« 西遊記・第7話 | トップページ | アンフェア・第7話 »

2006.02.23

Ns’あおい・第7話

子供が産めない体になるのは、女性にとっては辛いことでしょうね。病気を治すためにそうせざるを得ないとしても・・・。その決断に至るまでの様々な思いというのは、私のような男性には分かり得ない部分があります。こんな冒頭文ですが、まさかあの人がその当事者になるとは・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○フジテレビ系「Ns’あおい」
第7話「強がりナースの夢」

小峰(杉田かおる)が辞表を提出した。突然の出来事に、あおい(石原さとみ)は小峰を引き留めるが、「人のために頑張ることに疲れた」という言葉に何も言えなくなってしまう。後日、小峰が仕事中に倒れ、「子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)」を患っていることが判明。病気と息子のためだと看護師を辞める理由に納得するあおいだが、小峰は子宮を全摘出する手術をためらう。

小峰が倒れたのは多発性子宮筋腫の影響で、婦人科の医師・不動(田中要次)によれば、貧血状態の改善後に手術の必要があるとのことでした。不動は病気の再発を恐れるがあまり、子宮の全摘出手術をするのが多いことで有名らしく、もちろん小峰についてもそのように提案。小峰は、一人息子のタク(小川光樹)が弟妹を欲しがっていること等で辛い気持ちでいるのに・・・。しかしそこで、高樹(柳葉敏郎)が田所(西村雅彦)に頭を下げて頼み、不動に連絡をして筋腫のみの切除で進めた結果、手術は無事成功しました。

普段は厳しい顔でいることが多い小峰も、いろいろと考えることは多かったんですね。特に自身が病気になれば、さらに考えてしまって複雑な表情さえも見え隠れしていました。でも、この病院に現在いなくてはならない存在かな。とりあえず、ホッとしました!

○関連記事「Ns’あおい・第1話」
○関連記事「Ns’あおい・第2話」
○関連記事「Ns’あおい・第3話」
○関連記事「Ns’あおい・第4話」
○関連記事「Ns’あおい・第5話」
○関連記事「Ns’あおい・第6話」

●ドラマ
「Destination」
オープニングテーマ「Destination」(オオゼキタク)

「桜」
主題歌「桜」(コブクロ)

●原作コミックス
「Ns’あおい (1)」 「Ns’あおい (2)」 「Ns’あおい (3)」 「Ns’あおい (4)」
「Ns’あおい (5)」 「Ns’あおい (6)」 「Ns’あおい (7)」
原作コミックス「Ns’あおい」1~7巻(こしのりょう・モーニングKC)

|

« 西遊記・第7話 | トップページ | アンフェア・第7話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/8810214

この記事へのトラックバック一覧です: Ns’あおい・第7話:

« 西遊記・第7話 | トップページ | アンフェア・第7話 »