« 錦戸亮くんが初ソロライブ他で大活躍 | トップページ | ドラマ対決「中居正広の生スーパードラマフェスティバル」 »

2006.01.07

古畑任三郎ファイナル・第3夜(シリーズ最終話)

新春ドラマスペシャル「古畑任三郎ファイナル」の、第3夜「ラスト・ダンス」を見ました。

○フジテレビ「古畑任三郎」・公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/furuhata/index2.html

○イントロダクション(公式サイトより)

田村正和扮する警部補・古畑任三郎が、知能犯の犯罪をその鋭い洞察力であぶり出し、犯人を追い詰める、という三谷幸喜脚本による大ヒットドラマ「古畑任三郎」。このドラマは、1994 年 4 月に第 1 シリーズが放送されて以来、3 シリーズが放送されたほか、スペシャルドラマとして 5 本が制作され、いずれも好評を博しました。

そんな「古畑任三郎」シリーズが、2006年のお正月――1 月 3 日、4 日、5 日の 3 夜連続スペシャルで遂にファイナルを迎えます。
ゲストとしてお迎えするのは、第 1 夜が石坂浩二さんと藤原竜也さん、第 2 夜がイチロー選手、第 3 夜が松嶋菜々子さん、という超強力な顔ぶれ。そんなゲスト陣に合わせて、いままでのシリーズとはひと味違う三谷脚本の斬新なトリックと、台詞の妙が冴え渡る最後の 3 本に、どうぞご期待下さい!

ついにシリーズ最終篇。1/03~05の3夜連続で放送されるSPです。今回は3夜目・最終話!

○キャスト&スタッフ(公式サイトより)

【キャスト】
古畑任三郎:田村正和
今泉慎太郎:西村雅彦
西園寺守 :石井正則 他
(第3夜ゲスト)
加賀美京子(ペンネーム)[大野もみじ(姉)/ 大野かえで(妹)]:松嶋菜々子(二役)

【スタッフ】
脚本:三谷幸喜
企画:石原隆
プロデューサー:関口静夫、柳川由起子
音楽:本間勇輔
演出:河野圭太
制作:フジテレビ、共同テレビ

○「古畑任三郎ファイナル・第3夜」あらすじ(公式サイトより)

「ずいぶん昔になりますが、あなたにとてもよく似た女性に会ったことがあります」

「その人も誰かを殺したの?」

テレビ局――颯爽と廊下を歩くのは、人気脚本家の加賀美京子こと大野かえで ( 松嶋菜々子 )。すれ違うスタッフは皆一様に売れっ子の作家のかえでに挨拶する。その日、かえでが手がけた連続ドラマ「鬼警部ブルガリ三四郎」の最終回が完成し、試写が行われた。かえでを始め、スタッフは皆、作品の出来に満足しているようだった。「鬼警部ブルガリ三四郎」の打ち上げ会場で、大勢の関係者の中、スピーチするかえで。派手目なメイク、女優を思わせるような衣装。社交的な彼女はいつも華やかなスポットライトを浴びていた。

同じころ、とあるマンションの一室では、もみじ ( 松嶋・2役 ) が、パソコンに向かって原稿を書いていた。化粧もせず、地味な装いの彼女は、かえでの双子の姉であり、もうひとりの加賀美京子だった。テレビ業界では誰もが知っている話だが、かえでともみじはふたりでこのペンネームを使い、共同で仕事をしているのだ。

そんな中、打ち上げ会場にやってきたのは、ご存知、古畑任三郎 ( 田村正和 ) である。古畑は「鬼警部ブルガリ三四郎」の監修として以前からかえでに協力していたのだ。古畑は、かえでに誘われ、打ち上げ会場をこっそり抜け出してダンスホールを訪れた。チークダンスを踊るふたり。かえでは、華麗なステップで踊りながらこうつぶやいた。「私、古畑さん好きよ」と――。

あくる日、古畑は、カフェでかえでと再会する。次回作のことで力を貸してほしい、とかえでに頼まれたのだ。するとそこに、もみじからの電話が入った。「すぐに戻ります」と言い残して、店を出るかえで。しかし、このときすでに彼女の計画は実行されていた…。

そして本編スタート。

○「古畑任三郎ファイナル・第3夜」・予想と結末

【予想】
・「双子」という設定を利用したトリックあり。
・双子というのがそもそもフェイク。実は一人の人物。
 会話するシーンがあれば、それは想像の世界とか。
・第1シリーズの第1話につながる何かがある。
 例えば、その話の犯人・小石川ちなみと同様、後に不起訴から無罪になるとか。

