« 「Xbox360」のハイデフな報道騒動 | トップページ | フィギュアスケートGPファイナル・浅田真央が初優勝 »

2005.12.17

「Visual Studio 2005」の入門者向け開発環境が無償提供開始へ

Microsoftの開発環境「Visual Studio」の新バージョン「Visual Studio 2005」。その日本語正式版の一部無償提供が、12/15よりスタートしました。英語版の提供は11/07から始まっていたけど、日本語版の提供はいつになることやらと思っていたら、ようやくこの時期にスタート。随分待たされましたが、とりあえず年内に実現されたことにまず感謝。「Microsoftからのクリスマスプレゼント」みたいなものですね!

○関連記事『「Visual Studio 2005」の入門者向け開発環境が無償提供へ』
http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2005/11/post_f03e.html
○Microsoft「Visual Studio 2005 Express Edition」
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/
○窓の杜『「Visual Studio 2005 Express Edition」日本語正式版の一般向け無償公開開始』
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/12/16/visualstudioex.html

○「窓の杜」の記事を抜粋

マイクロソフト(株)は15日、統合開発環境“Visual Studio”シリーズの最新版となる「Visual Studio 2005」日本語正式版を“MSDN”会員向けにダウンロードでの提供を開始し、同時に、同製品の機能限定版である「Visual Studio 2005 Express Edition」日本語正式版の、一般向けの無償公開を開始した。“Express Edition”は“MSDN”会員に限らず、誰でも同社ホームページからダウンロードして利用でき、使用期限はない。なお、“Express Edition”の一般向けの無償公開は1年間の期間限定となっている。

「Visual Studio 2005」は、「.NET Framework 2.0」をサポートしたWindowsアプリケーションの統合開発環境。今回、日本語の無償版が公開されたのは、プログラミング初心者向けの機能を数多く搭載した「Visual Basic 2005 Express Edition」、C++言語入門者向けの「Visual C++ 2005 Express Edition」、C#言語を使用して.NETアプリケーションを作成できる「Visual C# 2005 Express Edition」、Web開発環境「Visual Web Developer 2005 Express Edition」の4製品。なお、Java開発環境の「Visual J# 2005 Express Edition」 は英語版のみ提供されている。

しかし、その「クリスマスプレゼント」はサンタクロースのビルさんが届けてくれるわけではなく、「自分から取りに行く」というイレギュラーなもの(笑)。まあそこは仕方無いですよね。早速配布サイトから「Visual C# 2005 Express Edition」と「Visual C++ 2005 Express Edition」をダウンロードしました。双方共に500~600MBくらいの大容量だけど、ADSL回線ならダウンロードソフトを使ってバックグラウンドで行えばいつの間にかダウンロード完了となります。しかし配布形態がCDイメージ(iso形式)なのには驚いた! 確かに実際の製品版はCDかDVDに収めて販売しているし、実行ファイル(exe形式)にするのも何か変だし。つまり、CDイメージをマウントできる外部ソフトも必要というわけですね。CD-Rドライブ等にバンドルされているソフトでOKだと思います。

ダウンロードした後は、CDイメージを読み取ってインストール作業。これもやや時間がかかるけど、同じくバックグラウンドで行わせて無事完了。そして起動すると・・・やっぱり今風のユーザインターフェースになっていますね。最後に扱った「Visual Studio 6」に比べれば進化が随所に見られます。ちなみに、「Visual Studio 2005」は「Visual Studio 8(バージョン8)」という位置付けです。ついでに、「Visual Studio .NET」が「Visual Studio 7(バージョン7)」です。つまり私は、「.NET Framework」の開発環境に関してはほとんど無知。概念だけは知っていますけどね。

そしてついに、以前「Visual Studio 6」で作成した「自分用の多機能ツール」のプロジェクトを読み込ませ、「Visual Studio 2005」用に更新。その後リビルドを行ってみたところ、「fatal error C1083: include ファイルを開けません」というコンパイルエラーが続出。確かにインクルードファイルのディレクトリに該当のファイルが無いことに気付き、「おかしいなあ」と思っていたけど・・・。そうそう、思い出した。自作ツールはMFCを使ったものなんだけど、入門者向けの「Express Edition」にはMFCやATLが含まれないんだった! 「更新するなら製品を買え」ってことですかね・・・(苦笑)。それとも、「Visual Studio 6」にダウングレードしろってことですかね・・・(苦笑2)。いや、逆にこの「Express Edition」で再作成すれば良いじゃん! でも「使用は1年間の期間限定」だから、やっぱりいずれは「開発を続けるなら製品を買え」ってことですかね・・・(苦笑3)。というわけで、意外にも苦笑のループ処理から抜け出せられずにいます。Microsoftからのクリスマスプレゼントは、「思わぬキラープレゼント」だったというわけで・・・。とはいえ、やっぱり面白そうなのであれこれ使わせていただきます!

|

« 「Xbox360」のハイデフな報道騒動 | トップページ | フィギュアスケートGPファイナル・浅田真央が初優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15963/7667962

この記事へのトラックバック一覧です: 「Visual Studio 2005」の入門者向け開発環境が無償提供開始へ:

» Microsoft 「Visual Studio 2005 Express Edition」 [都会の絵の具]
Microsoft「Visual Studio 2005 Express Edition」の無償配布開始 [続きを読む]

受信: 2005.12.19 02時10分

« 「Xbox360」のハイデフな報道騒動 | トップページ | フィギュアスケートGPファイナル・浅田真央が初優勝 »