« 任天堂「ニンテンドーDS Lite」が2006年3月に発売 | トップページ | 白夜行・第3話 »

2006.01.28

神はサイコロを振らない・第2話

ふたを開けてみれば、とんでもなく不思議でSFチックな物語でした。いわゆる想定外な展開で、初回話は2度見てやっと理解できました。こんなことって有り得るのか? いや、完全には否定できないんですよね・・・。

○ドラマ視聴率は本館サイトの該当コーナーから!
○日本テレビ系「神はサイコロを振らない」
第2話「10年前愛した人を今も変わらず愛していますか」

消息を絶った旅客機の乗員、乗客が10年後に帰還、再会を果たした人々の人間模様を描く。’96年夏に旅客機が乱気流に遭い、姿を消した。航空会社社員・ヤス子(小林聡美)は、親友で客室乗務員の亜紀(ともさかりえ)と恋人の副操縦士・哲也(山本太郎)を失う。一方、物理学者の加藤(大杉漣)は旅客機が必ず戻ると提唱。予定日に飛行機が出現する。

冒頭で、イカ天バンド「たま」のランニングの人や東洋航空東京本社の場所に、“コン、コン”という音と共に赤い矢印が表示されました。たま、懐かしい!(笑) その矢印みたいな何気無い演出が結構好きだったりします。そういう点にも期待していて良いのかな? そしてこんな字幕が・・・。

十年前、愛していた人を
今でも 変わらず愛していますか?

簡単そうで難しいのが現状? とりあえず今ここで言えるのは、「Mr.Childrenなら10年前と変わらず大ファン」だけどね。物でも同じようなことが言えそうだけど、10年前から愛用している物ってあるだろうか・・・。預金通帳やクレジットカードしか思い付かないや(苦笑)。実際“その場限りの愛(物のことね)”って案外多いものだからなあ。うん、10年って、やっぱり長いと思う。そう思いながら、このドラマを見ることにしよう。

ヤッチ(ヤス子)とテツ(哲也)はついに再会。だけど“同じ時”でありながら“10年の壁”があるもんだから、どこかギクシャクして微妙な雰囲気でしたね。一方、ヤッチはアッチ(亜紀)とも再び再会(表現が変だけど)。アッチは402便に残った人たちへ、時の流れをカバーしようと懸命に説明していたけど、お笑いの流行として誰かさんの名アクション「フォーッ!」を披露。それも今はもう古かったりして(笑)。そしてヤッチは、時代を超えて現代にやってきた402便に「残された時間」が存在することを知り、戸惑いの表情を見せました。しかしそれだけで終わらないのがヤッチ。皆のために、自分のために、何気無く過ごしてきた10年をよそに、今後奮闘していくんでしょうね。

残された時間は、あと8日。毎回こうしてカウントダウンしていくと思われます。その数字が0になった時、いったいどうなるのか? どうなっているのか? それが本当に気になります!

○関連記事「神はサイコロを振らない・第1話」

「神はサイコロを振らない」 「神はサイコロを振らない」
原作「神はサイコロを振らない」/「神はサイコロを振らない(文庫本)」(大石英司)

「神はサイコロを振らない」オリジナル・サウンドトラック
「神はサイコロを振らない」オリジナル・サウンドトラック

|

« 任天堂「ニンテンドーDS Lite」が2006年3月に発売 | トップページ | 白夜行・第3話 »

コメント

あずさん、おはようございます。
このドラマを見ながら、つい、10年前の自分を振り返ってみたくなりますね。
10年前から愛用しているもの・・・。なかなかありませんね。
電化製品も10年が命と言われているし。(笑)
最終回は切ない気持ちにさせられそう。
でも老後の安心だけを考えて生きてきたヤス子がどんな風に変わっているのか
楽しみです。

投稿: ちーず | 2006.02.02 06時59分

前回この枠であった【あいのうた】風な雰囲気に、
初回からキターーーッ!な気分です(笑)。
ある程度の展開が予測出来つつも、登場人物の
行動やセリフがいい意味でこちらの予想を裏切ってくれるのが楽しくて♪

10年一昔。自分では何も変わってないつもりでも
改めてじっくり考えれば、周りを取り巻く状況は驚くほどの変化です。
そもそも10年前には我が家にパソコン無かったし・・・_| ̄|○

投稿: まこ | 2006.02.02 10時23分

こんばんは。
10年って長いですね、、、。
何たって、消える前は2才年上だった哲也が、
出て来たら8コも年下ですから、、、^^;
そりゃヤス子も複雑です、、、。
でも、小林さんを始め、このキャストいいですね!
私的には今クールの上位に位置してます!

