« マイ☆ボス マイ☆ヒーロー・第4話 | トップページ | “誰よりもママを愛す・結婚できない男・CAとお呼びっ!”について »

2006.07.30

任天堂「ニンテンドーDS Lite」を購入

任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS Lite」をついに購入しました! 本気で「DS」が欲しいと思い始めたのが、「DS Lite」が発売された今年3月。しかしそれ以降はとにかく売れに売れる大人気ぶりでずっと諦めていたけど、やっと手に入れましたよ!

地元では、市内の大型店や家電店が週代わりで順番に販売していて、その形態が大きく「抽選制」と「先着制」に分かれていました。「先着制」の店は早い者勝ちで、開店前に少なくとも2時間以上並ばないとゲットできない見込みだったため、待つのが嫌いな私は即却下。それで「抽選制」の店を選んだんだけど、多くは開店○分後までに並んでいた人を対象にくじ引きか当選番号の選出で購入権を得られるもので、実はもう何度目かの挑戦だったんだけど・・・。なんと今回、別々で狙った挑戦がどちらも当選して購入権をダブルゲット! 2台は要らないので、片方の当選番号7(実は「ラッキーセブン」だったんです)の方で引き換えに行きました。レジでは店員に「おめでとうございます!」なんて言われちゃって、どう反応すれば良いかちょっと迷ったけど(笑)。ちなみに、私の前に並んでいた4人家族(っていうか、ほとんどが家族でじいちゃんやばあちゃんまで連れてきて大量人数で挑戦していた)は、2人の子供が待っている間「DS Lite」で遊んでいるじゃないですか。おいおい、まだ欲しいか! しかも全員ノーブルピンク狙いかよ! まあ良いですが(笑)。

さて、私が購入した「ニンテンドーDS Lite」の色は・・・。










アイスブルー!

「ニンテンドーDS Lite アイスブルー」
「ニンテンドーDS Lite アイスブルー」

クリスタルホワイトは標準色で最も人気が高いけど、手に入りにくいし汚れが目立ちそうなので保留。エナメルネイビーは汚れが目立たないけど人気色ではないようなので保留。ノーブルピンクは明らかに女性用だと思われるので保留。こうして消去法のようにもなったけど、青系の色が元々好きな私がアイスブルーを選ぶのはもはや必然でした!

続いて、私が購入して遊ぶ予定のゲームは・・・。










脳トレ・えいご・スーマリ!&液晶フィルター!

「東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」 「英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け」
「ニュー・スーパーマリオブラザーズ」 「ニンテンドーDS Lite専用 液晶フィルターDS Lite」
・「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」
・「英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け」
・「ニュー・スーパーマリオブラザーズ」
・「ニンテンドーDS Lite専用 液晶フィルターDS Lite」

もうこの3本で遊ぶために購入したようなものです。そうそう、ゲーム機というものを購入したのは、知人から中古で安く譲ってもらった「セガサターン」と「プレイステーション」以来で、それらもある特定のゲームをやりたいためだけに購入したようなものだったなあ・・・。今回意を決してDSを購入したのは、「ゲーム機」という枠内にありながらタッチペン等の目新しい操作でお勉強ゲームを楽しめるのが大きかったです。そういう大人は結構多いみたいですね。でもそれだけに終わらず、昔良く遊んだ「スーパーマリオブラザーズ(ファミコン版)」の新バージョンも遊んでみたいなあとね。とりあえず現在は、この3本で遊べれば充分!

本体購入後、行きつけの家電店で「脳トレ」と液晶フィルターを購入し、自宅で全てを取り付けて電源オン。おぉ~、明るいね~、良い感じだね~。かなり遅れてDSデビューしましたが、ようやく念願の「DSライフ」がスタート! 以後は、各ゲームについて遊んだ感想等を不定期に書いていこうと思います。現在は「脳トレ」にかなり夢中。「脳年齢50歳」という屈辱から(苦笑)、38歳、28歳と、みるみる若返っております。目指すは10代! 「触ってみてもいいですか~?」とか「チョキ、チョキチョキ!」とか、既に言っていますから(笑)。

※2006/08/01追記
「ニンテンドーDS」の国内販売台数が1000万台を突破したそうです!

