« iPodを「Amazon.co.jp」のカスタマーレビュー風に評価 | トップページ | アテンションプリーズ・第1話 »

2006.04.17

トップキャスター・第1話

天海祐希さんと矢田亜希子さんがメインキャストで、脇を固めるキャスト陣も興味ある人ばかり。そして舞台はあるテレビ局の報道部。久々に正統派の「月9」が見られそうだと思って、以前からかなり期待していました。最近の「月9」は微妙な作品が多いけど、今度こそ良いだろう、たぶん・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「トップキャスター」
第1話「嵐を呼ぶオンナ」

“スクープ命”のニュースキャスターと、アシスタントらスタッフの人間模様を描く。“伝説のキャスター”と呼ばれる春香(天海祐希)が帰国した。新しい報道番組のメーンキャスターを務めることになった春香は、スタッフにスクープだけを狙うと宣言。さらに、“報道素人”の天気キャスター・望美(矢田亜希子)をアシスタントに指名する。

“伝説のキャスター”こと春香がアメリカから帰国し、CNBテレビで新番組「ザ・ニュース」のメインキャスターを務め、お天気キャスターになるはずだった望美がそのアシスタントに。彼女の狙いはズバリ「スクープ」。あらら、そうなの? 周りからの反発も受けつつ、視聴者に受け入れられるように動きます。ある日謎の事件に出くわし、二人でその謎を解き明かして、生中継で生演出。その場で犯人を取り押さえ、リアルタイムのスクープを掴んで、一件落着。あらら、そうなの?

う~ん、これはどうなんだろう~? とりあえず期待して見たんだけど、私的な感想としてはこのドラマもどうやら最近多い「微妙な月9」になってしまった模様(笑)。この初回話を見ながら、3つほどの過去ドラマを思い出してしまったのです・・・。

【その1】
・アメリカから帰国し、CNBテレビの報道番組に携わる、かつての名キャスター・春香。
・CNBテレビの報道局長・柴田勝俊(児玉清)。

フジテレビ系ドラマ「美女か野獣」
・アメリカから帰国し、視聴率が低迷しているJBCテレビの報道番組のプロデューサーに抜擢され、周りの反発も受けつつ視聴率アップを狙いにいくキャリアウーマン・鷹宮真(松嶋菜々子)。
・冷静なアンカー・桜木恭一郎(児玉清)。

【その2】
・犯人がズボンから凶器を出すのを見て、「パンツ! パンツ!」と無我夢中に恥ずかしい言葉を連呼する望美。

フジテレビ系ドラマ「女子アナ。」
・社外での生レポート中継で「生体肝移植」を「性感帯移植」と言い間違え、以後気付かぬままその言葉を連呼し続けて日本中の恥さらしとなった新米女子アナ・大月真琴(水野美紀)。

【その3】
CNBグループ企業オーナーの息子で、報道担当取締役の結城雅人(谷原章介)。

TBS系ドラマ「幸せになりたい!」
・信頼されなかったが、やがて名プロデューサーとなり立派な姿になった“じゅんじゅん”こと長谷川純一(谷原章介)。

これらの3連発がモロにチラつきました(笑)。それはそれで懐かしいんだけど。でも何か、テレビの向こう側だけで盛り上がっていた感もあって、私はあまり楽しめませんでした。「スクープ」とやらも思ったよりは・・・。というわけで、正直「期待外れ」、いや、期待し過ぎて逆に残念に思ってしまいました。このドラマは試聴のみにして、レビューは書かないことになるかも? 天海祐希さんの主演作といったら、現在こちら東海テレビ(フジテレビ系列局)で再放送されている「離婚弁護士」のノリの方が好きなんだよね~。以上、“トップキャスター”がお伝えしました、とか(笑)。

「Dear friend」
主題歌「Dear friend」(Sowelu)

「トップキャスター」オリジナル・サウンドトラック
「トップキャスター」オリジナル・サウンドトラック

|

« iPodを「Amazon.co.jp」のカスタマーレビュー風に評価 | トップページ | アテンションプリーズ・第1話 »

コメント

こんばんは!

