« 白夜行・第1話 | トップページ | 小早川伸木の恋・第1話 »

2006.01.13

けものみち・第1話

作家・松本清張の原作小説「けものみち」が、このたびテレビ朝日系でドラマ化されました。1964年に刊行された原作は、1982年にNHKで、1991年に日本テレビ系でドラマ化されたことがあります。そして今年2006年に再びリメイク。2004年に同じく清張の原作小説「黒革の手帳」が同局系でドラマ化された際、主役を演じた米倉涼子さんが再び主役を演じます。“けものみち”に足を踏み入れ悪女になっていく様を、どう演じていくのかが見ものです!

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○テレビ朝日系「けものみち」
第1話「裸の女王」

政財界の黒幕の愛人となった女が、男社会に挑んでいく。昼は宝石デザイナー、夜は割烹(かっぽう)旅館の女中として働く民子(たみこ・米倉涼子)は、夫の寛次(田中哲司)に振り回される日々に嫌気が差していた。ある日、ホテル支配人の小滝(佐藤浩市)に、過去を捨てて身を任せてみないかと話を持ち掛けられる。意を決した民子は、寛次を殺害して小滝の元へ向かう。

期待させる冒頭文を書いておきながら、一応謝っておかなくてはならないことがあります(苦笑)。実は私、米倉涼子さんがかなり苦手なんです・・・。テレビ朝日系「黒革の手帳」やTBS系「女系家族」も、頑張ってみたけどダメでした。だからこのドラマも、見る前からリタイア宣言をしていたんだけど・・・ちょっと面白かった!(笑)

初回話放送の数日前に、このドラマの紹介番組を見て興味を持ってしまったんですよ。体が不自由で嫉妬深い夫・寛次の世話をする日々に絶望していた民子が、自宅に火を放って夫を殺害し悪女に成り代わっていくという、「恐ろしいながらも期待させられるストーリー」が。清張の作品は固定ファンも多いことだし、話題性や視聴率の面で結果的に成功するのでは? そんな楽しみもあります。しかし同時に、毎回レビューを書くとすると、私には技量が足りないと察しました。このドラマは試聴のみにして、レビューは書かないことにします! いつになったら、米倉涼子さんに慣れるのだろうか・・・(苦笑)。

もう一つ注目したのが、このドラマの主題歌である中島みゆき「帰れない者たちへ」。この曲のタイトルが、けものみちにおける民子他の人生を表しているようにも思えます。公式サイトの作りもかなり良いですね。テレ朝はかなり力を入れているかも!

●ドラマ
「帰れない者たちへ」
主題歌「帰れない者たちへ」(中島みゆき)

●原作小説&過去ドラマ
「けものみち(上)」 「けものみち(下)」
原作小説「けものみち(上)」/「けものみち(下)」(松本清張)

「けものみち-全集-」
NHKドラマ「けものみち-全集-」

|

« 白夜行・第1話 | トップページ | 小早川伸木の恋・第1話 »

コメント

あずさん、こんにちは。
私は黒革の手帖を見ていたので、今回けものみちもチェックしましたが、
米倉さんは私も苦手です。女系家族は見てませんでした。
松本清張さん作品だから、見てる様なものです。

今回は、やはり前回の黒革の手帖がヒットしたので、
前回と同じ様なセッティング(松本清張作品+米倉)にしたんでしょうね。

ストーリーとしては面白そうなんですけど、
今回は、出だし(人物設定や事の始まり)が違うだけで
基本的な軸は、やはり似てる様な感じだし、
米倉さんの喋り口調も前回と同じだし、
見なくてもいいかな~とか思いつつもあります。

私もどうやってレビュー出きるだろうかと心配していたのですが、
あずさんが技量が足りないと言うくらいなら、
私にはもっと無理という事で・・・。
それがハッキリ分かってスッキリしました。