【結末】
・もみじとかえでは、確かに「双子」だった。
 しかし、死んだと思われたもみじは、実はかえでだった。
・もみじとかえでは、ストーリー中のどこかで入れ替わっていた。
 かえでを殺したのは、かえでに変装したもみじ。理由は妬みや憎しみ。
・部屋の物を自然に使うことや車の使用やカップに付いた口紅等から、
 古畑は入れ替わり犯罪を見抜いた。

化粧品が無くなっている辺りから「何か変だ」と思い始めた今回。2人の入れ替わりこそ気付かなかったものの、「双子」の設定を利用したトリックであったことだけは当たりました。シリーズ最終話だから、きっと「有り得ない」と思わせる展開になると思っていて、「双子そのものがミスリード」という大胆な予想までしてみたけど、後に「犯人と死体」の両人の存在がはっきりしたためもろくも崩れました。考えてみれば、営業に没頭するもみじより創作に没頭するかえでの方が、巧妙な犯行を思い付く能力が優れているとも言えるわけで・・・。最後は、妹・かえでと違ってダンスが上手く踊れない姉・もみじが、同じく上手く踊れない古畑とぎこちない“ラスト・ダンス”を踊って終わりました。古畑任三郎、これで3勝です!

見た目は同じである「双子」の微妙に異なる性格を読み取って、真相を暴いてしまった古畑の推理力はすごいものがありました(脚本力とも言う)。「双子そのものがミスリード」と当初予想した私は、かえでが犯人だったことが明らかになっても、確かに銃で撃ち殺したとしても、何らかの形で「法的に免れる事態も有り得る」と思っていました。それは何故かというと、10年以上も不定期ながら続いてきたシリーズの最終話だから、「第1シリーズの第1話につながる何かがある」と確信していたから。そしてその予想は罪の有無以外の部分で確信通りになり、古畑はもみじに「ずいぶん昔になりますが、あなたにとてもよく似た女性に会ったことがあります」と、その話の犯人だった漫画家(≒作家)・小石川ちなみの話を持ち出しました。「法的に免れる事態も有り得る」と思っていたのは、後に小石川ちなみが不起訴処分で無罪となったこともつなげてくると予想したため。まあそれは当たらなかったものの、予想通りに小石川ちなみの話が出た時点で、「シリーズの初回話と最終話を結び付けることによる完全なファイナル」を感じたんですね。

これはちょっとした余談。ストーリー内で、「『白い巨塔』の井上由美子(脚本)」というセリフや、「鬼警部ブルガリ三四郎(『古畑任三郎』自体のパロディ)」等が出てきました。三四郎役の小日向文世さんの演技は良かったなあ。でもあれだけの出演っていうのがもったいなかったなあ。それから、“松嶋菜々子&かえで”と聞いて、同局系ドラマシリーズ「救命病棟24時」の女医・楓(かえで)を思い出した人は私だけではないはず? こうした要素が盛り込まれていたことで、「脚本の三谷幸喜さんは、“『古畑任三郎』も同じフジテレビ系人気シリーズ”だと最後に印象付けたかったのでは?」と勝手に推測してしまいました。まあその辺は、言われなくとも多くの人が「人気シリーズ」と思っているから大丈夫だと思われます。それより私は、三谷さんが上手く便乗して、NHK大河ドラマ「新選組!」の例え話を出したり(実際「第1夜」がNHK特番「新選組!!土方歳三 最期の一日」とバッティングした)、近々公開される映画「THE 有頂天ホテル」を意識したホテルを舞台にするんじゃないかと、密かに期待していました(笑)。

ここで、「古畑任三郎ファイナル」の総評をまとめてみます。

○「古畑任三郎ファイナル」の総評

・ストーリー別の期待度
第2夜>第3夜>第1夜

 第2夜:イチロー
 第1夜:石坂浩二&藤原竜也
 第3夜:松嶋菜々子

・ストーリー的に面白かった順
第1夜>第3夜>第2夜

 第1夜:二重トリック(犯行を行う者と暗に操る者)
 第3夜:入れ替わりトリック(殺されたと思われた人物が犯人)
 第2夜:フェアトリック(その精神が仇となる)

・ストーリー別の視聴率
第3夜>第2夜>第1夜

 第3夜:平均29.6%(瞬間最高32.7%)
 第2夜:平均27.0%(瞬間最高29.6%)
 第1夜:平均21.5%(瞬間最高27.5%)

私としては、バランスの良い結果となりました。皆さんはどうだったでしょうか?

