« 弁護士のくず・第6話 | トップページ | クロサギ・第6話 »

2006.05.20

医龍 Team Medical Dragon・第6話

ついにバチスタ手術へ突入! ドラマの折り返し点で大きな山場を迎えようとしていますが、今回のストーリーの中でも3つの大きな山がありました。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「医龍 Team Medical Dragon」
第6話「バチスタ手術急転」

野口(岸部一徳)や鬼頭(夏木マリ)が見守る中、文代(江波杏子)のバチスタ手術が始まった。手際よく手術を進めていく朝田(坂口憲二)は、今後のリスクを考え、心臓を動かしたまま手術を進めることに。あえて難しい選択をする朝田に鬼頭らはあきれる。無事に手術が終わったと思われたとき、患者の心臓の動きが鈍っていることが判明する。

3つの大きな山。どれも注目させられました。

1つ目は、朝田が患者の心臓を止めないまま手術を進め、変性部位を心臓の動きで見極めて見事な手さばきで切除し、途中動脈血が黒ずむトラブルがあったけど伊集院(小池徹平)他による人工心肺のチェックで回避して無事終了したこと。「バチスタ手術成功」です。

2つ目は、患者の心筋の動きが悪くなったため急遽バイパス手術を実施し、朝田は人手が足りないのを理由にミキ(水川あさみ)へグラフト採取を指示し、野口からの警告を伝える電話を藤吉(佐々木蔵之介)が切った上で、ミキがメスを握って認められない措置を行って無事終了したこと。「バイパス手術成功」です。

3つ目は、怒る野口を加藤(稲森いずみ)が「日本初のバチスタ手術成功はあなたの名誉になる」と唆して納得させ、記者会見に臨んで翌日の新聞に大きく載るのを期待していたが、なんと当日大きく載ったのは霧島(北村一輝)が外国人医師2人とバチスタ手術を成功させていた記事だったこと。「土壇場で大逆転」です。

もう、この3つの流れが見ていて痛快だった~! 注目のバチスタ手術だけあって「1」・「2」だけで前半30分をまるまる使っていたけど、後は関わった医師や関係者が感想を言い合って終わると思っていました。でも、ラスト直前で英語を使った手術シーンがチラチラと映り始めた辺りから「これは何の映像?」と疑問に思い始め、最後の最後に「3」という事態になって霧島が記者会見の場で笑顔を浮かべるのを見て「うわぁ~、そうきましたか~!」と思いましたよ。なんて濃いストーリーだったんだろう・・・。思い返せば、朝田たちが挑んだバチスタ手術は、スタッフの動きや判断にミスが多く完璧とは言い難いものがありました。この先また改革があって、より完璧なチームドラゴンが形成されていくのでしょうか? う~ん、とにかく今回は見応えがありました。大満足!

○関連記事「医龍 Team Medical Dragon・第1話」
○関連記事「医龍 Team Medical Dragon・第2話」
○関連記事「医龍 Team Medical Dragon・第3話」
○関連記事「医龍 Team Medical Dragon・第4話」
○関連記事「医龍 Team Medical Dragon・第5話」

「医龍―Team Medical Dragon (1)」「医龍―Team Medical Dragon (2)」「医龍―Team Medical Dragon (3)」「医龍―Team Medical Dragon (4)」
「医龍―Team Medical Dragon (1)~」(乃木坂太郎 著, 永井明 原案)

「Believe」
主題歌「Believe」(AI)

「白い巨塔」DVD-BOX 第一部 「白い巨塔」DVD-BOX 第二部
「白い巨塔」DVD-BOX 第一部/第二部

「救命病棟24時 第3シリーズ」DVD-BOX 「救命病棟24時スペシャル2005」
「救命病棟24時 第3シリーズ」DVD-BOX/「救命病棟24時スペシャル2005」

|

« 弁護士のくず・第6話 | トップページ | クロサギ・第6話 »

コメント

あずさん、おはようございます。
3つの山!あずさん流石、上手にまとめられていますね!
どの3つの山も、すごく盛り上がりました。3つとも見応えがあった!
最初の2つは同じシチュエーションだというのに、ほんと、長さを感じさせず、
飽きさせず。
そして最後に、霧島の本当の狙いを持ってきて。
試聴者を飽きさせませんね!次回も楽しみです。

