« トップキャスター・第2話 | トップページ | ブスの瞳に恋してる・第3話 »

2006.04.27

アテンションプリーズ・第2話

主人公の名前が「美咲洋子」だからか、ドラマの中で「美咲さん」と聞くと「あれ、○○美咲さんだったっけ?」と勘違いしてしまうこともしばしば。まあ、「美咲さん」でも「洋子さん」でも間違いではないけどね。私的には「美咲」の方が好きだけど、レビューでは「洋子」と表記します。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「アテンションプリーズ」
第2話「制服を盗んじゃった!!」

洋子(上戸彩)たちは、第一印象を良くする笑顔や、言葉遣いの練習を開始。練習に不満を持つ洋子は、三神(真矢みき)と対立する。後日、作法の習得度を測る試験が行われるが、洋子の出来は悪く、補習の対象者に。そんな中、洋子は「クリーニングに出しておく」と預かった現役CA・カオル(笛木優子)の制服を勝手に持ち出してしまう。

「人の第一印象は最初の6秒で決まる」。三神さん、良いこと言った! 5秒じゃなく10秒でもないその半端な数字に、また意味があるのかもしれないなあ。洋子他訓練生たちは、「良い第一印象」を頭に置いて今日も接客の訓練中。笑顔を浮かべる表情作りなら、何故か自信があるんだ、何故か(笑)。

その後洋子はカオルの制服をこっそり着て、CA気分で連絡通路や空港ロビーをうろついてしまったんだけど、本物のCAだと思ってカタコトの日本語で尋ねてきた中国人の旅行者・秀華(王雪丹)との触れ合いが良かったですね。中国語や英語で会話しようとすると小難しいけど、幸い日本人は漢字を知っているのが良い漢字(感じ)? 二人は手帳を介して漢字で会話し、身振り手振りも交えてナイスコミュニケーション。秀華(シュウホワ)さんは北海道の旭山動物園に行きたかったんですね(私も行きたい)。洋子は彼女のためにチケットとパンフレットを用意して、タクシーの運転手へ手渡す動物園行きの件を記したメモまで渡して、ナイスサポート。これが洋子のやり方! 後から三神にはこっぴどく叱られたけど、制服を着た感想を聞かれたり毎日2時間の補講までプレゼントされたりで(笑)、ちょっとお先に良い経験をしたんじゃないかな? 「JALではそれが許される」ってことで良いよね?(毒)

今回もいつも通り録画。中盤だけリアルタイムで見た時は「なんかつまんなーい(洋子風に)」と思ったけど、後でその前後を合わせて見たら結構面白かったです。“評価のフライト”は程好く安定の模様~。

○関連記事「アテンションプリーズ・第1話」
○関連記事「いいとも2006年春祭・ハイテンションプリーズ」

「アテンションプリーズ」オリジナル・サウンドトラック~OH PRETTY WOMAN~
「アテンションプリーズ」オリジナル・サウンドトラック~OH PRETTY WOMAN~

「ATTENTION PLEASE アテンション プリーズ」
過去ドラマ「ATTENTION PLEASE アテンション プリーズ」

|

« トップキャスター・第2話 | トップページ | ブスの瞳に恋してる・第3話 »

コメント

TBありがとうございました。

>中盤だけリアルタイムで見た時は
>「なんかつまんなーい(洋子風に)」と思ったけど、
>後でその前後を合わせて見たら結構面白かったです
そう、意外に面白かったり・・ね。

やはり、goo調子悪いです・・TB行きません。
取りあえず、当該エントリーを貼らせて頂きます

http://blog.goo.ne.jp/sunafukin-0101/e/c9b83cf72dd840677fb9b6e3987d53db

投稿: スナッチャー | 2006.04.27 07時02分

 自分は、"ミス四月"の麻生カオルが「麻生さん!」って呼ばれるたびに、「麻生君?」って、錦戸君@「1リットルの涙」を考えてしまってます。

投稿: pixy_japan | 2006.04.27 07時20分

それでなくてもなかなか登場人物の名前が覚えられないというのに、
下の名前のような苗字には困りものですσ( ̄∇ ̄;)
>笑顔を浮かべる表情作りなら、何故か自信があるんだ
いいなぁ~。写真うつり(実物も?汗)が悪いので、これさえ出来れば
写真を撮られる際に逃げ回る事もないのだけれど・・・ははっ

投稿: まこ | 2006.04.27 15時48分

補講を命じられた洋子。(美咲?確かに悩むかも!)
でも本当に補講が必要なのはJALの全社員では無いだろうか?
そんな事を考えていたのは、私だけではないと思うけど…。
TBありがとうございました。

