« 功名が辻・第8話 | トップページ | Ns’あおい・第8話 »

2006.03.04

西遊記・第8話

以前レビューで冒頭ネタとして書いた、バンプレストの対戦格闘アクションゲーム「超ドラゴンボールZ」を、先日ゲームセンターで挑戦してきました。たまたま誰も寄り付いていなくて、「これなら恥じずに試せる」と思ったのでね。使用キャラは、もちろん主人公の孫悟空。1人目の相手をあやふやな連続技や必殺技で何とか倒し、2人目の相手は悟空の嫁・チチ。「奥さんをやっつけるのもなあ?」なんて控えめに思っていたけどチチの攻撃は半端じゃなく(苦笑)、悟空とは言えども中の人が初心者の私だけに、その容赦無い攻撃に対抗できず見事に惨敗しました。チチ強え~!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「西遊記」
第8話「時の国-タイムスリップ!!過去への旅」

町の食堂に入った三蔵(深津絵里)らは、時空を自由に行き来できる妖怪・紅孩児(こうがいじ・石井正則)の仕業で、静止状態に。遅れて到着した悟空(香取慎吾)は驚き、紅孩児に止まった時間を戻すよう迫る。三蔵らは動きだしたが、今度は悟空が腰抜け状態に。肝っ玉を抜かれたと悟った悟浄(内村光良)らは、過去に戻って紅孩児を捕まえる旅をすることに。

紅孩児を悟浄と八戒(伊藤淳史)が追い掛ける、「時空を超えた鬼ごっこ」が展開されました。ロケの進行の関係で、直近では第4話くらいまでしか過去を遡らなかったけど、第1話の時以前の「悟空が三蔵と初めて出会うシーン」に悟浄と八戒が現れた時はちょっとびっくり。悟空が天竺行きを決意して自由の身になった直後、彼らもその場に現れるわけだけど、未来の彼らはあたふたしておりました。その後も過去の名シーンの場に現れては裏でコソコソと話し合っていたけど、それが面白かったなあ。上手いこと「おさらい編」を設けたといった感じ?

いろいろあって現代に戻ってきた彼らだったけど、悟浄が過去から悟空を呼び出して、肝っ玉を現代の悟空に戻したもんだから、もう~大変! 2人の悟空が同じアクションで同じ口調で大騒ぎ。2人になると2倍以上厄介になることが分かったよ(笑)。しかもオチは、老子(大倉孝二)が不安視していた「過去いじりによる時空の歪み」、いわゆる「タイムパラドックス」で、温和な三蔵が熱血女になっちゃったというもの(笑)。まあ次回には何事も無かったように振舞っているとは思うけどね。奥の手的なストーリーではあったけど、今回は割と素直に楽しめました!

○関連記事「西遊記・第1話」
○関連記事「西遊記・第2話」
○関連記事「西遊記・第3話」
○関連記事「西遊記・第4話」
○関連記事「西遊記・第5話」
○関連記事「西遊記・第6話」
○関連記事「西遊記・第7話」

「Around The World」
主題歌「Around The World」(MONKEY MAJIK)

「西遊記」オリジナル・サウンドトラック
「西遊記」オリジナル・サウンドトラック

「西遊記」DVD-BOX(中国版)
「西遊記」DVD-BOX(中国版)

「西遊記」
ゴダイゴ「西遊記」
(過去ドラマ版関連。「モンキー・マジック」や「ガンダーラ」は良い!)

「ベスト・アルバム」
ゴダイゴ「ベスト・アルバム」
(私も持っています。かなりオススメ!)

|

« 功名が辻・第8話 | トップページ | Ns’あおい・第8話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/8957626

この記事へのトラックバック一覧です: 西遊記・第8話:

« 功名が辻・第8話 | トップページ | Ns’あおい・第8話 »