投稿: ちーず | 2006.05.23 07時49分

いやぁ~、今回のお話はほんと凄かったです!
次から次へと困難が!何だか思い切り入り込んで見てしまいましたわ~。
2つ目の山を越えた時にはもはやグッタリ・・・全然飽きさせない展開でしたよねー♪
まるで自分もチームドラゴンの一員かのような気分で、
勝手に達成感を味わってましたわ~。
その余韻覚めやらぬ状態で知った、3つ目の山!!!
一挙にへなへなと脱力してしまいました・・・・・・
そげなぁぁぁ~~~(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻

投稿: まこ | 2006.05.23 13時28分

>ちーずさん

もしかしたら「2つの山」? でもやっぱり「3つの山」とすべき? そう思いながら結局「3つの山」としたけど、それで言いたいことが充分言えて良かったです。いや~、緊迫した手術シーンが続いた後に、あんなどんでん返しがあるとは思いもしませんでしたね。全体的に見ても盛り上げ方が上手かったと思いました!

>まこさん

ほんと、飽きさせない展開でしたね! ストーリーを追いながら、興奮度の山と谷をはっきり感じ取りました。「自分もチームドラゴンの一員」と思わせることは、制作陣の狙いかもしれませんね。最後に名誉を持っていかれたチームドラゴンや関係者たちはどうなるのか? 次回が楽しみですね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.05.25 03時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医龍 Team Medical Dragon・第6話:

» 医龍 Karte06 [どらま・のーと]
『バチスタ手術急転』 第一回バチスタ手術当日。 看護師 里原ミキ(器械出し) 看護師 村田美恵子(外回り) 看護師 川田奈々(外回り) 臨床工学士 市井重成 臨床工学士補佐 前田新志 麻酔医 戸塚蔵一 内科医 藤吉圭介 第二助手 伊集院登 執刀医 朝田龍太郎 第一助手 加藤..... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 07時49分

» CX 医龍 Team Medical Dragon(6話) [C-bose TV Laboratory]
 いよいよバチスタ手術の第6話です。  大学の教授陣など見守る中、手術はスタートします。心臓部分は肥大し、動きも鈍くなっています。人工心肺装着後、朝田(坂口憲二)は心臓を止めず、動いたまま(On Beat)で手術を進めると言います。心臓が動いたままでは患者にとっては負担が少なくなる反面、手術の難易度は100倍上がると鬼頭(夏木マリ)は言います。野口教授(岸部一徳)も怒りで手に力が入ります。  手術開始10分でいよいよ、心臓の変成部位を探すことになります。朝田は心臓に手を当てます。動いた心... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 08時27分

» 医龍 Team Medical Dragon  第6話 [Happy☆Lucky]
第6話 バチスタ手術急転 [続きを読む]

受信: 2006.05.23 08時40分

» 医龍 第6話 [日々緩々。]
いよいよ第1回バチスタ手術!! 今日の朝田は・・・今までで一番かっこよかった気が{/kirakira/} 静止している心臓の100倍難しいオンビートでの手術に踏み切りました{/face_sup/} そんな中、「今日は何も見落とさない!」と誓いを立てた伊集院。 いつのまにか、すっかり頼りになる存在になりました{/good/} 順調に変性部位を見極め、取り除いていく朝田でしたが、 工学士の市井さんが具合が悪い... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 08時58分

» 医龍 6 [ひ と り ご と]
霧島ぁ〜〜!!ずるいっ!! 手術成功してよかった(ほっ)。かなりじっくりでした! 法と命、命を守るために法があるけど、 時にはそれが命とりになることもあるんですね。 ミキちゃんがメスを使用した時はちょっと複雑でしたが、 お母さんを待っている家族を見たら・・・命より尊いものはないですからね。 あの看護士長もかっこいいですね。 今日は鬼頭先生がずっと解説でした・笑。 いよいよ来週は荒瀬先生の番でしょう!!彼の過去とは? あのチームには絶対あなたが必要よ〜〜 (あと途中でト... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 09時06分

» 医龍 KARTE06(真面目編) [Clip It!]
医龍6話目。真剣に面白かったので、真面目編と個人的興味編にレビューをわけてみました。ふは。 [続きを読む]

受信: 2006.05.23 11時29分

» 医龍 第六話 「バチスタ手術当日 」 [どらまにあ]
ついに朝田龍太郎(坂口憲二)たちのチームによる奈良橋文代(江波杏子)のバチスタ手術が始まった。 「この日のためにあのやっかいな男を呼んだんだ」と オペ室の上の見学室では、野口らが朝田の動きを見守る。 鬼頭は手元の画面を見つめる。 ... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 11時36分