連日のドラマレビューでお疲れモードの私(苦笑)
アテンションプリーズ見ながら寝てしまって、深夜にアテンションとブス恋を
見直してました(汗)
トップキャスターはいつもの月9って感じでしたね。
天海さんだから、もうちっとイケるかな?って期待したんだけど。。。
まっ、でもまだ初回なのでもう少し見てみます。
どうせこの時間帯は他に見るものないので、見ると思うけど。
今期は全体的に今ひとつかな?
すごくハマっているものがないかも。
弁護士のくずが一番面白かったけど。。。

投稿: アンナ | 2006.04.19 02時48分

TBありがとうございました★
>とりあえず期待して見たんだけど、私的な感想としてはこのドラマもどうやら最近多い「微妙な月9」になってしまった模様

確かにそんなところは否めませんでしたね^_^v
でも私はこのドラマであまみ姉さんファンになってしまいました♪

投稿: しんちえ | 2006.04.19 09時35分

う~ん、やっぱ【離婚弁護士】を越えそうにないなぁ・・・
あたしのリコベンの天海姐さんが一番好きなんですわ~♪
今回はキャスター役という事で間宮貴子以上の男前っぷりを
拝めるかと期待してたんですけどね・・・
あはっ、矢田…じゃなくてやだ!タニショーさんてばじゅんじゅんと同じP役だったんだ!
まこまこったら、ちーっとも気付いて無かっただよ。
さすがはあずあず!v(o ̄∇ ̄o)♪

投稿: まこ | 2006.04.19 14時16分

あずさんこんにちは。私も同じような感想
でしたね。ちょっと期待が大きかっただけに
がっかりだったかなぁ・・・
何故かこの頃月9は不作ですね。

投稿: みのむし | 2006.04.19 20時38分

こんにちは。
TBありがとうございます。
ウチはJUGEMなんですが、どうしてもこちらからTBが送れないんですよ(T_T)
よろしければリンク貼らせて下さい。
不思議なんですが、ブログによってはそれで可能になる場合があるみたいです。
これからもよろしくお願いします(^o^)丿

投稿: 沙良@稲葉以外♪ | 2006.04.19 22時37分

・・・と思ったら送れてました(笑) よかった(⌒∇⌒)

投稿: 沙良@稲葉以外♪ | 2006.04.19 22時40分

>アンナさん

日々お疲れです~! 深夜にその連投は、いかがなものでした?(笑) さてこのドラマだけど、期待し過ぎた感があったかな? どうも過去ドラマがチラついて、目新しいものを感じなかったような? まあ初回話は特に良いと思わなかったけど、今後次第ですね。最近の「月9」はいつもこんな感じ・・・。

>しんちえさん

こんにちは! はい、微妙~でしたよね(苦笑)。でも天海さんは好きな女優なので、一応追い掛けてはみるつもりです。ただ第3回まであのままだったら、レビューはリタイアかな。

>まこさん

天海さんの「リコベン」のキャラはすごく好きだし、それは確かに超えられないだろうなあ・・・。あの人にはシリアスな面も出しながらの笑い要素を求めたい! それで、こっちの“じゅんじゅん”は「報道担当取締役」という肩書きだからPかどうかはちょっと微妙だけど、でもやっぱりじゅんじゅんを思い出してしまうのだよ~。

>みのむしさん

おっと、ガッカリ派でしたか・・・。それも期待し過ぎのせいかな? ほんと、「月9」はいったいどうなっちゃってるんだろう? 完全に路線変更してるよ・・・。

>沙良@稲葉以外♪さん

ココログのシステム上の問題で、TBが送れない事象が多々あるようです。間を置いたり日を変えれば送れると思うので(成功しましたね)、めげずにトライしてくださいね。謎に思う話はあるけど、リンクの件はOKですとも!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.04.20 03時40分

ads(あず)さん、こんばんは~!
TB&コメント有難うございました。
ほんとっ、あずさんがあげた3作品がちらつくドラマでしたね。もう少しオリジナル性の高い内容を期待していたのですが・・・。
また、面白くなくはないというところが、「微妙な月9」という表現に拍車をかけたようね気がします(笑)
天海さんは好きなので視聴はもう少し続けようかと思うのですが、感想は控えようかなぁと考えてます。

