« ココログ・「ベーシック/プラス/プロ」の機能概要を発表 | トップページ | 功名が辻・第11話 »

2006.03.21

WBC・日本がキューバを破り“王JAPAN”が世界一に!

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝戦、日本とキューバの対戦が日本時間の3/21にアメリカのペトコ・パークで行われ、日本が10-6でキューバを破り優勝しました! これで参加16チームの頂点に立ち、見事世界一に。王JAPAN、おめでとう!

06032101

序盤から日本が死球・四球・タイムリーで4点を先取。その後も乱打戦が続いて6-5と1点差まで詰め寄られたものの、9回に底力を見せて4点もの追加点を挙げ、その後1点を返されつつも逃げ切って、10-6という結果に。私も自宅にてリアルタイムで見ていたけど、常にハラハラドキドキさせられる展開でテレビから離れられず、食い入るように注目していました。そして優勝が決まった瞬間は大喜び。王監督が胴上げされる光景を見て、「ついに世界一になったんだ」と感動してしまいました!

○関連記事・スポーツナビ・「WBC決勝 キューバ vs. 日本」
http://live.sports.yahoo.co.jp/sportsnavi/211_wbc.htm

思えば、「世界一」になるまでの道のりは、本当に長かった・・・。

○WBC・王JAPANの世界一までの長い道のり

1次リーグA組
3月3日 ○18 - 2 vs.中国
3月4日 ○14 - 3 vs.チャイニーズ・タイペイ(台湾)
3月5日 ●2 - 3 vs.韓国

中国、チャイニーズ・タイペイを大差で破ったものの、韓国に惜敗し2勝1敗という結果に。しかし堂々と2次リーグへ進出しました。

2次リーグ1組
3月13日 ●3 - 4 vs.米国
3月15日 ○6 - 1 vs.メキシコ
3月16日 ●1 - 2 vs.韓国

米国戦では、8回表に日本の犠打によるタッチアップを、塁審はセーフとしたが主審がアウトと判定を覆し、誤審疑惑で大問題となりました。結局勝ち越しならず、残念ながら惜敗。続くメキシコ戦では勝利を収めたものの、韓国戦では後一歩及ばず再び惜敗。試合後に「僕の野球人生で最も屈辱的な日です」と語ったイチローの悔やむ姿が印象に残りました。これでもう終わりだと思われた矢先、米国がメキシコに負けるという波乱が起き、失点や自責点の関係で日本が米国とメキシコを退けて、辛くも準決勝へ進出しました。

準決勝
3月19日 ○6 - 0 vs.韓国

3度目の韓国戦。「二度あることは三度ある」となるか、「三度目の正直」となるか。名言は時として良いように解釈すべきか。両チームとも得点無しのまま続いた7回、代打の福留がライトスタンドへ運んで先制2ランを決めれば、その後は日本打線が爆発。イチローのタイムリーを含む一挙5点を挙げ、続く8回にも多村がソロ本塁打を放ち、過去の2敗を忘れさせるような快勝を成し遂げました。イチローがノースリーから盗塁を決めた時は、その勇ましさに正直震えました。この大事な戦いではスタメンの打順を大幅に変えてきたけど、結果的には王監督のその采配が功を奏した形に。試合直前のTBS系「サンデーモーニング」で、張本勲さんが「イチローは3番(が良い)/ワンちゃん(王監督)はちゃんと考えている」なんて言ってたけど、まさかその通りになるとは思いもしませんでしたね。こうして決勝へ進出し、同じく決勝まで勝ち進んだ強豪キューバと一騎打ちを挑むことになりました。

決勝
3月21日 ○10 - 6 vs.キューバ

そして決勝戦。誰もが見た熱戦ぶりでした。先発の松坂はキューバ打線をしっかりと抑え、イチロー、松中、多村を中心としたクリーンナップが使命を果たし、他の選手たちも活躍する中で川崎がファインプレーを見せて代打の福留が再びタイムリーを放ち、最後は大塚がラストバッターを三振に仕留め、念願の“世界一”の称号を手に入れました。その直後、場内にクイーンの有名曲「We Are The Champion」が流れた時は、「ナイス演出&選曲!」なんて思いましたね。試合後、日の丸を掲げて喜び合ったり、シャンパン掛けで喜び合ったりした、王監督率いる日本選手団の笑顔が忘れられません!