そんなこともあり、ついに終わってしまった「古畑任三郎」シリーズ。「終わりなんて言わないで、もっと続編が見たい!」とか、「スピンオフシリーズでも良いから見てみたい!(例:『警視総監・今泉慎太郎』。有り得ない~!)」等と、誰もが思っているでしょう。でも、こんな豪華ゲスト3組を起用した「古畑任三郎ファイナル」を3夜連続で放送したことだし、できればこれを「完全なファイナル」として続編無く終わってもらいたいものです。ただ・・・、「この人がゲストなら許せる」という人物がたった一人だけいます。その人物とは、この「古畑任三郎」のモチーフとして知られる「刑事コロンボ」で、古畑のモデルでもあるピーター・フォーク。「日米の名刑事対決」なんていうのを見てみたいものです。夢のまた夢でしょうけど・・・。

さて最後に「古畑任三郎」シリーズを軽く振り返ってみます。3シリーズ33回(12回+10回+11回)・スペシャル6回・ファイナル3回の、計42回に及ぶ長編シリーズでした。

○「古畑任三郎」シリーズの全42回リスト

○第1シリーズ「警部補・古畑任三郎」(全12回:1994/04/13~06/29)
1. 死者からの伝言 VS 小石川ちなみ(少女コミック作家)/中森明菜
2. 動く死体 VS 中村右近(歌舞伎役者)/堺正章
3. 笑える死体 VS 笹山アリ(精神科医)/古手川祐子
4. 殺しのファックス VS 幡随院大(ミステリー作家)/笑福亭鶴瓶
5. 汚れた王将 VS 米沢八段(棋士)/坂東八十助
6. ピアノ・レッスン VS 井口薫(ピアニスト)/木の実ナナ
7. 殺人リハーサル VS 大宮十四郎(俳優)/小林稔侍
8. 殺人特急 VS 中川淳一(外科医)/鹿賀丈史
9. 殺人公開放送 VS 黒田聖(霊能力者)/石黒賢
10. 矛盾だらけの死体 VS 佐古水茂雄(議員秘書)/小堺一機
11. さよなら、DJ VS 中浦たか子(DJ)/桃井かおり
12. 最後のあいさつ VS 小暮音次郎(警視)/菅原文太
→第1話犯人の小石川ちなみは、その後のシリーズでも名前が良く出ました。
 第8話の外科医は、三谷さん脚本作「振り返れば奴がいる」の人物そのまま。
 第11話で登場した「赤い洗面器」の話は、今なお謎ですね。「オチない」?

○「警部補・古畑任三郎スペシャル」(1995/04/12)[SP1]
笑うカンガルー VS 二本松晋(数学者)/陣内孝則
→これは見ておらず、再放送を録画したので後日追記。

○第2シリーズ「古畑任三郎」(全10回:1996/01/10~03/13)
1. しゃべりすぎた男 VS 小清水潔(弁護士)/明石家さんま
2. 笑わない女 VS 宇佐美ヨリエ(教師)/沢口靖子
3. ゲームの達人 VS 乾研一郎(医者)/草刈正雄
4. 赤か、青か VS 林功夫(大学助手)/木村拓哉
5. 偽善の報酬 VS 佐々木高代(脚本家)/加藤治子
6. VSクイズ王 VS 千堂謙吉(クイズ王、学習塾経営)/唐沢寿明
7. 動機の鑑定 VS 春峯堂のご主人(骨董品店)/澤村藤十郎
8. 魔術師の選択 VS 南大門昌男(クラブ経営)/山城新伍
9. 間違われた男 VS 若林仁(雑誌編集長)/風間杜夫
10. ニューヨークでの出来事 VS のり子・ケンドール(小説家の妻)/鈴木保奈美
→第1話犯人の弁護士は、さんまさんのようにしゃべりすぎてアウト。
 第4話の大学助手は、古畑が唯一殴ったことでも有名。著作権により再放送は無し。
 第10話のストーリーは、仮定の名の事実を口頭で解き明かした妙な回でした。