投稿: lavish | 2006.04.20 19時17分

lavishさん、こんにちは! そうですね~、「主にこの3作品」ということで、他にもいくつかの作品がチラついたり(笑)。中でも「美女か野獣」を思い出した人は多かったようです。それで、「面白くなくはない」という表現が絶妙に思えました。一言で言えば「絶妙」?(笑) 私もあのまま変わらないようなら、視聴のみにしようかなあと思っています。やっぱり期待し過ぎていたかな・・・。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.04.21 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/9659362

この記事へのトラックバック一覧です: トップキャスター・第1話:

» トップ・キャスター 第1話「嵐を呼ぶオンナ」 [華流→韓流・・・次は何処?]
いよいよ月9ドラマの放送開始ですです。 天海祐希さん主演ですし、脇を固める方たちも、安心して見れそう・・・ そう思って見始めましたが・・・ 早速1回目の感想です。 [続きを読む]

受信: 2006.04.18 23時46分

» トップキャスター 第1話 [くつろぎ日記]
はっきりきっぱり、もちろん、天海さん目当てです。 期待通り、面白かった!天海さんの番組にはずれがないっていうか、ダメな脚本で も天海さんが出ればひきしまるというくらい! [続きを読む]

受信: 2006.04.18 23時50分

» スクープ最優先!『トップキャスター』 #1 [私的空間.com]
第1話  【嵐を呼ぶオンナ】 ニュース番組を舞台にスクープ主義の女性ニュースキャスターとそのアシスタントを務める女性を取り巻く人間模様を描く。 坂元裕二脚本、平野真ほか演出。  ◇あらすじ◇ 伝説のキャスター、春香(天海祐希)が新しいニュース番組のキャスター... [続きを読む]

受信: 2006.04.18 23時53分

» ★天海祐希「トップキャスター」・・第一回感想追加 [スナフキン・レポート♪]
朝から、天海祐希が「トップキャスター」の番組宣伝兼ねてフジテレビジャックみたいですね。それにしても、どこの番組に出ても・・すんなり馴染んでしまうキャラです〜〜予告編で見る限り、『はまり役がまた一つ増えるみたいな・・』録画入れておこうっと・・。追記:第一回・・・見ました■ドラマのあらすじ・・・(公式より引用)<椿木春香(天海祐希)は、ニューヨークからの直行便で成田に向っていた。4月からCNBテレビで新し... [続きを読む]

受信: 2006.04.18 23時56分

» トップキャスター 1 [ひ と り ご と]
あんなニュース番組あるかいっ!とツッコミつつ楽しくみさせていただいた。 雰囲気はだいたい想像してたままだったけど、 やっぱり天海姐さんのしゃべりはスッキリ爽快ですわ。 月曜日の「これから1週間長いな〜」という憂鬱な気分が紛れますな(笑)。 生瀬さんこちらにも出演なんですね〜。こちらでも相変わらず・・・笑。 こういうのっていつも毎回メインが変わりますがこのドラマはどうなんでしょう? 松下奈緒ちゃんメイン回はあるんだろうか?密かに楽しみにしとこ。 久しぶりにこの時間、ドラマを観そうです... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 00時00分

» トップキャスター 第一話 [特に個性の無いブログ]
月9はまず観ない対象だけど、Soweluが主題歌なので一応チェック。 [続きを読む]

