« ミスチル・TOYOTA「トビラを開けよう」CMで新曲「箒星」発表 | トップページ | トップキャスター・第2話 »

2006.04.27

実写版「ちびまる子ちゃん」

ピーヒャラピーヒャラ。こんばんは、ニュース「ポンポコリン」です。さてさて、4/18にフジテレビ系でテレビアニメ放送15周年ドラマの実写版「ちびまる子ちゃん」が放送されました。全3話のオムニバス構成。もう~、ずっと待ってたぁよぅ~! こちら東海地区では関東地区より数日遅れての放送だったぁよぅ~! おっと、思わず自分の意見が出てしまい、失礼致しました(笑)。

○関連サイト・フジテレビ「ちびまる子ちゃん(実写版)」
http://www.fujitv.co.jp/maruchan/

○はじめに(公式サイトより)

長寿アニメ番組としてお茶の間の支持を受け続けているテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』が、テレビアニメ放送15周年を記念し、4月18日(火)19:00~20:54放送のスペシャル番組としてドラマ化されることになりました。

今回お送りするドラマはそれぞれ、家族、姉妹、友達をテーマにした3編のオムニバス形式で、そのうちの1本『まるちゃんのゆかいな生活』は、原作のさくらももこ氏自ら脚本を執筆。

またナレーションは、アニメでおなじみのキートン山田が務めます。アニメの魅力と世界観はそのままに、新たな魅力満載でお届けする実写版『ちびまる子ちゃん』は、日頃アニメで慣れ親しんでいる子供たちが楽しめるのはもちろんのこと、大人が見てもどこか郷愁をそそられる、心がほんのり温かくなる、そんなドラマです。どうぞお楽しみに!

○キャスト&スタッフ(公式サイトより)

【キャスト】
まる子 … 森迫永依
おとうさん … 高橋克実
おかあさん … 清水ミチコ
おじいちゃん … モト冬樹
おねえちゃん … 福田麻由子
おばあちゃん … 市毛良枝
たまちゃん … 美山加恋
戸川先生 笠井信輔(フジテレビアナウンサー)
未来のまる子 … 木村カエラ(友情出演)
未来のはまじ … 松本康太(レギュラー)
未来のたまちゃん … 皆籐愛子 他

【スタッフ】
企    画 … 松崎容子(フジテレビ)
プロデュース … 浅野澄美(FCC)
演    出 … 西浦正記(FCC)
原作・監修 … さくらももこ
脚    本 … さくらももこ 『まるちゃんのゆかいな生活』
      … 樫田正剛   『なかよしの集い』・『たまちゃん、大好き』

・第1話「まるちゃんのゆかいな生活」

物語の主人公は、小学3年生のさくらももこ(森迫永依)。小さいから『ちびまる』に子をつけて“ちびまる子ちゃん”とよばれている。そんなまる子の、とある一日…。

まる子他のファミリーが勢揃い! 各アニメキャラの人間版は何か新鮮! まる子は授業参観の日が近付くに連れて憂鬱になっていき、おかあさんには黙っておじいちゃんに来てもらおうと計画したけど残念ながら失敗。そして当日、まる子はおかあさんたちの見ている前でとんでもない失敗ばかり。起死回生の一発ギャグも滑りまくり・・・。

・第2話「なかよしの集い」

とある日の午後。鼻歌まじりで水仕事をしているおかあさんのところに、学校帰りのおねえちゃんがやってきた。

おねえちゃんと新しいノートを巡って一騒動。そんな中、小学校の「なかよしの集い」という低学年と高学年の生徒がペアを組む行事で、まる子はおねえちゃんが仲良くするペアのなっちゃんに妬むばかりだったけど、ある一件があって3人は仲良くなれました。でも、最後にまたノートを巡って大トラブルに・・・。

・第3話「たまちゃん、大好き」

授業中の3年4組の教室。はまじの珍回答に、教室内は笑いの渦だったが、ひとり浮かない顔のまる子。その理由は不幸の手紙。

まる子は届いた不幸の手紙で困ってしまったけど、親友のたまちゃんと友情を確認し合い、20年後のお互いに手紙を書きタイムカプセルに入れて埋める計画を立てました。その埋める約束の日にたまちゃんは現れなかったけど、友情だけは保てたかな・・・。


わっはっは、面白かったぁよぅ~! 声優・TARAKO口調で


期待通り、いや期待以上のインパクトだったと思いました。各キャストはアニメでのイメージに結構合っていて、特にまる子役の森迫永依ちゃんは可愛くて表情豊かで元気一杯でナイス抜擢! っていうか、少なくともさくら家の面々は皆ナイスでしたね。また、未来のまる子役の木村カエラちゃんや未来のはまじ役の松本康太さんも夫婦漫才が冴えてナイスサポートで、たまちゃん役の美山加恋ちゃんや未来のたまちゃん役の皆籐愛子さんもメガネ姿が似合っていてナイスサポート。キートン山田さんによる効果ありのナレーションもナイスで、アニメでお馴染みの冷や汗演出(顔に縦線で「ガーン!」のイメージ)は映像の色反転等の特殊効果に置き換えられてその絶妙さもナイス。気楽に入り込めて普通に楽しく、一言で言えばまさに「ナイス♪」でした!

子役たちが成長しないうちに、是非続編も制作してもらいたいなあ。主要人物の基本設定が小学生だから、「ハリー・ポッター」の映画シリーズみたいに長く担当することもできないし。逆に今回限りとしておくのも良いのかな? しっかり録画しておいたけど、これは永久保存版になりそう!

あっ、ニュースの途中でしたね。ああ、もういいや、これはニュースじゃなくて架空のニュース仕立ての単なる一記事ですから(笑)。以上、ニュース「ポンポコリン」という名の感想でした。ピーヒャラピーヒャラ。ほんと、面白かったぁよぅ~!

○関連記事『「ちびまる子ちゃん」が実写版のドラマになるよ』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/01/post_13b9.html
○関連記事『実写版「ちびまる子ちゃん」で木村カエラさんが大人のまる子になるよ』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/03/post_c1e9.html


|

« ミスチル・TOYOTA「トビラを開けよう」CMで新曲「箒星」発表 | トップページ | トップキャスター・第2話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/9780629

この記事へのトラックバック一覧です: 実写版「ちびまる子ちゃん」:

« ミスチル・TOYOTA「トビラを開けよう」CMで新曲「箒星」発表 | トップページ | トップキャスター・第2話 »