○「古畑任三郎スペシャル」(1996/03/27)[SP2]
しばしのお別れ VS 二葉鳳翆(アートフラワースクール経営)/山口智子
→「華道≠フラワーアレンジメント」を強調していました。

○「古畑任三郎スペシャル」(1996/04/09)[SP3]
消えた古畑任三郎 古畑任三郎と24人の犯人たち
→異例の総集編。歴代ゲストと過ちを犯した今泉慎太郎で、24人。

○「古畑任三郎スペシャル」(1999/01/03)[SP4]
古畑任三郎 VS SMAP SMAP
→木村拓哉は、役どころの違う2度目の出演。

○「古畑任三郎スペシャル」(1999/04/06)[SP5]
黒岩博士の恐怖 VS 黒岩健吾(監察医)/緒形拳
→関係無いけど、私の誕生日の放送でした。

○第3シリーズ「古畑任三郎」(全11回:1999/04/13~06/22)
1. 若旦那の犯罪 VS 気楽家雅楽(落語家)/市川染五郎
2. その男、多忙につき VS 由良一夫(メディアプランナー)/真田広之
3. 灰色の村 VS 荒木嘉右衛門(雛形村村長)/松村達雄
4. 古畑、歯医者へ行く VS 金森晴子(歯科医)/大地真央
5. 再会 VS 安斎亨(小説家)/津川雅彦
6. 絶対音感殺人事件 VS 黒井川尚(指揮者)/市村正親
7. 哀しき完全犯罪 VS 小田嶋さくら(棋士五段)/田中美佐子
8. 頭でっかちの殺人 VS 堀井岳(化学研究所所員)/福山雅治
9. 追いつめられて VS 臺修三(西洋美術研究家)/玉置浩二
10. 最も危険なゲーム・前編 VS 日下浩司(動物愛護団体リーダー)/江口洋介
11. 最も危険なゲーム・後編 VS 日下浩司(上に同じ)
→見た覚えはあるけど、あまり覚えていないんです。
 実を言うと、「古畑シリーズ」は再放送で見ることが非常に多かったんですね。
 この第3シリーズも、いずれ再放送があるでしょう。それとも、DVDで見ようかな?

○「古畑任三郎スペシャル」(2004/01/03)[SP6]
すべて閣下の仕業 VS 黛竹千代(日本特命全権大使)/松本幸四郎
→顔で日本人か否かを判断してはならないという教訓を得ました。

○「古畑任三郎ファイナル」(全3回:2006/01/03~01/05)
1. 今、甦る死 VS 天馬恭介(館長)&堀部音弥(会社役員)/石坂浩二&藤原竜也
→レビューは「古畑任三郎ファイナル・第1夜」に記載。
2. フェアな殺人者 VS イチロー[架空の人物](メジャーリーガー)/イチロー
→レビューは「古畑任三郎ファイナル・第2夜」に記載。
3. ラスト・ダンス VS 加賀美京子[大野もみじ/かえで](作家)/松嶋菜々子(二役)
→レビューは本記事に記載。

※テレビ誌「TV Japan」・2006年1月号の特集ページを参考。

このゲストリスト、すご~~~いっ! ベテランから若手まで、本当にいろんな人が出演していたんですね。その各人と1対1の勝負を挑んだ古畑任三郎こと田村正和は、やっぱりすごい! 独特の口調と仕草、そして鋭い推理で、犯人たちをじわりじわりと追い詰めていくのが、見ていて面白かったです!

「古畑任三郎ファイナル・第1夜」
「古畑任三郎ファイナル・第2夜」

「古畑任三郎ファイナル」DVD-BOX
「古畑任三郎ファイナル」DVD-BOX

「警部補古畑任三郎 1st」DVD-BOX 「古畑任三郎 2nd season」DVD-BOX 「古畑任三郎 3rd season」DVD-BOX 「古畑任三郎 すべて閣下の仕業」
「警部補古畑任三郎 1st」DVD-BOX
「古畑任三郎 2nd season」DVD-BOX
「古畑任三郎 3rd season」DVD-BOX
「古畑任三郎 すべて閣下の仕業」

「古畑任三郎」オリジナル・サウンドトラック・ベスト

|

« 錦戸亮くんが初ソロライブ他で大活躍 | トップページ | ドラマ対決「中居正広の生スーパードラマフェスティバル」 »

