« ダンドリ。~Dance☆Drill~・第3話 | トップページ | 「mixi」のユーザ数が500万人突破 »

2006.07.27

「blog認知率がほぼ100%」という調査結果に思うこと

インターネットリサーチ会社のインフォプラントが発表したblogに関する調査結果によると、今やblogの認知率はほぼ100%で、開設経験者は4割弱だそうです。「blog・ブログって知ってる?」と人に尋ねれば、「うん、知ってる」という回答が高い確率で返ってくるということか。有名になったものですね。

○関連記事・INTERNET Watch「ブログ認知率は100%に近い、開設経験は4割弱~インフォプラント調査」
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/07/27/12811.html

○「INTERNET Watch」の記事を抜粋

インフォプラントは27日、ブログに関する調査結果を発表した。それによると、ブログの認知率はほぼ100%に上り、4割弱がブログ開設経験者であることがわかった。

調査は7月10から12日にかけて、12歳(小学生は除く)以上のインターネットユーザーを対象に実施。1,500人から有効回答を集めた。 内訳は、10代/20代/30代/40代/50歳以上で各300名、男女比率は50%ずつとなる。

調査結果によると、全体の36.5%がブログを開設したことが「ある」と回答。「ない」が62.5%で、「ブログを知らない」が1.0%であることから、ほぼ100%のユーザーがブログを知っている結果となった。開設経験者を年代別で見ると、10代が50.7%で最も多かった。

調査対象の世代が広く男女半々だから一応信頼できそうだけど、「ブログを知らない」の補集合で「認知率は100%に近い」と結論付けたようです。開設経験者は10代が圧倒的に多いですね。日記感覚でやり始めて、モブログ投稿を主に活用するユーザも多そう。各blogサービスも新規ユーザの獲得に精を出すわけだ。でも、あくまで「blogって知ってる?」という観点によるもので、「トラックバックって知ってる?」や「カスタマイズは理解できる?」等の質問には「ちょっと自信が無いなあ」という回答はまだまだ多そう。blog特有のルールや用語の認知率調査も知りたいなあ。

以下は、別項目の結果と一言感想です。

○ブログを見ての商品の購買・サービスの利用経験

「ある」:8.0%
「無いが、したいと思ったことはある」:30.4%
「したいと思ったことは無い」:61.7%

へえ~、私もやっているアフィリエイト活動は、約4割のユーザを相手にしている形になるんだ? 半数は超えていると思っていたけど、blog経由の利用はまだまだなんですね。

○アフィリエイトの利用

「導入していない」:79.3%
「導入している」:20.7%
導入しているユーザーの1ヶ月の平均収入:1,235円

アフィリエイト活動をしている人の数字がこれだもんなあ。多くの人が「小遣い稼ぎ」に興味を持って取り組んでいると思っていたけど、そんな野心は考えずにblogさえ続けられれば満足ということかな。その割には1ヶ月の平均収入が1,000円超えしているけど、これはアフィリエイトの成功者が高額を得た結果平均値が上がっているものだと思われます。別の業者の調査結果で、「収入なし~1,000円未満」が約7割というデータもありましたね。

○ブログ開設者のブログへの来訪者状況(1日の平均アクセス数)

「5件未満」:36.2%
「5件~10件未満」:18.3%
「10件~20件未満」:15.3%

「1日20件以下が約7割」ってマジですか? 件数はユニークユーザ数(端末毎)ではなくて単純にページビュー数(閲覧毎)なんですか? このblogは少なくとも日々1,000以上はあるから、まだ恵まれているってことかな? 大事なのは地道な記事の蓄積ですとも。長くやっていれば変化はきっと訪れますとも。てっとり早く「1日20件以上」を達成したかったら、最新の時事ニュースについて該当記事へのリンクを添えた投稿をし続ければ何とかなりますとも。キレイ事を書いているわけではありません。成せば成る!

○コメント数

「1件未満」:56.5%
「1件~3件未満」:26.8%
「3件~5件未満」:8.9%

○トラックバック数

他人のブログへは「まったくしない」:45.5%
他人のブログへは「ほとんどしない」:33.8%
自分のブログへは「まったくされない」:37.0%
自分のブログへは「ほとんどされない」:33.3%

コメント数とトラックバック数は、blog管理者の運営方針次第じゃないですかね? 良い記事を日々書き続ければ増えるだろうし、自分から他blogでコメントを書いてコミュニケーションを強化しても増えるだろうし。「一人で悩んでいるだけではダメ」といった教訓も垣間見える気がします。このblogでさえ、記事を全く更新しなければどちらも0だし、記事を更新してコミュニケーションを図ればどちらも10以上に達する時だってありますからね。

○頻繁に閲覧するブログのジャンル

「日記/生活一般」:51.3%
「映画・演劇・音楽」:15.8%
「芸能」:13.8%
「スポーツ」:13.3%

有職者男性:「日記/生活一般」、「スポーツ」
有職者女性:「日記/生活一般」、「映画・演劇・音楽」
男性の学生:「日記/生活一般」、「ゲーム」
女性の学生:「日記/生活一般」、「芸能」
専業主婦:「日記/生活一般」、「教育・育児」

どの職業でも共通して「日記/生活一般」が最も閲覧されている模様です。日常の何気無い日記を、知人やそうでない人が頻繁に読んでいるということですね。この動きは、「日記」というものが自分のノートや手帳に書き綴るスタイルから、他人に読んでもらうための実話系作品を作成するスタイルに変わっていることを意味していると思えます。そこには、実名でなくHN・ネット名で「普段言えない告白や自慢を聞いてもらいたい」、「他人が抱く普段聞けないような思いを知りたい」という願望が潜んでいるようにも思えます。