投稿: めいまま | 2006.02.02 18時33分

こんばんは^^TBありがとうございました。
こちらからもTBしたのですが、なぜか上手く行かないので
時間をおいてもう一度トライしてみようと思います。

サイコロ、いいドラマですね。
初回からビデオをとってないのが悔やまれます。
今クールはキャストを見て絶対サイコロを見ようと決めてました^^
また遊びに来ますのでこれからも宜しくお願いします^^

投稿: ジェシカ | 2006.02.02 18時49分

>ちーずさん

10年って大きいですよね。私にとっては現@niftyの会員歴がその一つだけど、振り返るだけであれやこれやと・・・。その始点と終点が重なった時どうなるか、というのがこのドラマでのシチュエーション(特に乗客たち)だったりします。そりゃあ困惑するよなあ。何気無く生きてきたヤス子も、この事件で思いが変わっていくことでしょうね。

>まこさん

そう、まさに「あいのうた」のような雰囲気! 「先が見えそうで見えない、それでいて結末は・・・」という流れは良いですね。この枠の定番になるかも?(笑) 10年って、やっぱりいろんなことが変わっていますよね。

>めいままさん

「年上が年下に」か、年齢設定を忘れてました(笑)。そうか~、いくら再会できたとしても、それは困惑しますよね。キャスティングは思いの外グー! 転がしておけば必ず化ける、そんな魅力のあるドラマだと思います。

>ジェシカさん

私はリアルタイムで見られないことが多く、DVDレコーダーでどんどん貯めていく方なので、できればお見せしたいくらい・・・。安定して面白いドラマですよね。私もこれはしっかり見続けます。またお話しましょう!

投稿: ads(あず)@管理人 | 2006.02.03 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/8390801

この記事へのトラックバック一覧です: 神はサイコロを振らない・第2話:

» 神はサイコロを振らない 第2話 [あいりぶろぐ]
 「神はサイコロを振らない」の第2話を見ました。  黛ヤス子と竹林亜紀が入社した1990年に流行ったものが写っていたのが懐かしかったですね。  ジュリアナ東京とか、たまとか…。「さよなら人類」はヒットしたなぁ。 たまは今はもう解散してしまってるけど、2003....... [続きを読む]

受信: 2006.02.01 23時58分

» 「神はサイコロを振らない」the 2nd day 10年前愛した人を変わらず愛してますか。 [くつろぎ日記]
残された日があと9日ということは結局、乗客には知らせないでおこうという方向に 行ったのですね。それでいいわけないのにと思うのは視聴者だけ?もしも自分が あと9日でで消えるとしたらどうしますか?知らされないで平常心で何となく薄く過ごし 気付いたら消えているのと、思い残すことの無いようにあれこれ手配して過ごすのは どれほどの差があるでしょうか。その時間の濃さによるのかしら? ... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 00時24分

» 神様はサイコロを振らない・第2話 [なんくるないさぁ情報局。]
10年前に消えた402便が再び現れた。 10年前のままの人間と10年の時間を経た人間の対比。どのような変化が現れるのだろうか?それがこのドラマの見所か。 いまのところ、ヤス子(小林聡子)と亜紀(ともさかりえ)との対比は現れるつつある。 東洋航空という会社のスタンスは遭難時も今回も同じ。消極的、責任回避。 そんななかで、唯一頑張っていたのがヤス子だったことがわかる。 木内哲也(山本太郎)だけでなく、遺族会会長の甲斐陽介(�... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 02時19分

» 神はサイコロを振らない the 2nd day [どらま・のーと]
『10年前愛した人を今も変わらず愛していますか』 「私が会社に入ったのは、1990年。 昭和から平成へと改元された、翌年のことだった。 巷では渋カジやキュロットスカートが流行り、 私はランニング姿で歌う人が気にかかり(タマさん) 入社式のことはあまりよく記憶に..... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 06時56分

» 神はサイコロを振らない 第2話 [あっちゃん語録]
はぁ〜〜〜〜泣けた〜〜〜〜〜。 後半15分泣きっぱなしでした。 ヤッチが本部長に啖呵を切るところもそうだし。 アッチと木内が手伝ってくれるところとか、柚子が子供をおいて、先輩のところに行こうとしているところとか、その柚子を追って子供が走ってこけるところとか。 ヤッチはやる気を出してくれたし。 よかったよかった。 ヤッチはやっぱりいい味出してる。 「お恥ずかしいことに、モトカ�... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 08時55分

