« ブスの瞳に恋してる・第3話 | トップページ | 医龍 Team Medical Dragon・第3話 »

2006.04.28

弁護士のくず・第3話

このドラマは「赤・ピンク」が目立つなあと。上着・ネクタイ・アクセサリーに、ファイル・ポスター・桜の花。トランプのハートやダイヤもありながら、九頭の頬もまた赤し。おまけにネタはピンク系多し。これが現在までの調査結果です。さてどうか、意義あり?(笑)

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「弁護士のくず」
第3話「美人作家の盗作」

作家で元グラビアアイドルのセリ(北川弘美)が、サイン会で乱入した作家志望の珠美(片桐はいり)に殴られた。九頭(くず・豊川悦司)と武田(伊藤英明)は、珠美の弁護を担当。無罪を主張する珠美は、セリに自作を盗作されたと言い張る。珠美を疑いつつ調査を始めた武田は、セリがアイドル時代に挫折し、精神科に通院していた過去を突き止める。

珠美がシャルロットで、武田がクリストファーで、九頭が白馬だとさ(笑)。もう~、何回珠美の「クリストファー!」という呼び掛けを聞いたことか。ついでに、キャバクラの店名は「セーラー服と機関坊」ですか。これらは夢に出てきそうだ・・・。珠美は傷害罪、セリは著作権侵害で疑われたけど、この二人のことを探ってみると意外なつながりがあったことが判明。珠美はいくら作品を仕上げて出版社へ持ち込んでも、強く断られるばかり。そこで落ち目のグラビアアイドルだったセリに作品の入ったフロッピーをわざと拾わせて、彼女はそれで作家デビューを果たしました。しかし、素人作家のセリは続編を書けるわけがなく、「進んでいます」とは答えるものの原稿は真っ白。おまけにリストカットするほどの精神状態に陥った過去もあり、彼女もそれなりに苦労してきたんだなあと。結局、全てを見抜いた九頭がセリに盗作を認めさせたことで、大ごとには至りませんでした。珠美やセリに真剣な表情で説得し、見事に丸く収めた白馬・・・改め九頭、カッコ良かった~!

その九頭は、今回の一件を「シンデレラ」のストーリーに置き換えて追求していました。シンデレラは王子に探してもらいたくて、わざとガラスの靴を脱いて去ったという意外な疑惑。これが珠美の行ったことにつながるという話だったんだけど・・・。そんな話を九頭と武田が警察署の前でしていたシーンで、そのバックの門前で行われていた小ネタが笑った笑った。“署内へ強引に連行する警官と犯人”はベタだけどまだ序の口で、途中から堂々とした歩みで署内から出てきたのはなんとピーポくん!(笑) 門前にいた警備員と交代してからは、愛想良く挨拶したり、寄ってきた人たちに囲まれて可愛がられたり、それでいて九頭たちの方を見向きもせず背中を向けてその場でウロウロしていたり。この2組の雰囲気のギャップで楽しめました。白馬にクリストファーにピーポくん。さあ、お気に入りはどれだ? な、なんと、シャルロットですか・・・(笑)。

○関連記事「弁護士のくず・第1話」
○関連記事「弁護士のくず・第2話」

「弁護士のくず 1 (1)」「弁護士のくず 2 (2)」
「弁護士のくず 1 (1)~」(井浦秀夫 著)

「GO MY WAY」
主題歌「GO MY WAY」(hitomi)

|

« ブスの瞳に恋してる・第3話 | トップページ | 医龍 Team Medical Dragon・第3話 »

コメント

ads(あず)さん、こんばんは!
週末~週頭はあずさんも大忙しですね。お疲れで~す!

>このドラマは「赤・ピンク」が目立つなあと

ここ読んで、すごいっっ!!と思った!観察力が鋭いんですね!!
きっと見てる人のほとんどは気ずいてないと思います。私もまったく
気ずきませんでしたけど、次回注目してみます。

は~~~い!私もシャルロットが1番のお気に入りでした~~~(笑)
では、またよろしくお願いします~~!

投稿: まりりん | 2006.05.02 23時20分

あずさん、こんばんは~。

「弁護士のくず」は、面白いですね!
トヨエツのほっぺが、どんどんピンクになってる気がして(笑)
馬役に、笑いました!

子供の頃は、考えた事もなかったですが
シンデレラがガラスの靴を忘れなかったら
一生"家事、手伝い"にも、感心しましたぁ(笑)

投稿: ルル | 2006.05.03 01時40分

>まりりんさん

週末にかけては大変なことになっていますね。でもこのドラマは逃せない! 「赤・ピンク」系が目立つという話は、第1話からずっと思ってきたことでした。特に第2話はすごかったかな(笑)。九頭の頬が赤やピンクになるのは皆さん気付いていたと思いますけどね。おっ、そうか~、シャルロットか~。意義無し!