コメント

あずさん、おはようございます。
双子は実は一人だったと最初に予想したあずさん。
そんなストーリーも見てみたかった。

古畑全シリーズ、並べて見るとすごいゲストですね。
ほとんど見ているはずなんだけど、忘れているものも多い!!
まだまだこの作品に出演したいと思っている役者さんはいるはず。
またいつか、帰ってきてほしいですね。

投稿: ちーず | 2006.01.09 09時03分

あずさん こんにちは!コメントありがとうございます。

謎はやっと溶けました(汗)
こういうドラマ好きなのに、ファイナルとは寂しい(でも信じていない・笑)
あずさんの記事、素晴らしい!すごくわかりやすい!
そうそう「かえで」救命病棟のかえでを思い出しましたよ(笑)
ところどころに脚本の遊び心?が散りばめてありましたよね。
そして視聴率が全てではないってところも。
でも、3話とも高視聴率で、やっぱりみんなの関心の高さを物語っていましたね。
古畑さんはもちろんですが、今泉と西園寺のコンビも大好きだった。

いよいよ新ドラマです。
これからも宜しくお願い致します。
えっとブックマークに登録します!ので宜しくお願いします。

投稿: アンナ | 2006.01.09 10時11分

第3夜の記事も書いたのですが、
ちょっと関係ない(関係はあるのですが)ところのTBをさせていただきました。
全犯人を振り返っていらしたので・・・。

投稿: ryi | 2006.01.09 12時00分

こんにちは。

放送リストを見ながら、昔のシリーズの方をよく覚えている自分に驚きました。第3シリーズはあまり記憶にないです^^; でも、地下室に恋人を残す時のちなみちゃんの表情は昨日見たかのように思い出せます。
私は見れなかったんですが、どうも関東では、年末に古畑の再放送をやっていたようです。かろうじて、第3シリーズの最終話だけ見ることができました。知ってれば全話録画したのに。

ピーターフォークとの競演見てみたいですねぇ。生きてらっしゃれば、声の方との競演はありえたでしょうに、残念ですね。

投稿: ひいな | 2006.01.09 12時00分

はじめまして。
松嶋奈々子の演技は、安心してみられました。
シリーズの初回話と最終話を結び付けられていたとは、気づきませんでした。やはり、ずっと通して見られてる方は違いますね。
ただ、トリックがよくわからない点があります。
入れ替わった点はいいとして、一度マンションを出て、裏口らしきところを通って部屋に戻り、妹を殺して店に行きました。
時間の関係で、裏口からは無理だということになりましたが、
玄関から入ったとき管理人に見つからなかったことを示すシーンがなかったことが、いまいち釈然としません。あと、マンションの構造を説明してくれると、よりわかりやすかったかも。

投稿: 流川 | 2006.01.09 15時53分

あずさんこんばんは
TBありがとうございます。
3話もよかったですね。
このまま終わってしまうのは、おしいシリーズですね。
セリフの遊び心も楽しかったです。

投稿: まりこ | 2006.01.09 22時46分

>ちーずさん

「そんな予想もアリかな」と思ったんです。視聴者を錯乱させてくるんじゃないかと・・・。双子トリックも充分錯乱させられましたけどね。しかし古畑シリーズのゲストは、すごいラインナップですね~。各界の大物まで出ていますし。忘れている回も多いけど、是非一度全てを見返したいものですね!

>アンナさん

完全にファイナルとなるかは、実際微妙ですよね(笑)。フジテレビ系ドラマ「ショムニ」が良い(往生際が悪い?)例ですけど。そうそう、“松嶋菜々子&かえで”で、真っ先に“女医・楓”。その思いは同じでしたか! 意識してるのかな? 偶然かな? ストーリーの面白さと視聴率の高さが不一致だったのが、また面白いところでした。それから、古畑のみならず、古畑ファミリーが良かったですね。さて、今クールも盛り上がりましょう。ブックマーク登録、ありがとうございます。うちもそろそろ相互リンク機能を設けようと思います!

>ryiさん

こんにちは! 読みました。占いですか? そんなのがあったんですね~。今後もまたよろしくお願いしますね!

>ひいなさん

私もテレビ誌を見て書き起こしながら、自分がどこまで覚えているかをチェックしてみました。リアルタイムで良く見た第2シリーズは痛烈に覚えています。最初に見たシリーズなので(笑)。その後再放送で第1シリーズも見たりもしたけど、小石川ちなみの話はその後も随分と引き摺られたし、印象度は高いですね。こちら東海地区でもスペシャルの再放送をやっていました。いくつか録画したので、暇があれば見ようと思っています。ピーター・フォークとの対決は見てみたいでしょう? 声の吹き替え担当の石田太郎さんは出演歴があるんですけどね!

