« ソフトバンクがシルバー基調の新ロゴマークを発表 | トップページ | ap bank・「ニュースJAPAN」で2夜連続特集 »

2006.08.19

Google・「google(ググる)」の使用に難色

Google(グーグル)が、「(Googleで)検索する」の意味で広く使われている「google(ググる)」の表現における社名使用について、厳重に取り締まる意向を明らかにしました。

○関連記事・CNET Japan『グーグル、「ググる」の使用に難色』
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20203307,00.htm

○「CNET Japan」の記事を一部抜粋

Googleが、「google someone(だれかについてググる)」といった一般動詞としての同社名の使用を厳重に取り締まる意向を明らかにした。

Googleによると、このような言いまわしは、同社のブランドを傷つける恐れがあるという。

同社の関係者は、「『Google』という言葉を使ってGoogleを使ったインターネット検索を表すことと、『google』という言葉を使ってインターネットの一般的な検索処理を表すこととは明確に区別することが重要だと思う。商標に関する深刻な問題が絡んでいる」と述べている。

言語学の権威であるレスター大学のJulie Coleman氏は、Googleの懸念に理解を示している。

「商標が一般的に利用されると、その名声は失われてしまう。したがって、Googleの主張は理解できる。彼らは検索以外のこともいろいろやっているため、自分たちのブランド名がこの分野に限定されてしまうことが嫌なのかもしれない」とColeman氏は語っている。

非常に興味深く、それでいて残念な内容。日本では「ググる」と使われるけど、海外でも同じように「google(一般動詞)」と使われるんですよね。私はそのように広く使われることで「検索界の頂点」にいる意味が含まれるとして喜ばしく思っていたけど、「検索以外の分野にも精力的に取り組んでいるGoogleとしては、うれしく思わないのであろう。」という第三者の意見も確かに分かる気がするなあ・・・。「検索する→google(ググる)」が、「携帯音楽プレーヤー→ウォークマン(ソニー)」や「ケータイの撮影画像をメール添付で送る→写メール(ボーダフォン)」等と同様の認知度や評価があると思っていたんですよ。でも考えてみたら、それらは「商標名」で「google(ググる)」は「社名」だから、事情が少し異なってくるというわけか・・・。

A:「○○」の意味を教えて?
B:「ググれ」
A:「『ググれ』ってどういう意味なの?」
B:「それもググれ」

こんなお笑いのような会話も実際にあるほどなのにね(たぶん)。ああ、本当に「ググる」という表現を気安く使えなくなってしまうんでしょうか・・・。

○関連記事「Google創業7周年~ググるグーグル~」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/09/post_8504.html


|

« ソフトバンクがシルバー基調の新ロゴマークを発表 | トップページ | ap bank・「ニュースJAPAN」で2夜連続特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/11488355

この記事へのトラックバック一覧です: Google・「google(ググる)」の使用に難色:

« ソフトバンクがシルバー基調の新ロゴマークを発表 | トップページ | ap bank・「ニュースJAPAN」で2夜連続特集 »