« @niftyからのバースデーメール | トップページ | 「名古屋プチオフ会」へ行ってきました »

2006.04.07

新ブランド「一澤信三郎帆布」の新店舗がオープン

カバンメーカーの「一澤帆布工業」の前社長・一澤信三郎氏が、新会社「一澤信三郎帆布」を設立して4/06に新店舗をオープンしました。

○関連サイト・「一澤信三郎帆布」公式サイト
http://www.ichizawashinzaburohanpu.co.jp/
○関連サイト・「一澤帆布加工所」公式サイト
http://www.ichizawahanpu.co.jp/

「一澤帆布工業」といえば京都発の人気ブランドで、カバンの丁寧な作りと大事にする心が評価されたメーカー。白地に「一澤帆布製」の縦書き文字で赤い糸により縫い付けられているロゴ・タグで有名ですね。しかしご存知の通りで、会社を大事に育ててきた信三郎氏と後から突如として現れた長男・信太郎氏の間で相続問題に揺れ、裁判で敗れた信三郎氏が解任されてそこを後にする事態となりました・・・。

○関連記事・「一澤帆布加工所」公式サイト内「私たち一澤帆布社員一同の想い」
http://www.ichizawahanpu.co.jp/message/060125.html
○関連記事・「一澤帆布加工所」公式サイト内『解任されても「社長」と呼ぶ理由』
http://www.ichizawahanpu.co.jp/message/060127_3.html

信三郎氏や職人他従業員からのメッセージに見られる強い意志。会社の歴史に刻まれた「醜くも虚しい世界」。この2記事を読むと、後からひょっこり出てきたド素人の信太郎氏が憎くて仕方がありません。明らかに「経営者としてふさわしくない」。しかし関係者たちは信三郎氏を選び支援し、新たな出発を願って努力し続けた・・・。これが「一澤帆布工業」というブランドを守り続けた者たちの決断であり、私も「なんて素晴らしいんだろう!」と思いました。

○関連記事・「一澤帆布加工所」公式サイト内「製造休止のお知らせ」
http://www.ichizawahanpu.co.jp/message/060228_2.html
○関連記事・「一澤帆布加工所」公式サイト内「新しい出発に向かって」
http://www.ichizawahanpu.co.jp/message/060306.html

信三郎氏を支援したのは関係者たちだけではなく、消費者もでした。その関連記事に、ある消費者からのこんなメッセージが。

○関連記事・「一澤帆布加工所」公式サイト内「激励メッセージ」
http://www.ichizawahanpu.co.jp/message/060328.html

○「激励メッセージ」の記事を一部抜粋(ある消費者からのメッセージ)

3年ほど前に、10年近く使ったかなりくたびれた鞄を修理に持ち込みました。鞄の生地全体が疲れて、腐りかけているので、修理をしても長くは使えないと説明されました。(同じ鞄をオーダーしました)
その際に「よう使ってもらって、よかったな。値打ちもんや」と鞄を愛おしそうに見ながらおっしゃっていました。さらに、お金を取って修理するとお客さんに迷惑かかるので修理を勧めないが、お客さんで直されるならと言って、たっぷり生地をいただきました。その上「長く使ってくれたお礼」ということで手ぬぐいまでいただきました。
当時、それが信三郎さんとは知りませんでしたが、最近の報道で信三郎さんと分かりました。
自分の作った製品に対する愛情に満ち溢れている信三郎さんこそが、一澤帆布のリーダーであるべきだと思います。

まさしく、信三郎氏がリーダーであるべき存在。私も激しく同意でした。そして・・・。

○関連記事・nikkansports.com「一澤帆布お家騒動、解任の三男が新会社」
http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20060322-9971.html

○「nikkansports.com」の記事を一部抜粋

相続をめぐり骨肉の争いとなっている「一澤帆布(いちざわはんぷ)工業」(京都市東山区)の社長を昨年12月に解任された一澤信三郎氏(57)が21日、新会社「一澤信三郎帆布」を設立し、4月に一澤帆布本社の斜め向かいに新店舗を開くと発表した。信三郎氏は故信夫・前会長の三男。一澤帆布は長男の信太郎氏が代表取締役に就任したが、休業が続いている。京都の人気ブランドの分裂は決定的となった。

信三郎氏によると、新会社「一澤信三郎帆布」の新店舗は、4月6日に一澤帆布工業本社の大通りを隔てた斜め向かいに開店し、信三郎氏の長女が設立した「一澤帆布加工所」の製品を販売する。商標登録を申請した「信三郎帆布」などを新ブランドにするという。

信三郎氏は「前の会社の職人約60人全員が新会社に協力してくれた。より良い商品で客の心に訴えたい」と話した。人気ブランドの“お家騒動”は、新しい局面を迎えることになった。

○関連記事・「一澤帆布加工所」公式サイト内「オープンしました」
http://www.ichizawahanpu.co.jp/message/060406.html

○「オープンしました」の記事を一部抜粋(ある消費者からのメッセージ)

本日4月6日午前9時に、一澤信三郎帆布が開店しました。
ここまで来ることができたのも、皆様の温かい励ましのおかげと社員一同感謝しております。  準備期間が短く、充分な品揃えとは言えませんが、力を合わせて精一杯かばん製作に臨んでまいります。
今後とも一澤信三郎帆布(http://www.ichizawashinzaburohanpu.co.jp)並びに一澤帆布加工所をよろしくお願いいたします。

06040701

「一澤信三郎帆布」の公式サイトでも見られる、新ブランドのロゴ・「布包」という造字。「カバン」は本来「鞄」と書きますが、布製のため「革」を「布」に変えたとのことです。「“真のカバンメーカー”はそこまでこだわる」という強い意志が、そこでも見られました。「一澤帆布工業」の斜め向かいに新店舗(仮店舗)を構え、願い続けていた「新たな出発」を遂げた、“新ブランド”であり“真ブランド”である「一澤信三郎帆布」を、私も応援したいと思います。

ちなみに、4/06といえば私の誕生日。そんな日に実現した新店舗のオープン。「醜くも素晴らしい世界」がそこにありました。よし、私もいつか「一澤信三郎帆布」のカバンを買おう!

|

« @niftyからのバースデーメール | トップページ | 「名古屋プチオフ会」へ行ってきました »

コメント

ご無沙汰です。
一澤帆布は最近とっても気になっていたんです(^^;
ヤフオクにはまり、商品もいろいろ見ました(買ってはいない)
でも、こんな会社の事情は知らなかったので勉強になりましたし、信三郎ブランドのロゴがかわいいので、機会があったら購入したいと思いました。もう少し大人になったら(年齢的には十分すぎるほど大人ですが^^;)買いたいな~。

投稿: こまま | 2006.04.09 10時26分

こままさん、こんにちは~。「一澤帆布」のカバンは、シンプルなデザインでロゴも良いんですよね。でも相続問題で揺れに揺れているニュースを知って、数ヶ月前からずっと気になっていました。そんな中、旧組織が新組織に猛反発して新ブランドを立ち上げた新たなニュースを知って、すごく応援したくなりました。

新しいロゴも結構好きなんですよ。自分にも新店舗オープン日で間接的に関係することになったし(笑)、買いたいな~!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.04.09 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/9494729

この記事へのトラックバック一覧です: 新ブランド「一澤信三郎帆布」の新店舗がオープン:

« @niftyからのバースデーメール | トップページ | 「名古屋プチオフ会」へ行ってきました »