>流川さん

初めまして! コメントありがとうございました。シリーズ初回話との結び付けは、シリーズものならではの構成ですよね。ああ、マンションの裏口や構造の件は、ちょっと不審な点でしたね。そこは構成の詰めが甘かったと思いました。全てを万全に網羅するのって、難しいんでしょうね。

>まりこさん

この話も面白かったですね! シリーズの完結については、最近流行の言葉で言うと、まさに「もったいない」です。セリフ回しも面白かった!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.01.10 03時35分

こんにちは。
コメントとトラックバック、失礼いたします。

詳細な記事を興味深く拝見させて頂きました。
第三夜は、最終夜に相応しい、見応えのある仕上がりでしたね。
僕もスピン・オフの映画『 警視総監 今泉慎太郎 THE MOVIE』を観てみたいです。
そして、近い将来に古畑任三郎氏が帰ってくる事を願っています。

また遊びに来させて頂きます。
改めまして、今度共よろしくお願い致します。
ではまた。

投稿: たろ | 2006.01.11 13時24分

”双子”と言う点で、視聴者が想像するであろうトリックを、三谷さんは頭に置いて上手く書き上げたなぁと思いました。2度見たんですけどね、グラスの口紅を拭き取るシーンを見逃してて。そんなさり気ない仕草を見落とさない古畑の視線に釘付けでした(^_^;)かえでの魅力にやられちゃった古畑も可愛かったぁ♪
しかし”アズラーのリスト”はすごい!(笑)
見てないものも、3度は見たものも、忘れてたものも…こんなにあったんだぁ、懐かしい。小石川ちなみだったのねー!「昔似たような人が…」って!でも見てない(>_<)見たい!あずさんの着眼点には拍手ですよー(^o^)読んでて何かスッキリしたぁ。かえで=楓も、W(゚O゚)Wそうだった~ってな感じで(笑)
毎度「古畑任三郎」を見終えた時の切なさと言うか、殺さなくても良かったのにぃ、と犯人に同情しちゃったり…良かったわぁ。犯人が落ちてからの会話も「古畑~」しかない…何て言い表したらいいのか。古畑ファンなら同じ思いで見てるはず(^_^;)ですよね?例えば私の好きじゃない”2時間ドラマ”でのラスト、岸壁で犯人が自白してるシーンとか、同じお決まりでもつまんない。犯人に同情もしない。
ファイナルはファイナルだもんねぇ。これからもまだまだ見たかったけど、ラストに満足だったから良しとしよう。今までの作品を見返したい♪
古畑任三郎は、結婚した事があった?ような口ぶりでしたね~「忘れました~」なんて(^_^;)永遠に謎かぁ

投稿: マナ | 2006.01.11 22時53分

>たろさん

そうですね、最終夜に相応しいと思いました。双子設定のトリックも見応えあったし。「警視総監・今泉慎太郎」なんていう夢のまた夢のようなスピンオフは、有り得るんでしょうか?(笑) また遊びに来てくださいね!

>マナさん

見返してみると、随所に真相をカバーするシーンがあったりするんですよね。私も第1夜分から見返して、「ああ、ここにヒント出てるじゃん!」等と発見することが多いです。でも、推理はできないという・・・(苦笑)。「アズラーのリスト」って「シンドラーのリスト」みたいだけど(笑)、すごいラインナップですよね! 書いているうちにワクワクしてきました。古畑に追い詰められる毎回のゲストを、「頑張れ、逃げろ!」と応援したくなることもありました(フィクションだから)。でも、痛い所を突いてくるんですよね。さすがは名警部補。私は「あれで完全なファイナルとしておきたい」と思っているんですけど、続きを見たい気持ちは確かにあります。とりあえずは、過去シリーズを再び見てでも楽しみたいですね。

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.01.12 02時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/8051573

この記事へのトラックバック一覧です: 古畑任三郎ファイナル・第3夜(シリーズ最終話):

» 古畑任三郎ファイナル『ラスト・ダンス』 [どらま・のーと]
テレビ局――颯爽と廊下を歩くのは、人気脚本家の加賀美京子こと大野かえで ( 松嶋菜々子 )。すれ違うスタッフは皆一様に売れっ子の作家のかえでに挨拶する。その日、かえでが手がけた連続ドラマ「鬼警部ブルガリ三四郎」の最終回が完成し、試写が行われた。かえでを始め、ス..... [続きを読む]