» 神はサイコロを振らない 第2話:10年前愛した人を今も変わらず愛していますか [あるがまま・・・]
たまのランニングの人!!! ヾ(T∇T)ノ彡★ギャハハ!!バンバン!! あたしゃランニングの人より、おかっぱ風で短い前髪の妖怪ちっくな雰囲気の人が 当時気になってたわ〜(笑)。 やっと・・・やっとヤッチとテツが再会出来てうれしいよぉ〜{/hiyo_cry1/} でも昔のままのテツに、10年年をとってしまった自分の顔を見られたくないと 必死で顔を合わせないようにするヤッチの乙女心が可愛いじゃあ〜りませんかっ!{/3hearts/} ... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 10時24分

» 神はサイコロを振らない 2話 [アンナdiary]
時空を越えて現れた402便の人達の、それぞれの10年。。。それは来週の3話から ひとりひとりスポットを当てるのだろうけど、2話は主人公・黛ヤス子(小林聡美)の 心の変化。402便が戻ってきたことで、時間が止まっていたヤス子の心の中で何かが動いた。「10年前に愛していた人を今も変わらず愛していますか。。。。�... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 11時23分

» 神はサイコロを振らない the 2nd day [スロウライダー★彡]
= 柚子の娘、桃子に泣けた!! = 東洋航空では記者会見の準備が着々と進められていた。 遺族会会長の甲斐陽介のところにも 「残された時間はあと9日」の手紙が届いていた。 甲斐は10年前の事故当時から東洋航空の対応に不信感を抱き、 記者会見場に現れた哲也に「黛ヤス子さんしか信用できない」 と伝える。 ヤス子の家に走る哲也。 この哲也&ヤス子&菊介のシーンは笑えましたね〜。 ヤス子は老け顔を哲也に見られたくなくずーっと後ろを向�... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 11時40分

» 「神はサイコロを振らない」#2 [風の便り]
特にストーリーに引き込まれるわけでもないし、アンフェアや白夜行、けものみちのように「早く来週が見たい!」という強い気持ちがあるわけでもないんですが、なんとなく見続けてしまいそうなドラマです。 10年前に愛していた人を今も変わらず愛していますか? うちは1996年の秋に結婚しました。そうかぁ。今年10周年なんだ〜(遠い目){/hiyo_uru/} な〜〜んか、オットとは会社の同期で、元々下... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 11時52分

» 神はサイコロを振らない 第2回 [Cafe Tsumire]
神はサイコロを振らない 第2回(1月25日放映)。前回よりもコミカルな描写が気にならなくなったのは、やがて来る別れの予感を中和させるかのような描写でもあったからだろうか……。 [続きを読む]

受信: 2006.02.02 13時08分

» 『神はサイコロを振らない』 第2話 [老舗ワタクシ本舗]
私が会社に入ったのは1991年昭和から平成へと改元された翌年の事だった。 巷では、渋カジやキュロットスカートが流行り、 私はランニング姿で歌う人が気にかかる、、、(”たま”ですね。) 入社式の事はあまり記憶にないが、その後の飲み会で 多少なりともはじけた事は覚えてる 若かったーー!! そして、2006年 ー402便!?ー 私はとんでもない出来事に遭遇した かつて、忽然と消息を絶ち墜落したとされてい�... [続きを読む]

受信: 2006.02.02 18時25分

» 「神はサイコロを振らない」の話2 [のらさんのうだうだ日和]
「神はサイコロを振らない」 the 2nd day(視聴率10.6%)を観ました。 東洋航空402便が再び姿を現した、翌日。 ギュイーーーン!!!  モトカレの乗った402便のつもりとりあえず黛ヤス子(小林聡美)は独身でした。右手に青汁、左手を腰に当ていっき飲みするそのサマは10年の月日を感じさせるモノではありますが…。ヤス子の家に駆けつける、かつて(?)の恋人・木内哲也(山本太郎)は30歳�... [続きを読む]

受信: 2006.02.03 08時41分

» 神はサイコロを振らない 第二話 「10年前愛した人を今も変わらず愛していますか」 [どらまにあ]
10年前消息を絶った402便が突然現代に現れるという大事件の翌日 東洋航空は記者会見を行うことになった。 遺族会会長の甲斐(尾美としのり)も立ち会いたいというが拒否される。 木内哲也(山本太郎)は、妙なものが届いたと甲斐のもとに相談にいく。 ... [続きを読む]

受信: 2006.02.03 14時14分

» 神はサイコロを振らない(2話) [ドラマで語ろう!]
1/18(水)22:00~(初回、69分) 日本テレビ ●原作/大石英司●脚本/ [続きを読む]

受信: 2006.02.04 02時17分

« 任天堂「ニンテンドーDS Lite」が2006年3月に発売 | トップページ | 白夜行・第3話 »