06032102

世界一になった今だから言えることは、日本は個人毎の活躍はもちろん、全員がたった一つの栄誉に向かって一丸となったのが、成功につながったんだと思います。実力のある選手を集めただけのドリームチームでは、チーム戦としては必ずしも成功に至らないこともはっきりしました。その点では、王監督の日本チームの導きやイチローのリーダーシップぶりは高く評価したいところです。また、力投続きで3勝を挙げてWBC初代MVPを獲得した松坂は、世界に通ずる実力を充分に見せ付けることができたと思います。試合後の会見で見せた“イチロー・王監督・松坂”の順の3ショットは、かなり貴重かも。ちなみに、イチローや福留を記事内でプッシュしたのは、“出身地・中日ドラゴンズ所属”といった面で地元民として強く応援していたからです。逆に課題もいくつか残りました。日本の詰めの甘い所や、審判団の公平なジャッジは、次大会までにさらなる改善を求めたいところです。

06032103

とにかく、このWBCを常に追ってきて、“日本世界一”を見届けられた時の感動は言葉にできないものがありました。今一度、王JAPAN、おめでとう!

06032104

|

« ココログ・「ベーシック/プラス/プロ」の機能概要を発表 | トップページ | 功名が辻・第11話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/9216350

この記事へのトラックバック一覧です: WBC・日本がキューバを破り“王JAPAN”が世界一に!:

» WBC やったぁ!決めたぁ! 日本、世界一!!! [大阪、おおさか、OSAKA]
ワールド・ベースボール・クラシック決勝、日本は、キューバと対戦。 国際試合で対キ [続きを読む]

受信: 2006.03.23 03時52分

» WBC=ワールドベースボールクラシック 決勝のキューバ戦を振り返って [幸一の戯言]
この試合、終わってみれば10-6の乱打戦。  1回に早々と4点を先取した。 この際、今江が貴重な2点タイムリーが出たのが大きい。 個人にとってもチームにとっても。 これで韓国戦のエラーは帳消しかな?w 日本は先制、中押し、ダメ押しと非常に理想的な展開だった。 ...... [続きを読む]

受信: 2006.03.23 09時15分

» 王ジャパン - Oh! JAPAN [3SIDES トゥ MUSIC]
非常に小ネタでごめんなさい。 いつもいつも最近「王ジャパン」と聞くことがあるわけですが そのたびに、この曲のサビ?1フレーズを歌ってしまうわけです。 OH JAPAN OUR TIME IS NOW / TMG ♪ Oh!Japan our time is now 〜♪ Oh,Japan → おうJapan → 王ジャパン てかそのままだな。。。 ごめんなさい、つまんなくてね。あはは。 てゆかニュースとかで使われてないのかな?! ハイライトシーンと... [続きを読む]

受信: 2006.03.23 09時49分

» WBC 日本初代王者に [まったりな日々]
日本優勝、キューバ破る 松坂、イチローら活躍 (共同通信) - goo ニュース ここまでの道のりは本当に険しいものでした。 特に2次リーグはもう準決勝進出は絶望的なところでした。 しかし、幸運にも準決勝、そして決勝へと駒を進めることができました。 キューバとの決勝は、技術よりも精神力の強さがものをいう、神経戦といった 感じでした。 特に8回では、1点差まで追い詰められるなど切迫して�... [続きを読む]

受信: 2006.03.23 14時09分

» WBC 日本世界一へ [フリーター・ニート革命]
本当に手に汗握る凄い決勝戦でした。 最初4点を取った後、キューバに1点取られて何か嫌な予感がしたんです。 案の定、6−5まで追いつかれたときは、正直負けたと思いました。 そう思ったのですが・・・ いつも....... [続きを読む]

受信: 2006.03.23 16時25分

« ココログ・「ベーシック/プラス/プロ」の機能概要を発表 | トップページ | 功名が辻・第11話 »