受信: 2006.01.09 09時00分

» 「古畑任三郎ファイナル」〜ラスト・ダンス〜 [アンナdiary]
古畑任三郎ファイナル、3話目の今夜はゲストが松嶋菜々子。 「ラスト・ダンス・最後の殺人者は私が出会った中でも、特に美しく、そして特に哀しい女性」松嶋菜々子が双子で1人2役。これが本当にファイナルとなってしまうのでしょうか?残念。。。 [続きを読む]

受信: 2006.01.09 10時02分

» 古畑占い [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
この正月に盛り上がった古畑任三郎。 これに関する占いがあったのでやってみました。 結果は・・・ [続きを読む]

受信: 2006.01.09 11時59分

» 古畑任三郎ファイナル 第三夜「ラスト・ダンス」 [どらまにあ]
人気脚本家の加賀美京子こと大野かえで ( 松嶋菜々子 )が手がけた連続ドラマ 「鬼警部ブルガリ三四郎」の最終回が完成し、試写が行われた。 かえでを始め、スタッフは皆、作品の出来に満足しているようだった。 ... [続きを読む]

受信: 2006.01.09 22時38分

» 古畑任三郎ファイナル 第三夜「ラスト・ダンス」 [今日もお部屋で -アニメ過多TV中心生活-]
古畑任三郎→ふるはたにんざぶろう→ぶるはたさぶろう→ブルガリ三四郎 うーーん、ちと厳しい! けど笑える♪ 一方、デコ→ツルは見事なまでに違和感ゼロでした(*´▽`)ハハ 2人共同で仕事・・ときたので、陣内さんがゲストの「笑うカンガルー」を思い出しましたが、... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 02時11分

» 古畑任三郎ファイナル 第3夜「ラスト・ダンス」 [dim.]
瓜二つの双子の姉が妹に抱いた嫉妬心。それに突き動かされたことで起こった惨劇。余り今までの古畑任三郎シリーズは観ていないのですが、今までの古畑ワールドとはちょっと毛色の違った、赤ワインを飲んだ後のような余韻の残る内容だったのに、かなりびっくりしました。今泉も西園寺も出番は控えめでしたし。これで終わりなんだなと思うと、ちょっと寂しかったりします(でも、アノ作品みたく、映画版とかスピンオフとか手広くやらなくていいですから! マジで! 懇願するわ!)。 最後の話を飾るゲストが松嶋菜々子というので「うー... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 02時16分

» 古畑任三郎 第3夜 「ラスト・ダンス」 [ソフトorハード]
ブルガリ三四郎、何だあれは。予告編でも出てきていたが、冒頭から登場するとは。 しかも、いくらドラマ上の設定とはいえ「傑作だ」と賞賛されているのか。 あの甲高い声は忘れない。 引出しから化粧セット、クローゼットから服を持ち出した場面で、もみじ(姉)がかえで(妹)..... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 02時21分

» 『古畑任三郎ファイナル 「ラスト・ダンス」』 [時間の無駄と言わないで]
CM多すぎない?15分に一回のペースですよ。 古畑任三郎シリーズのラストを飾る話。ゲストは松嶋菜々子。 前々から期待してませんでしたが、案の定その期待を裏切りませんでした。 要するに大して面白くなかったんですわ。右肩下がりです。 松嶋、イチロー、藤原&石坂....... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 02時33分

» 松嶋菜々子vs古畑任三郎 コレで終わり(・・? [zenの日記]
今回、松島菜々子が犯人で被害者でした(^^) コレだけ聞くと (;ΦДΦ)アリエン ってなりますが 今回、松島菜々子は 一人二役をやっていたのですよ(^^) 地味な姉のもみじ 華やかな妹のかえで 二人は今回一番のツボ「ブルガリ三四郎」の脚本家です。 このブルガリ三四郎面白いんです… 遺言状背中に貼って隠すとか爆笑です(笑) 。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶラヶラヶラ そのブルガリ三四郎の監修をしていた古畑さんは かえでに誘われ、打ち上げ会場を... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 04時05分