受信: 2006.04.19 00時37分

» CX トップキャスター(1話) [C-bose Laboratory]
 月9は天海祐希が主役のトップキャスターです。離婚弁護士、女王の教室と実績十分ですから、今回も楽しみです。  一度辞めさせられたテレビ局を椿木春香(天海祐希)が報道局長の柴田勝俊(児玉清)によって復活することになりました。8年前に辞めさせられたことを知っている人達はめちゃくちゃな取材方法を受け入れず、今回の復活も反対だったようです。  局に来て早々、椿木はアシスタントとしてお天気キャスターの飛鳥望美(矢田亜希子)を指名、番組だけでなく寝食共にすると言い出します。  雑誌に飛鳥の友人が会... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 00時37分

» トップキャスター 第1話 [あいりぶろぐ]
 「トップキャスター」は仕事の都合で見れない予定だったので、あきらめてたのですが、予想外に仕事が早く上がって帰ってこれたので、見ることができました。  というわけで第1話のレビューは書きます。月曜日の連ドラはこのドラマと、「刑事どん亀」ぐらいしかないし^...... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 00時57分

» トップキャスター 第1話 [まいにちおきらく!]
今期の月9、とうとうスタート。 そこはかとなくコメディ、でもしっかりホロリ。そん... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 01時00分

» 「トップキャスター」第1回 [気ままにいきましょう!]
『嵐を呼ぶオンナ』 [続きを読む]

受信: 2006.04.19 01時04分

» 【ドラマ雑感】 トップキャスター (第1話/全11回) 「嵐を呼ぶオンナ」 スクープ>人命なの? [気ままなNotes...]
 トップキャスター(第1話/全11回)「嵐を呼ぶオンナ」◇ニュース番組を舞台にスクープ主義の女性ニュースキャスターとそのアシスタントを務める女性を取り巻く人間模様を描く。坂元裕二脚本、平野真ほか演出。伝説のキャスター、春香(天海祐希)が新しいニュース番組のキャスターを務めるためにアメリカから帰国。早速、局を訪れた春香はそれまで打ち出されていた新番組の方針を切り捨て、スクープを目的とした番組の発足を宣言する。さらにお天気... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 01時10分

» 【テレビ】トップキャスター #01 [まぁ、お茶でも]
「ザ・ニュースが狙うのは、スクープです!」10年ぶりに呼戻された椿木春香。彼女の復帰は会社に波紋を呼んでいた。 [続きを読む]

受信: 2006.04.19 01時59分

» トップキャスター 1話「嵐を呼ぶオンナ」 [アンナdiary]
やっぱり「月9」でした(苦笑)毎度お馴染みの出演者にお腹いっぱい。 取ってつけた演出に、くさいセリフ。ダメだ〜〜〜〜苦手です、これ。 [続きを読む]

受信: 2006.04.19 02時41分

» トップキャスター [ドラマの視点]
「伝説のキャスター」と呼ばれた、カリスマキャスターの奮闘記録。数年ぶりに現場に復帰したニュースキャスター(椿/天海祐希)と、お天気お姐さんからキャスターへと抜擢された新米キャスター(望美/矢田亜希子)との「友情」や「仕事と私生活の両立」「幸せの尺度」などが描かれていく模様。 椿春香/天海祐希 飛鳥望美/矢田亜希子 蟹原健介/玉木宏 結城雅人/谷原章介 野原芽衣/松下奈緒 伊賀俊平/松田翔太 蟹... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 02時56分

» トップキャスター 女王なキャスター(・・? [zenの日記]
今日から始まるドラマ 「トップキャスター」を見ました(^^) 椿木春香 … 天海祐希 ←女王様(・・? 飛鳥望美 … 矢田亜希子 ←女王様の下僕(・・? 蟹原健介 … 玉木宏 ←望美の幼なじみの蟹ちゃん 結城雅人 … 谷原章介 ←取締役 野原芽衣 … 松下奈緒 伊賀俊平 … 松田翔太 紺野令子 … 須藤理彩 角高孝男 … 矢島健一 石場小吉 … 生瀬勝久 ←プロデューサー 柴田勝俊 … 児玉清 ←局長 蟹ちゃん家族 蟹原珠子 … 田丸麻紀 ←蟹ちゃんママ ... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 02時59分

