« 桜ソングの人気ランキング(2006年) | トップページ | 白夜行・第11話(最終話) »

2006.03.24

綾瀬はるかさんがシングル「ピリオド」で歌手デビュー

女優の綾瀬はるかさんが、本日3/24にシングル「ピリオド」でデビューしました。まさかの歌手デビューの話には驚いたものですが、密かに期待していました!

「ピリオド(限定メモリアル盤・DVD付)」 「ピリオド(通常盤)」
綾瀬はるか「ピリオド(限定メモリアル盤・DVD付)」/「ピリオド(通常盤)」

とりあえず・・・。

作詞 小林武史&持田香織(共作)
作曲 小林武史
編曲 小林武史
編曲 四家卯大

この作家陣にはまた驚いた! 小林武史さんが詞や曲でガッチリとバックアップしていて、Every Little Thingの持田香織さんも参加してる! 早速聴いてみようじゃありませんか・・・、その「ピリオド」を・・・、PVで・・・(ニヤリ)。

06032401

おぉ! 聴きやすい癒し系サウンドがなかなか良いね~! 曲は小林さん所属のMy Little Loverの音楽に通ずるものがあって、雰囲気だけは「NOW AND THEN~失われた時を求めて~」に近いかな。Bメロとサビで同じようなコードが何度も重なるけど、そうくどくもありませんでした。詞はちょっと切ないものがあって、一つの恋愛の「ピリオド」を女性視点で表現しています。特にラストサビの“♪GOODBYE HELLO HELLO GOODBYE はじめてのピリオド”は、切なくも感動してしまいました。そして歌! OKOK、綾瀬さん、ちゃんと音を追えています。すごく良いデビュー曲をいただけたんじゃないかな?

PVの方は、誰かが運転する車の助手席から肩より上を乗り出して、「ピリオド」を最初から最後まで歌い続けます。シチュエーションこそ変わらないものの、直線やカーブのある道路を延々と走る中で風景が変わったり、綾瀬さんの表情や光と影のコントラストがいろいろと変わったりで、結構楽しめました。こういった途切れの無い構成の映像は好きなんですよ。ある意味でライブのような感じでね!

ところで、今日は仕事帰りに名古屋の某CDショップで「ピリオド」のCDを見つけ、宣伝用の小冊子をもらってきました。その内容は、ビクターエンタテインメントの「綾瀬はるか」コーナーとほぼ同じです。また、同サイトに彼女が出演したショートフィルム「たべるきしない」のコーナーがあるんだけど、それによると「ピリオド」のPVの映像は「たべるきしない」に関係しているようですね。さらに、デビューに合わせて待望の公式サイトもできたようですね。ついでに、デビュー日の3/24は綾瀬さんの誕生日(今年で21歳)なんですね。何これ、もう驚きの連続~!

○関連サイト・ビクターエンタテインメント「綾瀬はるか」
http://www.jvcmusic.co.jp/ayaseharuka/
○関連サイト・ビクターエンタテインメント「ショートフィルム『たべるきしない』」
http://www.jvcmusic.co.jp/taberukishinai/
○関連サイト・綾瀬はるか公式サイト
http://www.harukaayase.jp/

○ビクターエンタテインメント「綾瀬はるか」の記載を一部抜粋

“女優・綾瀬はるか、歌手デビュー!”
日本を代表する女優へと成長した綾瀬はるかが、いよいよアーティストとしてデビュー。
そのデビューシングルはプロデューサーに小林武史を迎え、作詞に、今作が初の楽曲提供となるEvery Little Thingの持田香織が参加(小林武史との共作)。豪華な布陣が織りなす至極の歌詞&メロディを携えてのデビュー。
表題曲の「ピリオド」は、儚い恋愛の終わりを綴った切ないラブソング。しなやかなミディアムスローのメロディに乗った甘く切なく、透きとおるような綾瀬の歌声は、やさしく、柔らかく、それでいて力強い世界観を創出します。
この歌は伊藤由美子(東北新社)脚本/監督/演出・佐内正史/撮影による1月渋谷シネマライズ2月テアトル梅田で公開された綾瀬はるか本人出演のショートフィルム「たべるきしない」のテーマ曲としても使用された。
限定メモリアル盤であるDVD付シングルは、ショートフィルム「たべるきしない(DVD-EDITION)」を収録しています。

“綾瀬はるか、小林武史プロデュースで歌手デビュー!”