» 古畑、ファイナル [しばやんの不規則発言録]
三夜連続でお送りした、古畑任三郎ファイナル。 ラストを飾るのは、松嶋菜々子演じる双子の脚本家。 性格暗めだが台詞回しをうまく考える姉と、大胆なプロット創出と外交をこなす社交的な妹。この間に起こる事件の行方は…。 三谷さんは「テレビでないと成立しないミ....... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 07時31分

» 古畑任三郎 FINAL ~ラスト・ダンス~ [はらちゃきの徒然日記]
古畑任三郎シリーズも今日が最後です。 [続きを読む]

受信: 2006.01.10 08時46分

» 古畑任三郎ファイナル 第3夜 [Happy☆Lucky]
古畑任三郎ファイナル 第3夜「ラスト・ダンス」堪能しました。 [続きを読む]

受信: 2006.01.10 08時48分

» 古畑任三郎ファイナル第3夜 [色即是空日記+α]
「ラスト・ダンス     最後の殺人者は私が出会った中でも、特に美しく、そして特に哀しい女性」   昨日に引き続き古畑任三郎です。 ファイナルのファイナル、ほんとにこれで終わりです・・・ さみしい・・・ 今回のゲストは 松嶋菜々子 双子という設定で1....... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 10時14分

» 古畑任三郎ファイナル [Akira's VOICE]
遂に終わってしまう古畑シリーズ。 三夜連続の放送! [続きを読む]

受信: 2006.01.10 10時35分

» 古畑任三郎ファイナル 「ラスト・ダンス」 感想 [コトマニ]
古畑任三郎。「哀しい」という形容のためか、古畑の感情を意図的に...? [続きを読む]

受信: 2006.01.10 18時51分

» 古畑任三郎ファイナル 第3夜 [あいりぶろぐ]
 あー、とうとう終わっちゃったよー。  本当にこのドラマ終わっちゃうのぉー。古畑任三郎全部見てるわけではないけど、終わっちゃうと何か寂しいですね。  ○年後に「古畑任三郎リターンズ」とかやってくれないかなぁ(笑)  第3夜は松嶋菜々子をゲスト(犯....... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 20時18分

» 犯罪を犯してない人とはどうも会話が進まないんですね〜「古畑任三郎ファイナル 第三夜 ラスト・ダンス」 [** Paradise Garage **]
こんばんは。 日付が変わって金曜日です。 昨日のドラマについて。 『 新春ドラマスペシャル 古畑任三郎 ファイナル ラスト・ダンス 〜 最後の殺人者は私が出会った中でも、特に美しく、そして特に哀しい女性 』 これまで何人の殺人犯を逮捕した事でしょうか。 中には女性の犯人もいました。 その誰もが美しく、そして誰もが哀しみを秘めていました。 最後の犯人はその中でも特に美しく、そして特に哀しい女性・・・・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2006.01.11 13時25分

» 古畑任三郎 第3夜「ラスト・ダンス」 [RED STYLE ]
今日で終わりです。 松嶋菜々子が一人二役で出演。 まあトリックは簡単なものでしたね。 今日の今泉は最高に笑えましたね。 しかし今日の今泉は勘が鋭かったですね。それは閉じ込められた所を変えたのに腹を立てたからでしょうか。 古畑が2人に見つかって逃げるシ....... [続きを読む]

受信: 2006.01.11 19時55分

» ドラマ:「古畑任三郎」ファイナル第2,3夜 [遠慮無く…書くよ!]
もう詰まらなかったから一気に2と3夜まとめて書きます。 評価:★☆☆☆☆ 手持ちのコマを出し尽くし全く見所となる面白さを感じませんでした。垂れ流しのTVドラマだか [続きを読む]

受信: 2006.01.12 23時20分

» 古畑任三郎 ファイナル [京女のハマリゴト]
古畑任三郎 ファイナル「ラスト・ダンス」 を観ました。 今回のゲストは松嶋菜々子 一昨年、出産したのに、なんでこんなにキレイなの!?と思いながら観てました!! (半分憧れ、半分嫉妬。神様は不公平!!) しかも、松嶋菜々子は双子を演じる同時2役を熱演。 古畑シリーズは大抵犯人が先に分かっていて、古畑任三郎がどうやって犯人を追い詰めていくかが醍醐味なんですが、 今回は松嶋の演じる双子が犯人なので、最初は�... [続きを読む]

受信: 2006.01.15 03時57分

« 錦戸亮くんが初ソロライブ他で大活躍 | トップページ | ドラマ対決「中居正広の生スーパードラマフェスティバル」 »