○関連記事・ITmedia News「ニンテンドーDS、国内販売が1000万台突破」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0608/01/news070.html

○「ITmedia News」の記事を一部抜粋

任天堂は8月1日、ニンテンドーDS(Lite含む)の国内販売台数が、7月末に1000万台を突破したことを明らかにした。発売から約20カ月で1000万台突破は、ゲーム機として国内最速という。

3月に発売した「Lite」の販売台数は、6月末時点で272万台にのぼった。

日本を含む世界出荷台数は、6月末時点で2172万台。うちLiteは415万台を占めている。

私の今回の購入は、1000万台突破にギリギリで関係したようです。今年初めに世界売り上げが1000万台を突破したけど、今度は国内販売で突破ですか。「DS」人気はすげぇ~っ!

○関連記事『任天堂「ニンテンドーDS」の世界売り上げが1000万台に到達』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/01/post_b1c1.html
○関連記事『任天堂「ニンテンドーDS Lite」が2006年3月に発売』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/01/post_e182.html
○関連記事『任天堂「ニンテンドーDS Lite」の詳細仕様が公開』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/02/post_984c.html
○関連記事『任天堂「ニンテンドーDS Lite」が発売』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/03/post_2858.html


|

« マイ☆ボス マイ☆ヒーロー・第4話 | トップページ | “誰よりもママを愛す・結婚できない男・CAとお呼びっ!”について »

コメント

おお~、遂に買われたんですね!!

楽しいですよねぇ、DS♪

私の一番お勧めのソフトは「押忍!闘え!応援団」です。
これは本当ーっに面白いし、あずさんも絶対ハマると思います。
ヤフオクなどで安く手に入りますので、是非是非プレイしていただきたいなぁ~
(お近くだったら貸しに行けるのに)

このゲームをする時はタッチペンホルダーと液晶保護シートが必需品です。
脳トレやえいご漬けもホルダー付けておくととてもやりやすいですよ。
300円くらいだったかな?
DSライトに装着できるタイプのものもあるので、持ち運びにも便利です(私のDSは旧タイプなので付けられませんが(>_<))

投稿: あい子 | 2006.08.03 19時49分

あい子さん、遂に買いました! その節はポンと背中を押してくれてありがとうございます。今後もまた小さな質問をしてしまうかも。現在だと、「えいご漬け」とか「えいご漬け」とか「えいご漬け」とか(笑)。

「押忍!闘え!応援団」をDS公式サイトのサンプル動画で確認したけど、これは面白そうな音ゲーだ! ただ画面を叩くだけじゃなくて、回したりスライドさせたりするのが良いですね。それに氣志團の曲もしっかり入ってるし。タッチペンホルダーも確認したけど、ペンが扱いやすくなるようですね。液晶保護シートは既に買って付けた液晶フィルターで良いですよね? 周辺機器も一度じっくりチェックしてみます!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.08.04 02時17分

そうです、液晶フィルターです^-^

質問は随時受け付けてまーす。

闘え応援団は音ゲーなのにストーリーがあり、またその内容がなかなかいいのです。結構ジーンとしちゃったりして、ほんと応援に力が入ってしまいます。

また応援団がかっこいいんですよ。
将来男の子が生まれたら、応援団に入ってもらいたい、なんて思ってしまうほどです。

応援団の話ばかりでごめんなさい。
えいご漬けもお勧めですよ~♪

投稿: あい子 | 2006.08.06 00時05分

あい子さん、フォローどうもです。今後もよろしくお願いします~。

週末にお店でソフトをいろいろ見てきました。あい子さんが熱烈に応援する「応援団」って、昨年発売のソフトだったんですね。絵のタッチが若干自分に合わないんだけど、確かに面白そうではありました。でも、中古でも高い!(苦笑) 安いのが見つかれば良いんだけどなあ~。

「えいご漬け」は、買ってしまいました(笑)。いや、いずれ買うつもりでいて、あれこれ質問するのも悪いと思ったのでね。詳細は該当記事の方で!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.08.06 12時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂「ニンテンドーDS Lite」を購入:

» 「押忍!闘え!応援団」 [aiko's blog diary]
夫の持っている株の株主優待で、NINTENDO DSの「押忍!闘え!応援団」とい [続きを読む]

受信: 2006.08.03 19時51分

« マイ☆ボス マイ☆ヒーロー・第4話 | トップページ | “誰よりもママを愛す・結婚できない男・CAとお呼びっ!”について »