« タイヨウのうた・第1話 | トップページ | 思い出に残るファミリーコンピュータのゲームソフトランキング(gooランキング) »

2006.07.15

「愛・地球博記念公園(愛称モリコロパーク)」が一部開園

昨年3/25~9/25に行われた「愛・地球博(愛知万博)」の長久手会場跡地にできた「愛・地球博記念公園(愛称モリコロパーク)」が、7/15より一部開園となりました。

○関連サイト・愛知県のホームページ「愛・地球博記念公園」
http://www.pref.aichi.jp/koen/AI_CHIKYU/ai-top.htm
○関連記事・中日新聞『万博の感動「再会」 モリコロパーク 一部開園前に公開』
http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20060713/lcl_____ach_____000.shtml

○「中日新聞」の記事を一部抜粋

今度は記念公園で「再会」を-。愛・地球博(愛知万博)の閉幕から9カ月がたち、長久手町で15日に一部開園する愛・地球博記念公園(愛称モリコロパーク)。12日に報道関係者に公開された園内は、再びこの地に大勢の人が集まる予感をさせられる。

地元新聞サイトで事前にこんな記事が公開されたんですが、当日7/15は公園全体の約194ヘクタールのうち約26ヘクタール(13%)だけ無事に一部開園し、人気のあった「サツキとメイの家」やロボットが展示される愛知国際児童年記念館等の子供向け施設が開放されたようです。

06071501

モリゾーとキッコロも健在。モリゾー(右)の目が怖いぞ(笑)。

私は地元愛知県在住で行きやすかったこともあって、「愛・地球博」には2005年の7/14と9/25(最終日)の計2回行きました。計画を立てて効率良く会場内を回ったから、多くのパビリオンを見られて今でも満足しています。行きたいと思ったけど予約がいっぱいで行けなかった「サツキとメイの家」は、当初から何らかの形で残って閉幕後も見られるようになることを知っていたけど、この「愛・地球博記念公園」で再び見られるのなら暇を見つけて行くとしようか。予約はやっぱり必要らしいけどね。

06071502

公園の入場料は無料(施設は一部有料)。「サツキとメイの家」は大人500円・中学生以下250円。ただし、往復はがきでの申し込みが必要で、8月末まで予約がいっぱい(ひえ~っ!)。「第2期開園」は来年3月で、温水プール、アイススケート場、出展国等の寄贈品を展示する「愛・地球博記念館(仮称)」を含む中心部約64ヘクタールが追加されるそうです。そして「全面開園」は数年後。う~ん、待ち遠しいっ!

○関連記事『「愛・地球博」が開幕!(情報ナビ)』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/03/post_25.html
○関連記事『「愛・地球博」レポート・第1弾』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/07/expo2005_1.html
○関連記事『「愛・地球博」レポート・第2弾』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/09/expo2005_2.html
○関連記事『「愛・地球博」跡地公園の名称が「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」に決定』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/01/post_b4c9.html
○関連記事『「愛・地球博」の開幕から1周年』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/03/post_6ec2.html
○関連カテゴリ「愛・地球博」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/expo2005/

|

« タイヨウのうた・第1話 | トップページ | 思い出に残るファミリーコンピュータのゲームソフトランキング(gooランキング) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/10970389

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛・地球博記念公園(愛称モリコロパーク)」が一部開園:

« タイヨウのうた・第1話 | トップページ | 思い出に残るファミリーコンピュータのゲームソフトランキング(gooランキング) »