>ルルさん

面白いですね~。満足度は高いですよ。そうそう、頬が赤にもピンクにもなるでしょう? あれが可笑しいんだよなあ。シンデレラの話に結び付けた今回の話はなかなかのものでしたね。視点の違いってやつもまた面白い!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.05.03 02時35分

あずさん、こんにちは!
GWいかがお過ごしですか?

くずは今期では某王子系のドラマ(笑)と並んで私のなかではツートップです。
小ネタもおもしろいですし、ピンク路線もバッチリ楽しんでますし。
ピーポくんに注目してましたか。
細かくよくご覧になってますね。
私もね、くずが靴をぬいであれこれ講釈たれてるときに後ろが気になって気になって・・(笑)
でもやっぱり今回は、インパクトが強いシャルロットは一番でしたよね。
くずも負けないように目力でセリをにらみつけたシーンがあります。
あそこの一瞬だけは互角に渡りあえたかも?
もう、明日だわ。早いですね・・。楽しみですっ!

投稿: かりん | 2006.05.03 11時34分

かりんさん、どうもです~。おぉ、ツートップね、似たような感じですよ! 小ネタ系にピーポくん、そちらもしっかりチェックされているなあと思いました。「シンデレラ」の話と結び付けるシーンのピーポくんはすごかった。でもシャルロットもまたすごかった(笑)。それでは、次回放送をまた楽しみましょう!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.05.04 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/9804414

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士のくず・第3話:

» 『弁護士のくず』case.3「美人作家の盗作」の感想。 [まぜこぜてみよ〜う。by青いパン]
♪TBさせていただきます♪『弁護士のくず』case.3「美人作家の盗作」の感想ですっ! 心優しく気高き シャルロットの暴走(笑)。 はいりサンが怖すぎです。 [続きを読む]

受信: 2006.05.02 09時31分

» 「弁護士のくず」#3 [風の便り]
( ̄Д ̄|||) ガーン ハードディスクの容量不足で全部録画出来ていなかった……{/face_naki/}{/face_naki/}{/face_naki/} ショック……。 [続きを読む]

受信: 2006.05.02 12時58分

» 弁護士のくず 第3話 [イチオシ]
今日の主役はシャルロット(笑)。 片桐はいりがゲスト出演です。 で、武田真実(伊... [続きを読む]

受信: 2006.05.02 19時36分

» ドラマレビュー 弁護士のくず 第3話 [きまぐれぶろぐ]
グラビアアイドルの瀬能セリ(北川弘美)が出版した本のサイン会で、豪田珠美(片桐はいり)が乱入して殴打した。そして、豪田側の弁護を武田真実が受けることになった。 豪田の目からは武田はクリストファーにしか見えなくて、自分のことをシャルロットと妄想に入っていた。 瀬能が書いた「ハレルヤ」は、豪田珠美が書いたものだと告訴しようとしていた。その告訴を援助しようとするのが、くず弁護士だった。シンデレラが何故ガラスの靴を落としていったのかを自分の靴を使って説明していたのが表現がうまい。くず先生の急にマジになる... [続きを読む]

受信: 2006.05.02 19時37分

» 「弁護士のくず」 case.3 美人作家の盗作 [今日を精一杯生きていこう!]
あらすじはこちら あの格好は珠美のイメージだったのね・・・ クリストファー武田。馬の人九頭。 それにしても、女性に弱いと思いながらも的確に証拠を掴む九頭先生はすごいね。事務所ではバカなふり? 今回、いや、前回から武田先生のむっつりすけべ度がアップし... [続きを読む]

受信: 2006.05.02 19時54分

» 弁護士のくず03 クリストファーとシャルロット [D.D.のたわごと]
本日第3話!昨年7月に当ブログで「ドラマ化希望コミック『弁護士のくず』」として取り上げたらマジでドラマ化してしまった井浦秀夫先生のヒット作。もうオープニングから笑ってしまってる私,さんざんバカやってテンポ良く笑わせて,しめるところはしめて感動させる,トヨエツ新境地開拓で代表作の1つになる予感(少なくとも玉置浩二氏(元安全地帯)の『コーチ』くらいの存在にはなるでしょう)。 弁護士のくず CASE03 「美人作家の盗作�... [続きを読む]

受信: 2006.05.02 20時00分

» 『弁護士のくず』 第3回感想? [つれづれなる・・・日記?]
はいりさんさすが。何でもこなすなぁ。結構好きだったりするんでするんです。 北川さん・・・もだけど、片桐さんも。 [続きを読む]