投稿: メロディ | 2006.01.13 09時17分

ads(あず)さんは、米倉涼子さんがダメでしたか~。
私は最近見直し気味ですが、それでもその気持ち、私も持っていたので分かります。。

今回の「けものみち」も女性の成り上がる姿なので、「黒革の手帳」に続き、観ていると小気味いい感じは受けました。
後、私は佐藤浩市さんが好きなので、そういう楽しみ(どういう??(笑))もあります。
公式サイトは凄いですね~!
主要人物が全員、上半身裸?みたいな写真で、この「けものみち」の世界がよく表れていると思いました。

投稿: lavish | 2006.01.13 15時15分

>メロディさん

こんにちは! 松本清張の作品は興味があるんだけど、問題は苦手な米倉涼子さんが主役であること・・・。これは以前からそうなんですよね(苦笑)。なんとメロディさんも同じ? ストーリーについては、紹介番組で見た時は興味が湧いたけど、実際見たらやっぱりいつも通りの感じでした。今後もしばらくは見るかもしれないけど、「レビューは書けない」とはすぐに察しましたよ。他のドラマの方で忙しいのも有りますが(笑)。

>lavishさん

米倉さんが苦手なのは、以前から全く変わりません(苦笑)。しゃべり方がどうも合わないというか、やっぱりそういうのはあるものでして・・・。ストーリー自体は興味あるんですよ。でも、あえて小説で読むのも良いかなあと・・・。それにしても、公式サイトはかなり力が入っていますね!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.01.14 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/8133961

この記事へのトラックバック一覧です: けものみち・第1話:

» けものみち 第1話 [どらま・のーと]
ジュエリーデザイナーを夢見る成沢民子は、脳梗塞で寝たきりになってしまった夫・寛次を抱え、鎌倉の料亭旅館『芳仙閣』で仲居として働いていた。動くこともままならない寛次は、昼間から酒びたりの上、異常に嫉妬深く、民子が旅館で男と遊んでいるのではとしきりに疑う。民..... [続きを読む]

受信: 2006.01.13 07時38分

» けものみち 1 [思い立ったが吉日]
ドラマが4本もある木曜日は、何と過酷な日なんだろう・・・{/face_z/}。できれば4本中2本に絞りたいところだが難しいなぁ。1本は「白夜行」に決定として、後は「けものみち」か「ガチバカッ!」か。。。あれ、「小早川伸木の恋」は??(笑) 『裸の女王』 初回の感想、なかなか面白い。 前回の松本清張の「黒革の手帳」に続きの「けものみち」。 どちらも観て思うのは、いつの世も「成り上がり」の姿を観るのは面白いというこ�... [続きを読む]

受信: 2006.01.13 15時09分

» 第1巻 [ライフ・イズ・ビューティフル]
米倉涼子主演の松本清張『けものみち』を見た。 介護するのは、本当に大変なことだと思う。 介護される側よりも介護する方が辛いんだよね。 疲れ切っている民子を見て、 彼女が小滝の言葉に乗せられたのは、 決していい事をしたわけではないけど、 同情すべき点もあったと...... [続きを読む]

受信: 2006.01.13 22時12分

» 松本清張「けものみち」#1 [今日もお部屋で -アニメ過多TV中心生活-]
いやいや。 ついに始まりましたね~。 『黒革の手帖』も好きだったんで、めっちゃ期待してたんですよ。 期待を裏切らない、見応えたっぷりの75分でした♪ 見どころは多々ありましたが、初回感想をあえて一言で言い表すとするならば。 とくにかく濃い!d(´∀`)b と... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 15時36分

» 「けものみち」#1 [風の便り]
「黒革の手帖」で大根だと思っていた米倉涼子を見直してしまい、すごくはまっていたので、これも楽しみでした。 [続きを読む]

受信: 2006.01.14 23時52分

» 【テレビ】けものみち(第1巻) [まぁ、お茶でも]
松本清張の原作。ずいぶん前に読んだはずが、あまり覚えていませんでした。ドラマ化されると、また印象が違うものです [続きを読む]

受信: 2006.01.17 16時44分

« 白夜行・第1話 | トップページ | 小早川伸木の恋・第1話 »