投稿: のらさん | 2006.04.27 17時10分

>スナッチャーさん

こんにちは&すみません~。またどうもTBが相互でおかしいみたいなので、時を置いてまたトライしてくださいな~。

>pixy_japanさん

あっ! そういえば・・・(笑)。その「麻生君?」っていうのを見ると、母役の薬師丸ひろ子さんを思い出しますね~。

>まこさん

そうですよね、「美咲」はまた人気のある名前だから、特にね。おっと、笑顔を作るのは容易いというだけで、写真写りはあまり良くありません。まずいショットばかり・・・。

>のらさんさん

言いたいことをおっしゃってくれました(笑)。ますますイメージダウンしてしまうんじゃないかと心配もしているところです。笑い飛ばせないレベルになったらどうすれば? まあ良いかな(おいおい)。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.04.28 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/9781665

この記事へのトラックバック一覧です: アテンションプリーズ・第2話:

» アテンションプリーズ 第2話 [ALBEDO0.39]
ATTENTION PLEASE STORY #2 アテンションプリーズ 第二話 言葉づかいは心使い そうね心使い メモしておきたいです。 三咲(上戸彩)は、もうホント 笑えるを越えて 殴りたくなりますね(^^; こんなんが自分のところに来たら 絶対イヤじゃ! っていうのが感想(^^; でも、きっと何かありますね 三神たまき教官(真矢みき)の昔に 関係する? ↑ビッグバードの夜景 飛行機は一応JALにしときます(笑) ※この画像は、自... [続きを読む]

受信: 2006.04.27 03時10分

» 【テレビ】アテンションプリーズ #02 [まぁ、お茶でも]
言葉使いは、心使い』CAの精神ですね [続きを読む]

受信: 2006.04.27 03時38分

» アテンションプリーズ 暴走マックスщ(゚Д゚щ) [zenの日記]
いきなり失恋で始まった物語… 次の恋の相手はカラス(・・? それとも翔太君(・・? そして… 前回教官に対して吠えた洋子… 一人前のキャビアアテンダントになれるのか(・・? そんなアテンションプリーズの第2回です(^^) キャストはこんな感じです(^^) 美咲洋子 … 上戸彩 ←主人公 中原翔太 … 錦戸亮 ←整備士 若村弥生 … 相武紗季 ←そば屋の娘 関山有紀 … 大塚ちひろ ←友達 堤修介 … 小泉孝太郎 ←上半身裸のカラス 弘田沙織 … 上原美佐... [続きを読む]

受信: 2006.04.27 04時17分

» アテンションプリーズ第二話 [LOVELY TELLY*TVな毎日]
洋子の勝ち気はタチ悪いねー。頭が悪い子設定なん?全てにおいてあまりにドキュン過ぎるのが気になるところ。その場の勢いで「なってみせる」と言った事を後悔してたばっかりなのに、またすぐに「楽勝ですよ!」って(汗)。これが続くとみんなついて来れないんじゃねーか。全体的... [続きを読む]

受信: 2006.04.27 04時42分

» アテンションプリーズ 第2話 [くつろぎ日記]
制服の威力。外見は大きくモノを言うということでしたね。別に中身に自信があるなら そこまで没個性で横並びのスーツを嫌う事もないだろうという翔太も意外と核心を ついていました。何となく翔太の意見にも押された気分だったのでしょうか、軽薄では あるけれど、翌日ちゃんと関山ちゃんのスーツを着ていった洋子。まだどくろTなど着 て100%素直じゃないけれど、一歩前進しましたね。 ... [続きを読む]

受信: 2006.04.27 06時12分

» 【ドラマ雑感】 アテンションプリーズ (第2話/全11回) 「憧れ!?の制服」 [気ままなNotes...]
 アテンションプリーズ(第2話/全11回)「憧れ!?の制服」◇笑顔と言葉遣いの基本を習い始めた洋子(上戸彩)ら訓練生。弥生(相武紗季)や沙織(上原美佐)らは丁寧な言葉遣いに気を付けるなど練習に余念がないが、洋子はまったく身が入らなかった。いまだにスーツも着ずに独自のロックファッションを貫いている洋子には、客室乗務員の制服に強い憧れを抱いている弥生らの気持ちが理解できないでいた。そんな中、洋子は客室乗務員のカオル(笛木優子)がク... [続きを読む]

受信: 2006.04.27 07時18分

» アテンションプリーズ<第2話> [のぶひさの日記]
先週のドタバタとは一転していいお話でした。{/usagi/} カオルの制服を無断で着て空港内を歩き出す美咲(上戸彩)。 見知らぬ中国人とのやりとりがよかったです [続きを読む]

受信: 2006.04.27 07時22分

» 『アテンションプリーズ』第2回 感想? [つれづれなる・・・日記?]
ダメだ。上戸さんについて行けねぇや。 馬鹿はいい。けど、あれは一線を完全に超えてるし。正直むかついて仕方ない。 あの格好で出社許してるよな。普通ありえないんだけど。 へぇボタンの連打でもしてるし。 ボケ方も中途半端すぎ。ピザにピロシキってボケとしてもありえんし。 あれで、どうして欲しかったんだ? まさか、笑えとか・・。そんなの無理だ。 太宰(井上純さん)まであの中途半端なボケは何? とっとと早く... [続きを読む]

