« 弁護士のくず・第11話 | トップページ | 大人計画社歌のPV(YouTube) »

2006.06.24

サッカーW杯・日本は決勝トーナメント進出ならず

サッカーの「2006 FIFAワールドカップ(W杯)」で、期待された日本は「1分け・2敗・勝ち点1」の最下位に終わり、4年前の日韓大会に続く2大会連続の決勝トーナメント進出は残念ながら実現に至りませんでした。

日本を応援した皆さんは、この結果に何を思ったでしょうか? 私は、テレビ他のメディアが執拗に盛り上げ便乗までする背景の中、現在の日本チームを応援しつつもどこか肩入れできない部分が正直ありました。日本の全戦を振り返ってみると・・・。

・サッカーW杯・日本 VS オーストラリア戦の結果
3-1で日本の大逆転負け。予想は、2-0で日本の負け。

前半で日本が1点先行して逃げ切るかと思いきや、後半で終了10分前辺りから連続で攻められ、初戦からいきなり敗退。後半まで見ていて安心し、よそ事して帰ってきたら、3点もお返しされていましたからね。「1点、2点ではなく、3点」という事実に、苛立ちを感じながら情けなく思ったものです。

・サッカーW杯・日本 VS クロアチア戦の結果
0-0で引き分け。予想は、2-0で日本の負け。

試合の展開は、前戦の屈辱もあったからか結構良かったと思いました。PKでキーパーの川口が見せたナイスセーブは素晴らしかったなあ。あれを止めていなかったら、連敗を喫していましたからね。ただ、試合後の選手たちのコメントが気に入らなかったんです。「勝てる相手だったんですけど」を接頭語のように付ける所に。「なら、勝てよ」と言いたくて仕方がありませんでした。また、「じゃあ勝てる相手じゃなかったらどうコメントしてた? 甘く見てたんじゃないの?」という気分にも。

・サッカーW杯・日本 VS ブラジル戦の結果
4-1で日本の大逆転負け。予想は、4-1で日本の負け。当たり。

前半で三都主のスルーパスから玉田が決めた先制ゴールは、実に見事だと思いました。海外チームの攻めに匹敵する良い流れでしたからね。でも、ロスタイムでロナウドに同じく見事に決められた辺りでガッカリし、後半については相手に面白いように3点も決められて大きく落胆。とはいえ、望まないままの当初の予想通りになってしまっただけに、複雑な思いでいました。過去にあった勝利に続く奇跡は今回達成ならず。そしてこの時点で、日本の夢は打ち砕かれた・・・。

(mixiの日記でも触れています。会員の方はこちらもどうぞ!)
○関連記事・ミクシィ日記「サッカーW杯・日本 VS オーストラリア戦の結果」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=153744593&owner_id=171178
○関連記事・ミクシィ日記「サッカーW杯・日本 VS クロアチア戦の結果」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=157909340&owner_id=171178
○関連記事・ミクシィ日記「サッカーW杯・日本 VS ブラジル戦の結果」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=161253797&owner_id=171178

この3戦を振り返ると、一言で言えば「日本の粘り弱さが目立った」になりますね。前半は好調なのに、後半は見るのも辛いほどにズタズタ。「スタミナ不足」とも言えるけど、それだけではなく「攻撃の決定力の無さ」も問題で、やっぱり相手の攻めを見ていてもレベルの大きな差を感じました。特に強豪チームは、1秒ではなく0.5秒の隙があればどんな体勢からも弾丸シュートを放つし、高速なワンツーやノールックパスも簡単かつ軽く決めてしまいますからね。その点日本は、シュートを放ってもゴール上が多くて話にならず、ボールを持った後はもたついてなかなか効果的な攻めにつなげられず、見ていてイライラするばかり。奇跡は一応信じてみたけど、技術力では既に大負けしていたと思いました。「日本はまだまだやりますよ!」と言うスポーツ番組のコメンテーターの言葉が、空しく思えてもう・・・。

しかしながら、局所的には良い面があったのも事実。悪い面が多いせいで隠れてしまっていただけでね。中でも川口は良く守ったと思いました。海外でも彼は結構賞賛されていたようですね。日本のゴールをもう長く守ってきたのもあって、その力をアピールできたようにも見えました。他の選手たちも時折良い動きを見せて「これはいけるか?」と期待させられたことがありました。注目された中田は、司令塔の役割を充分に果たしたとは考え辛かったけど・・・。

お疲れさまでした。それ以外掛ける言葉がありません。見つかりません。

さて、こうして日本への期待は失われてしまったわけですが、強豪チームの戦いぶりには現在も注目しています。ブラジルはやっぱり圧倒的に強いですね。子供の頃からサッカーボールと深く付き合ってきた彼らの強さはタダモノではありません。また、アルゼンチン、イタリア、イングランド、スペイン、フランスといったお馴染みのチームが順当に勝利を決める中、大会開催国であるドイツの異様な強さが目立ちますね。日韓大会で日韓共に好調だったことからも言えるけど、やっぱり身近な応援と住み慣れた地での「開催国効果」は大きいようです。この先はドイツの底力を特に注目したいですね。W杯は「サッカーの世界的祭り」とも言えることだし、今後も国に関係無くサッカーを純粋に楽しむつもりでいます!

06062401

|

« 弁護士のくず・第11話 | トップページ | 大人計画社歌のPV(YouTube) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/10662074

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーW杯・日本は決勝トーナメント進出ならず:

« 弁護士のくず・第11話 | トップページ | 大人計画社歌のPV(YouTube) »