» 医龍 第6回 [ALBEDO0.39]
医龍 第六回 Karte:06 バチスタ手術急転 ネクタイ水玉でいいかな? 拡張型心筋症の手術 拡張した心筋症に対する手術のひとつで心臓移植でしか 助からないとされた患者の心機能を改善する画期的な方法 心臓にメスをいれるその手術はきわめて高度な技術 臨床経験が要求される バチスタ手術が始まった。 開胸すると・・・ デカイ!!こんなにデカイんだ・・・。 と見てる医師たちはざわめく ... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 11時55分

» 医龍-Team Medical Dragon- 第6話:バチスタ手術急転 [あるがまま・・・]
霧島めぇ〜、やりやがったな!(-_★)キラーン!! 途中で訳わからん英語と金髪の手術風景があったのは、そういう事だったんだ{/face_sup/} あ〜ぁ、今となっては一面トップに載るつもりだった野口教授のニヤケ顔が かわいそうになってきた。水玉のネクタイもバッチリだったのにねー{/ase/} 第1回バチスタ手術当日 前回もあったけど、あのメンバー紹介は何度見てもかっちょえ〜〜〜{/face_heart/} そして、あの音楽に�... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 13時33分

» 医龍 第6話 [塩ひとつまみ]
バチスタ手術本番! 緊張のシーンの連続に、あっという間の一時間でした。 手術されてた心臓がドクンドクンと動くのを見て、私の心臓もバクバクドキドキ 心拍数上がっていたと思いま [続きを読む]

受信: 2006.05.23 15時38分

» ドラマ「医龍‐Team Medical Dragon‐」第6話 感想。 [夢の日々。]
第6話「バチスタ手術急転」 ――ここに、戦っている仲間がいる限り。 医龍、第6話ですね。今回はバチスタ手術編。 以下、ネタバレ含む感想ですよー。 今回のメインは手術シーン。 教授たちが見守る中、それは始まったわけですが―― 藤吉先生が手術室の中に居る事が、もうすんごい違和感。本来居ない人なわけであるから、それは当然というか何と言うか。 ほぼ原作通りだなーと思いつつ見てたら…あれ? 後半なんか違うんじゃない? みたいな展開に。 ドラマでは人工心肺外しちゃった後に、一騒... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 15時51分

» トップキャスター⑥ [☆ドラマオタク☆]
トップキャスター フジテレビ 2006年05月22日 21:00~ Trackb [続きを読む]

受信: 2006.05.23 18時09分

» 医龍⑥ [☆ドラマオタク☆]
医龍 Team Medical Dragon フジテレビ 2006年05月18日 [続きを読む]

受信: 2006.05.23 18時11分

» 医龍 Team Medical Dragon 第6話 [稲葉以外♪]
医龍―Team Medical Dragon (5) あちこちで結構評判がよさそうですね。 ちょうど半分過ぎました。 今回は手術のシーンが長い長い! その緊迫した中で、岸部一徳の「加藤ちゃん!」連発(笑) ここに来て、伊集院の控えめな平手打ちが出ました。 知識にしても、丁寧な技術にしても、段々「結構やる奴」のランクに上がってきてます。 最終話では、きっと前髪をぐわっと上げて、白衣腕まくりのミニ朝田みたいになってるんじゃないでしょうか(笑) 医龍 公式サイト... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 22時38分

» 医龍 第六話 [特に個性の無いブログ]
今回は手術シーンや病院内部事情が難しく、難解という印象が強い。 いや、もちろん楽しめたよ。 バチスタが成功すると新聞であんなに大きく載るのかぁ。 そんなにすごいことなんだぁ。全然知らない分野だけに意外だ。... [続きを読む]

受信: 2006.05.23 23時06分

» 医龍 バチスタ手術成功(・・? [zenの日記]
いよいよ始まったバチスタ手術… 不安な所はラリラリがいないのと 臨床工学士がなんだか心配… おそらく失敗するとしたらその辺が原因かと(・・? 見所の医龍第6話!! キャストはこんな感じです(^^) チーム・メディカル・ドラゴン 朝田龍太郎 … 坂口憲二 ←主人公 里原ミキ  … 水川あさみ ←看護師(一人目) 伊集院登  … 小池徹平 ←研修医(二人目) 藤吉圭介  … 佐々木蔵之介 ←内科の人(三人目) 加藤晶   … 稲森いずみ ←助教授(四人目) 荒瀬門... [続きを読む]

受信: 2006.05.24 02時27分

« 弁護士のくず・第6話 | トップページ | クロサギ・第6話 »