« Ns’あおい・第8話 | トップページ | 白夜行・第8話 »

2006.03.04

アンフェア・第8話

誘拐犯の目的や要求に統一感が無かったのは、複数犯だったから・・・。そんな事実がはっきりしましたが、その犯人が発砲事件を起こし事態が急変しました。そして現場の壁に書かれた「アンフェアなのは誰か?」が、また謎を呼んでいます。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「アンフェア」
第8話「女たちの執念!悲しき犯人の最期」

署の地下で安藤(瑛太)が撃たれ意識不明の重体に。署内での犯行に、雪平(篠原涼子)は内部の者が事件に絡んでいると推測。三上(加藤雅也)は複数犯の存在を疑う。そんな中、一連の騒ぎが狂言誘拐と週刊誌に書かれ、雪平はマスコミの的に。牧村(木村多江)を調べると、牧村は犯人を教える代わりに事故の再調査をするよう取引を持ち掛ける。

雪平から捜査本部の山路(寺島進)へ電話連絡が入り、「安藤は息を引き取った」と告げられました。山路は激怒して捜査員たちへ犯人探しを急ぐように指示。蓮見(濱田マリ)はすぐに牧村へ安藤の死を伝え、牧村が指示通り警察に出向いたことで、雪平と和夫(香川照之)は牧村を置いて美央(向井地美音)との再会を喜びました。また、蓮見はマスコミ各社へ「雪平刑事元夫婦の自作自演」という文書を流し、罠にはめようとしていました。

そんな中、自宅へ帰った雪平を迎えたのは三上(加藤雅也)。そして、なんと安藤! 彼の死亡情報を流すことで、牧村や美央を無事に助けるという作戦でした。雪平が涙も流さず重傷を負って横たわる安藤をじっと見ていたシーンがあったけど、それは悲しみの目だけではなく作戦の完遂を望む目でもあったんですね。彼女たちは牧村の件を伏せたまま山路にも協力を願い、共犯者を探す決意を固めました。また雪平は「アンフェアなのは誰か?」という壁の文字から、瀬崎(西島秀俊)が起こした事件との関連を考えていました。しかしここで、蓮見が流した文書が「狂言誘拐」として週刊誌に載ったことで雪平が追い詰められ、「広真建設」の株は再び下落。それでも雪平は捜査を強行し、牧村を警察に呼んで聴取を行うと、牧村は犯人を教える代わりに事故の再調査をするように持ち掛けてきました。しかし、裏で様子を見ていた山路はそれを拒否。雪平は最後に「アンフェアなのは誰か?」と問うと、牧村は「警察」と答えたのでした。

後日、牧村は覆面をかぶった誘拐犯が蓮見だと分かり、彼女に「正体を知った」というメールを送りました。蓮見は驚いたけど、密かに関係を持っていた山路から「安藤は生きている」と聞き、牧村をある倉庫へ呼び寄せました。牧村の動きを見て三上は雪平に連絡し、雪平は安藤と共に現場へ。その間蓮見は牧村を邪魔者扱いし爆死させようとしたが、先に駆け付けた三上が彼女を助け、彼女は三上を振り切って外へ。後に駆け付けた雪平とすれ違いで車の中にいた死んだはずの安藤を見て、バッグから銃を取り出して憎き広田(伊藤洋三郎)の会社「広真建設」へ。彼女は広田の足を撃ち、2年前の屈辱を口にして彼の頭上に銃口を定めたことで、広田は不注意による事故とそのもみ消しを自白。さらに彼女が銃を撃とうとしたところに、追って駆け付けた雪平が銃を構えながら「これ以上美央を悲しませないで」と説得したことで、牧村はようやく銃を降ろして雪平により連行されました。しかしその際、何者かが牧村の左胸を目掛けて銃を放ち、彼女は息絶えてしまった! その場にいた人間は誰もが怪しいが、もしかして窮地に陥れられた蓮見の仕業なのか?

○関連記事「アンフェア・第1話」
○関連記事「アンフェア・第2話」
○関連記事「アンフェア・第3話」
○関連記事「アンフェア・第4話」
○関連記事「アンフェア・第5話」
○関連記事「アンフェア・第6話」
○関連記事「アンフェア・第7話」
○関連記事『ドラマ対決「中居正広の生スーパードラマフェスティバル」』
○関連カテゴリ「ドラゴン桜」

「Faith」
主題歌「Faith」(伊藤由奈)

「推理小説」
原作「推理小説」(秦建日子)

|

« Ns’あおい・第8話 | トップページ | 白夜行・第8話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/8957697

この記事へのトラックバック一覧です: アンフェア・第8話:

« Ns’あおい・第8話 | トップページ | 白夜行・第8話 »