受信: 2006.04.27 08時14分

» アテンションプリーズ STORY#2 [Happy☆Lucky]
STORY#2 「憧れ!?の制服」 [続きを読む]

受信: 2006.04.27 08時29分

» アテンションプリーズ 2話〜「憧れ!?の制服」 [アンナdiary]
初回見た時は、美咲洋子のキャラが自分の許せる許容範囲ギリギリだったけど 2話はその許容範囲を超えてキレそうになった。でも、中国人のお客さんとのやり取りを見て、ジーンときてしまった。どうしようもない洋子がCAになるまでを見ていきたいなって思った。。。 [続きを読む]

受信: 2006.04.27 08時33分

» アテンションプリーズ #2 「憧れ!?の制服」 [テレビお気楽日記]
笑顔と言葉遣いの基本を学ぶ訓練生。面白くもないのに笑えないと言う美咲洋子(上戸彩)。「負けるのだけは絶対嫌なんだよ。なってみせるよ、キャビンアテンダントに!!」と言った事を後悔していた。トイレから出て来る三神たまき(真矢みき)「構いませんよ。いつ逃げ出しても....... [続きを読む]

受信: 2006.04.27 10時12分

» アテンションプリーズ 第2回『憧れ!?の制服』 感想 [ぐ〜たらにっき]
結果的にはOK。。。 [続きを読む]

受信: 2006.04.27 10時46分

» 「アテンションプリーズ」#2 [風の便り]
先週、脱落候補かも。なんて書いておきながら、何となく惰性で見てしまいました(笑) [続きを読む]

受信: 2006.04.27 12時53分

» アテンションプリーズ 第二話 「憧れ!?の制服 」 [どらまにあ]
美咲洋子(上戸彩)や若村弥生(相武紗季)ら訓練生は、笑顔と言葉遣いの基本を学び始める。 人の第一印象は、出会ってから最初の6秒で決まるため、外見はもちろん、表情や声のトーンも重要な要素だった。 しかし洋子は、インストラクターの三神たまき(真矢みき)にしっかり..... [続きを読む]

受信: 2006.04.27 13時36分

» アテンションプリーズ 第2話:憧れ!?の制服 [あるがまま・・・]
甘ぁ〜い、甘いよ小沢さん!ヾ(^o^*) あれだけの大騒動起こしてお咎め無しかぃっ!{/kaeru_shock2/} まぁ、さすがの洋子も今回だけは反省したのかと思いきや…ん?そうでもない{/eq_2/}(笑) でも麻生さんも完全に許した訳では無いんですよね{/ase/} さすがのミス4月も表面上はにこやかでしたが、洋子にだけ聞こえるように思わずチクッ! あぁ、彼女も普通の女だったのね〜とむしろ共感し... [続きを読む]

受信: 2006.04.27 15時42分

» [ドラマ]アテンションプリーズ 第2話 [獅子奮迅FH]
いやいやいや、たまりませんな。上戸彩。かわいいですな。こんなに上戸彩がかわいいと思ったのは初めてっていうくらいかわいいなと思いました。困ったり、笑ったり、怒ったりと表情がくるくる変わる演技させたら最高。前回より断然おもしろいですし。これからもっともっと面白くなる気がします。これは最終回まで見ること決定ですぅ! さて、ミス四月の笛木優子の制服を着たまま空港内をうろちょろするから制服泥棒になってしまった上戸�... [続きを読む]

受信: 2006.04.27 17時18分

» アテンションプリーズ 【2】 [トシのTV観賞日記]
リンク: アテンションプリーズ. フジテレビ 2006/04/25 21:00~ [続きを読む]

受信: 2006.04.27 19時40分

» アテンションプリーズ@第2話 [Active Rolling A Better−day]
思い切りカテゴリは今週も「関ジャニ∞」なわけで。 いやー、翔太いいっすねえ。 「さんぐらい付けろ」な翔太にクラクラですよ・笑。 というか、今回の役、前の二つに似てる部分とそ [続きを読む]

受信: 2006.04.27 20時43分

» 「アテンションプリーズ」第2話 [fool's aspirin]
他人の制服勝手に着ちゃダメだろ!…と怒ってみるが、 就職面接に他人のスーツを着てた洋子だから、このくらいはフツーかも [:たらーっ:] …てゆーか、英語もロクにできない子をCA訓練生として採用する企業の方がもう絶対変だよ。 型にはまらない破天荒なCAとなる主人公を描くなら、 無理にJALを実名で登場させる必要はなかったのでは…。 そんな所でリアリティを追究しなくてもいいと思う。 私は大人だから洋子を「なってないなぁ」と笑えるが、 これから自分の職業を選ぶ中高生たちが、 「仕事って... [続きを読む]

受信: 2006.04.28 00時32分

« トップキャスター・第2話 | トップページ | ブスの瞳に恋してる・第3話 »