» トップキャスター 第1回 [ALBEDO0.39]
【タイトル】      トップキャスター 伝説のキャスター椿木春香を 呼び戻すのは 皆が反対だった。 ニュース DE ゴー ネーミングは私が(生瀬勝久)が考えました これは忘れましょう・・・ THE NEWSでは 誰も知らないニュースをニュースを 取り上げましょう THE NEWSが狙うのはスクープです! 矢田亜希子をアシスタントにする 私と24時間行動を共にし 私を朝起すのが仕事です。 あんじゃそれー(笑 わ〜なんて細長くて素敵なお部屋な... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 06時46分

» ドラマレビュー トップキャスター 第1話 [きまぐれぶろぐ]
トップキャスターは、昔スクープを追い求めていたジャーナリストの椿木春香と、元お天気お姉さんの飛鳥望美が、THE NEWSという番組のキャスターになっている物語。 椿木は言う。「ショーウィンドウに飾られているニュースなんていらない。ニュースなんて、地図のない宝探しみたいなもんなのよ。誰にも知られずひっそりと隠れている。」 番組本番中に結婚式の中継先で怪しい元彼を発見。これはスクープになると椿木は望美に指示して暴漢を捕まえさせる。 ところでパンダ似の犬って事件と何か関係あったの? 良い出演陣が揃... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 07時52分

» トップキャスター 1話「元宝塚は化粧栄えする」 [あっちゃん語録]
またもや、最初9分見逃しました。 最近録画に失敗してばかりです^^; レビュー予想に何にもコメントがなかった「トップキャスター」です。 ストーリー紹介にいまいち惹かれなかったんですよね。 そんな感じで最初から合格ハードルが低かったので、あっさり超えてしまい、結構おもしろいじゃん? という感想でした。 椿木は服のセンスも悪いという設定なんですよね。 服のセンスはあまり悪いとは感じなか... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 09時20分

» トップキャスター第1話 [日々雑用]
嵐を呼ぶ女:椿木春香(天海)かっては名キャスターある事件 [続きを読む]

受信: 2006.04.19 10時16分

» トップキャスター [Akira's VOICE]
初回の感想 [続きを読む]

受信: 2006.04.19 10時21分

» トップキャスター 第1話 [いつかのダイアリー]
今クールのドラマが始まる前、最も期待してたのが「トップキャスター」。 といっても私の場合、番宣のCMくらいの前情報しか知らないわけですが。 なんで期待してたか。天海祐希さんが出るからに決まってます。 今朝のめざましテレビでもゲストで出てましたが、こう、凛....... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 12時51分

» 月9「トップキャスター」第1話 [ふろくのぶろぐ。]
 やっぱり児玉清さんは「鍋島次席検事」に見えてしまう(笑)・・・ [続きを読む]

受信: 2006.04.19 16時02分

» トップキャスター 第一話 「嵐を呼ぶオンナ」 [どらまにあ]
椿木春香(天海祐希)は、ニューヨークからの直行便で成田に向っていた。 4月からCNBテレビで新しく始まる夜9時のニュース番組のキャスターを務めるためだ。 春香は報道局長、柴田勝俊(児玉清)によって現場に引き戻されていた。 ... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 16時59分

» 「トップキャスター」平均視聴率23.1%の好発進、松下奈緒の出番を増やせ。 [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
『女優、天海祐希(38)が主演するフジテレビ系「トップキャスター」(月曜後9:00)が17日の初回放送で平均視聴率23.1%(ビデオリサーチ、関東地区)を記録した。民放テレビ局を舞台に伝説のキャスター・椿木春香(天海)と矢田亜希子(27)らが演じるスタッ....... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 19時22分

