« 荒川静香選手の得意技「イナバウアー」に新しい名を | トップページ | センバツ・駒大苫小牧が不祥事で出場辞退 »

2006.03.05

ソフトバンクがボーダフォン日本法人の買収で交渉中

私の携帯電話のキャリアはボーダフォン(vodafone)なんですが、このたび携帯電話界を震撼させるどころかボーダフォンユーザを特に驚かせるニュースが発表されました。あのソフトバンクが、ボーダフォン日本法人を高値で買収するというんですね・・・。

○ボーダフォン(vodafone)
http://www.vodafone.jp/
○関連記事・Yahoo!ニュース「ソフトバンク、ボーダフォン買収へ…1兆円規模で交渉」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060304-00000001-yom-bus_all
○関連記事・YOMIURI ONLINE(読売新聞)「ソフトバンク、ボーダフォン買収へ…1兆円規模で交渉」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20060304it01.htm

○「YOMIURI ONLINE」の記事を一部抜粋

携帯電話世界最大手の英ボーダフォンは3日、日本で携帯電話事業を行っている日本法人株の過半数を、ソフトバンクグループに売却する交渉を行っていると発表した。

関係筋によると、買収価格は1兆円以上になる可能性があり、交渉は近く成立する見込みだという。実現すれば、国内の通信事業をめぐっては過去最大規模の買収となる。ソフトバンクも4日未明、交渉している事実を認めた。

ソフトバンクグループは当初、2007年春に独自に携帯電話事業に新規参入する計画だったが、ボーダフォンの国内事業の買収で、一気に携帯業界2強のNTTドコモとKDDIを追撃する体制を整える狙いと見られる。買収が成立すれば、通信業界の勢力図に大きな影響を与えそうだ。

ソフトバンクは当初、ボーダフォンから回線を借りながら、独自で携帯事業に参入する計画だった。しかし、今秋に、契約する携帯会社を変えても、携帯電話番号が変わらない「番号持ち運び制度」が導入されるのを前に、顧客争奪戦が激化している。既存のドコモなどに対抗するには、買収による早期の事業拡大が必要と判断したとみられる。

(中略)

日本のボーダフォンは旧J―フォンが母体。旧J―フォンは、日本テレコムの傘下にあったが、ボーダフォンが01年に日本テレコムに株式公開買い付け(TOB)を実施して子会社化。03年には固定電話部門の日本テレコムだけを米投資会社のリップルウッド・ホールディングスに売却。ソフトバンクが日本テレコムを買収していた。

いや~、驚きました。現時点では「買収交渉中」ということだけど、良し悪しの判断はともかくとして、どこか不安を感じるところがあります。もしも交渉が成立したならば、いくら小さくともどんな余波が及ぶのか、と。ソフトバンクの携帯電話事業参入も巷では聞いていたけど、まさか既存キャリアの買収に動くとは・・・。

思えば、「Jフォン」時代がブランド的にも一番好きでした。その後買収を経て「ボーダフォン」となり、赤を基調としたブランドデザインになってからは、正直あまり好きではないんです。でもキャリアを変えないままでいるのは、年間契約違反の違約金どうこうではなくて、親戚や知人のほとんどがボーダフォンユーザで何かと都合が悪くなるから。ただそれだけなんです。記事内の「番号持ち運び制度」は「番号ポータビリティ」ともいうけど、「何の問題も無ければその機会にキャリア変更をしても良いなあ」と思っていたのは事実。今では「NTTドコモ」や「au(KDDI)」の方がより魅力的に見えます。ボーダフォンが「3G(第3世代携帯電話)」に大きく出遅れたのも関係するんですが・・・。

しばらく様子を見ることにします。まあ、買収交渉はそのまま成立に至りそうですけどね。

○関連記事「ケータイぷよぷよ」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2004/03/post_2.html
○関連記事「携帯電話のシェア争いと番号ポータビリティ」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/05/post_f7c2.html
○関連記事『「OORONG-SHA MOBILE」Vodafone live!サイトがスタート』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2006/03/post_d27f.html

|

« 荒川静香選手の得意技「イナバウアー」に新しい名を | トップページ | センバツ・駒大苫小牧が不祥事で出場辞退 »

コメント

わたしもJPHONE時代からのユーザーです。
番号変わるのが面倒だし,家族も同じ会社で家族割引を使っているので,変えるつもりはないんですけど,確かに他社のほうが魅力を感じますねえ(笑)
番号ポータビリティが可能になったら,乗り換えを検討しようかなあ~。

投稿: うさこ | 2006.03.06 02時04分

うさこさんも、私と同様で微妙な思いを抱いているようですね。今秋より始まる番号ポータビリティの影響はかなり大きく、ユーザの大移動が発生すると思われます。それを恐れて、各キャリアが現在も解約を食い止めるいろんな手段を盛り込んでいるんですけど、ボーダフォンはそれさえ弱い気がしますね(苦笑)。大移動の動向が、既に見えているというか・・・。

親戚・知人一同、一斉にキャリア変更するというビジョンも密かにあり。私の訴えかけ一つで、それが現実になる模様(笑)。うさこさん陣営は、いかがでしょう?

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.03.06 03時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/8962638

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクがボーダフォン日本法人の買収で交渉中:

« 荒川静香選手の得意技「イナバウアー」に新しい名を | トップページ | センバツ・駒大苫小牧が不祥事で出場辞退 »