歌をうたうことはもともと好きでしたが、まさか歌手デビューするなんて想像もしていませんでした。それに実は私、結構緊張しいですし、歌って演技と違ってホントの自分を見られてしまうような感じがするので、少し恥ずかしいです。でも歌手にある言葉とか思いを私なりに想像し感情をこめて歌うことは演技と同じだと思ってます。とにかくレコーディングは気持ちよく思いっきりよく歌うことを心がけて頑張りました。ピリオドは失恋した女の子がやがて前向きな気持ちをとりもどしていく歌です。聴いて下さる方々の励みになったり、感動してもらえるよう、私自身も楽しみながら思いっきりよくチャレンジしていきたいと思ってます。

綾瀬はるか

綾瀬さんのプロデュースは、最初断ろうかどうか迷った(笑)。ミスチルのCMで知ってはいたけど、それとあまり関係もなく依頼があって。どうなのかと思っていたのですが、本人と会ったり、いろんな作業をしてみて、結果としてやってすごく良かったと思います。デモを聴いたら声がとても印象に残り、試しに一曲歌ってといったのが「ピリオド」だったんだけど、声に秘めた力があった。それが彼女のバックグラウンドなのかどうなのかわからないけど、声がとても柔らかく、深い。シンボリックな何かを感じました。持田さんの歌詞は、彼女のある種の少年性が綾瀬さんにとても合うような気がしてて、歌う度にそれが綾瀬さんの体を通っていく感覚がありました。結果として彼女自身のデビューシングルに成り得たのではないかと思います。彼女とは僕のやっているap bankの話などもよくします。そういった部分のアンテナの鋭さも感じるし、これからの成長が楽しみです。このシングルが、綾瀬はるかのこれから始まっていく幾つかの物語のプロローグになっていけばいいと思います。

小林武史

両人のコメントはかなり良かったです。デビューに至るまでに、見えないところでいろいろなことがあったんだなあ・・・。この2人に密接に関係するのがミスチル(Mr.Children)で、ファンとしてそんな点も実はうれしかったりして。ミスチルの「未来」にも通ずる何かが見え隠れしていたりして。また“女優・綾瀬はるか”といった面で、彼女の出演作を結構追ってレビューを書いているから、ここは綾瀬はるか系記事が意外にも多いんですよね。でも私にとっては、“多くを知っていそうで実は詳しくない女優”といった感じかも・・・(苦笑)。

デビュー曲でいきなり「ピリオド」というタイトルなのも驚いたけど、これまで書いてきたように「ピリオド」における驚きは本当に多かった! さあ、アーティスト・綾瀬はるかさん。いわゆる“ピリオドの向こう”を目指して、今後も頑張れ~っ!

○関連カテゴリ「世界の中心で、愛をさけぶ」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/sekai-ai/
○関連カテゴリ「あいくるしい」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/aikuru/
○関連記事「赤い運命・第3話(最終話)」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/10/post_ec2c.html
○関連カテゴリ「白夜行」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/byakuyakou/
○関連記事『大塚製薬・「ポカリスエット(POCARI SWEAT)」のCM』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/03/post_7.html
○関連記事『大塚製薬・「ポカリスエット(POCARI SWEAT)」のCM・2』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/06/post_4d51.html
○関連記事『大塚製薬・「ポカリスエット(POCARI SWEAT)」のCM・3』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/09/post_c65f.html
○関連記事『大塚製薬・「ポカリスエット(POCARI SWEAT)」のCM・4』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/12/post_b014.html

○関連カテゴリ「ミスチル(Mr.Children) 」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/mrchildren/
○関連カテゴリ「Bank Band(ap bank) 」
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/bankband/


●綾瀬はるかさんの作品集
○写真集・本・カレンダー
「HEROINE」 「ひと夏…。」 「Birth in Bali」
写真集「HEROINE」(2004・3作目)
写真集「ひと夏…。」(2002・2作目)
写真集「Birth in Bali」(2001・1作目)

「tea spoon. Vol.2 fanciful ~featuring 綾瀬はるか~」 「綾瀬はるか 2006年度 カレンダー」
本「tea spoon. Vol.2 fanciful ~featuring 綾瀬はるか~」
カレンダー「綾瀬はるか 2006年度 カレンダー」

○DVD
「Good Day!」 「・・・揺れる17才。」 「treasure~たからもの。」 「JUMP!」
DVD「Good Day!」(2004)
DVD「・・・揺れる17才。」(2003)
DVD「treasure~たからもの。」(2002)
DVD「JUMP!」(2001)

○ドラマ(キャラが目立った作品)
「赤い運命」DVD-BOX 「あいくるしい」DVD-BOX 「世界の中心で、愛をさけぶ」DVD-BOX
「幸福の王子」DVD-BOX 「僕の生きる道」DVD-BOX
ドラマ「赤い運命」DVD-BOX
ドラマ「あいくるしい」DVD-BOX
ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」DVD-BOX
ドラマ「幸福の王子」DVD-BOX
ドラマ「僕の生きる道」DVD-BOX

|

« 桜ソングの人気ランキング(2006年) | トップページ | 白夜行・第11話(最終話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/9265236

この記事へのトラックバック一覧です: 綾瀬はるかさんがシングル「ピリオド」で歌手デビュー:

« 桜ソングの人気ランキング(2006年) | トップページ | 白夜行・第11話(最終話) »