« 花嫁は厄年ッ!・第2話 | トップページ | 「愛・地球博記念公園(愛称モリコロパーク)」が一部開園 »

2006.07.15

タイヨウのうた・第1話

現在映画で話題となっている「タイヨウのうた」のドラマ版。「同時期にこうして複数メディアで展開するのはどうだろう?」とも思ったけど、当初から期待していた作品でありそのうれしい思いは隠せません。主演の山田孝之くんは役者として大ファン。ヒロインの沢尻エリカさんはフジテレビ系ドラマ「1リットルの涙」で熱演してからのファン。メインのこの二人は現実でも・・・なんて噂も聞いているけどね。映画や同局系ドラマとして展開された、「世界の中心で、愛をさけぶ」、「いま、会いにゆきます」に続く“純愛三部作”の完結編が始まりました。さて、期待に応えてくれるでしょうか? また、映画を超える感動が待っているのでしょうか?

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「タイヨウのうた」
第1話「太陽に嫌われた少女…月夜がくれた奇跡」

病を抱えながらも夢を追い続ける少女と、人生に目標のない青年の恋を描く。歌手を目指す薫(沢尻エリカ)は、紫外線を浴びると死に至る危険がある色素性乾皮症を患っていた。一方、孝治(山田孝之)は工場のアルバイトを解雇され、友人・雄太(田中圭)らと当てもなく暮らす。ある日、孝治は夜の路上で歌う薫と出会う。

「色素性乾皮症(XP:Xeroderma Pigmentosum)」とは、遺伝子の異常から来る先天性の皮膚病。日光に含まれる紫外線に当たると、紅斑や水疱が発生して火傷のようになってしまう難病。そんな病気に冒された雨音薫は、歌手志望のストリートミュージシャン。そしてある夜路上で孝治と出会い、親友の美咲(佐藤めぐみ)に誘われた合コンで再会。職を失い人生に対して自暴自棄になりかけていた孝治と口論になったが、ひょんな事件から孝治は薫を助け、二人で原付に乗って夜の走行へ・・・。

こう言ってはなんだけど、XPの薫は思ったより普通に過ごしていて、太陽が出ない夜なら大丈夫なんですね。孝治は3人の親友である雄太(田中圭)、隆介(川村陽介)、晴男(濱田岳)と若者らしくつるみ、薫は彗星のごとく現れたシンガーソングライターの橘麻美(松下奈緒)に憧れ、彼女には恋人でプロデューサーの工藤洋平(要潤)が付き、やがて歌と病気を巡ってストーリーが交錯していくようです。山田くんは同局系ドラマ「白夜行」で多くの罪から「太陽の下を歩けない男性」を演じ、沢尻さんは「1リットルの涙」で「脊髄小脳変性症という難病を抱えた女性」を演じたこともあって、「白夜の果てに何リットルの涙」となるのかどうか・・・。

再びこう言ってはなんだけど、まだ序盤だからか意外にも明るい雰囲気が満載で、それが悲しみのストーリーになるとは思えない展開でしたね。海の家「みうら」を経営する修(竹中直人)は、粋なオッチャンみたいな格好で出てくるや否や「なくなくなくない?」なんて言っていたけど、それって彼自身が主演を務める今夏公開の映画「男はソレを我慢できない」の、主題歌「今夜はブギーバック(竹中直人&ワタナベイビー)」の一節じゃなくなくなくない?(笑) それに、このドラマの主題歌は柴咲コウ「invitation」だけど、何かすごく軽快なテンポで聴き心地の良い曲が抜擢されたことに驚きましたね。「なるほど、そんな風に視聴者を“invitation(招待)”するんだ?」なんてね。

初回話は数々の登場人物を把握するためのプロローグ編として認識。とりあえず期待できそうな気はしました!

○関連カテゴリ「世界の中心で、愛をさけぶ」
○関連カテゴリ「いま、会いにゆきます」
○関連カテゴリ「白夜行」(山田孝之くん主演)
○関連カテゴリ「1リットルの涙」(沢尻エリカさん主演)

「invitation」
主題歌「invitation」(柴咲コウ)


|

« 花嫁は厄年ッ!・第2話 | トップページ | 「愛・地球博記念公園(愛称モリコロパーク)」が一部開園 »

コメント

勝手に陰気臭いドラマだと思い込んでたので、序盤の明るさにびっくりでした!
そしてエリカちゃんは可愛いし、何だかんだあったけどやっぱ山田くんは役者として
気になるし・・・・・・
予想外の出来とストーリー展開のテンポの良さに
初回でかなりハート鷲掴みされちゃいました♪

投稿: まこ | 2006.07.19 15時55分

まこさん、そうですよね、良くある明るい純愛ストーリーの始まりみたいでしたよね。小ネタも適度で、普通に楽しめる感じ。ここからどう核心へ迫っていくかが見ものです。山田くんは役者としてファンだから、それに沢尻さんの支援もあるから、このままの路線であれば問題無く最後まで見続けるつもりです!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.07.20 01時40分

あずさん こんにちは!