受信: 2006.05.02 20時56分

» ・TBS「弁護士のくず」第3話 [たまちゃんのてーげー日記]
TBS系列「弁護士のくず」(第3話「美人作家の盗作」)。 さて、今日は第3話です。「片桐はいり」さんと「北川弘美」さん他がゲスト出演!さて、記事を書いて、さあ、アップ(4/27)しようとしたら、livedoorBlog激混み!?管理画面で、操作が出来ない。。。まあ、先ほど、...... [続きを読む]

受信: 2006.05.02 21時41分

» 弁護士のくず 第3回『美人作家の盗作』 感想 [ぐ〜たらにっき]
九頭先生は一歩先に行ってますねぇ。 [続きを読む]

受信: 2006.05.02 22時02分

» 弁護士のくず CASE03 [poltroneの一日。]
ゲスト出演は片桐はいりと北川弘美。片桐はいりは相変わらずのインパクト。北川弘美は [続きを読む]

受信: 2006.05.02 22時08分

» 手強い相手w 『弁護士のくず』 #3 [私的空間.com]
CASE 03  【美人作家の盗作】 何だか、ものすごーく濃いものを見た!って感じですか? ストーリーより、片桐はいり ばかり気になっちゃって・・・(爆) ◇あらすじ◇ 人気作家セリ(北川弘美)の出版サイン会に怪しげな雰囲気の珠美(片桐はいり)が乱入し、セ... [続きを読む]

受信: 2006.05.02 23時14分

» 弁護士のくず 第3話 評価“やっぱりゲストが大事だね 星4.7” [ハマリもん]
今回は、のっけからお笑い連発で、いい感じ~~。豊川悦司のギャル風「やぁぁ~~だぁぁ~~~」も笑えたし、その流れでの片桐はいりのサイン会乱入からに続く拘置所での3人のやりとりも笑えました... [続きを読む]

受信: 2006.05.02 23時14分

» 「弁護士のくず」第3回 [気ままにいきましょう!]
『美人作家の盗作』 [続きを読む]

受信: 2006.05.03 00時19分

» 弁護士のくずcase.3「美人作家の盗作」 [LOVELY TELLY*TVな毎日]
この作品の面白さは、キャラクターの面白さ、キャスティング、そして演技・演出だと思っている。もちろん話も重要だが、自分が楽しんでいるポイントは、やっぱりキャラクター。そしてあちこちに埋め込んである小ネタ。この小ネタってヤツがなかなか難しくて、あまりにあざとくても... [続きを読む]

受信: 2006.05.03 09時29分

» 【ドラマ雑感】弁護士のくず case.3(全12回) 「美人作家の盗作」 『嬢王』登場! [気ままなNotes...]
 弁護士のくず(第3話/全12回)「美人作家の盗作」◇人気作家セリ(北川弘美)の出版サイン会に怪しげな雰囲気の珠美(片桐はいり)が乱入し、セリの顔を殴打した。九頭(豊川悦司)と武田(伊藤英明)は傷害罪で起訴された珠美の弁護を担当。目撃者も多く明らかに有罪と思われるが、珠美は自分の作品を盗作したセリを著作権侵害で告訴してほしいと言いだす。そんな中、九頭と武田はセリに謝罪するため出版社を訪れる。謝る武田をよそに、九頭はセリに盗作の件を話してしまう... [続きを読む]

受信: 2006.05.03 09時46分

» 弁護士のくず 第3話 [くつろぎ日記]
あわわわわ・・・クリストファーにシャルロット。武田は中世の騎士。くずは馬! いや〜〜びっくりしました。めまいどころではない衝撃にぐらぐらしましたわ [続きを読む]

受信: 2006.05.03 11時22分

» 『弁護士のくず』 3話 [ド素人日記]
武田(伊藤英明)にファンレターが。 弁護士名鑑なんてものが、存在するんですね。 タレント名鑑、選手名鑑ぐらいしか、知らなかったなぁ。 [続きを読む]

受信: 2006.05.03 12時39分

» 弁護士のくず 第3話 [暇つぶしブログ]
あらすじ: 作家・セリ(北川弘美)のデビュー作の出版サイン会で、珠美(片桐はいり)という女がセリを殴って傷害罪で起訴された。指名で弁護依頼の入った武田と九頭は珠美に面会する。珠美は、セリのデビュー作は自分の作品を盗作したもので、著作権侵害で告訴して欲しいと...... [続きを読む]

受信: 2006.05.03 18時20分

« ブスの瞳に恋してる・第3話 | トップページ | 医龍 Team Medical Dragon・第3話 »