましたわ〜。 みんな達成感のあるいい笑顔してたもん!{/choki/} 思い起こせば…要が会場の廊下を「半年前、まさか自分が…」とナレーションの�... [続きを読む]

受信: 2006.09.20 11時45分

» 『Dance☆Drill ダンドリ。』最終回 「感動のラストダンス!」メモ [つれづれなる・・・日記?]
この系統のドラマで最後がだめだめだったら見る意味ないし。 まぁ、まぁるくまとまった用に思います。 [続きを読む]

受信: 2006.09.20 23時16分

» 相川要に出会えてよかった!! [最強コンビ!!]
今日も「ダンドリ。」が終わってしまいました・・・ いや、ついに今日で「ダンドリ。」が終わってしまったのです・・・ 悲しい!!悲しすぎる!!「ダンドリ。」漬けだった自分にとって、この夏最大の楽しみが 終わってしまっただなんて悲しすぎる!!欲を言えば「ダンドリ。」最終回も15分延長を してほしかったよ〜!! 最終回のストーリーはあまり多くを語るつもりはありません。とにもかくにも感動しました!! �... [続きを読む]

受信: 2006.09.20 23時20分

» ダンドリ。〜Dance☆Drill〜 最終話 [ドラマの話をしてみよう]
思えば今期のドラマの中で一番涙腺をやられたのがこのドラマだったんですよねぇ。 こういう青春物に弱くて、毎回ウルっと来てました(^^ゞ そんなドラマも遂に終わってしまったんですが、何か凄く清々しい終わり方で良かったぁ〜(^^♪ 途中ちょっとしたことで涙腺が緩んでました(笑) 要(榮倉奈々)がケガをし、大会には参加出来ないと言われてからどうやってケガを治すのかと思ってたんですよねぇ。 うらなり先生(国分太一)のつてで凄く腕のいい医者とか鍼治療の先生とか出てくるのかとも思って... [続きを読む]

受信: 2006.09.20 23時44分

» 《ダンドリ》 Final Stage [まぁ、お茶でも]
要のケガが深刻で、医者からもダンスは禁止されていた。双葉たちには、OKと言っていたが、忘れ物を取りに寄った双葉が [続きを読む]

受信: 2006.09.21 00時23分

» 「ダンドリ。」(Final Stage:「感動のラストダンス!」) [鉄火丼のつれづれ日記]
今回の「ダンドリ。〜Dance ☆ Drill〜」は最終回で、要率いる“MAYFISH”が最高のチアダンスを披露してくれた。と言っても、ストーリーは要がじん帯を痛めてしまい、医師からドクターストップを宣告されてしまうところからなのだが、最後の“MAYFISH”のパフォーマンスを見て…。... [続きを読む]

受信: 2006.09.21 00時24分

» [ドラマ・映画]「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜 Final Stage(最終回)」(テレビ熊本) [ば。が生まれるblog。]
ふぅ〜。何とかリタイアせず、最後まで無事見終えました。 初回こそ視聴率がだったものの2回目以降ヒトケタ台が続いたにもかかわらず、1話短縮もなくスポンサーもよく我慢したと思いますね(u_u)。 要(榮倉奈々)が「メイフィッシュ」のメンバーに挫いた足が直ったと... [続きを読む]

受信: 2006.09.21 04時59分

» ダンドリ。~Dance☆Drill ラストstage 感動の最終回! [レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞNプロジェクト(o`・ω・)ゞ]
感動の最終回でした! こういったドラマは大好きだったので、一回目から最終回までほんと楽しく見れたって感じがしましたよ! 第一回目のOPでMAYFISHの青いユニフォームをしてちゃんとメイクをして・・・輝いていた要ちゃんが映っていたのをウル覚えですが、かすかに... [続きを読む]

受信: 2006.09.21 05時10分

» ダンドリ。〜Dance☆Drill〜<第11話> [のぶひさの日記]
第11話「感動のラストダンス!」 チアの神様のおかげで要(榮倉奈々)は夢を実現しました。 友情、親友、青春がいっぱいつまった最終回でした! 双葉(加藤ローサ)が要をメンバーからはずすと言ったとき、え〜残酷!って思ったけど、さすが親友、要のためを思っていたのですね。 無理に足を動かさなかったおけげで、要の足は急速に回復。 若いっていいなぁ(笑) さつき神社では双葉がお百度参りをし�... [続きを読む]

受信: 2006.09.21 09時36分

» ダンドリ。最終回〜雨降って、超固まる! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
ダンドリ。とうとう終わってしまいましたが、最後のチアダンスはタップリあって良かったです。要(榮倉奈々)が怪我を隠して、チアダンスを続けようとするわけですが、親友双葉(加藤ローサ)にばれてしまうわけです。 双葉は一見冷たく要(榮倉奈々)を突き放すわけですが、やっぱり最初からの親友だけあって、本当は一番要のことを心配しているわけです。(ダンドリ。最終回、感想は以下に続きます) ↓おすすめアバター(自分の分身を着せ替え)サイト!無料でも結構遊べますよ!! みなくるホーム ... [続きを読む]

受信: 2006.09.21 15時13分

» ダンドリ 最終回 [くつろぎ日記]
君に会えてよかった! [続きを読む]

受信: 2006.09.21 18時04分

» 『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』全11話 視聴完了 [Jump Over the Borderline]
ダンドリ。~Dance☆Drill~ (出演 栄倉奈々、加藤ローサ) フジの夏のこの枠には、やっぱり青春モノがよく似合う。 とりたてて目立った役者がいるわけでもなく、 作品と同じように、キャスト&スタッフ全員が一丸となって “よい作品を作ろう”と頑張っている気合のようなものが 見ているこちら側にまで伝わってきた。 ご都合主義なところがまったくなかった脚本は秀逸で、 またその脚本に真正面から全身全霊で取り組んでいった 若い役者たちも素晴らしかったと思う。 向こう見ずだが一本気... [続きを読む]

受信: 2006.09.24 05時01分

« サプリ・第11話(最終話) | トップページ | 「トップキャスター」のDVD化で第3話が丸ごと削除 »