初回見た感じでは期待出来そう・・・っていうか
山田君のドラマは期待してしまう。
でも、期待を裏切らない感じでしたね。
ひと夏、爽やかな余韻を残しながらも感動して
泣けちゃうドラマになるといいな~♪

投稿: アンナ | 2006.07.20 14時26分

時間をわけて、チャレンジしてみましたが、TB中々飛びませんね^^;
心配の必要もなかったのか、、、って感じで普通によかったです。
あずさんが仰るように、恋愛ドラマの始まりみたいでしたね。
この夏、又みんなの涙腺を緩めてしまうのか!?山田&沢尻ーー!!
ですかね?

投稿: めいまま | 2006.07.20 15時28分

>アンナさん

私も「山田くん主演」の時点で見逃せない事態になっています(笑)。でもリタイアの方向には傾かなかったので(映画版が好評なのもあるし)、勢い付いてレビューを書いていくつもりです。夏らしく爽やかに、それでいてしんみりと泣けるドラマになってくれれば・・・。

>めいままさん

普通の恋愛ドラマのような初回話だったけど、大いに期待できそうですね。私的には、悲劇のヒロインの雨音薫という名前が好きなんですよ。でもその名前に、何か悲しみが含まれているような印象も・・・。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.07.21 03時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/10961057

この記事へのトラックバック一覧です: タイヨウのうた・第1話:

» 「タイヨウのうた」の話 [のらさんのうだうだ日和]
「タイヨウのうた A song to the Sun」/Official Site/ 第1話(視聴率13.8%)あなたは、本気で誰かを好きになったことがありますか?私には普通の恋は無理なんです!太陽の光を浴びる事の出来ないXP(色素性乾皮症)と言う病気の少女・天音薫役に沢尻エリカ。彼女はドラマ「1リットルの涙」や映画「パッチギ」等の演技が高い評価を受ける若手女優。天音薫によって音楽への思いを強くしていく少年・藤代... [続きを読む]

受信: 2006.07.19 11時38分

» タイヨウのうた 第1話:太陽に嫌われた少女…月夜がくれた奇跡 [あるがまま・・・]
(; ̄ー ̄)...ン?難病モノなので暗いのかと思ったら… テンポもいいし、面白いじゃん!{/good/} 【レガッタ】の方が暗かった・・・どちらも「死」を扱ってるけど、【レガッタ】は 最初に不幸があってこれから立ち直っていくお話だけど こちらはこれから「死」を意識していかないといけないという違いがあるんでしょうけどね。 1クール空いたとは言え、いまだに【白夜行】の印象が強烈な山田くん。 隠し子�... [続きを読む]

受信: 2006.07.19 15時36分

» タイヨウのうた 第1話 [イチオシ]
月に「おはよう」と声をかける女の子、雨音薫(沢尻エリカ)。 色素性乾皮症で、紫外線の多いところや昼間には外で活動できない・・・夜7時半に起きて夜明けとともに床に就く夜行性の女の子です。 雨の音と書いて...... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 06時32分

» タイヨウのうた 第1話 [くつろぎ日記]
あなたは、本気で誰かを好きになったことがありますか? [続きを読む]

受信: 2006.07.20 06時45分

» タイヨウのうた 第1話 [平成エンタメ研究所]
 重みのあるせりふがある。  その人物が背負っているものから出て来るせりふ。  そんなせりふがぶつかり合った時、それはドラマになる。  雨音 薫(沢尻エリカ)と藤代孝治(山田孝之)のやりとりがそう。  20歳を迎えれば命を落とすかもしれない薫には、20歳になることを安易に考える孝治のせりふが許せない。  20歳という年齢について孝治はこう言う。 「こういう時とかさ、コンビニで普通に買え... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 07時33分

» タイヨウのうた 第1話 [Happy☆Lucky]
第1話 [続きを読む]

受信: 2006.07.20 08時31分

» ・TBS「タイヨウのうた」第1話 [たまちゃんのてーげー日記]
新ドラマ、TBSの「タイヨウのうた」第1話(22:00〜22:54)。旅先の沖縄で見ました!(笑) なので簡単に! 太陽の光を浴びてはいけない色素性乾皮症の歌手志望の少女と出会った青年が、忘れていた夢を追い始める純愛青春ドラマ。渡辺睦月脚本、山室大輔演出。...... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 09時34分

» TBS タイヨウのうた(1話) [C-bose TV Laboratory]
 「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」に続く純愛三部作の完結篇のこのドラマ。「白夜行」以来の山田孝之と「1リットルの涙」以来の沢尻エリカが恋人役を演じます。沢尻エリカは再び難病役ですが前回の実績がよかったんですね。  XP(色素性乾皮症)A類の難病を持つ、雨音薫(沢尻エリカ)は昼夜逆転の生活。太陽の光を浴びることが出来ないのです。夜になれば藤沢駅の近くでストリートミュージシャンとして歌っていて、オーディションにも応募していましたが「あなたは、本気で誰かを好きになったことがありま... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 09時39分

