« 神はサイコロを振らない・第2話 | トップページ | 小早川伸木の恋・第3話 »

2006.01.28

白夜行・第3話

運命の再会を果たした亮司と雪穂。しかし二人が起こした過去の暗い事件は裏で捜査が進められており、今なお緊迫した状況にあります。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○TBS系「白夜行」
第3話「さよならの光」

菊池(田中圭)は、亮司(山田孝之)にはめられ、都子(みやこ・倉沢桃子)暴行の容疑者に仕立て上げられたと笹垣(武田鉄矢)に訴えた。笹垣は、雪穂(ゆきほ・綾瀬はるか)と亮司がこの事件に絡んでいるとにらむ。雪穂は、笹垣が都子の事件を立件することで、7年前の事件を蒸し返そうとしていると推測。被害届を出さないよう都子を丸め込もうとする。

菊池と都子が関係する事件に、亮司と雪穂が陰ながら絡んでいるのはやはり妙。笹垣は過去の事件を解決すべく、二人や周辺の人物に近寄り捜査を根強く進めていました。雪穂に会えばいきなり疑いの声を浴びせたり、亮司を見つければ顔を変えて追い詰めたり。その亮司は咄嗟に逃げてしまい、益々まずいことに・・・。そんな中、松浦(渡部篤郎)の売春業に関係する亮司の仲間・友彦(小出恵介)から「客が死んだ」と亮司に連絡が入り、駆け付けた亮司は自分が何とかすることを伝え、同じくその件を伝えた雪穂からはとんでもない偽装工作を提案され・・・。二人は各々の葛藤の末ついに決断し遂行。やがて亮司は自分の死亡届を作って皆に別れを告げ去ったが、亮司が旅立ちの駅で電車に乗ろうとした時に雪穂が現れ、二人はその場で強く抱きしめあったのでした。

あれほど「自首しよう」と逃げ腰でいた亮司が急変して、時効の日まで生き延びる人生を選びました。また冷静で穏やかでいた雪穂も、普段見せないような荒れ様で悲痛の言葉を叫びました。これらはすごかったですね! またもや新たな事件に関与してしまった二人だけど、まさか死体にああすることで偽装するとは(恐ろしくて書けない)。2人の未来には、「希望の光」は見えても「明るい光」はもはや無いかも・・・。

○関連記事「白夜行・第1話」
○関連記事「白夜行・第2話」
○関連カテゴリ「世界の中心で、愛をさけぶ」

「影」
主題歌「影」(柴咲コウ)

「白夜行」オリジナル・サウンドトラック
「白夜行」オリジナル・サウンドトラック

「白夜行」
原作「白夜行」(東野圭吾)

「世界の中心で、愛をさけぶ」DVD-BOX
「世界の中心で、愛をさけぶ」DVD-BOX


|

« 神はサイコロを振らない・第2話 | トップページ | 小早川伸木の恋・第3話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/8390850

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行・第3話:

« 神はサイコロを振らない・第2話 | トップページ | 小早川伸木の恋・第3話 »