» トップキャスター 1 [Simple*Life]
を見た。 可もなく不可もなく。という感じかな? 天海さんが主役でコメディタッチだと聞いたので ちょっと期待しすぎたかも・・・ 「美女と野獣」と「女子アナ。」と「ニュースな女」を足して3で 割ったような感じかな?という印象が残った。 もちろん面白さはあ...... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 20時33分

» トップキャスター [稲葉以外♪]
Dear friend あれれれ? 何となく、思ったよりおもしろくなかったような。 天海祐希、前作があまりにもハマリ過ぎたのかなぁ? 彼女はともかく、矢田亜希子はキャスターじゃないです。 お天気お姉さんでも、リポーターでも、もう少し基本の話し方があると思うんですが。 これから成長する役柄という以前に、今の段階でプロの話し方じゃないですね。 アナウンサーやキャスターを演じるのは難しいんでしょう。 台本のセリフを口にするのとニュースを伝えるというのは、基本的に方法が違うと思う... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 22時31分

» トップキャスター 第一話 [どらま・のーと]
『嵐を呼ぶオンナ』 ニューヨークから日本へ向かう飛行機の客席で一人の女性が目を覚ます。椿木春香(天海祐希)だ。帰国した春香を迎えに来たのは、一人の男。CNBテレビの報道局長、柴田勝俊(児玉清)だ。 その頃、CNBテレビの報道局スタッフルームには新番組『ニュース..... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 23時58分

» トップキャスター [FREE TIME]
いやぁ、やはり天海祐希さんはいいですなぁ(^^) フジTVでスタートした月9「トップキャスター」を見ましたが、あらためて女優・天海祐希の魅力を感じた第1話でありました(笑)... [続きを読む]

受信: 2006.04.20 00時52分

» 『トップキャスター』第1話 [あれこれ日記]
ごっ…ごめん…←誰に謝ってんだ?? 集中して見れませんでした…(T_T) [続きを読む]

受信: 2006.04.20 01時56分

» トップキャスター 第1話 [Happy☆Lucky]
第1話 「嵐を呼ぶオンナ」 [続きを読む]

受信: 2006.04.20 08時38分

» 【テレビ】トップキャスター #01 [まぁ、お茶でも]
「ザ・ニュースが狙うのは、スクープです!」10年ぶりに呼戻された椿木春香。彼女の復帰は会社に波紋を呼んでいた。 [続きを読む]

受信: 2006.04.20 14時57分

» トップキャスター 1 [思い立ったが吉日]
『嵐を呼ぶオンナ』 初回の感想、無難にまとめたかな。 どこかで観たような、それでいてそこそこ面白い。そういう種類のドラマだったように感じた。 他局では扱わないニュースを、つまりスクープというものを追う椿木春香は伝説のキャスターと言われていた。その椿木は問題を起こし辞めていたのだが今回戻ってくることになったという話。 まずはやはり、天海さんの演技力を褒めるべきであろう。 先が見える話と言え... [続きを読む]

受信: 2006.04.20 19時13分

» 「トップキャスター」#1 [風の便り]
う〜〜〜ん。「可もなく不可もなく」ってのが正直なところ。 他に言いようがないんですよね。 特段つまらなかった。というわけでもないし、かといってむちゃくちゃ面白いわけでもない。 まぁ、ありがちだし、良くも悪くも「月9」な感じがしました。 [続きを読む]

受信: 2006.04.21 12時52分

» トップキャスター 第1話 [みたドラマノート]
4月からスタートのニュース番組のメインキャスターになった椿木春香(天海祐希)。 10年前、スクープのためならなんでもやる姿勢が、伝説となり、今回の登用にも反対が出ていた。 スタジオに現れた椿木は、早速プロデューサーの石場(生瀬勝久)の決めたタイトルを勝手に変..... [続きを読む]

受信: 2006.04.21 16時17分

« iPodを「Amazon.co.jp」のカスタマーレビュー風に評価 | トップページ | アテンションプリーズ・第1話 »