» タイヨウのうた 第1話 [塩ひとつまみ]
ダメだっ。ハマりそうです 沢尻エリカちゃんがまた病気の役かぁ〜(心配)と思ってたんだけど 彼女の笑顔とこれから歌にかける情熱が見えてきそうな予兆を感じさせる展開に 気持ちをぐっと掴まれてしまった感じです。 彼女が... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 10時14分

» タイヨウのうた [Akira's VOICE]
初回の感想 [続きを読む]

受信: 2006.07.20 11時02分

» タイヨウのうた 1話 [アンナdiary]
1リットルの涙と白夜行がクロスする(笑)音楽がすごくいい。BGMもいいし、山田孝之はいいし、沢尻エリカは可愛いし。これからどうなるのか?すごく楽しみです。でも、色素性乾皮症(XP)こんな難病があるんだね。陽に当たっちゃいけないなんて。。。 [続きを読む]

受信: 2006.07.20 14時18分

» タイヨウのうた 第1話 「太陽に嫌われた少女…月夜がくれた奇跡」 [テレビお気楽日記]
雨音薫(沢尻エリカ)は太陽の光を浴びる事が出来ないXPという病気だった。親友の松前美咲(佐藤めぐみ)は昼間の世界をビデオに撮り、薫に見せる毎日。その映像の中に孝治の姿を見つける薫。 ... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 19時13分

» タイヨウのうた<第1話> [のぶひさの日記 ]
第1話「太陽に嫌われた少女…月夜がくれた奇跡」。 やっとやっと深いドラマにめぐりあえました!{/nezumi/} 今回で早くも孝治(山田孝之)と薫(沢尻エリカ)は出会いましたね。 海辺でふたりはケンカしてしまったけれど、 薫は自作の歌をいつもの場所で歌うことに。 孝治も自分の言ったことが気になったのか、薫がいつも歌う場所へ。 薫の歌は孝治への想いを歌ったものなのでしょうか? 「あなたは本気で人�... [続きを読む]

受信: 2006.07.20 21時07分

» 『タイヨウのうた』 第1回「太陽に嫌われた少女…月夜がくれた奇跡」 感想? [つれづれなる・・・日記?]
さて、映画を超えるものができるのでしょうか? 一抹の不安を抱えてのスタート?です。 [続きを読む]

受信: 2006.07.20 23時23分

» ドラマ「タイヨウのうた」 [FREE TIME]
今日からTBSでOAされたドラマ「タイヨウのうた」の第1話を見ました。 [続きを読む]

受信: 2006.07.21 00時02分

» タイヨウのうた 第1話 [稲葉以外♪]
タイヨウのうた 山田孝之、髪型も変わって雰囲気を変えようという感じですが、ドラマの雰囲気としてある種のパターンかも。 主題歌も柴咲コウだし。 沢尻エリカの演技は初めて見たんですが、かわいさに助けられてる分があるような気がします。 彼女とは「手紙」で共演してますね。 ギターを弾いてるように見えないのは気のせいでしょうか[:ひやひや:] 内容は、1クール分に映画を膨らませたような流れになるんでしょう。 見てないのでわかりませんが、YUIと主題歌の評判がよかったのでプレッシャーは... [続きを読む]

受信: 2006.07.21 00時46分

» タイヨウのうた 〜始まりの歌〜 [zenの日記 ]
今日から始まるタイヨウのうたを見てみました(^^) キャストはこんな感じです(^^) 藤代孝治(19) … 山田孝之 ←主人公 雨音 薫(18) … 沢尻エリカ ←XPのヒロイン 松前美咲(19) … 佐藤めぐみ ←親友 孝治の友達 立浪隆介(19) …  川村陽介 大西雄太(19) … 田中 圭 加藤晴男(19) … 濱田 岳 橘 麻美(20) … 松下奈緒 レイサ(21) … 原 史奈 三浦結子(22) … 小林麻央 エミリー (22) … ベッキ... [続きを読む]

受信: 2006.07.21 01時48分

» タイヨウのうた [FULL OF LOVE]
 え〜〜、自宅が引越ししておりまして、すっかりレビューが遅くなっております。ごめんなさい。  第一印象、雰囲気好きだな。山田三部作といわれる「世界の中心で愛を叫ぶ」「白夜行」そして今回の「タイヨウノウタ」は全て同じ雰囲気が漂っていますが、どれもやっぱり違....... [続きを読む]

受信: 2006.07.21 13時47分

« 花嫁は厄年ッ!・第2話 | トップページ | 「愛・地球博記念公園(愛称モリコロパーク)」が一部開園 »