« 金本知憲選手が904試合連続フルイニング出場で世界記録を更新! | トップページ | iPod購入までのポータブルプレーヤー使用歴 »

2006.04.09

Apple「Boot Camp」を視野に置いたパソコン購入検討

現在私が愛用しているデスクトップパソコンは、2000年7月に購入して以来もう5年半以上も使っている「DELL Dimension XPS T800r」。画面表示上のトラブルでビデオカードを何度か買い替え、拡張ボードや周辺機器の増設でパワーアップさせ、今日に至ります。購入当時はWindows2000(OS)でのパソコンライフに満足し、「これで充分」だと思ってずっと使ってきたけど、パソコン界やネット界の進化で段々と負荷が高まり、ついには何をするにも動作が重い状態になってしまいました。CPU800MHz・メモリ256MB・ハードディスク30GBという基本スペックも、今となれば随分非力(贅沢?)。

買い替え検討は何度かしたことがありました。その時期的な目安は「新OSの登場後」に定めていたけど、Windows2000の後継OSである「WindowsXP」は現パソコン購入の数年後だったのでスルー。それで、WindowsXPの後継OSである「Windows Vista」の登場後を密かに狙っていました。しかし、「2006年後半に正式リリース」という話が、開発遅延を理由に「2007年1月に正式リリース」となり、私の購入検討も大きく揺さぶられました。

そんな中・・・(前置きが長くなりましたが)、「iPod」で知られるApple社が「IntelベースMac(Intel CPUの搭載パソコン)」でWindowsXPを利用可能にするソフト「Boot Camp(ブートキャンプ)」を発表し、1台のパソコンで「Mac OS X」と「WindowsXP」を使い分けられることが分かりました。これまでWindows系OSを前提に購入検討していたけど、実は「Mac OS X」も家電店で触っては好きになっていたんです。つまりこれらのことから、Macのパソコンも購入検討内に入ってきました。

○関連サイト・Apple「Boot Camp」
http://www.apple.com/macosx/bootcamp/
○関連記事・Apple公式サイト内「アップル、Boot Campを発表」
http://www.apple.com/jp/news/2006/apr/05bootcamp.html

○「アップル、Boot Campを発表」の記事を一部抜粋

IntelベースのMacでWindows XPの利用を可能にするパブリックベータソフトウェア

2006年4月5日、アップルは本日、IntelベースのMacでWindows XPの利用を可能にする「Boot Camp(ブートキャンプ)」のパブリックベータソフトウェアを発表しました。Microsoft Windows XPのインストールディスクを持っているユーザは、本日よりダウンロード提供されるBoot Campを使って、IntelベースのMacにWindows XPをインストールできるようになります。インストールが完了すると、ユーザはコンピュータを再起動してMac OS XまたはWindows XPのいずれかを立ち上げることができるようになります。Boot Campは、8月に開催されるアップルのWorldwide Developers Conference(ワールドワイドデベロッパカンファレンス)でプレビューされるMac OS Xの次期メジャーリリース、「Leopard(レパード)」の一機能となる予定です。

○関連記事・ITmedia +D PCUPdate「もうみんなMacを買えばいいと思う」
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0604/06/news059.html
○関連記事・ITmedia +D PCUPdate『ショック……Boot Campで分かった「Windows XP vs Mac OS X」対決の衝撃的な結末とは?』
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0604/08/news009.html

うーん、Macを買っちゃえばいいと思う・・・(笑)。Appleとしては、2007年末までには「IntelベースMac」に移行を完了する方針だそうで、その間に現行OS「Mac OS X 10.4“Tiger”」に代わって後継OS「Mac OS X 10.5“Leopard”」が登場するそうで、ますますMacブームが大きくなるかも? それに最近購入した「iPod(MA002J/A)」ともApple社製同士で上手く連動するはずだし、やっぱりMacを買っちゃえば・・・。こうして書いているうちに、どんどん有力になってきました。完璧にAppleの策略にハマってる?(インテル、はいってる?)

いずれにしても、新パソコン購入は「2007年」と正式に定めました。タイプはこれまでと同じでデスクトップパソコン。やっぱりディスプレイを使って画面を広く使いたいし。2006年は現パソコンを今まで通り使いこなし、新パソコン購入後はそちらをメインマシンに、現パソコンはサブマシンにして、使っていこうかな(ワクワク妄想中)。さあ、その新パソコンは、Macか否か?

○関連記事「ビデオカードの買い替えでパソコン快適化」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/02/post_b308.html
○関連記事「iPodをネット通販で発注→自宅に到着」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/03/post_64bf.html

|

« 金本知憲選手が904試合連続フルイニング出場で世界記録を更新! | トップページ | iPod購入までのポータブルプレーヤー使用歴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/9528456

この記事へのトラックバック一覧です: Apple「Boot Camp」を視野に置いたパソコン購入検討:

« 金本知憲選手が904試合連続フルイニング出場で世界記録を更新! | トップページ | iPod購入までのポータブルプレーヤー使用歴 »