« 医龍 Team Medical Dragon・第1話 | トップページ | 本日のナナちゃん(2006/04/14) »

2006.04.14

ソフトバンクがボーダフォン買収後のサービス方針を発表

先日ソフトバンクのボーダフォン日本法人買収が成立しましたが、私もユーザとして気になっていた既存サービスや新体制等についての今後のサービス方針が発表されました。

○関連記事・ソフトバンク(SoftBank)公式サイト内「お客さま第一主義の継続」
http://www.softbank.co.jp/news/release/2006/060414_0001.html
○関連記事・INTERNET Watch『ソフトバンクとボーダフォン、「メールアドレスは継続提供」』
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/04/14/11652.html
○関連記事・ケータイWatch『ソフトバンクとボーダフォン、「メールアドレスは継続提供」』
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/28735.html

○「INTERNET Watch」の記事を抜粋

ソフトバンクとボーダフォンは、買収発表後にユーザーから寄せられた質問に答える形で、「既存サービスは継続提供する」と発表した。

今回発表された「お客様第一主義の継続」と題する文書では、これまで提供されてきたサービスが今後どうなるか、その姿勢が示されている。まずメールアドレスのドメイン名については、「既存ユーザーはブランド変更後も同じドメイン(vodafone.ne.jp)で、メール送受信が利用できるようにする」とされている。

また各種既存サービスについては、「LOVE定額などの定額サービス、ハッピーボーナスなどは今後も継続提供する」と明言。ボーダフォンショップなど店頭でのサービス向上にも注力していくという。

社名およびブランド名については、「わかりやすく親しみやすい名称を、準備が整い次第発表する」という。ブランド名の変更は発表会でソフトバンク社長の孫正義氏から明らかにされていたが、社名の変更は今回明らかにされた形になる。

このほかネットワーク設備などの拡充や、ソフトバンクグループ内でのシナジー効果を追求することなどが示されている。

改めて列挙してみます。

1. メールアドレスの継続
2. 既存サービスの継続
3. 社名・ブランドの変更
4. ネットワーク、携帯電話、サービスの積極展開
5. ソフトバンクグループ内のシナジー

「1」と「2」はまあ当然でしょう。ボーダフォンも前身「Jフォン(J-PHONE)」時代の料金プランを旧ユーザ向けに続けていたりしますからね。っていうか、ボーダフォンの料金プランがどうにも訳が分からなくて面倒臭くて、私はその旧ユーザ向けプランのまま(笑)。また、「4」と「5」はグループ会社と連動して上手いことやっていくことでしょう。ネット界を騒がせる要素は兼ね揃えていますからね。となると・・・、やっぱり「3」ですよ! 「社名・ブランドの変更」、これは重要! いくら「お客さま第一主義」を念頭に置いて展開したって、新社名等が悪いと冷めてしまいますからね。現在検討し始めている頃だろうけど、「ソフトバンクフォン」とか「SBフォン」とか「モブライフ」とか、いろいろ予想してしまいます。とにかく、その正式決定の名前によってキャリア変更は大いに有り得ると・・・。

ちなみに、「ケータイWatch」の方で「ボーダフォンの軌跡」がまとめられていました。

○関連記事・ケータイWatch「過去記事で振り返るボーダフォンの軌跡」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/28310.html

見事なまとめ記事ですね。それを良く読んで分かったけど、やっぱり「Jフォン」の方が良かった・・・(笑)。

○関連記事「ケータイぷよぷよ」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2004/03/post_2.html
○関連記事「携帯電話のシェア争いと番号ポータビリティ」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/05/post_f7c2.html
○関連記事『「OORONG-SHA MOBILE」Vodafone live!サイトがスタート』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/03/post_d27f.html
○関連記事「ソフトバンクがボーダフォン日本法人の買収で交渉中」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/03/post_c830.html
○関連記事「ソフトバンクがボーダフォン日本法人を1.75兆円で買収」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/03/post_db87.html

|

« 医龍 Team Medical Dragon・第1話 | トップページ | 本日のナナちゃん(2006/04/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/9595742

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクがボーダフォン買収後のサービス方針を発表:

» ボーダフォン買収後もアドレス・定額サービス継続可能 [ブログで情報収集!Blog-Headline/life]
「ボーダフォン買収後もアドレス・定額サービス継続可能」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =20... [続きを読む]

受信: 2006.04.20 22時25分

» ボーダフォン買収後もアドレス・定額サービス継続可能 [ブログで情報収集!Blog-Headline/life]
「ボーダフォン買収後もアドレス・定額サービス継続可能」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =20... [続きを読む]

受信: 2006.11.13 18時43分

« 医龍 Team Medical Dragon・第1話 | トップページ | 本日のナナちゃん(2006/04/14) »