といったところで、blogの認知率もだけど別項目の調査結果にも大変興味がありました。把握できていそうでほとんどできていないということも良く分かったし・・・。とりあえず、blogの運営者や閲覧者へ「blogでもっと楽しもう!」と言いたいです。

|

« ダンドリ。~Dance☆Drill~・第3話 | トップページ | 「mixi」のユーザ数が500万人突破 »

コメント

あずさん こんばんわ~
さっき書いたコメントが・・・間違ってこのページの他のリンクをクリックしたため消えてしまったですo(ToT)o ダー
なわけで、メモ帳に書いてコピペすることにしました( ̄Д ̄;)
なんで、思い出しながら再度・・・
Blogの認知度がほぼ100%っていう結果は、対象が一般人(変な言い方ですが)ではなく、インターネットユーザーって事で驚くにはあたらないよなぁ~って思います。
これだけマスコミにも登場するし、何たってネットに全く関係のないウチの親父でさえ「ブログ」って言葉自体は知っていますから・・・ただそれがどんなモンかは理解していないとおもいますけど。
僕的には逆にネットユーザーなのに「知らない」人が1%とはいえ存在するのが驚きでした。
Blogを開設したことがあるのが10代の若者が多いっていうのは やっぱり持ってる「好奇心」の在庫量の差でしょうね。基本的に学生時代が一番好奇心旺盛な時期なんじゃないでしょうかね。ただこれにも個人差があって年齢を重ねた人であっても在庫量が多い人もいて、そういう人が「Blogって面白そうだな」って思って始めるんじゃないですかね。
僕もこういう好奇心や、良い意味での「腰の軽さ」ってのはいつまでも持っていたいと思います。
アフィリエイトは・・・まだまだウチのBlogは訪問者が少ないので力を入れてもムダだと思っているので、とりあえずエントリに関係のあるモノはアフィリエイトって形で紹介はしていますが・・・どっちかって言うと「やっていない」側ですかね。
Blogへの訪問者はここ一月で日15人前後、多いときで20人ちょっとくらいです。ユニーク数は大体30ヒットプラスくらいですね。僕としてはアフィリエイトで小遣い稼ぎより、より多くの人にエントリを読んでもらって「何か」でいいのでその人の心に引っかかるモノを残せたら嬉しいです。
>てっとり早く「1日20件以上」を達成したかったら、最新の・・・
は、わかってるんですが、今は悲惨な事件とかが多いし、それをTVや新聞で嫌って程見させられているので、さらにBlogでも・・・っていうのは嫌なんで。ウチのBlogでは出来るだけ明るく笑顔になれる話題を紹介したいんですが、中々無くて・・・って探し方が悪いのだろうか?
コメント・TBについては「ほとんど」です。まだまだ こちらと比べたらエントリの数も質も全然なんで、これから頑張って少しづつでも前進していけたらと考えています。ただ、焦っても仕方ないので自分なりのペースで・・・でも少しでも早く沢山の人に読んでもらいたいですね。
これはあずさんの言われる通り「良いエントリを日々書き続け、自分から他のBlogにコミュニケーションを図る」という2つがBlogを発展させる両輪だと思います。どちらが欠けてもうまく前進できないでしょうね。

>とりあえず、blogの運営者や閲覧者へ「blogでもっと楽しもう!」と言いたいです。

今回のエントリで この言葉が最高でした!
そうですよね、書いてるほうも読んでるほうも「楽しんで」やらないと長続きしないし、上手くならないですよね!どんなことでも上手く回す為にはなにより「楽しんでやる!!」って事が一番大事なことだと思います。「楽しい」気持ちでやってたら結果は後からついてくる・・・と思います。

投稿: hibiki | 2006.07.30 00時05分

hibikiさん、こんにちは! 調査対象がネットユーザだから、「ほぼ100%」という結果は分かる気がしますね。でも私は「ブログを知らない」の1%は少ないなあと感じました。blog外のものだけを楽しんでいる人は多分結構いて、「blogなんて良く知らない」と言う人も割と多いと思っていたので・・・。

アクセス数にしてもアフィリエイトにしても、私も始めた頃は低迷が続いていたものだけど、やっぱり続けているうちに現在ほどになったというのが事実で、それなりの努力も必要だと思っています。「ただ続けていただけではなかった」ということです。やってみないと分からないことだってあるし、多少思い切った冒険をしてみるのも良いのではないかと。例えば私がしたことは、シリーズ記事の導入(ドラマレビューや音楽批評)、誰もが気になることの徹底調査(CM情報等)、大胆な切り口の論文等。最新ニュースの感想もやったけど、時事ニュースよりはプレスリリースや面白い話題に絞ってやりましたよ。後々自分のblogを読み返してみて、満足できる記事群として成り立っていれば良いんじゃないですかね? 私は自画自賛ではないけどほとんどの記事に自信を持っています。そんな気の持ち様も大事なんじゃないかなと思いますね。それは別に上から言っている話ではなく、多くの人が共感できる好ましい理想論だと思っています。まあ確かめたことが無いので分かりませんが・・・。

締めで書いた言葉に「最高」と言ってもらえてうれしかったです。お互い楽しくなれることほど良いものは無いですからね。今後も同じココログユーザとして頑張りましょう!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.07.30 03時26分

1 2 3 4

投稿: 1_2 3 4 | 2006.07.30 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/11144004

この記事へのトラックバック一覧です: 「blog認知率がほぼ100%」という調査結果に思うこと:

« ダンドリ。~Dance☆Drill~・第3話 | トップページ | 「mixi」のユーザ数が500万人突破 »